• 重要刀剣
  • 平安時代 末期

たち しゅめい ともなり

太刀 朱銘 友成

太刀 朱銘 友成

太刀は、上野国吉井藩1万石「鷹司松平家」に伝来した古備前の名刀。「京都鷹司家」は飛鳥時代から続く藤原北家(摂政・関白に就ける名家)で、1300年の歴史を誇る名門です。

鷹司松平家の初祖「鷹司信平」(たかつかさのぶひら)は、京都鷹司家「鷹司信房」の四男。1650年(慶安3年)、15歳になった信平は公家を辞め武士になろうと、姉が三代将軍「徳川家光」の正室「孝子」(たかこ)であるのを頼りに江戸へ下ります。

そのまま徳川家の旗本となり、四代将軍家綱より7,000石と、その仲介で紀州徳川家藩主「徳川頼宜」(とくがわよりのぶ)の次女「松姫」を娶り、徳川一門に列して松平姓を賜りました。

本太刀は平安時代末期の姿。腰反りつき、小切先で物打ちから先はうつむき心の反りです。鍛は小板目肌地沸(じにえ)が細かくつき、地斑(じふ)交じり。刃文直刃(すぐは)調に小乱れ刃で、静かに見えますが、(よう)がよく入り、砂流しかかり、金筋が入ります。古備前の特色である棒樋を裏表に掻き流し、地刃がいかに古雅で古備前の特色をよく表しています。

また、号「はたがみ」は「はたたく神」の意味。激しく鳴り轟く雷のことで、「霹靂神」(はたたがみ)と書きます。刃文の働きが稲妻の光のごとく輝き冴えているところから名づけられました。幸せと縁を結ぶ意も内在します。

なお、本太刀は本間薫山氏により「古備前友成」と鑑定されています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 朱銘 友成」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
平安時代 末期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
友成
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
鷹司松平家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.9
反り 反り
(cm)
2.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 朱銘 友成」は平安時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード