• 重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい いっかんしあわたぐちただつな ほりどうさく

刀 銘 一竿子粟田口忠綱 彫同作

刀 銘 一竿子粟田口忠綱 彫同作

「忠綱」は、初代「近江守忠綱(おうみのかみただつな)」の子。のちに2代目を継ぎ、その号を「一竿子(いっかんし)」としました。

初代・忠綱は、もとは山城国伏見(やましろのくにふしみ:現在の京都府京都市伏見区)の出身で、一説には、1648年(慶安元年)8月頃、大坂に移ったと伝えられています。

一竿子忠綱の作風は、初期においては、初代に倣って焼頭(やきがしら)がよく揃った足長丁子乱(ちょうじみだれ)が多く見られ、後期になると、その他に直刃(すぐは)や濤瀾(とうらん)風の大互の目乱(ぐのめみだれ)なども手がけるようになりました。
本刀の刃文は、大互の目乱に小湾れ(のたれ)、互の目などを交えた濤瀾風で、匂(におい)深く、小沸(こにえ)がよく付き、金筋や砂流しなどがかかるなどの作域を示しており、中でも濤瀾風の焼刃には丁子風の刃が交じり、長い足がよく入るなど、一竿子忠綱の特色が顕著に表れた出来映えです。
また、同工は、「彫りがない一竿子は買ってはいけない」と評されるほどの彫物の名人でもあり、その腕前は刀身そのものを損ねず、調和もよく取れています。

本刀の表裏にある彫物についても、「彫同作」の添銘から一竿子忠綱自身が施した物であると推測され、これは、同工が得意とした図柄であり、彼の作中によく見受けられる日本刀です。迫力を感じさせるその意匠は非常に素晴らしい仕上がりであり、一竿子忠綱の技量の高さが窺える1振だと言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
忠綱
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
64.8
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 一竿子粟田口忠綱 彫同作」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 一竿子粟田口忠綱 彫同作」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード