国行検索結果 [ 1/1 ]


鑑定区分順[ 1〜4振/4振 ]

太刀 銘 国行

本太刀の作者である「来国行」(らいくにゆき)は、鎌倉時代中期頃から山城国(やましろのくに:現在の京都府)で栄えた「来派」の名工です。来派の始祖は「国吉」とされますが、作品が現存しないため確証...

鑑定区分 重要文化財 時代 鎌倉時代 中期(古刀)
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 国行
鑑定区分 重要文化財
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
刀工 国行

太刀 銘 豊後国行平作

本太刀は徳川将軍家に伝来し、のちに一橋徳川家が拝領した1振です。 一橋徳川家とは、8代将軍「徳川吉宗」の四男「徳川宗尹」(とくがわむねただ)を家祖とする「徳川御三卿」(とくがわごさんぎ...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 鎌倉時代 初期(古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 行平
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 行平

太刀 銘 豊後国行平

本日本刀は、刀剣愛好家として知られる「明治天皇」から、有栖川宮家(ありすがわのみやけ)に下賜された名刀です。 有栖川宮家は、江戸時代初期から大正時代にかけて存続した「世襲四親王家」のひ...

鑑定区分 特別重要刀剣 時代 鎌倉時代(古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 豊後国行平
鑑定区分 特別重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 豊後国行平

太刀 無銘 豊後国行平

豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県の大部分)の刀工「行平」は、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍し、「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)の「御番鍛冶」(ごばんかじ)のひとりにも数えられた名工で...

鑑定区分 重要刀剣 時代 鎌倉時代 初期(古刀)
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 豊後国行平
鑑定区分 重要刀剣
時代 鎌倉時代
五箇伝
(制作国)
-
(豊後国)
刀工 豊後国行平

①「すべての刀から検索」、②「刀・槍の種類から検索」、③「刀の鑑定区分から検索」、④「刀の制作時代から検索」、⑤「五箇伝から検索」、⑥「名工・名匠から検索」、⑦「刀の時代分類から検索」の中から、目的の情報にたどり着きやすい方法で刀剣・日本刀を検索できる「刀剣写真・日本刀画像」。
このページは、「国行」の検索結果です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード