一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代

なぎなた めい かわちのかみくにすけ

薙刀 銘 河内守国助

薙刀 銘 河内守国助

本薙刀に与えられた号の由来、「天秤」(てんびん)とは、中央に支点がある梃子(てこ)を利用し、片方に品物を載せ、もう片方には分銅を載せて重さを比較測定する「はかり」です。正義を意味し、公明正大な裁きを象徴するモチーフでもあります。

この「河内守国助」の薙刀は、「下総関宿藩」(しもうさせきやどはん:現在の千葉県野田市)5万石の初代藩主「板倉重宗」(いたくらしげむね)の注文打ちであると伝わっています。
重宗は徳川家の譜代大名であり、父「勝重」(かつしげ)と2代に亘って京都所司代を務め、両者共に名所司代と称賛されました。

所司代の重要な任務は、現代で言えば「裁判官」です。重宗は、「徳川実記」(とくがわじっき)によると「公務にあたって私心なく公平に処し、正直に決断することを常に心がけ、良臣として人々に広く高い評価を受けていた」と記されています。また、「名将言行録」には、罪人に申し開きがあれば聞き、何日もかけて調べ、疑問点がなくなってから死刑を執行したとあり、公正な裁きが評判になっていた様子がうかがえます。

この公明正大な重宗にふさわしい号を持つ薙刀は、6代藩主「板倉勝澄」(いたくらかつずみ)が「備中松山藩」(びっちゅうまつやまはん:現在の岡山県南西部)5万石に転封となるも、そのまま明治まで板倉家に伝来しました。

制作者である初代河内守国助は、「堀川国広」(ほりかわくにひろ)門下で学び、のちに初代「和泉守国貞」(いずみのかみくにさだ)と共に大坂新刀黎明期を代表する刀工となります。
初代河内守国助の作品には特徴が良く表われており、この天秤も、地鉄(じがね)板目肌の表面が流れごころとなって、銀鉱脈のようにきらきらとした地沸(じにえ)付き。地景が細かく入り、刃文湾れ(のたれ)互の目丁子(ぐのめちょうじ)が入り、匂い深く小(こにえ)付くと説明されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 重要刀剣 時代 時代 江戸時代
刀剣種別 刀剣種別 薙刀 刀工 刀工 河内守国助
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他 (河内国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
板倉家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 49.6 反り 反り(cm) 3
鑑定区分 鑑定区分 重要刀剣
時代 時代 江戸時代
刀剣種別 刀剣種別 薙刀
刀工 刀工 河内守国助
制作国 制作国 その他 (河内国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
板倉家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
49.6
反り 反り
(cm)
3
名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「薙刀 銘 河内守国助」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド(刀剣広場)」。こちらのページは日本刀(刀剣)一覧検索の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 河内守国助」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド(刀剣広場)」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る