拵・刀装具
刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)
拵・刀装具
刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

文字サイズ

刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀(刀剣)を手に取る際に触れる柄と、日本刀(刀剣)を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

鞘(さや)

鞘

鞘は、刀身の刃の部分を保護するための刀装具です。この鞘は、大きく2種類に分類され、鍔(つば)などの金具や塗りが施された意匠性の高い外出用の「」(こしらえ)と、家庭内で刀身を保護・保存する際に刀身を収めておく「白鞘」(しらさや)があります。

鞘の構造

外観は金属にも見える鞘ですが、刀身を保護するための素材には朴の木(ほうのき)が使われ、古くは杉や檜なども用いられました。年輪や木目を見ながら選んだ朴の木を刀身に合わせ鋸(のこ)で切り出したあと、鑿(のみ)で中を削り、表面は装飾を重ねて漆を塗った上で、鮫皮(さめかわ)や動物の皮などを張って仕上げます。

豪華な鞘は身分の象徴でもあり、貴族や豪族が鞘の外装に、身分にふさわしい豪華な装飾を施していました。

鞘の歴史

鞘の形状は、凹凸のない「平鞘」(ひらざや)と、卵を逆さにしたように上が太く下の方が細くなった形状の「丸鞘」(まるざや)に大きく分類されます。平安時代から鎌倉時代において、平鞘は主に合戦に使用する武器としての日本刀(刀剣)に、丸鞘は儀礼用の日本刀(刀剣)に用いられました。その後、室町時代から江戸時代にかけては、丸鞘が一般的となっています。

また、平安時代には日本刀(刀剣)のうち刃長がおおむね2尺(約60cm)以上である太刀が出現し、刀身に合わせて反った形状に変化した鞘は、太刀を腰に付けるための紐(ひも)である帯取が2か所に取り付けられるようになりました。

鞘の種類

白鞘(しろさや)
白鞘

白鞘

朴の木で作られた白木の鞘で、目釘以外は付けないのが一般的です。

刀身を保存する際、油を塗って白木の鞘に収めて保存していました。

塗鞘(ぬりさや)の種類
鞘の色付けには多様な塗り方があり、それぞれに名前が付いています。

蝋色塗(ろいろぬり)
艶々するように塗られています。

潤色塗(うるみいろぬり)
青黒く、または赤黒く濁った色合いです。
石目塗(いしめぬり)
石のような表面で落ち着いた質感です。
黒乾石目塗(くろかわきいしめぬり)
黒色で石のような表面が特徴です。
朱色漆塗(しゅいろうるしぬり)
朱色で表面に艶があります。
金梨地高蒔絵塗(きんなしじたかまきえぬり)
金粉の上に透明な漆を塗っています。
蒔絵塗(まきえぬり)
加飾する面に漆で文様を描き、色粉で固めた塗り方です。
生漆塗(きうるしぬり)
漆の色が強く残るように塗られています。
金沃懸地塗(きんいけかじぬり)
器物の表面に漆を塗り、金、銀の鑢分(やすりふん)を蒔きつめているのが特徴です。
螺鈿(らでん)
貝殻を文様に切り、表面に張り付けて漆で固定しています。

螺鈿笛巻塗(らでんふえまきぬり)
螺鈿に赤と黒で段塗りしています。
叩き塗(たたきぬり)
表面が凹凸するように作られ、その上に漆を塗っています。

着せ鞘の種類

鞘に張られる皮や、その装飾によって、様々な名前が付けられています。

鮫着鞘(さめぎさや)
梅花皮鮫皮着鞘(かいらぎさめかわぎさや)
皮を研ぐ際に梅花のような模様が浮かび出ます。
鮫皮着鞘(さめかわぎさや)
鮫皮が使用され、表面がざらついています。
蝶鮫着鞘(ちょうさめぎさや)
皮を研ぐ際に蝶が羽根を広げたような模様が浮かび出ます。
藍鮫着鞘(あいさめぎさや)
粒が小さく細かく、軍刀の鞘によく使われました。
その他
皮着鞘(かわぎさや)
動物の皮を鞘に着せています。
金襴包鞘(きんらんづつみさや)
平金糸を横糸に加えて、模様を織り出した錦で包んだ鞘です。
網代包鞘(あじろづつみさや)
漁業に使う網代で包んだ鞘です。
卵殻包鞘(らんかくづつみさや)
卵の最外層の堅くなっている殻で包んだ鞘です。

刻鞘の種類

鞘に施された刻みの種類によって、様々な名前が付けられています。

印籠刻鞘(いんろうきざみざや)
分割した印籠の刻み方に似ている鞘です。
斜刻鞘(ななめきざみざや)
斜めに刻みを入れた鞘です。
千段刻鞘(せんだんきざみざや)
滕(ちきり)を巻いたような刻みを入れた鞘です。
縦刻鞘(たてきざみざや)
縦に刻みを入れた鞘です。

柄(つか)

柄

柄とは、日本刀(刀剣)を握る部分を指します。大半は木製で作られ、その上に鮫皮を張り、細い紐や皮などを巻くことで柄となります。

装飾的な部分を含めて日本刀(刀剣)の価値を決める大切な要素であり、高価な装飾が施された柄は、大名間の贈答にも使われました。

柄の構造(鮫皮)

鮫皮と呼ばれていますが、実際にはエイの皮を使用していました。日本近海では柄に使用する素材に適したエイが捕獲できず、東南アジア諸国からの輸入に頼っていたため、鮫皮は高値で取引されました。

鮫皮は乾燥させると非常に固くなるため、柄の強度を保つ目的で使用し、鮫皮の表面の凹凸が柄糸(つかいと)を巻いた際の滑り止めの役目をすることもあり重宝されました。

柄の歴史

平安時代や鎌倉時代までの太刀は、馬上で使用するための武器として用いられ、片手で持ちやすいように柄の部分から反りが始まっていました。その後、南北朝時代から室町時代にかけて歩兵戦が主流となったことを背景に、武士が両手で日本刀(刀剣)を振り回せるよう、柄が長く真っ直ぐな形状の打刀(うちがたな)が増えました。

打刀の柄は、よく見るとわずかに中央部が細くなっています。このわずかなへこみにより日本刀(刀剣)の持ちやすさは格段に向上しました。

柄の種類

柄には、多様な種類があります。糸や皮など、どのような素材を用いたかで、それぞれに名前が付いています。

太刀柄(たちづか)
太刀専用の柄で、他の柄に比べて長い。
糸巻柄(いとまきづか)・蛇腹組(じゃばらぐみ)
蛇腹糸で巻いた柄。
糸巻柄(いとまきづか)・常組(つねぐみ)
常組糸で巻いた柄。
革巻柄(かわまきづか)
動物から作った革で巻いた柄。
圧出鮫柄(へしだしざめづか)
柄巻きをせずに鮫皮だけを着せた柄。
塗柄(ぬりづか)
柄巻きをせずに塗料を塗っただけの柄で、鮫皮を使用していない。
唐木柄(からきづか)
唐木を使用した柄で、鮫皮を使用していない。
糸片手巻柄(いとかたてまきづか)
柄の肌が見えないように糸を巻いた柄。
皮片手巻柄(かわかたてまきづか)
皮紐で巻いた柄。
藤蔓巻柄(ふじつるまきづか)
藤蔓で巻いた柄。

柄巻の種類

柄は、巻く物の素材だけではなく、巻き方によって、実に多くの名前が付いています。

文字掛け(もじかけ)・巻戻し(まきもどし)
平打ちの糸をそのまま巻いた物。
平巻(ひらまき)
糸をクロスさせて上下重ねて巻いた物。

諸捻巻(もろひねりまき)
上下の糸をともに捻って巻いた物。
方撮巻(かたつまみまき)
上糸を撮(つま)んで、下糸を捻った物。
諸撮巻(もろつまみまき)
上下の糸をともに撮んで巻いた物。
篠巻(しのまき)
3本を一組にして真ん中の糸だけを捻り、左右から折り返した物。
絡巻(からめまき)
篠巻きの左右の糸を捻った物。
結巻(むすびまき)
篠巻の左右の糸を結んだ物。
捩巻(ねじりまき)
上下ともねじって巻いた物。
雁木巻(がんぎまき)
1本ずつを交互に雁の行列のように巻いた物。
蛇腹糸組上巻(じゃばらいとぐみあげまき)
上下で1度巻いた上にもう1度、上下2段に巻いた物。

下緒(さげお)

下緒

下緒

下緒は、日本刀(刀剣)の鞘に装着して用いる紐(ひも)のことであり、機能については諸説ありますが、取り付けられた理由ははっきりと分かっていません。

下緒は鞘を固定するためや、合戦の際のたすきに用いるためなどと伝えられています。

下緒の構造

絹や綿で織られた180~240cm程の長さの組み紐を主な素材とし、刀装具によっては平らに編んだ平革紐や、袋状に編んだ革紐も用いられました。「太刀拵」(たちこしらえ)と呼ばれる形式の刀装に付けられる物は「太刀緒」(たちお)、もしくは「佩緒」(はきお)と呼ばれています。

短刀用の物で端を何房かに分岐させた物は「蛸足下緒」(たこあしさげお)と呼ばれ、装飾的な要素が強くなっています。

下緒の歴史

下緒は、太刀や鞘とともに、古くから刀装具として使用されてきました。時代によって、種類や結び方が変わっていくのが特徴です。明治時代以降の軍刀に用いられる軍装品には、下緒の部分を「刀緒」(とうちょ)と表現することがありますが、別物として捉えられています。

下緒の種類

下緒には、様々な紐の組み方が用いられ、それぞれに名前が付いています。

貝の口組(かいのくちぐみ)
貝の口のように固い紐の組み方で、礼装用、通常用と最も広く用いられる下緒です。太刀の紐としても用いられます。
笹浪組(ささなみぐみ)
V字形の矢羽根のような模様で、明智拵の柄糸になっている組型です。
畝組(うねぐみ)
畝のように中心部が盛り上がっており、肥後拵には欠かせない下緒で、戦国期から用いられています。
高麗組(こうらいぐみ)
家紋や「武運長久」(ぶうんちょうきゅう)、「壽」(ことぶき)など、様々な文字や文様を自由に組み上げることができる高級な下緒です。
龍虎組(りゅうこぐみ)
凹凸しているのが特徴で、尾張拵に必ず用いられており、名称から武芸者に好まれました。
繁組(しげぐみ)
多色の紐を用いて、網状に編んでいきます。天生拵・肥後拵に用いられており、厚みがあってやわらかいです。
唐組(とうぐみ)
多色の糸を用いて菱形模様が連続する形に組まれた下緒です。
亀甲組(きっこうぐみ)
名前の通り、亀の甲羅模様に編み込まれています。
革製(かわせい)
太刀緒には、松葉などの煙でいぶして着色した燻皮(ふすべがわ)を袋縫いにした革緒が使われていました。

下緒の結び方

下緒には、様々な結び方があり、それぞれに名前が付いています。

太刀結び(たちむすび)
太刀の足緒に太刀緒を通したあとに鞘に結び、輪が両方にできるように結びます。

また、太刀を飾る際に長い太刀緒が煩雑にならず、見栄えが良くなるように用いた結び方です。

正式結び(せいしきむすび)
蝶結びとも言われ、江戸時代には正式な結び方とされていました。
大名結び(だいみょうむすび)・浪人結び(ろうにんむすび)
実用には向かず、見栄えがするということで、床の間などに飾るときに用いられました。

浪人結びの名称の由来は、「浪人は日本刀(刀剣)を差すことも使うこともないから、実用を考える必要がなく、見栄えだけでも映える結び方を選んだから」という説があります。

熨斗結び(のしむすび)
一番簡略な結び方で、多くに用いられました。
茗荷結び(みょうがむすび)
下緒の端がほどけないように、端をまとめるための結び方。

茗荷結びは、端を結んだ形が植物の茗荷に似ていることからその名が付けられました。

巻き結び(まきむすび)
下緒を栗形に通したあとに鞘に巻き付けて端を固く結び留める結び方です。

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「拵・刀装具」の記事を読む


拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀(刀剣)の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀(刀剣)の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀(刀剣)が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)
日本刀(刀剣)は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀(刀剣)の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀(刀剣)や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」(刀剣)の外装のことで、元々は日本刀(刀剣)を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類
刀装具は、元来「日本刀」(刀剣)を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀(刀剣)を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装具彫刻の種類

刀装具の名工

刀装具の名工
室町時代になると、足利将軍家による技芸に秀でた人々を集める「同朋衆」(どうぼうしゅう)政策などの影響もあり、日本刀(刀剣)制作の分業化・専業化が進みました。従来、刀装(とうそう)金具については、すべて下地から制作されていましたが、下地作りは「白銀師」(しろがねし)が行ない「鍔」(つば)については「鍔師」(つばし)が、そして彫刻(金工)については彫刻の専門家が行なうようになっていったのです。ここでは、刀装具を制作する職人、及び「金工師」(きんこうし)の名工についてご紹介します。

刀装具の名工

注目ワード

ページトップへ戻る