日本刀の基礎を学ぶ

日本刀の種類

文字サイズ

「日本刀」とは、広義の意味としては日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の意味は「鎬[しのぎ]があり、反りを持った湾刀」であり、これが作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

刀の形を比較してみよう!

日本刀は寸法により「太刀」、「打刀」、「脇差」、「短刀」に分類されます。それぞれの刀の形や、刃長の違いを図で確認してみましょう。

日本刀の種類ごとの形

日本刀の種類ごとの形

日本刀の種類ごとの刃長

日本刀の種類ごとの刃長

直刀(大刀)

「直刀」(ちょくとう)とは、「湾刀」が作られるようになる平安時代中頃以前に、日本国内で鍛造された反りのない、まっすぐな日本刀のこと。刃長がおよそ60cm超の直刀を「大刀」(たち)と表記するのに対し、大刀よりも寸法が短い直刀を、「横刀」(おうと・たち)と表記することもあります。

直刀(大刀)

直刀(大刀)

上古刀

日本刀は、作られた年代によって呼び方が変化します。奈良時代以前に、朝鮮半島より伝来した刀剣の製造技術によって作られた刀剣が「上古刀」(じょうことう)。当時中国で盛んに作られていた、反りがなく、刺突に適した「平造」(ひらづくり)の直刀でした。

七星剣(しちせいけん)
現存する中では最も古い刀剣である飛鳥時代の上古刀として、聖徳太子が所持していたとされる「七星剣」(しちせいけん)があります。七星剣とは、刀身に金象嵌(きんぞうがん)で「北斗七星」(ほくとしちせい)が施された直刀です。実戦向けでなく、国家守護や魔除けの目的で作られました。四天王寺(大阪府)所蔵の国宝である鉄製の七星剣や法隆寺(奈良県)所蔵の「銅七星剣」など、聖徳太子ゆかりの寺院に伝わります。

七星剣

七星剣

金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうたち)
金銅荘環頭大刀

金銅荘環頭大刀

古墳時代末期作とされる「金銅荘環頭大刀」(こんどうそうかんとうたち)は、土佐国(とさのくに:現在の高知県)の小村神社の御神体として、1,000年以上もの間、秘蔵されてきました。同時代の大刀のほとんどが、古墳等からの出土品である中、「伝世品」(でんせいひん:古くから大切にされ、人の手を経て世に伝わってきた物。特に考古学で、出土品に対しての呼び名)であることから、日本刀剣史上貴重な作とされています。

切刃造」(きりはづくり)の直刀で、儀仗(ぎじょう)用の宝剣として制作されました。様式化された柄頭の透かし彫りが特徴的です。国宝指定され、毎年11月15日の秋季大祭時にのみ一般公開されます。

水龍剣(すいりゅうけん)
水龍剣

水龍剣

水龍剣(すいりゅうけん)は、奈良時代の作で聖武天皇の佩刀とされる大刀です。「正倉院宝物」として、北倉に刀身だけが所蔵されていた物を明治天皇が気に入り、当代髄一であった金工師で、のちに帝室技芸員となった加納夏雄に「」(こしらえ:日本刀の外装)を作らせました。名前の由来となった、(つか)部分に施された水龍文も加納作です。

日本の剣~上古刀(直刀)~の紹介動画

日本の剣~上古刀(直刀)~

直刀から湾刀へ

奈良時代以前では直刀が作られ、武士の登場する平安時代中期からは湾刀が作られるようになりますが、その間の平安時代前期には、どんな刀が作られていたのでしょうか。

直刀は、平安時代前期の「蝦夷」(えみし・えぞ:東北地方の先住民族)との戦いを契機として、変化していきます。蝦夷の武器の影響を受け、日本独自の進化を遂げて、反りのある湾刀が完成していく過渡期が、平安時代前期なのです。

日本刀のルーツ1:坂上田村麻呂佩用・黒漆剣
「黒漆剣」(くろうるしのつるぎ)は、平安時代前期に蝦夷を平定した征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)佩用と伝わる直刀で、鞍馬寺所蔵。嵯峨天皇(さがてんのう)からの坂上田村麻呂への信頼は厚く、田村麻呂の死後も、天皇はその佩刀を身近に置いたほどでした。これは後世まで「坂上宝剣」(さかのうえのたからのつるぎ)として伝わる朝廷の守り刀でしたが、2018年(平成30年)現在は所在不明で、黒漆剣と同一かどうかは、諸説あり、真偽は分かっていません。

黒漆剣

黒漆剣

日本刀のルーツ2:毛抜形太刀
平安時代中期に作られた太刀で、「日本刀のルーツ」とされているのが「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)です。突くことが得意だった直刀から、斬るための湾刀へ移行する途中の形状で、刀身の反りは少なめです。蝦夷が使用していた、柄の湾曲した「蕨手刀」(わらびてとう)が徐々に変化してできた物と言われています。また、毛抜形太刀とは変わった名前ですが、柄の優美な透かしが、古代の毛抜きに似ていたため、この名が付けられました。

国宝に指定されている「金地螺鈿毛抜形太刀」(きんじらでんけぬきがたたち)は、彫金工芸の傑作。純度の高い金を使用しているため、時代を経ても美しく輝いています。

毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)
毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)
(金象嵌)鉄雄
鑑定区分
未鑑定
刃長
69.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
日本刀のルーツ3:舞草刀
岩手県一関地方では、平安時代から室町時代にかけて「舞草刀」(もくさとう)が作られていました。舞草刀の最大の特徴が刀身の反り。日本刀の刀身に反りがあるのは当たり前ですが、舞草刀が作られ始めた当時においては、刀身が真っ直ぐな直刀が一般的でした。そのため、刀身に反りのある舞草刀の登場は衝撃的だったと言えます。

舞草刀を作り出したのは「舞草鍛冶」(もくさかじ)と呼ばれた刀工集団。彼らは、奥州藤原氏の庇護の下で作刀に励んだ刀工です。奥州藤原氏の下で栄えた「平泉文化」では、常に最高水準の物を追求していました。このような気風の中、舞草鍛冶達は、のちの日本刀につながる刀を作り出したのです。舞草刀は、その品質の高さが認められ、都において「衛府」の刀とされていたと言われています。

舞草刀については、古墳時代に東北を拠点としていた蝦夷が用いていた蕨手刀にも若干の反りが見られることから、これを参考にしたという説もあるのです。

日本刀のルーツ4:小烏丸
「小烏丸」(こがらすまる)は平安時代中期、日本刀の祖と呼ばれる大和鍛冶「天国」(あまくに)作と伝わる太刀です。「鋒/切先両刃造」(きっさきもろはづくり)と呼ばれる、鋒/切先(きっさき:刀身の先端部分)のみが両刃(もろは)となった独特の造込みが特徴です。

主に刺突(しとつ)を目的とした直刀と、斬撃を目的とした湾刀の過渡期に、双方を目的として考案されたと言われています。この造込みの代表作が小烏丸であることから、別名「小烏造」(こがらすづくり)とも呼ばれています。

平氏の重宝として伝わり、「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で、海の底に沈んで行方不明になったとされていた物が、江戸時代に発見されました。現在は「御物」(ぎょぶつ:日本の皇室の私有品となっている宝物)となっていますが、現存する小烏丸が、天国作の物かどうかは諸説あり、詳細は不明です。

小烏丸

小烏丸

武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

太刀

太刀は、長さ2尺(約60cm)以上で、刃を下に向けて紐で吊して腰に装着していました。これを「佩く」(はく)、「佩用する」(はいようする)と言います。

太刀は騎馬での戦いに向くとされ、武士同士の騎馬戦が多かった時代に多く作られました。のちに登場する「打刀」(うちがたな)に対して、反りが深いのが特徴です。大きさによって以下のように分類されています。

大太刀(おおたち)
大太刀(おおたち)は、その寸法に一般的な規定はありませんが、長大な太刀が総じて大太刀と分類されました。実戦で使用する武器としてではなく、神社への奉納を目的として作られた日本刀です。現存する大太刀としては、新潟県彌彦神社」(やひこじんじゃ)所蔵の「志田大太刀」(しだのおおたち、刃長約224cm)や、栃木県日光二荒山神社」(にっこうふたらさんじんじゃ)所蔵の「祢々切丸」(ねねきりまる、刃長約216cm)などがあり、この2振は、いずれも国の重要文化財に指定されています。

野太刀(のだち)
野太刀(のだち)は、大太刀の中でも実戦に使われた物です。一般的には刃長が3尺(約90cm)を超え、厚みがあってがっしりとした作りが特徴。拵は、華美でなく実用向きに作られた、軽量で丈夫な物がほとんどです。現存する野太刀としては、岡山県「吉備津神社」所蔵の「吉備津丸」(きびつまる)を挙げることができます。

「備前長船派」の「法光」(のりみつ)によって室町時代に作られた吉備津丸は、刃長約226.7cmという長大な作ですが、最大の特徴は刀身には焼きが入れられ、茎(なかご)が刀身に合わせて長く作られていること。すなわち、実戦で使えるように作られた大太刀であると考えられます。また、重さはほぼ同じサイズである祢々切丸が約24kgであるのに対して半分程度の約13kg。軽量化によって扱いやすさも上がっていると言えるのです。

小太刀(こだち)
小太刀(こだち)にも、特に寸法に規定はありません。一般的に、太刀と短刀の中間の長さで刃長2尺(約60cm)前後が、小太刀です。単独で実戦に使われることはなく、儀式用の太刀や太刀の差し添えとして使われることがほとんどだったと言われています。

「太刀とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

太刀持ち

太刀は、国技である相撲にも登場します。横綱の土俵入りで太刀を持って横綱に付き添う力士が「太刀持ち」です。この太刀持ちの由来には、神聖な日本刀で土俵を清めるためと言う説や、かつて力士が名字帯刀を許されていたことに関係している、と言う説などがあります。

使用する太刀は、「陣太刀拵」(じんだちこしらえ)と言う名の装飾用の1振で、江戸時代に武家が公式の場で儀礼用に佩用した物です。収められる刀身は、かつては真剣(しんけん:焼きを入れた本物の日本刀)でしたが、戦後は竹光(たけみつ:竹を削って刀身のように見せている物)がほとんどとなっています。

天下五剣はすべて太刀

「天下五剣」(てんがごけん)は、数多くある日本刀の中で、室町時代頃より特に名物と言われた5振の総称です。名物とは、徳川幕府8代将軍吉宗の命で編纂された名刀リストである「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に掲載されている世に名高い名刀のこと。天下五剣は、名物の中でも日本刀の世界において最高傑作とされています。

名物には打刀や短刀、薙刀(なぎなた)なども記載されていますが、天下五剣に選ばれたのは、すべて太刀でした。

国宝「太刀 銘 安綱」[名物:童子切安綱]
源頼光(みなもとのよりみつ)が酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治したという伝説に由来します。
御物「太刀 銘 国綱」[名物:鬼丸]
北条時政(ほうじょうときまさ)を苦しめる鬼を斬り殺して救ったとされる太刀です。
重文「太刀 銘 恒次」[名物:数珠丸]
日蓮上人(にちれんしょうにん)が数珠を巻いて杖として使用しました。
国宝「太刀 銘 光世作」[名物:大典太]
同時代の太刀と比べ身幅が広く、刃長が短い太刀です。
国宝「太刀 銘 三条」[名物:三日月宗近]
天下五剣の中で最も美しいと言われ、刃縁に三日月のように浮かぶ打除け(うちのけ)の美しさからこの名があります。

打刀

鎬があり、反りを持った湾刀である日本刀が登場したのは、平安時代中頃。そこから室町時代中期頃までは、日本刀と言えば、騎馬で使用する太刀がほとんどでした。しかし、戦国の世になり、合戦の中心が足軽による集団戦になると、徒戦(かちいくさ:歩兵による戦い)に向いた「打刀」(うちがたな)がメインとなっていくのです。室町時代以降は、日本刀と言うと、ほとんどの場合はこの打刀のことを指していました。

打刀

打刀

打刀の特徴

室町時代以降に作刀された、長さ2尺(約60cm)以上の日本刀です。刃を上に向けて腰に差して身に付け、これを「差す」(さす)、「帯刀する」(たいとうする)と言いました。

太刀より軽く抜きやすい打刀は徒歩での戦いに向くとされています。戦国時代以降、戦いの多くが集団戦となり、足軽同士の徒歩での戦いが増えると、太刀に代わって多く作られるようになっていきました。

刃を上にして差すため、抜いたそのままの動きで敵を斬ることができ、とても便利だったので、あっと言う間に大流行します。テレビの時代劇などで、武士が腰に差しているのが打刀です。

意外にも日本刀は戦いの主役ではなかった!?

今でこそ、「日本刀は武士の魂」とされ、「武士=日本刀」というイメージがありますが、古くは武道のことを「弓馬の道」と呼び、武芸の花形は弓だったのです。日本刀はあくまでも、それらの主力武器を失ったり、接近戦になったりした場合の補助的な武器でした。日本の歴史を通じて、日本刀が合戦の主役になったことはほとんどないのです。

唯一、日本刀が戦いの主役になったのは、幕末の動乱期でした。当時は新撰組のような治安警察が反幕府勢力の活動を取り締まったため、街中での接近戦が多く、またそのほとんどが少数同士での戦いだったのです。そうした条件下に最も適していたのが打刀です。

男性の身だしなみから武士の魂へ

戦国時代までは日本刀は武士だけの物ではなく、農民などの庶民も帯刀するのが一般的でした。日本刀は、護身用の武器であると同時に、正装した際の装身具でもあったのです。

刀狩り

刀狩り

1588年(天正16年)豊臣秀吉が「刀狩令」(かたながりれい)を出してからも、江戸時代の初期までは、町人でも日本刀を身に付けることが許されていました。町人が帯刀しなくなるのは、1683年(天和3年)に第5代将軍・徳川綱吉が武士以外の帯刀を禁じてからです。その後、帯刀は武士のみに許された物、つまり武士である証明になります。武士にとって日本刀の存在が大きくなっていったのです。

展示された日本刀の見分け方

日本刀の展示

日本刀の展示

展示された日本刀を観ると、太刀か打刀かどちらかで迷うこともあるのではないでしょうか。しかし実は簡単な方法で見分けることもできるのです。太刀と打刀では、展示されている向きが違っています。基本的に、柄を向かって左に配した状態で、「刃が下」になっていたら太刀、逆に「刃が上」になっていたら打刀。まれに柄が右になっていることもありますが、その場合は逆になります。柄が左に来ている状態は、実際に日本刀を身に付けているのと同じなので、身に付けるときも展示をするのも「打刀は刃が上」と覚えると分かりやすいです。

脇差

狭義の日本刀には、太刀や打刀以外に、打刀よりも短寸で、鎬があり、反りを持った湾刀である「脇差」(わきざし)も含まれます。

脇差

脇差

脇差の特徴

脇差は、室町時代以降に登場し、太刀や打刀の差し添えとして用いられた日本刀です。江戸時代に、大小二本差していた内の「小刀」(しょうとう)のことで、小型の打刀とも言えます。短刀より長く、日本刀(太刀・打刀)より短く、日本刀より反りは少なめです。

短刀(30cm未満) < 脇差(30~60cm) < 打刀(60cm以上)

打刀と同じように、刃を上にして帯に差します。打刀より短いため、接近戦や狭い場所での戦闘に用いられました。

武士以外も差していた脇差

大小二本差

大小二本差

大小の日本刀が武士だけの物になるのは、江戸時代に「武家諸法度」(ぶけしょはっと)で、大小二本差が武士の正装として定められてからです。それを機に、「大小は武士の魂」と言われるようになりました。武士以外の帯刀が禁止されてからも、庶民にも護身用に脇差の帯刀はある程度認められていたと言われています。

二刀流

日本の剣術の「二刀流」は利き手に「本差」(ほんさし)、もう一方の手に脇差を持った形が主流です。本差は基本的には太刀や打刀などの大小の大刀を指し、脇差は大小の小刀を指しますが、これが逆になり、利き手に小刀を持つ流派もあります。

日本刀は基本的に「両手持ち」で使用する目的で作られているため、片手で扱うのは難しく、さらに両手で別々の日本刀を扱うのは難易度が高いため、二刀流の流派は非常に少ないと言えるのです。

二刀流使いとされる人物・宮本武蔵
宮本武蔵(みやもとむさし)は江戸時代初期の剣術家・兵法家で、二刀流を用いる「二天一流」(にてんいちりゅう)の創始者です。宮本武蔵の戦いの中で最も広く知られているのは「巌流島の決闘」。慶長年間に豊前小倉藩(ぶぜんこくらはん:現在の山口県下関市)の巌流島で行なった、「佐々木小次郎」(ささきこじろう:号は岩流)との戦いです。

この宮本武蔵と佐々木小次郎の一騎打ちは、江戸時代から現代まで様々な大衆文芸作品の題材となっていますが、実は諸説あり佐々木小次郎の名前についてすら正確なところは分かっていません。

脇差の名刀

重要美術品「大脇差 銘 羽柴五郎左衛門尉長」(名物:にっかり青江)
大脇差 銘 羽柴五郎左衛門尉長

大脇差 銘 羽柴五郎左衛門尉長

制作年代 刀鍛冶 所蔵
南北朝時代 備中国青江派 丸亀市立資料館
刃長 反り 先幅
1尺9寸9分
(約60cm)
1.2cm 2.6cm
主な所有者
丹羽長秀 → 丹羽長重 → 京極高次
「にっかり」という奇妙な名前は、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)の武士が、ある晩子供を抱いて「にっかり」笑う女の物の怪をこの日本刀で斬り捨てたところ、翌朝同じ場所に、石灯籠(いしどうろう)が真っ二つになって転がっていたとされる伝説に基づきます。もとは2尺5寸の太刀でしたが、のちに3度磨上げられて、今の形となりました。脇差としては少し長めで、「大脇差」に分類されます。

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

新撰組副長・土方歳三愛用の脇差「堀川国広」
堀川国広

堀川国広

制作年代 刀鍛冶 所蔵
安土桃山時代 山城国堀川国広 不明
刃長 反り 先幅
1尺9寸5分
(約59cm)
主な所有者
土方歳三
「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、安土桃山時代の刀工です。慶長年間(1596年[慶長元年])からはじまる新刀初期に勢力を誇った堀川派の祖と言われています。「山姥切国広」(やまんばぎりくにひろ:打刀)をはじめとして多くの作刀が重要文化財に指定。新撰組局長の「近藤勇」(こんどういさみ)が、副長の「土方歳三」(ひじかたとしぞう)の日本刀について「刀は和泉守兼定二尺八寸、脇差一尺九寸五分堀川国広」と書き残していることから、土方歳三の愛刀であったと伝えられますが、残念ながら行方不明となっています。

土方歳三のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

短刀

日本刀とは、狭義には鎬があり、反りを持った湾刀と定義される物です。基本的には太刀や打刀などが該当します。しかし、広義には日本国内で作られた刀剣類の総称で、反りや鎬のない「短刀」も含まれているのです。

短刀は鎌倉時代から室町時代にかけて、組み打ちの際や敵の首を取るのに使われるようになりました。桃山時代になると戦いの際には使用されなくなりましたが、江戸時代以降には護身用に用いられるようになります。

短刀

短刀

短刀の特徴

長さ1尺未満となる短寸の日本刀。反りが少ない、もしくはまったくない平造の短刀がほとんどです。剣のように両刃の短刀もあり、脇差より短寸の物を短刀と呼びます。短刀は、柄と刀身の間に「鍔」(つば)がありません。このことから、短刀は別名「合口」(あいくち)と呼びます。

短刀の種類

刺刀(さすが)
鎌倉時代において戦闘での主力武器は長柄武器の薙刀でしたが、戦闘中に失った場合や、接近戦で人が密集した中では使い辛いため、補助的に短刀を用いていたのが始まりです。この短刀は、「刺刀」(さすが)と呼ばれ、のちの打刀の原型となりました。また、「大小二本差し」のルーツとも言われています。

鎧通し(よろいどおし)
鎧通し

鎧通し

鎧通し(よろいどおし)は、刃長は9寸5分(約28.8cm)前後で短く、刃幅が狭く、重ねの厚い頑丈な作りの短刀です。その名の通り、組み打ちの際に鎧の隙間から刺突するために用いられました。

懐剣・懐刀(かいけん・ふところがたな)
懐剣・懐刀(かいけん・ふところがたな)は、腰に差す「腰刀」(こしがたな)に対して、護身用に、常に懐の中に入れておく、短刀の中でも特に小型の日本刀です。「護り刀」(まもりがたな)として、誕生した子供や花嫁に贈ったり、武家に生まれた女性が嫁ぐ際に「いざと言うときには、自分の身は自分で守るように」と身に付けたりしたのが始まりでした。

武家の花嫁衣裳である白無垢(しろむく)や打ち掛けでの挙式の際に、花嫁が胸に懐剣を差し込むのは、この風習の名残です。現代では、剣には神が宿るとされることから、魔よけや厄除けの意味合いが強くなってきています。

男性にとっては、打刀や太刀の使用が難しい場所での護身用武器であり、女性も外出時に護身用に携帯することがありました。懐剣の中には先祖代々伝わる名刀も数多く遺されています。

寸延短刀(すんのびたんとう)
寸延短刀(すんのびたんとう)は、短刀の様式を持つ物の中で、刀身の長さが1尺を超える物のことです。室町時代末期から江戸時代初期にかけて多く見られました。

自害の道具としての短刀

身を守るための武器であると同時に、自害に使われる道具としてのイメージも強いのが短刀です。日本の国技である相撲で勝敗を判定する「行司」(ぎょうじ)は、腰に短刀を差しています。この短刀は誤った判定をした場合に自害をするための物と伝えられ、相撲の判定にはそれだけの覚悟が求められていたのです。

明治天皇崩御の際に殉死した「乃木希典」(のぎまれすけ)とその妻・静子夫人。夫人が自害に用いたのは懐剣でした。薩摩藩上士の娘であった静子夫人の愛用の日本刀は、明治時代の名工・月山貞一(がっさんさだかず)の物だとされています。月山家は天皇家の佩用太刀や守り刀などにも携わりました。

日本史上最後に割腹自殺をした著名人は、作家の三島由紀夫と言われていますが、その際にも短刀を使用しています。

プッチーニの著名なオペラ「蝶々夫人」(ちょうちょうふじん)の主人公は、没落した氏族の娘であり米兵の日本人妻となっています。彼女は夫には故国に正式な妻があることを知り、自らの名誉のために懐剣で喉を突いて自害してしまうのです。

「ドス」の語源

昭和の任侠物(にんきょうもの)映画などで目にすることが多い刃物が「ドス」です。ドスは、その語源を辿ると、江戸時代頃から使われるようになった言葉とされています。「おどす」の「お」が取れた物で、まさに「おどす」ために、懐に忍ばせた短刀のことなのです。

薙刀

薙刀

薙刀

長柄武器の中でも、平安時代に登場、南北朝時代に大流行し、合戦の主役となったのが「薙刀」でした。もとは「長刀」と書きましたが、のちに短刀に対して打刀を長刀と呼ぶようになり、区別するために薙刀の字が当てられるようになりました。

  • 刀剣・日本刀写真/画像
    刀剣ワールド財団所蔵の「薙刀・長巻」が写真/画像、解説付きでご覧頂けます。
  • 薙刀・長巻について詳しくご紹介します。

薙刀の特徴

先の方の反りが大きく、鋒が鋭く尖った刃を長柄の先に装着して用いた武具です。同じ長柄武器の「」(やり)が突くことを主な攻撃方法としているのに対し、薙刀は振り回して薙ぎ切って使います。刃長1尺3、4寸(約40cm)から2尺(約60.6cm)を超える物も。柄の長さは、通常3尺から6尺(約90~180cm)程度です。柄の断面は、正円形でなく楕円形とされています。刃の反対側に装着された金具である「石突」(いしづき)が半月形状になっており、こちら側でも斬ることができる物が多いのも特徴です。

薙刀には、小さな鍔が付いている物が主流で、鍔のない物や日本刀に付いているような大きな鍔が付いている物もまれにあります。

大薙刀(おおなぎなた)
刃長が特に長く3尺から4尺(約90~120cm)を超えるような物は「大薙刀」(おおなぎなた)と呼び、6尺(約180cm)を超える物も。また、大太刀など、長大な武器が大流行した南北朝時代には多く作られました。

小薙刀(こなぎなた・しょうなぎなた)
大薙刀に対して、刃長が3尺(約90cm)程度までの物を小薙刀(こなぎなた・しょうなぎなた)と呼びます。室町時代になると刃長が短縮。江戸時代には婦人が薙刀を使用するようになったため、小薙刀が一般的になりました。
薙刀 銘 大和国藤原包宗
薙刀 銘 大和国藤原包宗
大和国藤原包宗
鑑定区分
保存刀剣
刃長
41.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

薙刀の誕生と衰退

薙刀の誕生の経緯については、はっきりとしたことが分かっておらず、以下のような説があります。

  • 上古(じょうこ:大化の改新頃まで)の時代に主武器だった「鉾」(ほこ)を前身とする説。鉾は、「刺突」と「斬る」の両方を目的とした刃を持ちますが、これが斬るに特化した薙刀に進化したとする説です。刺突に特化した物は、のちに槍になったと言われています。
  • 薙刀は、「柄の長い日本刀」と定義することもできるので、単純に大太刀をさらに遠くから攻撃できるようにした結果、自然に柄が長くなったとする説。また、南北朝時代には一世を風靡した薙刀ですが、戦国時代になり集団戦で部隊が密集すると、振り回して使用する薙刀は、その長さから味方を攻撃する結果となってしまい、危険だとされて急速に衰退。使われなくなった薙刀を打刀や脇差などに作り直して再利用する「薙刀直し」(なぎなたなおし)が流行しました。

なお、最初から薙刀ではなく、薙刀直しのような形式を持つ日本刀として制作された物が「薙刀直し造り」です。薙刀直しの代表例としては、小薙刀を「磨上げ」(すりあげ)て脇差にした「鯰尾藤四郎」(なまずおとうしろう)が挙げられます。「ふくら」(鋒/切先がカーブしている部分)が、ふっくらとしている様子が鯰を連想させることから、このように呼ばれる1振。豊臣秀吉や「徳川家康」などの天下人の手を経て、徳川家康の遺品として「尾張徳川家」に伝来した薙刀です。元々の小薙刀の作者は、鎌倉時代中期に活動していた「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)で、相州伝の「正宗」(まさむね)、越中の「郷義弘」(ごうのよしひろ)と共に「天下三作」(てんがさんさく)の名工と称されました。薙刀には反りの深さや形状などから、いくつかの種類があります。

薙刀直し(なぎなたなおし)
脇差 銘 備前国住藤原二王清則
脇差 銘 備前国住藤原二王清則
備前国住藤原二王清則
鑑定区分
保存刀剣
刃長
38.4
所蔵・伝来
五島盛清 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

薙刀の種類

薙刀の種類

薙刀の種類

静形薙刀(しずかがたなぎなた)
静形薙刀(しずかがたなぎなた)は、長さや形状などに特にはっきりとした定義はありませんが、身幅が狭く、反りの少ない伸びやかな姿をした薙刀です。別名を男薙刀と呼び、源義経(みなもとのよしつね)の愛妾・静御前(しずかごぜん)の由来にちなんでいます。
薙刀 無銘 長船秀光
薙刀 無銘 長船秀光
無銘
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
58.2
所蔵・伝来
谷家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
巴形薙刀(ともえがたなぎなた)
巴形薙刀(ともえがたなぎなた)は、長さや形状などに特にはっきりとした定義はありませんが、身幅が広く、反りの大きな張りのある姿をした薙刀です。木曾義仲(きそよしなか)の愛妾・巴御前(ともえごぜん)にちなんでいます。別名で、女薙刀とも呼ばれている薙刀です。
薙刀 銘 和泉守金道
薙刀 銘 和泉守金道
和泉守金道
鑑定区分
未鑑定
刃長
33.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長巻(ながまき)
「長巻」(ながまき)を薙刀に含めるかどうかは、研究者により見解の分かれるところですが、その形状から薙刀と区別の付けづらい長巻も存在します。

大太刀から発展し、振るいやすくするために柄を長くした日本刀であるという見方と、薙刀の中でも反りが少なく、刃長が長い物を、補強のために柄を紐で巻き締め、長刀に対して長巻としたとするなどの諸説あり、定まっていません。

長巻 銘 備前長船住重真
長巻 銘 備前長船住重真
備前長船住重真
鑑定区分
重要刀剣
刃長
63.7
所蔵・伝来
徳川慶喜 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

武蔵坊弁慶愛用の薙刀・岩融

武蔵坊弁慶

武蔵坊弁慶

薙刀と言えば、「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)が振り回して戦うイメージが鮮明に浮かびます。その弁慶が愛用したと言われるのが、「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)の作と伝わる「岩融」(いわとおし)です。刃の部分だけで3尺5寸(約106cm)ある大薙刀だったと言われています。もっとも、弁慶が振るうのは大薙刀ではなく太刀である「岩透」(いわとおし)だったとする説も存在。4尺2寸(約127.2cm)の長さがあったと言いますから、大太刀に分類されます。

弁慶の存在自体は確実ではなく、伝説上の人物と見るのが有力で、岩融も岩透も、現在はその所在が不明であるため、伝説の日本刀であるという位置付けです。もっとも、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)では、弁慶が奉納したという大薙刀を所蔵。この大薙刀は、国の重要文化財に指定されています。

槍

日本刀とは、広義では「日本国内で作られた刀剣類の総称」ですので、武士が腰に差す日本刀だけでなく、長い柄の先端に刃物(穂)を装着し、突き刺して攻撃する槍についても、広い意味では日本刀です。

  • 刀剣・日本刀写真/画像
    刀剣ワールド財団所蔵の「槍」が写真/画像、解説付きでご覧頂けます。
  • 槍について詳しくご紹介します。

日本における槍

槍は、刺突を主な目的とした武器で、人類の歴史上最も古い武器のひとつとされています。銃剣に取って代わられるまで、長く使われましたが、日本の歴史において槍が登場するのは、鎌倉時代中期以降です。日本では古来より鉾が使用され、平安時代から南北朝時代までは薙刀が主力武器となっていました。

戦国時代の徒歩での集団戦には、それまでの薙刀のように振り回して薙ぎ切る武器は不向きでした。そこで、突き刺して攻撃する槍の方が実戦向きとされ、槍が合戦の主役に躍り出たのです。

江戸時代の大名行列の先頭は槍で、武士の象徴でもありましたが、明治維新後は日本軍が武器として採用せず、その後は実戦で使われていません。

槍の特徴

刃長1尺(約30.3cm)から2尺(約60.6cm)が通常の槍です。まれに2尺を超える物があり、「大身槍」(おおみやり)と呼ばれました。

槍の穂(槍の刃の部分)の断面の形状は、「正三角形」・「平三角形」・「刀身形」・「両鎬」(りょうしのぎ)の4種類があり、両鎬の槍は突く以外に斬る機能もかね備えています。実戦に応じて多彩な発展を遂げたため、様々な形態の物があるのが特徴です。

日本刀を鑑賞する場合、反りの大きさ等で、ある程度制作年代が推測できますが、槍の場合もある場所を観れば、制作年代が分かります。それが槍の穂と柄が接する部分で、「けら首」と言います。研ぎに手間がかかる場所で、ここが見事に研がれた槍には、なかなかお目にかかれません。このけら首の長さは、制作年代によって変わります。槍が合戦に登場してまもなくの鎌倉から室町期頃の「けら首」は長く、逆に江戸慶長期以降の新刀期では短い物が主流となっていくのです。

槍の種類

刃や柄の長さ、穂先の形状などから、様々な種類があります。

槍の種類

槍の種類

大身槍(おおみやり)
大身槍(おおみやり)は、刃長が2尺(約60.6cm)前後の大型の穂を持つ槍。なかには4尺(約120cm)を超える物もあります。両刃で殺傷能力が高く、刺すだけでなく斬る攻撃が可能ですが、長さと重量があるため扱いが難しく、技術が必要でした。
大身槍 銘 尾州住兼武
大身槍 銘 尾州住兼武
尾州住兼武
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
68.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
直槍・素槍(すぐやり・すやり)/長柄槍(ながえやり)
直槍・素槍
直槍・素槍(すぐやり・すやり)は、長い柄に枝刃のない直線的な両刃の穂先を付けた槍の総称となります。

素槍 銘 伯州住広賀
素槍 銘 伯州住広賀
伯州住広賀
鑑定区分
未鑑定
刃長
28.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長柄槍
長柄槍(ながえやり)は、足軽が用いた柄の長い槍です。柄は約450~640cmもあったと言われます。突く・たたく両方の攻撃が可能で、槍を立てて、敵の進撃を食い止める用途にも用いられました。
菊池槍(きくちやり)
菊池槍(きくちやり)は、肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)の豪族・菊池氏が使用した物で、槍の起源とされています。穂先は片刃で短刀の形をしており、現場で得た竹や堅木に装着して即席の槍を作り出すことができる便利な物でした。

槍 銘 波平昌行
槍 銘 波平昌行
波平昌行
鑑定区分
未鑑定
刃長
17.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
鎌槍(かまやり)
鎌槍(かまやり)は、直槍のような両刃の穂の途中に鎌と呼ばれる枝刃が張り出している物で、敵の脚を斬るため、深く貫きすぎないためなどの用途で付けられたと言われています。

片鎌槍
片鎌槍(かたかまやり)は、鎌槍の一種です。枝刃が片側のみに張り出している物。
両鎌槍・十文字槍・十字槍
両鎌槍(りょうかまやり)・十文字槍(じゅうもんじやり)・十字槍(じゅうじやり)は、鎌槍の中で、枝刃が両側に十字架状に張り出している物です。

左右の枝刃の長さが違う「片鎌十文字槍」、鳥が飛び立つ様子に似た「千鳥十文字槍」、枝刃を取り外して直槍のようにも使用できる「掛け外し十文字槍」、左右の鎌が上下向きになっている「上下鎌槍」(卍鎌槍:まんじかまやり)などがあります。制作にコストがかかるので、主に大将が使用しました。

十文字槍の使い手として、思い浮かぶのが「真田幸村」(真田信繁:さなだのぶしげ)です。「大坂夏の陣」では、朱色の十文字槍を手に馬に乗って徳川家康の本陣に突撃し、「馬標」を倒すほどの活躍を見せ「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と呼ばれたことは良く知られています。十文字槍は、三方向に刃が向いているため、扱いが難しく、熟達した腕を持つ武将のみが手にすることができる武器。真田信繁が手にしていた朱槍は、武功を挙げた者が手にできる物であったため、その腕前は確かな物であったと言えるのです。

十文字槍 銘 加賀守貞則
十文字槍 銘 加賀守貞則
加賀守貞則
鑑定区分
未鑑定
刃長
18.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
袋槍(ふくろやり)
通常の槍は、穂に付いた茎を柄に差し込みますが、「袋槍」(ふくろやり)は、逆に鉾のように「袋穂」(ふくろほ)と呼ばれる空洞部分を柄の先端にかぶせて使います。菊池槍と同じく、長い柄を用意しなくても、現場で得た竹や堅木を利用できるという利点があります。
袋槍 銘 文殊重国
袋槍 銘 文殊重国
文殊重国
鑑定区分
保存刀剣
刃長
26.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
笹穂槍(ささほやり)
笹穂槍(ささほやり)は、穂が笹の葉のような形をした槍です。
笹穂槍 銘 因州住藤原兼先 享保六年丑八月日
笹穂槍 銘 因州住藤原兼先 享保六年丑八月日
因州住藤原兼先
享保六年
丑八月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
22.8
所蔵・伝来
荒尾但馬家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

天下三名槍

特に名槍(めいそう)と誉れの高い3本を「天下三名槍」(てんがさんめいそう)、もしくは「天下三槍」(てんがさんそう)と言います。

江戸時代にはすでに西の「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、東の「御手杵」(おてぎね)と並び称されていましたが、そこに「蜻蛉切」(とんぼぎり)が入って、明治時代から天下三名槍と呼ばれるようになりました。

槍 無銘(名物:日本号)

槍 無銘(名物:日本号)

槍 無銘(名物:日本号)

制作年代 刀鍛冶
室町時代後期 不明(大和国金房派と伝えられる)
所蔵 刃長
福岡市博物館 2尺6寸1分半(約79cm)
主な所有者・伝来
足利義昭 → 織田信長 → 豊臣秀吉
福島正則 → 母里友信

槍 無銘(名物:日本号[にほんごう/ひのもとごう])は、数々の逸話に彩られた名槍中の名槍です。もともとは朝廷の御物(ぎょぶつ)で、正三位(しょうさんみ)の位を賜ったと言う伝承があります。正親町天皇(おおぎまちてんのう)から室町幕府15代将軍・足利義昭(あしかがよしあき)が拝領し、織田信長、豊臣秀吉の手を経て福島正則(ふくしままさのり)へ。のちに、福岡藩主黒田家の家臣・母里友信(もりとものぶ)が手にします。この経緯として、母里友信が福島正則の屋敷で酒を勧められたものの、勤務中であるためこれを固辞。ところが、福島正則は「何でも好きな褒美(ほうび)を取らす」としつこく絡んで勧めた上、それでも断ると「黒田武士は腰抜けだ」と侮辱。本来、酒豪であった母里友信は大盃に並々と注がれた酒を3杯一気に飲み干すと、福島家秘蔵の「日本号」を所望し、見事手に入れました。このことから日本号は、「呑み取りの槍」とも呼ばれます。この逸話は「黒田節」に歌われ、黒田武士の心意気を伝える酒宴の定番歌となっています。

刀剣ブログ「天下三名槍「日本号」(写し)制作中!」を紹介します。

槍 銘 義助作(号:御手杵)

槍 銘 義助作(号:御手杵)

槍 銘 義助作(号:御手杵)

制作年代 刀鍛冶
室町時代末期 駿河国 島田義助
所蔵 刃長
焼失 4尺6寸(約139cm)
主な所有者・伝来
結城晴朝 → 結城秀康 → 上州前橋藩主松平家

槍 銘 義助作(号:御手杵[おてぎね])は、鞘におさめた形が、手杵(てぎね:餅つきで臼の餅米をつく杵)に似ていることが、その名の由来です。刃長2尺(約60cm)前後の長い穂を持つ槍を大身槍と呼びますが、この御手杵は、刃長4尺6寸(約139cm)という非常に大きな大身槍です。柄を加えると1丈1尺(約333cm)もの長大な槍だったと伝えられています。惜しまれることに、1945年(昭和20年)5月25日の東京大空襲で焼失してしまいました。

槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

制作年代 刀鍛冶
室町時代後期 三河文殊派 藤原正真
所蔵 刃長
個人蔵
佐野美術館へ寄託)
1尺4寸4分5厘(43.8cm)
主な所有者・伝来
本多忠勝 → 三河国岡崎藩主・本多家伝来

槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切[とんぼぎり])は、徳川家康の家臣で徳川四天王のひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)愛用の槍です。穂の先に蜻蛉が止まった途端、真っ二つに切れてしまった逸話にちなんで、こう呼ばれました。この蜻蛉切の特徴は、何と言ってもその長大さです。約4~5mの槍が主流の時代に、柄を含めると、2丈(約6m)もの長さを誇っていたと言われています。青貝螺鈿細工(あおがいらでんざいく)の見事な装飾を施した柄は、残念ながら現在では失われてしまいました。

天下三名槍について詳しくご紹介します。

剣

日本刀と剣の一番大きな違いは、「片刃」の日本刀に対して、剣は「両刃」(もろは:両側に刃が付いていること)だということです。日本刀は、広義では「日本国内で作られた刀剣類の総称」ですので、両刃の剣も日本刀に含まれるのです。

また、中国古来の漢字の意味するところでは、反りを持った片刃の刀剣は刀、両刃の刀剣は剣と明確に区別されています。日本においては、「剣」という言葉は広く刀剣を意味し、その中には日本刀も含まれるのですが、ここでは主に両刃の剣について述べます。

刀剣・日本刀写真刀剣・日本刀写真
刀剣ワールド財団所蔵の「剣」が写真/画像、解説付きでご覧頂けます。

「名古屋刀剣ワールドの剣」YouTube動画

名古屋刀剣ワールドの剣

剣と刀の違い

剣は、上古期においては武器として使用されていました。そののちの日本では主に仏教の儀式の道具として使われることが多く、実際の戦闘では使用されることは稀となっています。

また、太刀や打刀などの湾刀は、「断ち切る」・「切り裂く」ための物です。「切る」ことが目的なので、刃の部分が薄く、カミソリのようにとがって、よく切れることが大切。切りたい物に刃を当ててから引いて使っていたため、ほとんどの日本刀は片刃で、片側だけ切れるようになっています。

それに対して、剣は、「たたき切る」ことと「突く」ことを目的としています。刃の部分を分厚く重くした物を、振り下ろしてたたき切ったり、突き刺したりして使いました。たたいて衝撃を与えたり、力で突き刺したりするので、よく切れることよりは、重さが大切です。また、両刃の物がほとんどですが、片刃の物もたくさん作られています。

刀と剣の大きな違いは「突く」という点です。西洋の剣術をもとにしたと言われるスポーツ競技の「フェンシング」には3つの種目がありますが、そのうちの2つの種目で、攻撃が突きのみであることは、西洋の剣の特徴をよく表しています。

神代三剣

剣を神聖な物とする信仰は、古代から世界中にありました。日本にも、神話時代から伝わるとされる神剣も存在しています。その中で最も重要な3つの剣である「天十握剣」(あめのとつかのつるぎ)・「布都御魂」(ふつのみたま)・「天叢雲剣」(あまのむらくものつるぎ)が神代三剣(かみよさんけん)です。「日本三霊剣」(にほんさんれいけん)とも呼ばれます。

日本では、神話に登場する剣は、形状が片刃の刀でも「剣」と名付けられた物が多く、神代三剣のうち、唯一現存して公開されている布都御魂も、実際には片刃の直刀(大刀:たち=日本刀が出現する前に日本で発見された長尺の剣)で、「上古刀」(じょうことう)と呼ばれる物です。他の2つは、現存していないか、御神体として神社の奥深くに祀られており、その形が大刀なのか剣なのか、正確には分かっていません。

刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

天十握剣(あめのとつかのつるぎ)
天十握剣

天十握剣

天十握剣(あめのとつかのつるぎ)は、「古事記」(こじき:奈良時代に成立した日本最古の歴史書)に登場する剣で、すべての刀の祖と言われている日本刀。「天之尾羽張」(あめのおはばり)、「十握剣」(とつかのつるぎ)など、数多くの別名を持ちます。

この国の創世神で、たくさんの神々を生み出した「イザナギ」(伊邪那岐・伊弉諾)と「イザナミ」(伊耶那美・伊弉冉)です。2人の間に火の神「カグツチ」(軻遇突智)が生まれたときに、イザナミはやけどを負って死んでしまいます。怒ったイザナギは、罪もないカグツチを天十握剣で斬り殺しました。そのとき天十握剣についた血から生まれたのが、「ミカハヤヒ」(甕速日神)、「ヒハヤヒ」(樋速日神)、そして「タケノミカヅチ」(建御雷之男神)だと言われます。

天十握剣の名前の由来は、柄が10人で握れるほど長いことからです。そこからも非常に長大な剣だったことが推測されます。

布都御魂(ふつのみたま)
鹿島神宮

鹿島神宮

布都御魂(ふつのみたま)は、イザナギが天十握剣でカグツチを斬った血から生まれたタケノミカヅチが、葦原中津国(あしはらのなかつくに)を平定した際に使用した剣です。「布都御魂剣」、「ふつ霊剣」(ふつみたまのつるぎ)とも呼ばれています。

布都御魂は、タケノミカヅチより「神武天皇」(じんむてんのう)に下賜され、「石上神宮」(いそのかみじんぐう:奈良県天理市)に御神体として祀られました。全長約85cmの内反り(通常の日本刀とは逆に、刃を内側に湾曲)の片刃の剣です。

タケノミカヅチを祀る「鹿島神宮」(かしまじんぐう:茨城県)には、布都御魂剣(ふつ霊剣)という名の大刀が伝わります。奈良時代から平安時代の作とされる、刃長約2mを超える長大な直刀で、1度の機会で打てなかったためか、4ヵ所でつなぎ合わせて作刀されていることが判明。別名を「平国剣」(くにむけのつるぎ)と言い、国宝に指定されています。

布都御魂と伝わる剣は数本あり、諸説ありますが、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮にある物は、タケノミカヅチのもとへ石上神宮から戻った物とする説、石上神宮から戻らなかったので、新たに作られた2代目とする説などがあり、真偽は分かっていません。

天叢雲剣/草薙剣(あまのむらくものつるぎ)
天叢雲剣

天叢雲剣

天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)は、「日本書紀」(にほんしょき:奈良時代成立の日本最古の正史)に登場する剣です。熱田神宮愛知県名古屋市)の御神体・「草薙剣」(くさなぎのつるぎ:草那芸之大刀[くさなぎのたち]とも)と同一であるとするのが、現在の定説ですが、別の剣だとする説もあります。「三種の神器」(みくさのかむだから・さんしゅのしんき[じんぎ、しんぎ]:日本の歴代天皇に受け継がれてきた3つの宝物)のひとつです。

イザナギ・イザナミの子である「スサノオノミコト」(素戔男尊・須佐之男命)が、出雲国(いずものくに:現在の島根県東部)で「ヤマタノオロチ」(八岐大蛇)を退治した際に、大蛇の尾から出てきたとされる神剣で、スサノオはこの剣を姉の「アマテラスオオミカミ」(天照大神)に献上しました。

その後、地上に降りた天叢雲剣は、伊勢神宮に安置されます。そして、「ヤマトタケルノミコト」(日本武尊・倭建命)が東国征討を行なう際に、伊勢神宮の「ヤマトヒメノミコト」(倭姫命)より天叢雲剣を託されます。東国征伐の途中、ヤマトタケルノミコトは、敵の罠にはまってしまい、草原に放火されて四方を炎に囲まれる窮地に立たされました。このときに剣で草を薙ぎ払い、叔母にもらった火打石で火を付けて向火をすることで難を逃れることに成功。このことから、剣の名前が「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)に改められたのです。

ヤマトタケルの死後、妻の「ミヤズヒメ」(宮簀媛)がこの剣を尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)で祀ったのが熱田神宮の起源。現在は熱田神宮の奥深くに安置されて、宮司でさえ観ることはできません。観た者やその縁者まで神罰で亡くなるとされていたからでした。

現在生きている人は誰も観たことがないため、草薙剣がどんな形をしているのかは謎のまま。江戸時代から大正時代にかけての刀工・羽山円真(はやまえんしん)が、草薙剣の模造品を制作したと言われています。その際に円真が観た草薙剣は、刃長約51~54cmの両刃の剣だったという記録も残されていますが、真偽は不明です。

日本の剣~神剣・鉄剣~の紹介動画

日本の剣~神剣・鉄剣~
  • 刀剣・日本刀写真/画像
    刀の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、日本刀が検索できます。
  • 太刀写真集
    長大な刀剣である太刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。
  • 打刀写真集
    太刀に比べて短く反りが浅い打刀を細部までご覧頂ける写真集です。
  • 短刀写真集
    太刀に勝るとも劣らない美しさを持つ短刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。

日本刀の種類

日本刀の種類をSNSでシェアする

「日本刀の基礎を学ぶ」の記事を読む


日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀と伝統美術

日本刀と伝統美術
「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」。それもそのはず、日本刀は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀が処分されることになったのです。のちに「日本刀は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀は先人達の努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

日本刀と伝統美術

日本刀を鑑賞する・所有する

日本刀を鑑賞する・所有する
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀を鑑賞する・所有する

太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

日本刀と刀の違い

日本刀と刀の違い
「日本刀」と「刀」は、一見同じ意味で言葉が違うだけに思えます。しかし、実際には細かな定義があり、異なる意味を持っているのです。例えば日本刀には、日本で考案された独自の鍛刀方法がありますが、刀は、日本はもとより世界中のどんな方法でも作ることができます。また日本においては、日本刀という大きなカテゴリの中に、刀も入っていると言えるのです。日本刀と刀の違いについて詳しく見ていきましょう。

日本刀と刀の違い

拵と白鞘の取り扱い

拵と白鞘の取り扱い
白く冷たい光を放つ刀身と、豪華絢爛たる「拵」(こしらえ)。どちらも日本の文化を象徴する美術品である反面、その姿を変わらず受け継いでいくにはきわめて繊細な注意が必要です。拵と白鞘の取り扱いでは、日本の伝統美術品とも言える、拵と「白鞘」(しらさや)を保存する上で、重要になるポイントをまとめました。

拵と白鞘の取り扱い

注目ワード
注目ワード