平安時代検索結果 [ 1/1 ]

掲載予定数:7振
鑑定区分順[ 1〜6振/6振 ]

平安時代の
刀剣・日本刀写真 目次

指定・認定区分

  • 国宝 … 国宝
  • 重文 … 重要文化財
  • 重美 … 重要美術品
  • 特重 … 特別重要刀剣
  • 重要 … 重要刀剣
  • 特保 … 特別保存刀剣
  • 保存 … 保存刀剣
  • 特貴 … 特別貴重刀剣
  • 貴重 … 貴重刀剣
  • 未鑑 … 未鑑定

刀 額銘 吉家作

「吉家」の二字銘といえば、「三条吉家」(山城国三条派)と「備前吉家」(備前一文字派)が思い出されます。両者は判別がとても難しいのですが、本刀は、額銘で「吉家作」と、三字銘。備前吉家には、三字...

鑑定区分 重要美術品 時代 平安時代
制作国 山城伝 刀工 吉家
鑑定区分 重要美術品
時代 平安時代
制作国 山城伝
刀工 吉家

太刀 無銘 古千手院

本太刀は、鎬(しのぎ)高く鎬幅広い体配で、打徐け(うちのけ)、ほつれ、喰違刃(くいちがいば)が交じる細直刃(ほそすぐは)と、板目(いため)が流れる地鉄(じがね)に、大和伝の特色が顕著に現われ...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 平安時代 後期
制作国 大和伝 刀工 千手院派
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 平安時代
制作国 大和伝
刀工 千手院派

刀(額銘)正恒

「古備前派」は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて備前国(現在の岡山県南東部)で活動した刀工集団。正恒は、古備前派の名工であり、その腕前は、同派の祖と伝わるだけでなく、「日本三名匠」とも称され...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 平安時代末期~
鎌倉時代初期
制作国 備前伝 刀工 正恒
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 平安時代
制作国 備前伝
刀工 正恒

太刀 朱銘 友成

本太刀は、上野国吉井藩1万石「鷹司松平家」に伝来した古備前の名刀。「京都鷹司家」は飛鳥時代から続く藤原北家(摂政・関白に就ける名家)で、1300年の歴史を誇る名門です。 鷹司松平家の初祖「...

鑑定区分 重要刀剣 時代 平安時代 末期
制作国 備前伝 刀工 友成
鑑定区分 重要刀剣
時代 平安時代
制作国 備前伝
刀工 友成

太刀 無銘 古備前

本太刀の「古備前」(こびぜん)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて盛隆を誇った備前国(現在の岡山県南東部)の刀工と、その作品の総称です。 古備前の作風は、直刃(すぐは)調、または浅い...

鑑定区分 重要刀剣 時代 平安時代
制作国 - 刀工 -
鑑定区分 重要刀剣
時代 平安時代
制作国 -
刀工 -

刀 無銘 伝安綱

本刀は、公家の名門「西園寺家」(さいおんじけ)伝来の名刀です。 西園寺本家は、清華家(せいがけ:太政大臣にまで昇格できる公家の家格)のひとつ。「藤原北家閑院流」(ふじわらほっけかんいん...

鑑定区分 重要刀剣 時代 平安時代
制作国 - 刀工 安綱
鑑定区分 重要刀剣
時代 平安時代
制作国 -
刀工 安綱

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣・日本刀写真」。
このページは、「平安時代」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード