• 特別保存刀剣
  • 江戸時代 後期

なぎなた めい なおみつ

薙刀 銘 直光

薙刀 銘 直光

薙刀は、風雲急を告げる幕末に、徳川家の旗本「岩田通徳」(いわたみちのり)が、「細田直光」(ほそだなおみつ)に作らせた静形(しずかがた)の実戦薙刀で、静岡岩田家に伝来しました。

「静形の薙刀」とは、「源義経」の側室「静御前」(しずかごぜん)の薙刀と同型という伝承に基づく比較的反りの少ない薙刀であり、本薙刀は、への転用も可能です。

1868年(慶応4年)、江戸城警備の任務にあたっていた岩田通徳は、日光奉行(江戸以外の重要な直轄領に置かれ、政務をつかさどる「遠国奉行」[おんごくぶぎょう]のひとつ)を兼任することとなり、日光へ出陣します。

しかし、明治新政府から退去命令が下ったことにより、幕府の制度下では最後の日光奉行となりました。その後は徳川家と共に静岡藩へ移住し、1869年(明治2年)には、掛川奉行に就任しています。

本薙刀は、新々刀期の名工「大慶直胤」(たいけいなおたね)風の地鉄(じがね)に直刃(すぐは)を焼き、また、刃文刀姿の洗練された様子から、細田直光がかなりの技量を備えていたことを示しています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「薙刀 銘 直光」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
細田直光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
岩田通徳 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
52.7
反り 反り
(cm)
1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 直光」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード