特別保存刀剣 検索結果

鑑定区分順[ 1〜5振/18振 ]

大身槍 銘 尾州住兼武

「兼武」は、尾張国犬山(現在の愛知県犬山市)に住して作刀していた、いわゆる「犬山鍛冶」の祖として知られています。犬山鍛冶がいつ発したのか、その歴史は定かで...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 室町時代
制作国 その他 刀工 兼武
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 室町時代
制作国 その他
刀工 兼武
詳細を見る

太刀 銘 来国俊

「来国俊」は、鎌倉時代中期頃、山城国(やましろのくに:現在の京都府中南部)に興った刀工集団・来一派の3代目頭領にあたる刀工です。同派は、事実上の祖と伝えら...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 鎌倉時代
制作国 山城伝 刀工 来国俊
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 鎌倉時代
制作国 山城伝
刀工 来国俊
詳細を見る

刀 銘 河内守国助

本刀の作者である2代「河内守国助」は初代の長男で、初代と3代のあいだに位置することから俗に「中河内」(なかかわち)と呼ばれています。1648年(慶安元年)...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 江戸時代
制作国 その他 刀工 河内守国助
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 江戸時代
制作国 その他
刀工 河内守国助
詳細を見る

刀 銘 兼元

初代、及び2代「兼元」の作刀地は、美濃国赤坂(みののくにあかさか:現在の岐阜県大垣市)でしたが、それ以降は、関(せき:現在の岐阜県関市)と赤坂の双方に、兼...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 室町時代
制作国 美濃伝 刀工 兼元
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 室町時代
制作国 美濃伝
刀工 兼元
詳細を見る

刀 銘 尾州住藤原勝重(寛文頃)

「勝重」は、伊勢国(いせのくに:現在の三重県の大部分)における新刀期の「千子正重」(せんご/せんじまさしげ)一派で、寛文(1661~1673年)から延宝(...

鑑定区分 特別保存刀剣 時代 江戸時代
制作国 その他 刀工 勝重
鑑定区分 特別保存刀剣
時代 江戸時代
制作国 その他
刀工 勝重
詳細を見る

①「刀の種類から検索」、②「鑑定区分から検索」、③「制作時代から検索」、④「古刀五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀を検索できる「日本刀(刀剣)一覧検索」。このページは、「特別保存刀剣」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る