武将・歴史人

黒田官兵衛と刀

文字サイズ

「黒田官兵衛」ゆかりの日本刀は、国宝「圧切長谷部」(へしきりはせべ)、国宝「日光一文字」(にっこういちもんじ)と国宝「菊一文字」(きくいちもんじ)の3振。「豊臣秀吉」の側近として、数々の知略と戦術で少ない兵力で勝利を収めた官兵衛ですが、その生涯とどのような関係があったのでしょうか?官兵衛の歴史と共にご紹介します。

大河ドラマで注目を浴びる

黒田官兵衛

黒田官兵衛

2014年にNHK大河ドラマで放送され、注目を浴びた「軍師官兵衛」。その生涯は、とても興味深い物でした。

官兵衛の物語は、1546年(天文15年)12月22日、黒田職隆(くろだ もとたか)の嫡男として播磨(姫路)で誕生(幼名は万吉)したところから。

14歳のときに母親を亡くし、相当に落胆したが、幼少の頃から学問を学んでいた僧侶「円満」から「軍師・張良」の話を聞き、さらに学芸・学問に打ち込んだと言われています。

官兵衛の名が播磨に轟いたのは「青山・土器山の戦い」。300騎という少数で大軍を破ったことで名声を得ました。

その後、「織田信長」の家臣を経て「豊臣秀吉」の参謀役として重用されたことは有名です。

愛刀/菊一文字(きくいちもんじ)

「後鳥羽院」(ごとばいん)が、備前福岡一文字派の祖となる則宗に打たせた日本刀で、皇位の紋である十六弁の菊紋を銘に入れることを許したことから「菊一文字」と呼ばれ、皇室の「菊の御紋」が発祥です。この刀と官兵衛との繋がりは「足利義昭」。

信長に京を追われ、毛利領内へ逃げ込んでいた義昭は、信長死後の1582年(天正10年)、官兵衛に帰京できるよう執り成しを依頼し、そのお礼に送ったとされています。

ときは流れて1902年(明治35年)、子孫の「黒田長成」が明治天皇に献上しています。太刀拵は、鍔などに桐の紋の彫刻が、鞘に黒田池の家紋が入っていたため献上できず行方不明となっていましたが、2010年に見つかりました。

命運を分けた黒田官兵衛の主張

織田信長

織田信長

1575年(天正3年)、官兵衛30歳のころ。

「小寺政職」(こでらまさもと)に仕えていた黒田家ですが、東から勢力を拡大してきた信長と、西の中国地方で圧倒的強さを誇る「毛利元就」に挟まれ、混乱に飲み込まれようとしていました。

そんな折、政職はどちらに味方すべきか考えあぐね、家臣を集めて会議の場をもったのです。ほとんどの家臣は元就に付くべきとの流れにありましたが、官兵衛はかねてから評価していた信長への臣従を主張しました。それが功を奏し、信長側に付くことで決着。

その年の7月、官兵衛はそれを伝えるため、豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)の取次ぎで信長に謁見を果たしたのです。

ちょうどそのとき、中国地方制覇の策を練っていた信長。どのようにすべきか官兵衛は問いかけられました。その結果、信長を納得させる策を説き、良い印象をもたれた官兵衛は、名刀「圧切長谷部」(へしきりはせべ)を拝領したのです。

この場面は、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」でも再現されており、俳優の岡田准一氏が大いに喜んでいる姿は、とても印象的でした。

なお、圧切長谷部は、信長から秀吉に贈られたあと、官兵衛もしくは嫡男の「黒田長政」(くろだながまさ)に贈られたとする説もあります。

愛刀/圧切長谷部(へしきりはせべ)

南北朝時代に制作された日本刀。刀工は「長谷部国重」。

信長が、無礼な振る舞いをした茶坊主の観内(かんない)を手打ちにしようと台所に逃げた際、膳の下に隠れたため、棚ごと刀身を押しあてて切った(これを圧し切りと言う)ことから、この名が付きました。なお、膳の下に刀を差しこんで切ったという説もあります。

官兵衛が拝領してからは、黒田家代々の家宝として守られ続けました。そして1933年(昭和8年)7月25日に重要美術品に認定され、1936年(昭和11年)9月18日に旧国宝に指定。1953年(昭和28年)3月31日に新国宝に指定され、1978年(昭和53年)9月19日に福岡市に寄贈後、福岡市博物館に移管・所蔵しています。

毎年1月上旬から2月上旬の約1ヵ月間において、福岡市博物館にて公開されます。

へし切り長谷部

圧切長谷部

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘
金象嵌表
「黒田筑前守」
裏「長谷部国重
本阿」
(光徳の花押)
国宝 2尺1寸4分 福岡市博物館

隠居を許されず側近に

秀吉による天下統一も大詰めとなった1590年(天正18年)3月の「小田原征伐」(小田原攻め)。官兵衛は、1589年に家督を嫡男の黒田長政に譲るも隠居を許されず、秀吉の側近として仕え、この小田原征伐でも功績を立てました。

そもそもの発端は、秀吉からの上洛を引き伸ばし、姻戚関係にある「徳川家康」からの説得に応じない「北条氏政」と「北条氏直」の親子。

家康と北条親子が「天正壬午の乱」(てんしょうじんごのらん)の結果、両者は和睦しましたが、その条件の中に真田領の沼田を割譲することが盛り込まれていました。これが原因で「真田昌幸」は徳川・北条から離反しますが、これを秀吉が仲裁。沼田の3分の2を北条氏に、3分の1を真田氏としましたが、北条氏の家臣が真田氏の沼田に侵攻したのです。

これに激怒した秀吉は、ついに小田原征伐に乗り出しました。最終的には、官兵衛が戦況を見て単身で「小田原城」に乗り込み、北条親子を説得。小田原城の無血開場に成功したのです。このとき氏直は、秀吉との間を取り持った官兵衛に、謝礼として家宝の「日光一文字」などを贈ったと言われています。

愛刀/日光一文字(にっこういちもんじ)

鎌倉時代に制作された太刀。備前福岡一文字派の名工の作。

この太刀は、日光の二荒山(ふたらさん)に納められていましたが、「北条早雲」(ほうじょうそううん)が入手し、北条家の家宝として受け継がれていた物でした。氏直は、それ程の物を官兵衛に贈ったのですから、相当な感謝を込めたのでしょう。

その後は、黒田家代々の家宝として守られ続けました。そして1933年(昭和8年)1月23日に旧国宝に指定。1952年(昭和27年)3月29日に新国宝に指定され、1978年(昭和53年)に黒田家の第14代目当主であった「黒田長礼」が亡くなったことで、生前の意志に基づいて福岡市に寄贈。現在、福岡市博物館にて所蔵しています。

太刀 無銘 一文字(名物日光一文字)

日光一文字

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘一文字 国宝 2尺2寸4分 福岡市博物館

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

黒田官兵衛と刀

黒田官兵衛と刀をSNSでシェアする

「武将・歴史人」の記事を読む


東郷平八郎と刀

東郷平八郎と刀
「東郷平八郎」と言えば、日露戦争の日本海海戦で大勝し、日本の勝利を確実なものにした人物として世界的に有名です。 東郷平八郎は、日清戦争後に佐世保鎮守府司令長官、舞鶴鎮守府初代司令長官等を歴任。日露開戦前の緊迫期には、第一艦隊兼連合艦隊司令長官となった、自他共に認める「海戦のプロ」でした。 その東郷平八郎が日露戦争で佩用(はいよう:腰から下げること)した日本刀「吉房」は、嘉仁親王(のちの大正天皇)が下賜した物。そして、この「吉房」は時代を超えて「日本海」と縁がありました。 ここでは、日露戦争前の日本をめぐる状況と、東郷平八郎が日露戦争で身に付けていた刀をご紹介します。

東郷平八郎と刀

西郷隆盛と刀

西郷隆盛と刀
2018年(平成30年)にNHK大河ドラマ「西郷どん」が放送され、再び脚光を浴びることになった西郷隆盛。日本人であれば、一度は西郷隆盛の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 東京都の上野公園や鹿児島市の鹿児島市立美術館、鹿児島県霧島市の西郷公園など、いろいろな場所に西郷隆盛の銅像が建てられており、西郷隆盛は、誰もが認める偉人である一方、「西郷さん」などと親しみを持って呼ばれています。 そんな西郷隆盛の詳しい生涯や人物像、それにまつわるエピソードについて、まとめました。 また、少年時代に喧嘩の仲裁に入った際に、右腕に負った傷の影響で刀剣をうまく握れなくなってしまったにもかかわらず、趣味としていた刀剣収集についてもご紹介します。

西郷隆盛と刀

上杉謙信と刀

上杉謙信と刀
上杉謙信は、誰もが知る戦国最強の武将です。「甲斐の虎」と称えられる武田信玄と5度も戦を繰り広げましたが、一進一退の攻防を繰り広げ、決着が付きませんでした。また、上杉謙信は刀剣の愛好家としても知られ、上杉謙信が所有していた日本刀は、どれもすばらしい物だと言われています。上杉謙信が戦国時代最強の武将と言われるまでの生い立ちや、上杉謙信の愛刀が持つ逸話とともに、上杉謙信の生涯についてご紹介します。

上杉謙信と刀

坂本龍馬と刀

坂本龍馬と刀
幕末の志士として人気の高い「坂本龍馬」。 小説をはじめ、ドラマ・映画で何度も取り上げられ、好きな偉人や尊敬する歴史上の人物といったアンケートでも、坂本龍馬は必ず上位にランクインしています。 江戸で勝海舟と出会い、外国に負けない海軍を創設して対等に渡り合っていきたいと考えた坂本龍馬。坂本龍馬が書いた手紙に記載された「日本を今一度洗濯したい」という名言は有名です。 享年31歳で暗殺されるまでの坂本龍馬の生涯と、坂本龍馬という人物について、坂本龍馬の愛刀とともにご紹介します。

坂本龍馬と刀

土方歳三と刀

土方歳三と刀
土方歳三(ひじかたとしぞう)は、幕末に京都の治安維持のために結成された「新撰組」の副長。新撰組を盤石な組織にするために、規律を破る者は容赦なく切腹させたため、土方歳三は「鬼の副長」と呼ばれていました。様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物としても取り上げられた土方歳三は、没後100年経っても愛されています。土方歳三が出会った数々の人物とのエピソードや、土方歳三の愛刀が持つ逸話とともに、土方歳三の生涯についてご紹介します。

土方歳三と刀

直江兼続と刀

直江兼続と刀
「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、戦国時代の越後(現在の新潟県)及び会津(現在の福島県)の大名であり、のちに米沢(現在の山形県)の藩主となった上杉家の家老です。戦国屈指の武将で、内政にも長けていた上杉謙信亡き後の上杉家を支え、発展させた名家老として知られています。

直江兼続と刀

前田利家と刀

前田利家と刀
「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。若くから小姓として織田信長を仕えた前田利家は、槍の又左の異名で呼ばれるほど勇猛果敢な武将でした。賤ヶ岳の戦い後、前田利家は豊臣秀吉に仕え、加賀百万石の大名として、五大老のひとりとして豊臣家を支えていきます。また、正室であるまつもそんな前田利家を懸命に支えます。前田利家とまつの仲も戦国のおしどり夫婦として大河ドラマにもなりました。ここでは前田利家の経歴やまつのエピソード、前田利家にゆかりのある刀剣をご紹介します。

前田利家と刀

松永久秀と刀

松永久秀と刀
「松永久秀」(まつながひさひで)は乱世の「梟雄」(きょうゆう)と呼ばれ、悪役のイメージが強い武将です。そんな松永久秀はどのようなことを成し、悪役のイメージが定着したのか、また彼に関する日本刀についてもご紹介します。

松永久秀と刀

沖田総司と刀

沖田総司と刀
「沖田総司」(おきたそうじ)は、江戸時代末期の武士で、幕末の京都の警察組織である「新選組」(しんせんぐみ)最強の剣豪です。 若くして天然理心流道場「試衛館」(しえいかん)に入門し、近藤周助(新選組局長・近藤勇の養父)の内弟子となりました。 沖田総司は、近藤勇・土方歳三とともに「新選組一番隊組長」として活躍していましたが、労咳(ろうがい:結核)により病床に伏します。 療養の甲斐なく夭折(ようせつ)した天才剣士という沖田総司の悲劇的な生涯は、小説や映画などの世界で「薄幸の美青年」と脚色されて描かれてきました。 ここでは、沖田総司の生涯と、沖田総司の愛刀についてご紹介します。

沖田総司と刀

注目ワード
注目ワード