• 重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい えちごばくかしおおむらかぼくやすひで

刀 銘 越後幕下士大村加卜安秀

刀 銘 越後幕下士大村加卜安秀

大村加卜」(おおむらかぼく)は、本名を「大森治部左衛門安秀」(おおもりじぶざえもんやすひで)と言い、駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部)の生まれです。「角田休古」(かくだきゅうこ)のもとで医術を修めたあと、越後高田藩(えちごたかだはん:現在の新潟県上越市)藩主「松平光長」(まつだいらみつなが)のお抱え外科医として、200石で仕えていました。

しかし、1679~1681年(延宝7年~天和元年)にかけて起こった高田藩のお家騒動である「越後騒動」によって浪人となり、江戸赤坂に移住することに。

1685年(貞享2年)には、水戸藩(みとはん:現在の茨城県水戸市)2代藩主「水戸光圀」(みとみつくに)の侍医(じい)と御伽衆(おとぎしゅう:将軍や大名に近侍し、雑談の相手などになる者)となりましたが、1697年(元禄10年)に水戸家を離れ、江戸鉄砲州(えどてっぽうず:現在の東京都中央区)に来住しています。

加卜が生涯のうちに作刀した数は100余振のみであり、現代で見られる刀は大変貴重です。作風は、備前伝相州伝の2様があり、どちらも秀逸な出来映えだと評されています。また、同工の作刀は江戸時代から非常に人気が高く、偽物が多く出回っているほど。

本刀の作柄は相州伝を基調としており、(なかご)に切られた「真十五枚甲伏」の添は、加卜の大部分の作品に見られるもの。これは、自身が考案した「真十五枚甲伏」という鍛法で作ったことを示しており、「予鍛冶非」(予は鍛冶に非ず:私は鍛冶ではない)という銘文からは、同工の真価が発揮されていることが窺えます。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 越後幕下士大村加卜安秀」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
(新刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
大村加卜
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国/神奈川県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.1
反り 反り
(cm)
2.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 越後幕下士大村加卜安秀」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード