一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい ながそねおきさとにゅうおうこてつ

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹

「長曽祢乕徹」は、もともとは越前国(えちぜんのくに:現在の福井県)で甲冑師として活動していましたが、1656年(明暦2年)、乕徹が50歳の頃に江戸へ出て刀工に転じたと伝えられています。
当初の刀工名は「長曽祢興里」(ながそねおきさと)と名乗っていましたが、入道(仏門に入ること)して以降は、「こてつ」と読む銘字を切るようになりました。いちばん古い物は「古徹」、その次が通称「はねとら」銘と呼ばれる「虎徹」、さらに1664年(寛文4年)8月頃からは、いわゆる「はことら」銘である「乕徹」という3種類の文字を用いるようになりました。
このように乕徹の表記が頻繁に変わったのには、彼の生前から偽物が多く出回っていたことが挙げられます。実際、乕徹の作品は、後世に「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に列せられるほどの切れ味であっただけでなく、彼の技術力は、山城国の名工「堀川国広」(ほりかわくにひろ)と共に、「新刀の横綱」と評されるほどの名刀だったのです。

銘字の変遷と共に、その作風にも変化が見られ、初期の大きさの異なる互の目が2つ繋がった「瓢箪刃」(ひょうたんば)から、後期になると、頭に丸みの帯びた互の目が連なった「数珠刃」(じゅずば)を焼くようになります。
本刀においては、数珠刃風の刃文が見られるため、「はことら」時代である後期作の物と鑑することが可能。地刃が明るく冴える作柄を得意とする乕徹の技量が、十分に発揮されており、よく付いた沸(にえ)がところどころ強くむら立ち、金筋や地景(ちけい)などの働きが顕著に現れているなど、自然の趣がありながらも迫力のある1振になっています。
本刀の銘が佩表(はきおもて)に切られていることから、もとは太刀であったことが窺えますが、同工作の太刀で現存する物は、ごくわずかであるため、資料としての価値も大変高いです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
長曽祢乕徹
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る