江戸時代検索結果 [ 2/17 ]


鑑定区分順[ 11〜20振/165振 ]

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落

本刀は、新刀期の名工「康継」の壮年期の作品。越前松平家(まつだいらけ)の祖である「結城秀康(ゆうきひでやす)」の次男「松平忠昌(まつだいらただまさ)」が、1615年(慶長20年)の「大坂夏の...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 江戸時代(慶長新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
刀工 康継
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
刀工 康継

刀 銘 長幸於摂津国作之

本刀を制作した多々良長幸は、江戸時代前期に摂津国(現在の大阪府北西部、及び兵庫県南東部)で活躍した大坂石堂派の刀工で、最高峰の技量を誇る同派の代表工です。 本刀は、長寸で身幅の広い雄渾...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 江戸時代(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
備前伝
(摂津国/大阪府)
刀工 多々良長幸
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
備前伝
(摂津国/大阪府)
刀工 多々良長幸

槍 銘 伯耆守藤原信髙

本槍の作者である初代「伯耆守信髙」は1563年(永禄6年)、美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)で生まれ、1591年(天正19年)には、関白「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)の取り成しにより...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 伯耆守信髙
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
刀工 伯耆守信髙

薙刀 銘 越中守藤原正俊

本薙刀の作者である「越中守正俊」は、美濃から京都に移住して「三品派」(みしなは)を興した「兼道」(かねみち)の第4子。兼道と4兄弟は、京五鍛冶として名を馳せ、一大派閥を形成した三品派は、「埋...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(越中国)
刀工 藤原正俊
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(越中国)
刀工 藤原正俊

薙刀 銘 肥後守藤原輝広作(初代)

「肥後守藤原輝広」(初代)は、美濃国(現在の岐阜県南部)出身。関鍛冶「兼常」(かねつね)の末孫として生まれ、のちに埋忠派の始祖「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)に学んだ名工です。 作風...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 初期(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(安芸国)
刀工 肥後守藤原輝広
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(安芸国)
刀工 肥後守藤原輝広

薙刀 銘 河内守国助

本薙刀に与えられた号の由来、「天秤」(てんびん)とは、中央に支点がある梃子(てこ)を利用し、片方に品物を載せ、もう片方には分銅を載せて重さを比較測定する「はかり」です。正義を意味し、公明正大...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(大坂新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(河内国)
刀工 河内守国助
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(河内国)
刀工 河内守国助

長巻 銘 平信秀於大坂 元治元年十一月日

本長巻は、幕末の名工「栗原信秀」(くりはらのぶひで)が手掛けた1振です。この作品は、薙刀の中でも「長巻」(ながまき)と呼ばれる武具。長巻は、刀身の寸法が長めで先反りが浅い構造となっており、そ...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 後期(新々刀)
五箇伝
(制作国)
-
(大坂)
刀工 栗原信秀
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(大坂)
刀工 栗原信秀

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造

本薙刀は、室町時代の守護大名「山名宗全」(やまなそうぜん)の末裔に当たる「山名豊国」(やまなとよくに)が、「堀川国広」(ほりかわくにひろ)に注文した薙刀で、明治期に至るまで山名家に伝来した1...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代(慶長新刀)
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 藤原国広
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 藤原国広

刀 銘 肥前国忠吉

「肥前国忠吉」は、その名を「橋本新左衛門」(はしもとしんざえもん)と称し、もともとの家系は九州の豪族「少弐氏」(しょうにし)の一族です。祖父「盛弘」(もりひろ)と父「道弘」(みちひろ)は、肥...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 初期(新刀)
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 初代忠吉
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
刀工 初代忠吉

刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日

土佐藩(現在の高知県高知市)を領していた山内家には、多数の古名刀がありましたが、この国広は、第3代藩主「山内忠豊」(やまうちただとよ)の愛刀の1振りと伝わっています。 忠豊は、1609...

鑑定区分 重要刀剣 時代 江戸時代 初期(慶長新刀)
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 信濃守国広
鑑定区分 重要刀剣
時代 江戸時代
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 信濃守国広

①「すべての刀から検索」、②「刀・槍の種類から検索」、③「刀の鑑定区分から検索」、④「刀の制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」、⑥「名工・名匠から検索」、⑦「刀の時代分類から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣写真・日本刀画像」。
このページは、「江戸時代」(2ページ目)の検索結果です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード