• 重要刀剣
  • 江戸時代 後期

ながまき めい おおさかにおいてたいらののぶひで
げんじがんねん じゅういちがつひ

長巻 銘 平信秀於大坂
元治元年十一月日

長巻 銘 平信秀於大坂 元治元年十一月日

長巻は、幕末の名工「栗原信秀」(くりはらのぶひで)が手掛けた1振です。この作品は、薙刀の中でも「長巻」(ながまき)と呼ばれる武具。長巻は、刀身の寸法が長めで先反りが浅い構造となっており、その多くは、1mほどの長い(つか)の先端に装着して用いられてきました。

栗原信秀は、15歳の頃に京都へ上り、寺院や神社などに納める青銅などの金属の鏡を作る「鏡師」となりましたが、1850年(嘉永3年)に江戸へ出て、新々刀期の3名人のひとりに数えられる名工「源清麿」(みなもときよまろ)の門下に入ります。このとき栗原信秀は、30代半ばであったにもかかわらず、源清麿一門の中では、師に次ぐ名人であったと評されているのです。

本長巻を鑑賞する際に、最も注目すべきポイントはその制作年。本長巻に年紀銘として刻まれている「元治元年」(1864年)は、「禁門の変」(別名:「蛤御門の変[はまぐりごもんのへん]」)が起こった年。同戦では、長州藩が天皇のお住まいである京都の「御所」に銃を向けたことで「朝敵」(朝廷に抵抗する敵)であると見なされ、江戸幕府から、諸藩の藩士によって構成された征伐軍が送られました。

これに伴って栗原信秀は、幕府の命により、1864年(元治元年)8月から1867年(慶応3年)正月までの約2年間に亘り、大坂において兵器補給役を務めることになったのです。本長巻はにもあるように、大坂滞在中に作られたと推測され、この間の1865年(元治2年/慶応元年)に栗原信秀は、「筑前守」(ちくぜんのかみ)を受領しています。

源清麿一門特有である、鋭く勇壮な姿をした本長巻の作風は、板目肌地沸(じにえ)が強く付き、地景がよく入った鍛えであることが特徴。刃文は、大互の目(ぐのめ)や互の目丁子(ちょうじ)を交えて変化に富み、は太く長く、湯走り金筋が長く入っています。

また、帽子が強く乱れ込み、盛んに掃き掛けて先が尖って返るなど、師・源清麿が「正行」(まさゆき)の銘で作刀していた時代の刀剣にも同様の作があり、同一門である相州伝の特徴がよく表現された、師に迫る出来栄えの名品です。

栗原信秀作の長巻は非常に珍しく、また年紀銘より、大坂駐屯初期の作であることが確認できるため、資料的価値の高い1振だと言えます。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「長巻 銘 平信秀於大坂 元治元年十一月日」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
長巻
刀工 刀工
栗原信秀
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大坂)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.4
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「長巻 銘 平信秀於大坂 元治元年十一月日」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード