日本刀鑑賞のポイント
日本刀の種類①
日本刀鑑賞のポイント
日本刀の種類①

このコンテンツをシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
文字サイズ

「日本刀」(刀剣)とは、広義には日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」が作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

直刀(大刀)

湾刀」が作られるようになる平安時代中頃以前に日本国内で鍛造された「直刀」(ちょくとう:反りの無い、まっすぐな日本刀(刀剣)を「大刀」(たち)と呼びます。

直刀(大刀)

直刀(大刀)

上古刀

日本刀(刀剣)は、作られた年代によって呼び方が変化。朝鮮半島より伝来した刀剣の製造技術によって、奈良時代以前に作られた物は「上古刀」(じょうことう)と呼ばれます。当時中国で盛んに作られていた、突くことに向く反りはまったくない「平造」(ひらづくり)の直刀でした。

七星剣(しちせいけん)
現存する中では最も古い飛鳥時代の「大刀」(上古刀)に、聖徳太子が所持していたとされる「七星剣」(しちせいけん)があります。

七星剣とは、刀身に金象嵌(きんぞうがん)で「北斗七星」(ほくとしちせい)が施された直刀です。実戦向けでなく、国家守護や魔除けの目的で作られました。四天王寺(大阪府)所蔵の国宝である鉄製の七星剣や法隆寺(奈良県)所蔵の「銅七星剣」など、聖徳太子ゆかりの寺院に伝わります。

七星剣

七星剣

金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうたち)
金銅荘環頭大刀

金銅荘環頭大刀

古墳時代末期作とされる「金銅荘環頭大刀」(こんどうそうかんとうたち)は、土佐国(とさのくに:現在の高知県)の小村神社の御神体として、1,000年以上もの間秘蔵されてきました。同時代の大刀のほとんどが、古墳等からの出土品である中、「伝世品」(でんせいひん:古くから大切にされ、人の手を経て世に伝わってきた物。特に考古学で、出土品に対しての呼び名)であることから、日本刀剣史上貴重な作とされています。

切刃造」(きりはづくり)の直刀で、儀仗(ぎじょう)用の宝剣として使用。様式化された柄頭の透かし彫りが特徴的です。国宝指定され、毎年11月15日の秋季大祭時にのみ一般公開されます。

水龍剣(すいりゅうけん)
水龍剣

水龍剣

水龍剣(すいりゅうけん)は、奈良時代の作で聖武天皇の佩刀とされる大刀。「正倉院宝物」として、北倉に刀身だけが所蔵されていた物を明治天皇が気に入り、当代髄一の金工師で、のちに帝室技芸員となった加納夏雄に「」(こしらえ:日本刀の外装)を作らせました。名前の由来となった、(つか)部分に施された水龍文も加納作です。

平国剣(くにむけのつるぎ)
茨城県鹿嶋市にある「鹿島神宮」では国宝に指定されている直刀を収蔵。それが「平国剣」(くにむけのつるぎ)です。社伝では「垂仁天皇」(すいにんてんのう)が大和国にある「石上神宮」(いそのかみじんぐう)に太刀を1,000振奉納した際に、「韴霊剣」(ふつみたまのつるぎ=平国剣)は鹿島神宮へ返還されたとされています。

身長223.3cmで現存する直刀としては最大。附属の大刀拵は、平安時代初期の作だと推定されています。この直刀については鹿島神宮に併設している「宝物館」で、レプリカに触れて長さ、重さを体感することが可能です。

直刀から湾刀へ

このように、奈良時代以前には直刀が作られ、武士の登場する平安時代中期からは湾刀が作られるようになりますが、そのちょうど間の平安時代前期には、どんな刀が作られていたのでしょうか。

直刀は、平安時代前期の「蝦夷」(えぞ:東北地方の先住民族)との戦いをきっかけに、変化していきます。蝦夷の武器の影響を受け、日本独自の進化を遂げて、反りのある湾刀が完成していく過渡期が、平安時代前期なのです。

日本刀のルーツ1:坂上田村麻呂佩用・黒漆剣
「黒漆剣」(くろうるしのつるぎ)は、平安時代前期に蝦夷を平定した征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)佩用と伝わる直刀(大刀)で、鞍馬寺所蔵。嵯峨天皇(さがてんのう)からの田村麻呂への信頼は厚く、田村麻呂の死後も、天皇はその佩刀を身近に置いたほどでした。これは後世まで「坂上宝剣」(さかのうえのたからのつるぎ)として伝わる朝廷の守り刀でしたが、2018年(平成30年)現在は所在不明で、黒漆剣と同一かどうかは、諸説あり、真偽は分かっていません。

黒漆剣

黒漆剣

日本刀のルーツ2:毛抜形太刀
平安時代中期、最初に作られた太刀で、「日本刀(刀剣)のルーツ」とされているのが「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)。突くことが得意だった直刀から、斬るための湾刀へ移行する途中で、刀身の反りは少なめです。蝦夷が使用していた、柄の湾曲した「蕨手刀」(わらびてとう)が徐々に変化してできた物と言われています。また、毛抜形太刀とは変わった名前ですが、柄の優美な透かしが、古代の毛抜きに似ているため、この名が付けられました。

国宝に指定されている「金地螺鈿毛抜形太刀」(きんじらでんけぬきがたたち)は、彫金工芸の傑作。純度の高い金を使用しているため、時代を経ても美しく輝いています。

日本刀のルーツ3:舞草刀
岩手県一関地方では、平安時代から室町時代にかけて「舞草刀」(もくさとう)が作られていました。舞草刀の最大の特徴が刀身の反り。日本刀(刀剣)の刀身に反りがあるのは当たり前ですが、舞草刀が作られ始めた当時においては、刀身が真っ直ぐな直刀が一般的でした。そのため、刀身に反りのある舞草刀の登場は衝撃的だったと言えます。

舞草刀を作り出したのは「舞草鍛冶」(もくさかじ)と呼ばれた刀工集団。彼らは、奥州藤原氏の庇護の下で作刀に励みました。奥州藤原氏の下で栄えた「平泉文化」は、常に最高の物を追求する文化。このような気風の中、舞草鍛冶達は、のちの日本刀(刀剣)につながる日本刀(刀剣)を作り出したのです。舞草刀は、その品質の高さが認められ、都において「衛府」の日本刀(刀剣)とされていたと言われています。

舞草刀については、古墳時代に東北を拠点としていた蝦夷が用いていた蕨手刀にも若干の反りが見られることから、これを参考にしたという説もあります。

日本刀のルーツ4:小烏丸
「小烏丸」(こがらすまる)は、平安時代中期の日本刀(刀剣)の祖と呼ばれる大和鍛冶「天国」(あまくに)作と伝わる太刀。「鋒/切先両刃造」(きっさきもろはづくり)と呼ばれる、鋒/切先(きっさき:刀身の先端部分)のみが両刃(もろは)となった独特の造込みです。

主に刺突(しとつ)を目的とした直刀と、切断を目的とした湾刀の過渡期に、双方を目的として考案されたと言われています。この造込みの代表作が小烏丸であることから、別名「小烏造」(こがらすづくり)。

平氏の重宝として伝わり、「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で、海の底に沈んで行方不明になったとされていた物が、江戸時代に発見されます。現在は「御物」(ぎょぶつ:日本の皇室の私有品となっている宝物)となっていますが、現存する小烏丸が、天国作の物かどうかは諸説あり、詳細は不明です。

小烏丸

小烏丸

太刀

「日本刀」(刀剣)とは、狭義では「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」のことです。平安時代中頃には湾刀が作られるようになり、日本刀(刀剣)の形式は完成しました。最初の日本刀(刀剣)は「太刀」(たち)です。

太刀

太刀

太刀という名前は、「断ち切る」から来ていると言われています。それまで突き刺すことを主目的としてきた剣や大刀に対して、日本刀(刀剣)では「断ち切りやすさ」を追求していきました。太刀が登場したのは、戦いにおいて馬上から武将が相手を攻撃していた平安時代。人をたくさん斬っていくにつれ、日本刀(刀剣)は大きく反っていたのです。

大刀と太刀の違い

大刀も太刀も読みは同じくどちらも「たち」です。大刀とは、平安時代中期以前に作られた「直刀」(まっすぐな日本刀)のこと。

それに対して太刀は、平安時代中期以降に作られた日本特有の「湾刀」(反りのある日本刀)です。

太刀の特徴

太刀は、長さ2尺(約60cm)以上で、刃を下に向けて紐で吊して腰に付けます。これを「佩く」(はく)、「佩用する」(はいようする)と言います。

太刀は騎馬での戦いに向くとされ、武士同士の騎馬戦の多かった時代には多く作られました。のちに登場する「打刀」(うちがたな)に対して、反りが深いのが特徴です。大きさによって以下のように分類されます。

大太刀(おおたち)
大太刀(おおたち)は、特に寸法に規定はありませんが、長大な太刀のこと。実戦で使用する武器としての側面は希薄で、神社への奉納を目的として作られました。現存する大太刀としては、新潟県彌彦神社」(やひこじんじゃ)所蔵の「志田大太刀」(しだのおおたち、刃長224cm)や、栃木県日光二荒山神社」(にっこうふたらさんじんじゃ)所蔵の「祢々切丸」(ねねきりまる、刃長216cm)などがあり、この2振は、いずれも国の重要文化財に指定されています。

野太刀(のだち)
野太刀(のだち)は、大太刀の中でも実戦に使われた物で、一般的には刃長が3尺(約90.9cm)を超え、厚みがあってがっしりとした作りが特徴。拵は華美でなく実用向きに軽量で丈夫な物がほとんどです。現存する野太刀としては、岡山県吉備津神社」所蔵の「吉備津丸」(きびつまる)が挙げられます。

「備前長船派」の「法光」(のりみつ)によって室町時代に作られた吉備津丸は、刃長226.7cmという長大な作ですが、最大の特徴は刀身には焼きが入れられ、(なかご)が刀身に合わせて長く作られていること。すなわち、実戦で使えるように作られた大太刀であると考えられます。また、重さはほぼ同じサイズ(刃長216.7cm)である上述した祢々切丸の約24kgに対して半分程度の約13kg。軽量化によって操作性も上がっていると言えるのです。

小太刀(こだち)
小太刀(こだち)は、特に寸法に規定はありませんが、刃長2尺(約60cm)前後の太刀のこと。太刀と短刀の中間の長さです。単独で実戦に使われることはなく、儀式用の太刀や太刀の差し添えとして使われることがほとんどだったと言われています。

そんな小太刀の使い手として名を馳せたのが「富田勢源」(とだせいげん)。盲目の剣豪として知られている彼は、越前(現在の福井県)の流派「中条流」の達人です。美濃(現在の岐阜県)で行なった唯一の他流試合では盲目のハンディをものともせず、木刀を持った相手に対して約40cmの割木を手に、わずか三手で完勝しました。

太刀持ち

太刀は、国技である相撲にも登場します。横綱の土俵入りで太刀を持って横綱に付き添う力士は「太刀持ち」です。この太刀持ちの由来には諸説ありますが、神聖な日本刀(刀剣)で土俵を清めるためと言う説や、かつて力士が名字帯刀を許されていたことに関係しているのでは、と言う説もあります。

使用する太刀は、「陣太刀拵」(じんだちこしらえ)と言う名の装飾用の1振で、江戸時代に武家が公式の場で佩用する儀礼用に制定された物です。収められる刀身は、かつては真剣(しんけん:焼きを入れた本物の日本刀)でしたが、戦後は竹光(たけみつ:竹を削って刀身のように見せている物)がほとんどとなっています。

天下五剣はすべて太刀

「天下五剣」(てんかごけん)は、数多くある日本刀(刀剣)の中で、室町時代頃より特に名刀と言われた5振の「名物」の総称です。名物とは、徳川幕府8代将軍吉宗の命で編纂された名刀リストである「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に掲載されている世に名高い名刀のこと。その中から選ばれた5振である天下五剣は日本刀(刀剣)の最高傑作とされています。

名物には打刀や短刀、薙刀(なぎなた)なども記載されていますが、天下五剣に選ばれたのは、すべて太刀でした。

国宝「太刀 銘 安綱」[名物:童子切安綱]
源頼光(みなもとのよりみつ)が酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治したことに由来。
御物「太刀 銘 国綱」[名物:鬼丸]
北条時政(ほうじょうときまさ)を苦しめる鬼を斬り殺して救ったため。
重文「太刀 銘 恒次」[名物:数珠丸]
日蓮上人(にちれんしょうにん)が数珠を巻いて杖として使用。
国宝「太刀 銘 光世作」[名物:大典太]
同時代の太刀と比べ身幅が広く刃長が短い。
国宝「太刀 銘 三条」[名物:三日月宗近]
天下五剣中で最も美しいと言われ、刃縁に三日月のように浮かぶ打除け(うちのけ)の美しさからこの名があります。

打刀

鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀である日本刀(刀剣)が登場したのは、平安時代中頃と言われています。そこから室町時代中期頃までは、日本刀(刀剣)と言えば、騎馬で使用する太刀がほとんどでした。

しかし、戦国の世になり、合戦の中心が足軽による集団戦になると、徒戦(かちいくさ:歩兵による戦い)に向いた「打刀」(うちがたな)がメインとなっていくのです。

室町時代以降は、日本刀(刀剣)と言うと、ほとんどの場合はこの打刀のことを指します。

打刀

打刀

打刀の特徴

長さ2尺(約60cm)以上。刃を上に向けて腰に差して身に付け、これを「差す」(さす)、「帯刀する」(たいとうする)と言います。

太刀より軽く抜きやすい打刀は徒歩(かち)での戦いに向くとされ、戦国時代以降、戦いの多くが集団戦となり、足軽同士の徒歩での戦いが増えると、太刀に代わって多く作られるようになっていきました。

刃を上にして差すため、抜いたそのままの動きで敵を斬ることができ、とても便利だったので、あっと言う間に大流行します。テレビの時代劇などで、武士が腰に差しているのが打刀です。

意外にも日本刀は戦いの主役ではなかった!?

今でこそ、「日本刀(刀剣)は武士の魂」とされ、「武士=日本刀」(刀剣)もしくは「武士=剣豪」というイメージがありますが、古くは武道のことを「弓馬の道」と呼び、武芸の花形は弓だったのです。

その後も戦の主戦力はなどの長柄武器であり、日本刀(刀剣)はあくまでも、それらの主力武器を失ったり、接近戦になったりした場合の補助的な武器でした。日本の歴史を通じて、日本刀(刀剣)が合戦の主役になったことはほとんどないのです。

唯一日本刀(刀剣)が戦いの主役になったのは、幕末の動乱期でした。当時は新撰組のような治安警察が反幕府勢力の活動を取り締まったため、街中での接近戦が多く、またそのほとんどが少数での戦いだったのです。そうした条件下に最も適していたのが打刀でした。

男性のたしなみから武士の魂へ

また、戦国時代までは日本刀(刀剣)は武士だけの物ではありませんでした。農民などの庶民も帯刀していたのです。

日本刀(刀剣)は、護身用の武器であると同時に、正装した際の装身具でもありました。当時の男性は、男性の身だしなみとしても、日本刀(刀剣)を身に付けたのです。

刀狩り

刀狩り

1588年(天正16年)豊臣秀吉が「刀狩令」(かたながりれい)を出してからも、江戸時代の初期までは、町人でも日本刀(刀剣)を身に付けることが許されていました。町人が帯刀しなくなるのは、1683年(天和3年)に第5代将軍・徳川綱吉が武士以外の帯刀を禁じてからです。

その後、帯刀は武士のみに許された物、つまり武士の証明になります。武士にとって日本刀(刀剣)の存在が大きくなっていくのです。

展示された日本刀の見分け方

日本刀の展示

日本刀の展示

日本刀(刀剣)の展示を見ると、太刀か打刀かどちらかで迷ってしまいます。

実は、太刀か打刀では、展示の向きが違うのです。

基本的に、柄(つか:持ち手)を左に配した状態で、「刃が下」になっていたら太刀、逆に「刃が上」になっていたら打刀です。まれに柄が右になっていることもありますが、その場合は逆になります。

柄が左に来ている状態は、実際に日本刀(刀剣)を身に付けているのと同じなので、身に付けるのも展示をするのも「打刀は刃が上」と覚えると分かりやすいです。

脇指

狭義の日本刀(刀剣)には、太刀や打刀以外に、打刀よりも短寸で、鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀である「脇指」(わきざし)も含まれます。

脇指

脇指

武士以外も差していた脇指

室町時代に打刀が主流になってから、脇指と一緒に腰に差すようになります。意外にも、戦国時代には、農民も腰に「大小の日本刀」(刀剣)を差していました。

大小二本差

大小二本差

大小の日本刀(刀剣)が武士だけの物になるのは、江戸時代に「武家諸法度」(ぶけしょはっと)で、大小二本差が武士の正装として定められてからなのです。それを機に、「大小は武士の魂」と言われるようになりました。

武士以外の帯刀が禁止されてからも、庶民にも護身用に脇指の帯刀はある程度認められていたと言われています。

脇指の特徴

脇指は、室町時代以降に登場し、太刀や打刀の差し添えとして用いられた日本刀(刀剣)で、江戸時代の大小二本差の「小刀」(しょうとう)のこと。小型の打刀とも言えます。短刀より長く、日本刀(太刀・打刀)より短く、日本刀(刀剣)より反りは少なめです。

短刀(30cm未満) < 脇指(30~60cm未満) < 打刀(60cm以上)

打刀と同じように、刃を上にして帯に差します。打刀より短いため、接近戦や狭い場所での戦闘に用いられました。

二刀流

日本の剣術の「二刀流」は利き手に「本差」(ほんさし)、もう一方の手に脇指を持った形が主流です。本差は基本的には太刀や打刀などの大小の大刀を指し、脇指は大小の小刀を指しますが、これが逆になり利き手に小刀を持つ流派もあります。

日本刀(刀剣)は基本的に「両手持ち」で使用する目的で作られているため片手で扱うのは難しく、さらに両手で別の日本刀(刀剣)を扱うのは難易度が高いため、二刀流の流派は非常に少ないと言われています。

二刀流使いとされる人物・宮本武蔵
宮本武蔵(みやもとむさし)は江戸時代初期の剣術家・兵法家で、二刀流を用いる「二天一流」(にてんいちりゅう)の創始者。武蔵の戦いの中で最も広く知られているのは「巌流島の決闘」と呼ばれるもので、これは慶長年間に豊前小倉藩(ぶぜんこくらはん:現在の山口県下関市)の巌流島で、「佐々木小次郎」(ささきこじろう:号は岩流)と戦ったとされる戦いです。

この武蔵と小次郎の一騎打ちは、江戸時代から現代まで様々な大衆文芸作品の題材となっていますが、実は諸説あり佐々木小次郎の名前についてすら正確なところは分かっていません。

脇指の名刀

重要美術品「大脇指 銘 羽柴五郎左衛門隊長」(名物:にっかり青江)
大脇指 銘 羽柴五郎左衛門隊長

大脇指 銘 羽柴五郎左衛門隊長

制作年代 刀鍛冶 所蔵
南北朝時代 備中国青江派 丸亀市立資料館
刃長 反り 先幅
1尺9寸9分
(約60cm)
1.2cm 2.6cm
主な所有者
丹羽長秀 → 丹羽長重 → 京極高次
「にっかり」という奇妙な名前は、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)の武士が、ある晩子供を抱いて「にっかり」笑う女の物の怪をこの日本刀(刀剣)で斬り捨てたところ、翌朝同じ場所に、石灯籠(いしどうろう)が真っ二つになって転がっていたとされる伝説に基づきます。もとは2尺5寸の太刀でしたが、のちに3度磨上げられて、今の形となりました。脇指としては少し長めで、「大脇指」に分類されます。
新撰組副長・土方歳三愛用の脇指「堀川国広」
堀川国広

堀川国広

制作年代 刀鍛冶 所蔵
安土桃山時代 山城国堀川国広 不明
刃長 反り 先幅
1尺9寸5分
(約59cm)
主な所有者
土方歳三
「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、安土桃山時代の刀工で、慶長年間(1596年[慶長元年])からはじまる新刀初期に勢力を誇った堀川派の祖と言われています。「山姥切国広」(やまんばぎりくにひろ:打刀)をはじめとして多くの作刀が重要文化財に指定。新撰組局長の「近藤勇」(こんどういさみ)が、副長の「土方歳三」(ひじかたとしぞう)の日本刀に(刀剣)ついて「刀は和泉守兼定二尺八寸、脇指一尺九寸五分堀川国広」と書き残していることから、歳三の愛刀であったと伝えられますが、残念ながら行方不明となっています。

短刀

日本刀(刀剣)とは、狭義には鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀と定義され基本的には太刀や打刀などが該当しますが、広義には日本国内で作られた刀剣類の総称で、反りのない「短刀」も含まれます。

短刀は鎌倉時代から室町時代にかけて、組み打ちの際や敵の首を取るのに使われるようになりました。桃山時代になると戦いの際には使用されなくなりましたが、江戸時代以降には護身用に用いられるようになります。

短刀

短刀

短刀の特徴

長さ1尺(約30.3cm)以下の短寸の日本刀(刀剣)。反りが少ない、もしくはまったくない平造の短刀がほとんどです。剣のように両刃の短刀もあります。脇指(わきざし)より短寸の物を短刀と呼びます。

短刀(30cm未満) < 脇指(30~60cm未満) < 打刀(60cm以上)

短刀は、柄(つか)と刀身の間に「鐔」(つば)がありません。このことから、短刀は別名「合口」(あいくち)と呼びます。

短刀の種類

刺刀(さすが)
鎌倉時代の主力武器は長柄武器の薙刀でしたが、戦闘中に失った場合や、接近戦で人が密集した中では使い辛いため、補助的に短刀を用いたのが始まりです。この短刀は、「刺刀」(さすが)と呼ばれ、のちの打刀の原型となりました。また、「大小二本差し」のルーツとも言われています。

鎧通し(よろいどおし)
鎧通し

鎧通し

鎧通し(よろいどおし)は、刃長は9寸5分(約28.8cm)前後で短く、刃幅が狭く、重ねの厚い頑丈な作りの短刀。

その名の通り、組み打ちの際に鎧の隙間から刺突するために用いられました。

懐剣・懐刀(かいけん・ふところがたな)
懐剣・懐刀(かいけん・ふところがたな)は、腰に差す「腰刀」(こしがたな)に対して、護身用に、常に懐の中に入れておく、短刀の中でも特に小型の日本刀(刀剣)。

「護り刀」(まもりがたな)として、誕生した子供や花嫁に贈ったり、武家に生まれた女性が嫁ぐ際に「いざと言うときには、自分の身は自分で守るように」と身に付けたりしたのが始まりです。

武家の花嫁衣裳である白無垢(しろむく)や打ち掛けでの挙式の際に、花嫁が胸に懐剣を差し込むのは、この風習の名残です。現代では、剣には神が宿るとされることから、魔よけや厄除けの意味合いが強くなってきています。

男性にとっては、打刀や太刀の使用が難しい場所での護身用武器であり、女性も外出時に護身用に携帯することがありました。懐剣の中には先祖代々伝わる名刀も数多く遺されています。

寸延短刀(すんのびたんとう)
寸延短刀(すんのびたんとう)は、短刀の様式を持つ物の中で、刀身の長さが1尺を超える物のこと。室町時代末期から江戸時代初期にかけて多く見られました。

自害の道具としての短刀

身を守るための武器であると同時に、自害に使われる道具としてのイメージも強いのが短刀です。

日本の国技である相撲で勝敗を判定する「行司」(ぎょうじ)は、腰に短刀を差しています。この短刀は誤った判定をした場合に自害をするための物と伝えられ、相撲の判定にはそれだけの覚悟が求められていたのです。

明治天皇崩御の際に殉死した乃木将軍とその妻・静子夫人。夫人が自害に用いたのは懐剣でした。薩摩藩上士の娘であった静子夫人の愛用の日本刀(刀剣)は、明治時代の名工・月山貞一(がっさんさだかず)の物だとされています。月山家は天皇家の佩用太刀や守り刀などにも携わりました。

日本史上最後に割腹自殺をした著名人は、作家の三島由紀夫と言われていますが、その際にも短刀を使用しています。

プッチーニの著名なオペラ「蝶々夫人」(ちょうちょうふじん)の主人公は、没落した氏族の娘であり米兵の日本人妻。彼女は夫には故国に正式な妻があることを知り、自らの名誉のために懐剣で喉を突いて自害してしまうのです。

現代の短刀

現在の法律では、刃長が30cmに満たない物を短刀と分類しています。

現代の短刀と言うと思い浮かぶのは、昭和の任侠物(にんきょうもの)の映画などで目にすることのある「ドス」ではないでしょうか。

ドスは、江戸時代頃から使われるようになった言葉とされています。「おどす」の「お」が取れた物で、まさに「おどす」ために、懐に忍ばせた短刀のことなのです。

  • 日本刀(刀剣)写真検索
    日本刀(刀剣)の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、日本刀(刀剣)が検索できます。
  • 太刀写真集
    長大な刀剣である太刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。
  • 打刀写真集
    太刀に比べて短く反りが浅い打刀を細部までご覧頂ける写真集です。
  • 短刀写真集
    太刀に勝るとも劣らない美しさを持つ短刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。

「日本刀鑑賞のポイント」の記事を読む


日本刀の種類②

日本刀の種類②
「日本刀」(刀剣)とは、狭義では「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」のことですが、広義では「日本国内で作られた刀剣類の総称」で、長柄武器や両刃の剣なども含まれます。

日本刀の種類②

日本刀の姿①

日本刀の姿①
日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を司る、「鋒」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く見て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介していきます。

日本刀の姿①

日本刀の姿②

日本刀の姿②
「茎」(なかご)とは、通常は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部位。茎には、「銘」(めい)という刀工名や制作年などの情報が記されているので、日本刀を鑑賞する上で、とても重要な部分です。室町時代後期になると、この茎の「磨上げ」(すりあげ)が頻繁に行なわれるようになります。その理由はなぜでしょうか。茎には、どんな形状や種類があるのか、詳しくご紹介します。

日本刀の姿②

日本刀の刃文

日本刀の刃文
日本刀(刀剣)を鑑賞する最大の魅力と言えば、「刃文」(はもん)の美しさでしょう。「刃文」とは、「焼刃」(やきば)に入った「刃先」(はさき)の模様のこと。「帽子」(ぼうし)もまた「鋒/切先」(きっさき)に入った刃文です。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、その日本刀(刀剣)が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる物。ここでは、日本刀(刀剣)の刃文について詳しくご紹介します。

日本刀の刃文

日本刀の地鉄

日本刀の地鉄
「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀(刀剣)を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その日本刀(刀剣)が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。ここでは、日本刀(刀剣)の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

日本刀の地鉄

日本刀の細部

日本刀の細部
「日本刀」(刀剣)には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀(刀剣)鑑賞における細かなポイントをご紹介します。

日本刀の細部

五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)

五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)
五箇伝とは、「大和伝」(奈良県)、「山城伝」(京都府)、「備前伝」(岡山県)、「相州伝」(神奈川県)、「美濃伝」(岐阜県)のこと。この5つの地域に伝わる日本刀(刀剣)作りの伝法は、独特であると同時に、優れた技術を互いに共有し、発展したのです。以下、五箇伝と呼ばれる、伝法の歴史と特徴をご紹介します。(※なお「五箇伝」は、「五ヵ伝」「五ヶ伝」と表記する場合もあります。)

五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)

日本刀鑑賞ポイント①

日本刀鑑賞ポイント①
日本刀(刀剣)を鑑賞する際には、いくつかのポイントを知っておくと、より日本刀(刀剣)を楽しむことができます。観るポイントを押さえ、日本刀(刀剣)の美しさを体感しながら鑑賞することで、その深い魅力に気付くことができるのではないでしょうか。ここでは、そんな日本刀(刀剣)の鑑賞ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント①

日本刀鑑賞ポイント②

日本刀鑑賞ポイント②
日本刀(刀剣)は1種類だけではなく硬さの違う金属が、いくつも組み合わされて構成されています。その中でも、日本刀(刀剣)の本体部を構成しているのが「地鉄」(じがね)なのです。それぞれ特徴や模様が違っているので、よく注目してひとつひとつの模様を楽しむことも日本刀(刀剣)鑑賞の醍醐味でもあります。また、日本刀(刀剣)が実際に使用されると、どれほどの実力があるのでしょうか。そのような、あまり知られていない日本刀(刀剣)の深い見どころ、ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント②

注目ワード

ページトップへ戻る