武将・歴史人
黒田官兵衛
武将・歴史人
黒田官兵衛

文字サイズ

「黒田官兵衛」ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「圧切長谷部」(へしきりはせべ)、国宝「日光一文字」(にっこういちもんじ)と国宝「菊一文字」(きくいちもんじ)の3振。「豊臣秀吉」の側近として、数々の知略と戦術で少ない兵力で勝利を収めた官兵衛ですが、その生涯とどのような関係があったのでしょうか?官兵衛の歴史と共にご紹介します。

大河ドラマで注目を浴びる

黒田官兵衛

黒田官兵衛

2014年にNHK大河ドラマで放送され、注目を浴びた「軍師官兵衛」。その生涯は、とても興味深い物でした。

官兵衛の物語は、1546年(天文15年)12月22日、黒田職隆(くろだ もとたか)の嫡男として播磨(姫路)で誕生(幼名は万吉)したところから。

14歳のときに母親を亡くし、相当に落胆したが、幼少の頃から学問を学んでいた僧侶「円満」から「軍師・張良」の話を聞き、さらに学芸・学問に打ち込んだと言われています。

官兵衛の名が播磨に轟いたのは「青山・土器山の戦い」。300騎という少数で大軍を破ったことで名声を得ました。

その後、「織田信長」の家臣を経て「豊臣秀吉」の参謀役として重用されたことは有名です。

菊一文字(きくいちもんじ)

「後鳥羽院」(ごとばいん)が、備前福岡一文字派の祖となる則宗に打たせた日本刀(刀剣)で、皇位の紋である十六弁の菊紋を銘に入れることを許したことから「菊一文字」と呼ばれ、皇室の「菊の御紋」が発祥です。この日本刀(刀剣)と官兵衛との繋がりは「足利義昭」。

信長に京を追われ、毛利領内へ逃げ込んでいた義昭は、信長死後の1582年(天正10年)、官兵衛に帰京できるよう執り成しを依頼し、そのお礼に送ったとされています。

ときは流れて1902年(明治35年)、子孫の「黒田長成」が明治天皇に献上しています。太刀拵は、鍔などに桐の紋の彫刻が、鞘に黒田池の家紋が入っていたため献上できず行方不明となっていましたが、2010年に見つかりました。

命運を分けた官兵衛の主張

織田信長

織田信長

1575年(天正3年)、官兵衛30歳のころ。

「小寺政職」(こでらまさもと)に仕えていた黒田家ですが、東から勢力を拡大してきた信長と、西の中国地方で圧倒的強さを誇る「毛利元就」に挟まれ、混乱に飲み込まれようとしていました。

そんな折、政職はどちらに味方すべきか考えあぐね、家臣を集めて会議の場をもったのです。ほとんどの家臣は元就に付くべきとの流れにありましたが、官兵衛はかねてから評価していた信長への臣従を主張しました。それが功を奏し、信長側に付くことで決着。

その年の7月、官兵衛はそれを伝えるため、豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)の取次ぎで信長に謁見を果たしたのです。

ちょうどそのとき、中国地方制覇の策を練っていた信長。どのようにすべきか官兵衛は問いかけられました。その結果、信長を納得させる策を説き、良い印象をもたれた官兵衛は、名刀「圧切長谷部」(へしきりはせべ)を拝領したのです。

この場面は、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」でも再現されており、俳優の岡田准一氏が大いに喜んでいる姿は、とても印象的でした。

なお、圧切長谷部は、信長から秀吉に贈られたあと、官兵衛もしくは嫡男の「黒田長政」(くろだながまさ)に贈られたとする説もあります。

刀剣/圧切長谷部(へしきりはせべ)

南北朝時代に制作された日本刀(刀剣)。刀工は「長谷部国重」。

信長が、無礼な振る舞いをした茶坊主の観内(かんない)を手打ちにしようと台所に逃げた際、膳の下に隠れたため、棚ごと刀身を押しあてて切った(これを圧し切りと言う)ことから、この名が付きました。なお、膳の下に日本刀(刀剣)を差しこんで切ったという説もあります。

官兵衛が拝領してからは、黒田家代々の家宝として守られ続けました。そして1933年(昭和8年)7月25日に重要美術品に認定され、1936年(昭和11年)9月18日に旧国宝に指定。1953年(昭和28年)3月31日に新国宝に指定され、1978年(昭和53年)9月19日に福岡市に寄贈後、福岡市博物館に移管・所蔵しています。

毎年1月上旬から2月上旬の約1ヵ月間において、福岡市博物館にて公開されます。

圧切長谷部

圧切長谷部

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘
金象嵌表
「黒田筑前守」
裏「長谷部国重
本阿」
(光徳の花押)
国宝 2尺1寸4分 福岡市博物館

隠居を許されず側近に

秀吉による天下統一も大詰めとなった1590年(天正18年)3月の「小田原征伐」(小田原攻め)。官兵衛は、1589年に家督を嫡男の黒田長政に譲るも隠居を許されず、秀吉の側近として仕え、この小田原征伐でも功績を立てました。

そもそもの発端は、秀吉からの上洛を引き伸ばし、姻戚関係にある「徳川家康」からの説得に応じない「北条氏政」と「北条氏直」の親子。

家康と北条親子が「天正壬午の乱」(てんしょうじんごのらん)の結果、両者は和睦しましたが、その条件の中に真田領の沼田を割譲することが盛り込まれていました。これが原因で「真田昌幸」は徳川・北条から離反しますが、これを秀吉が仲裁。沼田の3分の2を北条氏に、3分の1を真田氏としましたが、北条氏の家臣が真田氏の沼田に侵攻したのです。

これに激怒した秀吉は、ついに小田原征伐に乗り出しました。最終的には、官兵衛が戦況を見て単身で「小田原城」に乗り込み、北条親子を説得。小田原城の無血開場に成功したのです。このとき氏直は、秀吉との間を取り持った官兵衛に、謝礼として家宝の「日光一文字」などを贈ったと言われています。

刀剣/日光一文字(にっこういちもんじ)

鎌倉時代に制作された太刀。備前福岡一文字派の名工の作。

この太刀は、日光の二荒山(ふたらさん)に納められていましたが、「北条早雲」(ほうじょうそううん)が入手し、北条家の家宝として受け継がれていた物でした。氏直は、それ程の物を官兵衛に贈ったのですから、相当な感謝を込めたのでしょう。

その後は、黒田家代々の家宝として守られ続けました。そして1933年(昭和8年)1月23日に旧国宝に指定。1952年(昭和27年)3月29日に新国宝に指定され、1978年(昭和53年)に黒田家の第14代目当主であった「黒田長礼」が亡くなったことで、生前の意志に基づいて福岡市に寄贈。現在、福岡市博物館にて所蔵しています。

日光一文字

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘
福岡一文字
国宝 2尺2寸4分 福岡市博物館

黒田官兵衛

黒田官兵衛をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、明智光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る