美術刀剣・武具Web管理システム 美術刀剣・武具Web管理システム

東建コーポレーション株式会社(刀剣ワールド財団)が独自でシステム開発した「美術刀剣・武具Web管理システム」は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」に収蔵する美術品を管理する電子(Web)システムです。

美術刀剣・武具Web管理システムの特徴

収蔵されている美術品の文字情報(解説文)や関連資料ファイルはもちろん、画像に至るまで一元管理が可能。また、美術品の手入(メンテナンス)や棚卸時期を設定でき、時期がくると対象になった美術品について通知されるため、適切な美術品管理ができます。さらに、他の博物館・美術館への貸出・借入履歴等も一元管理できます。

本システムは今後、博物館・美術館様などへの販売を予定しております。

美術品管理

美術品の新規登録や、収蔵している美術品の閲覧/修正/削除ができます。
また、貸出・借入予定の登録や手入・棚卸時期の設定も行なえます。

美術品管理画面

手入・棚卸管理

手入・棚卸対象の美術品が一覧で確認できます。
また、美術品の手入・棚卸完了後の写真・コメント登録が行なえます。

手入・棚卸管理画面

貸出・借入管理

美術品の貸出・借入の状況等が一覧で確認できます。
また、貸出前と返却後の写真・コメント登録が行なえます。

貸出・借入管理画面

データ管理

「日本刀一覧グラフ」の作成や、美術品の収蔵数を美術品分類/美術品区分等の項目別で確認が行なえます。
また、刀工別に登録状況を管理することができます。

データ管理画面

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」のご紹介

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」は、愛知県名古屋市中区栄に位置し、重要文化財や重要美術品をはじめとした、常時200振り以上の日本刀展示を予定しており、日本最大級の日本刀展示数を誇る博物館です。また、最新のデジタル技術を活用した企画展も計画しており、新たな名古屋の観光施設を目指しています。

名古屋刀剣ワールド
名名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」イメージ

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「美術刀剣・武具Web管理システム」のページです。東建コーポレーション株式会社(刀剣ワールド財団)が独自でシステム開発した「美術刀剣・武具Web管理システム」は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」が収蔵する美術品を管理する電子(Web)システムです。収蔵されている美術品の文字情報(解説文)や関連資料ファイルはもちろん、画像に至るまで一元管理が可能。また、美術品の手入(メンテナンス)や棚卸時期を設定でき、時期がくると対象になった美術品が通知されるため、適切な美術品管理ができます。
バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る