特別貴重刀剣・貴重刀剣検索結果 [1/2]

掲載予定数:12振
鑑定区分順[ 1〜10振/11振 ]

槍 銘 備中国水田住大月与五郎国重作

備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)「水田」派は、一説には大永年間(1521~1527年)以前、同国の水田や砦部(あざえ)などの地に、伊予国(いよのくに:現在の愛媛県)から引き揚げて...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 国重
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 国重

槍 銘 肥後守国康

本槍は、常陸国(現在の茨城県)の「松岡藩」中山家に伝来した平槍です。 松岡藩は、「徳川家康」の11男「徳川頼房」(とくがわよりふさ)の家老「中山信政」(なかやまのぶまさ)が初代藩主。徳川頼...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 肥後守国康
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 肥後守国康

大身槍 銘 備前行包作

「行包」は、現存する作品の数が非常に少ない刀工。その年紀銘には、1582年(天正10年)から慶長年間(1596~1615年)初期頃にかけての物が残されています。行包が作刀を行なった備前国(び...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 安土桃山時代
制作国 備前伝 刀工 行包
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 安土桃山時代
制作国 備前伝
刀工 行包

大身槍 銘 兼常

「兼常」銘は室町時代から新刀期にまで及び、美濃国・関(みののくに・せき:現在の岐阜県関市)で代々活躍した刀工の1系統。1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたた...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 室町時代
制作国 美濃伝 刀工 兼常
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 室町時代
制作国 美濃伝
刀工 兼常

槍 銘 河内守国助

「河内守国助」、すなわち2代・国助は、江戸時代前期に活躍した摂津国(せっつのくに:現在の大阪府北西部、及び兵庫県南東部)の刀工です。 父にあたる初代・国助は伊勢国亀山(いせのくに・かめ...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 河内守国助
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 河内守国助

筑紫薙刀 無銘(波平)

「波平」(なみのひら)とは、薩摩国波平(現在の鹿児島県鹿児島市南部)で栄えた、刀工一派のこと。平安時代に、大和から「正国」が移住したのがはじまりと言われており、綾杉肌を鍛えているのが特徴です...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 室町時代
制作国 - 刀工 波平派
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 室町時代
制作国 -
刀工 波平派

太刀 銘 家助

本太刀は戦国時代の武将「松平親信」(まつだいらちかのぶ:岩津松平家)の愛刀と言われています。のちに、桜井松平家に伝来した、備前長船家助の1振です。 松平家は三河国加茂郡松平郷(現在の愛知県...

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 室町時代 初期
制作国 備前伝 刀工 家助
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 室町時代
制作国 備前伝
刀工 家助

脇指 銘 近江守法城寺橘正弘 (金象嵌)貮ッ胴載断 山野加右衛門長久(花押)

鑑定区分 特別貴重刀剣 時代 江戸時代 中期
制作国 - 刀工 橘正弘
鑑定区分 特別貴重刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 橘正弘

槍 銘 手柄山氏繁

「手柄山氏繁」は、播磨国(はりまのくに:現在の兵庫県)の手柄山(てがらやま:現在の姫路市西南にある小山)で活躍した刀工です。手柄山(てがらやま)という銘から、縁起が良いとされ、人気が高かった...

鑑定区分 貴重刀剣 時代 江戸時代
制作国 - 刀工 手柄山氏繁
鑑定区分 貴重刀剣
時代 江戸時代
制作国 -
刀工 手柄山氏繁

短刀 銘 備前国吉光

鑑定区分 貴重刀剣 時代 室町時代
制作国 備前伝 刀工 吉光
鑑定区分 貴重刀剣
時代 室町時代
制作国 備前伝
刀工 吉光

①「すべての刀から検索」、②「刀の種類から検索」、③「鑑定区分から検索」、④「制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で日本刀(刀剣)を検索できる「日本刀(刀剣)写真」。
このページは、「特別貴重刀剣・貴重刀剣」の検索結果です。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る