一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代 前期

かたな めい どいしんりょう

刀 銘 土肥真了

刀 銘 土肥真了

本刀は、河内国富田林藩(かわちのくに・とんだばやしはん)の初代藩主「内藤重頼」(ないとうしげより)が所蔵していました。重頼は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)の長男・徳松(とくまつ)の傳役(もりやく/ふやく:高貴な立場の方を教育する責任者)でしたが、徳松が5歳で早世すると、1684年(天和4年/貞享元年)に「若年寄」(わかどしより:老中の次位にある将軍直属の役職で、幕政に参与した)、その翌年には「大坂城代」(じょうだい:城主の留守に城を預かり、城郭や領土を守った家臣)に就いています。本刀は、その城代時代に、重頼が注文したと伝えられた1振です。
肥前国平戸藩(ひぜんのくに・ひらどはん:現在の長崎県平戸市)出身の「土肥真了」は、1680年(延宝8年)に大坂新刀の代表工「井上真改」(いのうえしんかい)に師事。
1682年(天和2年)、平戸に帰郷すると同藩藩主「松浦家」(まつらけ)に召し抱えられ、以後幕末まで、5代に亘って同が続いています。初代・真了の作刀は脇指が多く、刀は稀です。
本刀の造込みは、身幅広く重ねの厚い、武家好みの力強い様相を呈しており、小板目よく詰み地沸(じにえ)が厚くつき、鉄色の明るい鍛えになっています。刃文は、浅い湾れ(のたれ)を基調とし、(におい)深く、明るく冴えた刃沸は光美しく、優れた出来映えの名品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 前期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
土肥真了
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
内藤重頼 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.3
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 土肥真了」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 土肥真了」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る