重要刀剣検索結果 [ 5/10 ]

掲載予定数:100振
鑑定区分順[ 41〜50振/92振 ]

刀 銘 肥前住播磨守藤原忠国

初代「忠国」は、初代「忠吉(ただよし)」の異母弟で門人でもあった「吉家(よしいえ)」の次男で、初銘は「広則(ひろのり)」と名乗っていました。1634年(寛永11年)に播磨大掾(はりまのだいじ...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 前期(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 播磨守藤原忠国
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 播磨守藤原忠国

刀 無銘 直江志津(梶金平勝忠所持)

「鬼の半蔵(おにのはんぞう)」の異名を取り、のちに「徳川家康(とくがわいえやす)」に仕えることになる「服部正成(はっとりまさなり)」は、1542年(天文11年)に、「服部保長(はっとりやすな...

鑑定区分 重要刀剣 時代 南北朝時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 直江志津
鑑定区分 重要刀剣
時代 南北朝時代
五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国/岐阜県)
刀工 直江志津

刀 折返銘 国宗

本刀「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)は、伊予宇和島藩(現在の愛媛県宇和島市)10万石「伊達家」(だてけ)に伝来した鎌倉時代を代表する名刀です。 本刀に附属する由来書である巻物...

鑑定区分 重要刀剣 時代 鎌倉時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 国宗
鑑定区分 重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 国宗

刀 銘 兼延

本刀は、明治時代に陸軍軍人として、陸軍一等主計(大尉相当)及び宮内庁御用掛(ごようがかり:宮内庁などに任じられて用務を担当する職)を務めた「今村長賀」(いままむらながよし/ちょうが)が所有し...

鑑定区分 重要刀剣 時代 室町時代 中期(末古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼延
鑑定区分 重要刀剣
時代 室町時代
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 兼延

刀 銘 土肥真了

本刀は、河内国富田林藩(かわちのくに・とんだばやしはん)の初代藩主「内藤重頼」(ないとうしげより)が所蔵していました。重頼は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)の長男・徳松(と...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 前期(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 土肥真了
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 土肥真了

刀 銘 肥前国住藤原忠広

「肥前国住藤原忠広」は、肥前国(ひぜんのくに:現在の佐賀県)で活躍し、1641年(寛永18年)7月に「近江大掾」(おうみだいじょう)を受領した「二代忠広」と呼ばれる刀工です。父は、「初代忠吉...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 前期(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 近江大掾忠広(二代忠吉)
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 近江大掾忠広(二代忠吉)

刀 銘 荘内住豊前守藤原清人

本刀を制作した「藤原清人」は、1827年(文政10年)生まれ。幼い頃、母の兄で庄内藩(現在の山形県鶴岡市)の御用鍛冶を務める「斎藤小四郎」の養子となりました。 1852年(嘉永5年)、...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(新々刀)
五箇伝
(制作国)
-
(出羽国)
刀工 藤原清人
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(出羽国)
刀工 藤原清人

刀 無銘 伝則国

「則国(のりくに)」は、粟田口6兄弟の長男「国友(くにとも)」の子。「藤馬允(とうまのじょう)」と称し、「景国(かげくに)」や「国綱(くにつな)」と共に、「後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)」の...

鑑定区分 重要刀剣 時代 鎌倉時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 則国
鑑定区分 重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 則国

刀 銘 和泉守国貞

初代「国貞」は、新刀の祖と称される「堀川国広(ほりかわくにひろ)」の門人であり、1614年(慶長19年)に国広が亡くなったあと、その高弟であった「越後守国儔(えちごのかみくにとも)」に師事。...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 国貞(初代)
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
刀工 国貞(初代)

刀 無銘 一文字

一文字派は、鎌倉時代初期から南北朝時代の備前国(びぜんのくに:現在の岡山県南東部)において、「古備前鍛冶」の次に活躍した一大流派です。 「一」の字を銘として茎(なかご)に切ったことから...

鑑定区分 重要刀剣 時代 鎌倉時代 中期(古刀)
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 -
鑑定区分 重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
刀工 -

①「すべての刀から検索」、②「刀・槍の種類から検索」、③「刀の鑑定区分から検索」、④「刀の制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」、⑥「名工・名匠から検索」、⑦「刀の時代分類から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣写真・日本刀画像」。
このページは、「重要刀剣」(5ページ目)の検索結果です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード