• 重要刀剣
  • 江戸時代 前期

かたな めい ひぜんこくじゅうふじわらただひろ

刀 銘 肥前国住藤原忠広

刀 銘 肥前国住藤原忠広

「肥前国住藤原忠広」は、肥前国(ひぜんのくに:現在の佐賀県)で活躍し、1641年(寛永18年)7月に「近江大掾」(おうみだいじょう)を受領した「二代忠広」と呼ばれる刀工です。父は、「初代忠吉・武蔵大掾忠広」で、山城国(やましろのくに:現在の京都府)の刀工「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)の門人でした。

二代忠広は、19歳で本家を継いで80歳まで存命し、新刀刀匠の中では最大の量を作刀したことでも知られています。
本刀は、焼幅が広めで、焼頭が比較的揃い、丁子が肩を並べている出来の良い1振。が長く盛んに入り、沸(にえ)がよくつき、金筋砂流しがかかって、匂口が明るい作柄など、肥前刀の特徴が充分に示されています。
なお、近江大掾を受領した二代忠広は、1642年(寛永19年)から「近江大掾忠広銘」を切りますが、本刀はその直前の作。裏銘「寛永十八年八月吉日」の年期は、資料的に貴重です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 前期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
二代忠広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.8
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 肥前国住藤原忠広」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 肥前国住藤原忠広」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード