重要刀剣検索結果 [ 7/10 ]

掲載予定数:100振
鑑定区分順[ 61〜70振/92振 ]

刀 折返銘 包永

本刀は、陸奥国二本松藩(現在の福島県二本松市)藩主「丹羽家」(にわけ)に伝来した、鎌倉時代後期から室町時代にかけての刀工・初代「包永」(かねなが)の手による刀。本刀が伝来した丹羽家は、「織田...

鑑定区分 重要刀剣 時代 鎌倉時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
大和伝
(大和国/奈良県)
刀工 包永
鑑定区分 重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
大和伝
(大和国/奈良県)
刀工 包永

刀 銘 村正 俊次 俊広

本刀は、「村正 俊次 俊広」と、3人の銘が切られた合作。 「村正」とは、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で3代に渡って繁栄した名工のこと。初代は1501~1504年(文亀年間)、2代は...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正 俊次 俊広
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
刀工 村正 俊次 俊広

刀 銘 肥前国住藤原忠廣

本刀は、肥前国(ひぜんのくに:現在の佐賀県、長崎県)佐賀藩の藩主である鍋島家に伝来した1振です。 制作者は、初代「肥前忠吉」(ひぜんただよし)で、1624年(寛永元年)に53歳で「武蔵...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 前期(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 初代忠吉
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 初代忠吉

刀 銘 長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)

「興正」は、もとは「長曽祢虎徹[興里]」(ながそねこてつ[おきさと])の門人でしたが、そののち養子となり、2代虎徹を継いで活躍した実力の持ち主です。その高い技術力により、初代虎徹の代作を務め...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(江戸新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
刀工 長曽祢興正
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
刀工 長曽祢興正

刀 無銘 大和志津

本刀の名称にある「大和志津」(やまとしづ)とは、「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)が美濃国(現在の岐阜県)多芸郡志津村に移住する以前に、「包氏」と名乗っていた大和国(現在の奈良県)在住...

鑑定区分 重要刀剣 時代 南北朝時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 -
鑑定区分 重要刀剣
時代 南北朝時代
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 -

刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

本刀は、越前福井藩(えちぜんふくいはん:現在の福井県福井市)初代藩主「結城秀康」(ゆうきひでやす)の5男「結城[松平]直基」(ゆうき[まつだいら]なおもと)家に伝来した1振です。 直基...

鑑定区分 重要刀剣 時代 安土桃山時代(慶長新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(越前国)
刀工 兼法
鑑定区分 重要刀剣
時代 安土桃山時代
五箇伝
(制作国)
-
(越前国)
刀工 兼法

刀 銘 越後幕下士大村加卜安秀

「大村加卜」(おおむらかぼく)は、本名を「大森治部左衛門安秀」(おおもりじぶざえもんやすひで)と言い、駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部)の生まれです。「角田休古」(かくだきゅうこ)のも...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(新刀)
五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国/神奈川県)
刀工 大村加卜
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国/神奈川県)
刀工 大村加卜

刀 銘 井上奇峯(菊紋)天和三年二月日

井上奇峯の出自については諸説ありますが、「井上真改」(いのうえしんかい)の長子である良忠(よしただ)により貞享3年(1686年)期に切られた銘と、奇峯の銘に共通点が見られることから、良忠と同...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 井上奇峯
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 井上奇峯

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹

「長曽祢乕徹」は、もともとは越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)で甲冑師として活動していましたが、1656年(明暦2年)、乕徹が50歳の頃に江戸へ出て刀工に転じたと伝えられています。 ...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(江戸新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
刀工 長曽祢乕徹
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
刀工 長曽祢乕徹

刀 銘 一竿子粟田口忠綱 彫同作

「忠綱」は、初代「近江守忠綱(おうみのかみただつな)」の子。のちに2代目を継ぎ、その号を「一竿子(いっかんし)」としました。 初代・忠綱は、もとは山城国伏見(やましろのくにふしみ:現在...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 忠綱
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 忠綱

①「すべての刀から検索」、②「刀・槍の種類から検索」、③「刀の鑑定区分から検索」、④「刀の制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」、⑥「名工・名匠から検索」、⑦「刀の時代分類から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣写真・日本刀画像」。
このページは、「重要刀剣」(7ページ目)の検索結果です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード