一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 平安時代

かたな むめい でんやすつな

刀 無銘 伝安綱

刀 無銘 伝安綱

本刀は、公家の名門「西園寺家」(さいおんじけ)伝来の名刀です。

西園寺本家は、清華家(せいがけ:太政大臣にまで昇格できる公家の家格)のひとつ。「藤原北家閑院流」(ふじわらほっけかんいんりゅう)に発する「藤原通季」(ふじわらのみちすえ)を祖とし、通季の曾孫・公経(きんつね)が、京都北山に西園寺を営んだことから、これを家名としました。また、西園寺家は琵琶の家としても有名です。

さらに、公経は「源頼朝」(みなもとのよりとも)の姪「一条全子」(いちじょうまさこ)を妻としていたため、鎌倉幕府と密接な関係を持っていました。

しかし、「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による「建武の新政」(けんむのしんせい)によって、鎌倉幕府は倒され、幕府の後ろ盾を失った西園寺一族は、伊予国(いよのくに:現在の愛媛県)南西部の宇和郡一帯に逃れます。その後、西園寺家庶流の「西園寺公良」(さいおんじきんよし)が勢力を持ち、8代にわたって同地を支配しました。
1584年(天正12年)、「長曾我部元親」(ちょうそかべもとちか)の侵攻により、「西園寺公広」(さいおんじきんひろ)は降伏。豊臣家の家臣「戸田勝隆」(とだかつたか)が宇和領主となり、行き場を失った公広は、1587年(天正15年)に勝隆によって殺害され、伊予西園寺家は滅亡しました。その後、本刀は「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に献上され、秀吉からもとの西園寺本家に戻されています。

安綱」は、在日本刀(刀剣)の初期の実在者として、刀剣研究には忘れてはならない重要な存在であり、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)をはじめ、比較的多くの作品を残しているのです。

本刀は、大磨上無銘でありますが、その鍛えは板目に大板目が交じって肌立ち刃文小乱れに小丁子(ちょうじ)が交じり、刃縁ほつれ、総体に沸(にえ)は厚く付き、砂流し金筋がかかり、湯走りが入るなど、古風で優雅さが感じられる地刃に、同工の特色がよく現れています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
安綱
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伯耆国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
西園寺家→
豊臣秀吉→
西園寺家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
79.3
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝安綱」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝安綱」は平安時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る