• 重要刀剣
  • 江戸時代

なぎなた めい らくようじゅうふじわらくにひろつくる

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造

本薙刀は、室町時代の守護大名「山名宗全」(やまなそうぜん)の末裔に当たる「山名豊国」(やまなとよくに)が、「堀川国広」(ほりかわくにひろ)に注文した物で、明治期に至るまで山名家に伝来した1振です。

号の「磯波」については、刃文が「源実朝」(みなもとのさねとも)が詠んだ「大海の 磯もとどろに 寄する波 割れて砕けて さけて散るかも」の世界観と重なることに由来。

作者の国広は、安土桃山時代に活動していた刀工で、新刀期初期屈指の名工でした。「日向国飫肥」(ひゅうがこくおび:現在の宮崎県日南市)に生まれ、伊東家に仕えた武士でしたが、主家が没落したことで諸国を流浪。晩年に京都一条堀川に定住し、「堀川派」を興すと、数多くの優れた弟子を輩出しました。

国広が薙刀を制作することは極めて稀であり、本薙刀は、希少価値の高い1振であると言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
藤原国広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
山名豊国→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
45
反り 反り
(cm)
3.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「薙刀 銘 洛陽住藤原国広造」の関係についてご紹介します。

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造の動画

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 洛陽住藤原国広造」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード