一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 南北朝時代 初期

たち めい びぜんのくにおさふねじゅうかねみつ

太刀 銘 備前国長船住兼光

太刀 銘 備前国長船住兼光

「兼光」は「備前長船派」(びぜんおさふねは)嫡流の3代目である「景光」(かげみつ)の子と伝えられています。
鎌倉時代後期から南北朝時代中期頃までの長きにわたって作刀していたとされる刀工です。 元穴(下部の目釘孔)の位置から観ると磨上げ(刀身の長さを短く加工し直すこと)される前は、2尺7寸(約102.6cm)を超える豪壮な太刀姿であったと推測され、地刃共に健全かつ明るく冴えた様は、兼光の真骨頂がよく示された1振です。
刀身には、表に「三宝荒神」(さんぽうこうじん)、裏に「大悲観世音菩薩」(だいひかんぜおんぼさつ)という文字の彫刻が施されています。 本太刀は、茎(なかご)の年紀より、南北朝時代初期の頃の作と見られ、元先の幅はほとんど目立たない姿で、刃文は、中直刃(すぐは)調に小互の目ごころ交じり、匂主調にわずかに小沸(こにえ)が付くなど、和やかな作柄を示しており、兼光の特色がよく現れています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
南北朝時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
兼光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.5
反り 反り
(cm)
1.7
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 備前国長船住兼光」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 備前国長船住兼光」は南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る