拵・刀装具
刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)
拵・刀装具
刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

文字サイズ

日本刀(刀剣)は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

鐔(つば)とは

鐔

「鐔」(つば)は、刀剣の外装に使用される刀装具(とうそうぐ)のひとつで、日本刀(刀剣)を握る柄(つか)と刀身(とうしん)の間に取り付ける金具です。主な目的は手を保護するためですが、日本刀(刀剣)の重心の調節の役割もかねています。

平和な時代になると、凝った細工の施された芸術的な鐔が登場します。鐔には、太刀(たち)に付ける「太刀鐔」(たちつば)と、打刀(うちがたな)や脇差(わきざし)に付ける「打刀鐔」(うちがたなつば)がありますが、後世の私達が美術品として観賞しているのは打刀鐔です。

鐔には表裏があり、帯びたときに上になる部分、つまり柄側の部分は表になります。表面は装飾や色合いなど、裏より華やかに作られました。

鐔と鍔の違い

鐔と鍔の語源

「ツバ」の語源にはいくつかの説があり、例えば、刀身を挟む物、または挟まれる物という意味を持つ「都美波・津美波」(つみは)。あるいは、刀身に付けられた板という意味の「刀盤」(とうばん)。これらがなまってツバと発音するようになったと言われています。

日本刀(刀剣)のツバには最初に鐔の漢字があてられましたが、音で選ばれた当て字であり、漢字自体には意味がありません。

また、鐔は、古代から室町時代までの「太刀」(たち)に付けられたツバのことを指し、安土・桃山時代以降に登場した「打刀」(うちがたな)に付けられたツバには鍔の漢字をあてるようになったという説もあります。

現代での使い分け

近代以降、刀剣界では鐔の漢字が使われるようになりました。特に制作者は、あえて選んで鐔の字を使っています。その理由は、鐔の音読みである「タン」にあり、職人のことを「鐔工」(つばこう/たんこう)、鐔作りを「作鐔」(さくたん)と呼び、語呂が良く感じられるからだそうです。

鍔では音読みが「ガク」になり、ガクコウ、サクガクではあまり語呂が良いとは言えません。

鍔の漢字は、主に剣道界で使われています。帽子のツバにもこの漢字があてられるなど、特別な理由がない限り、鍔で表記されるのが一般的です。ニュアンスとしては、日本刀(刀剣)に使われているツバは鐔、竹刀をはじめ日本刀(刀剣)以外に使われているツバが鍔と言うことになります。

JIS規格による鐔と鍔の区別

「JIS」または「JIS規格」とは、日本工業規格のこと。製品の種類や寸法、品質・性能・安全性などを規定した国家規格で、漢字の規格についても定めています。

「JIS第1水準」は、特に使用頻度の高い2,965文字を指し、常用漢字1,945文字とその他の人名用漢字が入っています。通常の文章であれば、これだけで記述できるとされている規格です。鍔の漢字は、このJIS第1水準に含まれます。

「JIS第2水準」では、比較的使用頻度の低い人名や地名などに使用される3,390文字を規定。JIS第1水準の文字と組み合わせることで、DTP(コンピューターを用いて出版物を作成すること)で使用する文字のほとんどを網羅(もうら)できるそうです。鐔の漢字は、こちらのJIS第2水準に含まれています。

やはり、一般的に使用されるツバの漢字は鍔であり、鐔の漢字は、日本刀(刀剣)関連に特化していると結論付けられます。ただし、日本刀(刀剣)関連の書物やサイトでも、「鐔/鍔」のように併記する表現や、鍔のみを使用する場合もあり、明確に使い分けられているとは言いがたいのが現状です。

太刀鐔と打刀鐔の違いとは?

鐔には太刀鐔と打刀鐔があり、それぞれに特徴があります。身に着ける際の刃の向きが違うため、中心に設けられた「茎櫃」(なかごひつ)という穴の上下が逆であること、茎櫃以外に櫃(ひつ:穴)が設けられるかどうかなどです。

太刀鐔(たちつば)
太刀鐔

太刀鐔

刃を下向きに身に付ける太刀に付ける太刀鐔の茎櫃は、刃の方向である下が細くなります。

また、太刀鐔には茎櫃以外の穴はありません。

打刀鐔(うちがたなつば)
打刀鐔

打刀鐔

刃を上向きに身に付ける打刀や、脇差に付ける打刀鐔の茎櫃は、刃の方向である上が細くなります。

また打刀鐔には、茎櫃の脇にひとつか2つの櫃が開けられました。

これらは鞘(さや)に装着した笄(こうがい)や小柄(こづか)という刀装具の頭が鐔に当たらないようにするための物で、「笄櫃」(こうがいひつ)や「小柄櫃」(こづかひつ)と呼ばれます。

鐔の持つ「実用」と「美」ギリギリのバランス

鐔は実用的な刀装具であると同時に、美しい装飾品でもありました。特に江戸時代に入り、武士にとって日本刀(刀剣)がアクセサリーとしてファッションの一部となると、凝った細工の技巧を凝らした物が登場します。

「透し」(すかし)を加えることは、単に観賞用のためだけではありませんでした。鐔の軽量化を図る目的もかねていたのです。しかし、あまり繊細すぎると強度が失われてしまうため、実用と美、両方のギリギリのバランスを考えて作られました。

鐔の特徴

鐔は装飾品として発展したため、意匠に工夫を重ね、技巧を凝らして作られました。そうした様々な形や種類の中から、代表的な物をご紹介します。

鐔の形
鐔の形には、主に平面で丸形、角形、木瓜形(もっこうがた)とそこから派生した物と、立体で丸みを持った椀形などがあります。

丸形鐔(まるがたつば)
丸形鐔

丸形鐔

円形の鐔の総称です。縦横の寸法が同じで真円の「真丸形鐔」(しんまるがたつば)と、縦のほうが横より長い「堅丸形鐔」(たてまるがたつば)があります。

真円の物は少なく、多くはわずかに堅丸形寄りです。

角形鐔(かくがたつば)
角形鐔

角形鐔

多角形の鐔の総称です。角形鐔の中で、角に丸みがある物を別の種類として区別します。

角の丸みが強い物を「角丸形鐔」、角がわずかに丸い物を「撫角形鐔」(なでかくがたつば)と言います。

障泥形鐔(あおりがたつば)
障泥形鐔

障泥形鐔

堅丸形鐔、もしくは撫角形鐔の変形とされています。上部より下部のほうが若干幅が広い台形状の鐔です。

「障泥」(あおり)とは、泥よけのために馬の両わき腹に垂らす馬具の一種で、形状が似ていることからこの名があります。

木瓜形鐔(もっこうがたつば)
木瓜形鐔

木瓜形鐔

円形の周辺をへこませた形状の鐔です。「四ツ木瓜」と呼ばれる四分割形が一般的ですが、変形も多く、「二ツ木瓜」(両木瓜)、「三ツ木瓜」、「五ツ木瓜」などがあります。

椀形鐔(わんがたつば)
椀形鐔

椀形鐔

裏側から打ち出して、椀のように受け皿状に膨らみを持たせた形状の鐔です。

鞘(さや)の雨や埃よけとして工夫されたとも、西洋の刀剣に付けられた鐔の影響を受けているとも言われています。

鐔の種類
鐔は作られた時代によって、素材や製法が変わっていきました。

練鐔(ねりつば)
練鐔

練鍔

「練革」(ねりかわ)と呼ばれる叩いて締めた牛革を、数枚貼り合わせて形を切り出し、漆を塗って固めた物。

平安時代から戦国期にかけて、太刀を中心に見られます。

板鐔(いたつば)
板鐔

板鐔

板のように平坦な鐔です。

刀匠が仕立てた、簡素な透し模様が施された薄手の鉄鐔(刀匠鐔)は板鐔の一種です。

透鐔(すかしつば)
透鐔

透鐔

主に鉄鐔で、デザイン性に優れた文様を残して地を透かし抜いた「地透し」(じすかし)という技法を用いた鐔です。

当初は、簡単な文様を繰り抜いた「陰透し」(かげすかし)が主流でしたが、繊細で芸術性の高い陽透しが作られるようになりました。

鐔を起源とすることわざ「鐔競り合い」

合戦の最中、接近戦が白熱して、お互いの鐔と鐔がぶつかり合うぐらいになることから、試合などでなかなか勝負がつかず、接戦になることを「鐔競り合い」と言うようになりました。

鐔に見る「西洋の刀剣」と「日本刀」の違い

西洋の剣の鐔は剣の種類によって違い、横に突き出した物、曲線を描く物、手全体を覆う物など様々です。鐔部分は、手の保護のためだけでなく、この部分で殴るなど、攻撃を加えるためにも使用されました。また、近世以降は鐔と柄が一体となった物も多く作られています。

それに対して日本刀(刀剣)の鐔は、刀身に反りが加わってから一貫して、大きく平らな形状です。前述のように、鐔はそれ自体が観賞用として発展した経緯もあり、鐔と柄は別物として独立して作られました。

世界の刀剣・甲冑
日本だけでなく、世界にある様々な刀剣についてご紹介します。

目貫・笄・小柄・縁頭とは

目貫(めぬき)・笄(こうがい)・小柄(こづか)・縁頭(ふちがしら)は、刀剣類の外装のための道具類である刀装具の一種です。主に打刀と脇差の外装である「打刀拵」(うちがたなこしらえ)で用いられます。

当初は実用的な目的で装備されましたが、江戸時代になり、武士にとって日本刀(刀剣)がファッションのアイテムとなっていくと、装飾品としての芸術性が重視されるようになっていきました。

目貫(めぬき)

目貫

目貫

柄(つか:手で握る場所)の中央あたりの表裏に装着された小さな金具が目貫(めぬき)です。本来は、日本刀(刀剣)の柄の表と裏から穴に通して、柄から刀身が抜け出さない目的で付けられた「目釘」(めくぎ)の頭に付けた物です。

のちに目釘と目貫は分かれて、目釘は実用本位の物となりました。目貫はもっぱら装飾性のために付けられるようになりますが、柄巻の糸の下に巻き込んで作られるようになると、柄を握った際の握り調子を良くするためなど、重要な役割も果たすようになります。

またそうしたことから、目貫は日本刀(刀剣)の中心線に正確に付けられており、この中心線を「目貫通り」と言います。それが転じて、街で一番賑やかなメインストリートを目貫通りと呼ぶようになったのです。

刀装具のうち、目貫のみ太刀の外装である「太刀拵」(たちごしらえ)でも使用されました。

笄(こうがい)と小柄(こづか)

打刀や脇差などの鞘(さや)の両脇には櫃(ひつ)と呼ばれる溝が設けられ、笄(こうがい)と小柄(こづか)が収められています。日本刀(刀剣)を腰に差したときに、体の外側に来るのが笄、内側に来るのが小柄です。

笄や小柄を装着する際に、鐔(つば)が当たらないように、鐔にも穴が設けられていました。これを鐔の笄櫃(こうがいひつ)、小柄櫃(こづかひつ)と言い、それぞれその形から、笄櫃は「州浜形櫃」(すはまがたひつ)、小柄櫃は「半月形櫃」とも呼びます。

櫃は常に2つ設けられているとは限らず、「刀装の様式」や「持ち主の好み」などで、櫃を設けないこともあります。「大小二本差し」の場合、脇差には笄櫃を略することが多かったとされています。

(こうがい)
笄

髪や髷(まげ)の手入れや耳かきなど、男性が身だしなみを整えるための道具。鞘の表側にほられた笄櫃に入れられ、現代の男性が櫛を携帯するように、江戸時代においては、武士にとって必須のおしゃれアイテムでした。

また、2つに割れたようになった笄を「割笄」(わりこうがい・さきこうがい)と言います。携帯用のお箸(はし)として使用したのではないかと言われていますが、実際のところは分かっていません。

小柄(こづか)
小柄

小柄

細工用の「小刀」です。本来は木を削る際や、緊急時の武器として使用。鞘の裏側に収められました。時代劇等では、この小柄を手裏剣のように投げて逃げる、というシーンがよくありますが、さほど距離は飛ばず、柄の方が重いため上手く刺さらないと言われています。

どちらかと言うと、武器と言うよりは現代のペーパーナイフやカッターナイフのように、工作用に使われていたと見る説が有力です。

縁頭(ふちがしら)

頭・縁

頭・縁

柄を補強するために、先端に取り付けた金具を「頭」(かしら)、口のほうに取り付けた金具を「縁」(ふち)と言い、頭と縁はセットで「縁頭」(ふちがしら)と呼ばれます。

三所物(みところもの)

三所物

三所物

目貫、笄、小柄の3点が、同じ作者の作で同じ図柄・意匠の物を「三所物」と言います。

また、縁(ふち)、頭もそろえた物を「五所物」(いつところもの)と言い、重宝されています。

鎺(はばき)とは

「鎺」(はばき)は、刀装に使われる刀装具の一種です。刀装とは、刀剣類の外装のこと。刀身と鐔(つば)の接する部分にはめる筒状の金具で、別名は「鞘走留」(さやばしりどめ)、「腰巾金」と言います。

鎺の役割

鎺

鎺には、主に2つの役割があります。刀身を鞘にしっかり収めて、抜け落ちないようにする役割と、刀身を鞘の中で浮かんだ状態にして、鞘に刀身が触れないようにする役割です。

鎺の作りが甘いと、刀身が鞘から簡単に抜け落ちて大怪我を負うもととなったり、刀身が鞘の内部に当たり刀身の損傷の原因となったりします。逆にきつすぎると、いざというときに日本刀(刀剣)を抜くことができないという本末転倒なことに。

このように、鎺は命にかかわる重要な役割をしているため、刀装を作り変えるような場合以外、一度はめた鎺を抜き取ることはありませんでした。

鎺作りの職人技

前述の役割のために、鎺は厳密な「ジャストサイズ」であることが必須です。その上、日本刀(刀剣)はすべて一点物であり、同じ物は2つとしてないため、それぞれの日本刀(刀剣)にピッタリの鎺を作るのは、非常に高度な技術が求められます。熟練の技を持ってしても、作ることができるのは、年に1~2個程度だと言われているのです。

鎺の素材は、実用の場合は「銅」が最適とされ、江戸時代の物は主に銅製ですが、大名家の刀や名刀は金銀製の物が多く作られました。

金銀を使用した物は高価で、特に最上は「金無垢」(きんむく:純金)、次に「銀無垢」(ぎんむく:純銀)です。次に高価なのは「鍍金」(ときん:金メッキ)や「鍍銀」(とぎん:銀メッキ)。

叩くとよく締まり堅くなる銅と違い、金銀の物は変形しやすいため、実戦には向きません。のちには、銅地に鍍金や鍍銀、あるいは「赤銅着せ」などが実用をかねた上に見栄えも良いと言うので、お洒落な武士達に好まれ主流になっていきました。

鉄以外の金銀銅の「色金」(いろがね)を使うことから、鎺を作る職人は「白銀師」(しろがねし)と呼ばれます。

古くは刀工が刀身を作るときに、鎺も一緒に刀身と同じ鉄で作りました。このように刀身と同じ鉄で作られた鎺を「共鎺」(ともはばき)と言い、珍重されます。しかし、鉄鎺は硬すぎて刀身を痛めやすいので、作られなくなりました。

呑込み(のみこみ)

鎺には、呑込みと呼ばれる切れ込みがあり、ここに刀身の区(まち)という出っ張った部分が当たることでガッチリと固定することができます。

この呑込みには、深さの決まりはありません。古来は実用本位で、しっかりと固定するために呑込みが深い物が多く作られましたが、鎺自体の美しさという点では呑込みが浅いほうが良いので、のちには浅い物が主流になっていきました。

鎺の種類

鎺には、「一重鎺」(いちじゅうはばき・ひとえはばき)と「二重鎺」(にじゅうはばき・ふたえはばき)があります。古来、新刀には一重鎺、古刀には二重鎺を装着する物とされてきましたが、現代では好みで作られることが多いです。

太刀鎺(たちはばき)
太刀鎺

太刀鎺

太刀に付けられる鎺で呑込みのないことが特徴ですが、まれに呑込みのある物も。

縦に鑢(やすり)の施された薄いシンプルな一重構造がほとんどです。

一重鎺(いちじゅうはばき・ひとえはばき)
一重鎺

一重鎺

打刀、短刀、脇差、薙刀など、どの刀にも付けられる最も一般的な鎺。単体構造ですが、装飾の彫りや鑢がある物もあります。新刀に多く用いられました。

「一枚鎺」(いちまいはばき)とも言います。

二重鎺(にじゅうはばき・ふたえはばき)
二重鎺

二重鎺

主に装飾を目的に、刀身に接する下貝に、ふくらみのある上貝(蓋)と呼ばれる袴を装着して作られるようになりました。古刀に作例が多く残っています。

「二枚鎺」(にまいはばき)、「袴鎺」(はかまはばき)とも言われています。

台付鎺(だいつきはばき)
台付鎺

台付鎺

古刀の名刀にふさわしいとされた格調高い鎺です。主に金無垢地で作られました。短刀の「合口拵」(あいくちこしらえ)に多く使用されています。

「切羽」(せっぱ)と触れる部分に台があり、安定感のある形状が特徴です。

お国鎺(おくにはばき)
お国鎺

お国鎺

白銀師によって考案された諸藩特有の鎺を「お国鎺」(おくにはばき)と言います。

主なお国鎺には「尾張鎺」、「大坂鎺」、「加州鎺」、「水戸鎺」、「庄内鎺」、「肥後鎺」、「薩摩鎺」などがあります。

変わり鎺(かわりはばき)
変わり鎺

変わり鎺

実用重視だった鎺も平和な時代になると、装飾重視の凝った作りや実用には不向きな繊細な物が現れました。

鎺(ハバキ)写真集鎺(ハバキ)写真集
熟練の技によって作られた鎺を、画像にて細部までご覧頂ける写真集です。

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三...をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「拵・刀装具」の記事を読む


拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀(刀剣)の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀(刀剣)の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀(刀剣)が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)
刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀(刀剣)を手に取る際に触れる柄と、日本刀(刀剣)を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀(刀剣)の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀(刀剣)や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」(刀剣)の外装のことで、元々は日本刀(刀剣)を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類
刀装具は、元来「日本刀」(刀剣)を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀(刀剣)を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装具彫刻の種類

刀装具の名工

刀装具の名工
室町時代になると、足利将軍家による技芸に秀でた人々を集める「同朋衆」(どうぼうしゅう)政策などの影響もあり、日本刀(刀剣)制作の分業化・専業化が進みました。従来、刀装(とうそう)金具については、すべて下地から制作されていましたが、下地作りは「白銀師」(しろがねし)が行ない「鍔」(つば)については「鍔師」(つばし)が、そして彫刻(金工)については彫刻の専門家が行なうようになっていったのです。ここでは、刀装具を制作する職人、及び「金工師」(きんこうし)の名工についてご紹介します。

刀装具の名工

注目ワード

ページトップへ戻る