一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 安土桃山時代

かたな めい えちぜんこくじゅうかねのり けいちょうごねんさんがつひ

刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

本刀は、越前福井藩(えちぜんふくいはん:現在の福井県福井市)初代藩主「結城秀康」(ゆうきひでやす)の5男「結城[松平]直基」(ゆうき[まつだいら]なおもと)家に伝来した1振です。

直基は、1624年(寛永元年)、越前勝山藩(えちぜんかつやまはん:現在の福井県勝山市)に3万石で封じられて以来、幾度かの国替えを経験しています。そのたびに加増され、最終的には、慶安元年(1648年)、姫路藩(ひめじはん:現在の兵庫県姫路市)15万石の藩主となりました。本刀は、越前松平家の移封のたびに藩主と共に移動したことから、出世する縁起の良い名刀として伝わっていたのです。

「兼法」は、もとは美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)の名匠でしたが、のちに結城家に招かれ、越前に移住しています。

本刀は兼法の特別な入念作と言われ、見る者を圧倒する迫力に満ち、刃文が乱舞する華やかな作品です。刀身には、素剣に毘沙門天(びしゃもんてん)、護摩箸(ごまばし)に不動明王(ふどうみょうおう)の彫刻が施されており、兼法が越前に移住してからも、美濃伝の作柄を色濃く反映していたことが窺える、兼法を研究する上での貴重な傑作刀と言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
安土桃山時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
兼法
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(越前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
結城直基 →
前橋松平家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.7
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日」は安土桃山時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る