日本刀の基礎・基本学習

日本刀の基本解説

文字サイズ

日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。

日本刀各部の名称と鑑賞ポイント

姿

姿

日本刀の「刀身」(とうしん)は、「」(まち)と呼ばれる境界線を境に、「上身」(かみ)と「」に分かれています。

さらに、区の刃側が「刃区」(はまち)、(むね:刃の反対側。峰[みね]とも言う)側が「棟区」(むねまち)と呼ばれているように、刀身は部位ごとに様々な名称が与えられているのです。その中でも特徴的な部位を、鑑賞ポイントなども加えて解説します。

「上身」編

上身部分の各部名称

上身部分の各部名称

  1. 鋒/切先(きっさき)

    刀身の最先端にある、「横手」(横手筋)より先の部分で、敵を斬ったり刺したりするのに使用される最も重要な箇所。

    時代によって変化した戦闘方法などに合わせた形状になっているため、先端の大きさや「ふくら」の付き方などから、時代を判別することが可能です。

    「鋒(切先)とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  2. 物打ち(ものうち)

    刀で実際に斬り付けるときに主に物に当たる部分。先端から3寸(約9.1cm)ほど下にあります。

  3. (は)

    焼き入れによって、物を切断できるように硬い鋼となった部分。地鉄(じがね)部分と比較すると明るく見えます。

  4. 刃文(はもん)

    焼き入れによって生じた焼刃の模様。直線になっている物(直刃:すぐは)と曲線的な物(乱れ刃:みだれば)があり、刀匠の時代や流派などによって個性が顕著に表れる、日本刀鑑賞の最大の見どころです。

  5. 鎬筋(しのぎすじ)

    刃と棟の中間に貫いている境界線。横手(横手筋)から茎の最下部までの稜が高くなっている箇所。

  6. 鎬地(しのぎじ)

    鎬筋と棟に囲まれた部分。ここに表れる肌目も流派や時代を推測する手がかりのひとつです。大きく分類すると「古刀期」には木材の「板目」のようになっている傾向があり、「新刀期」以降には同じく木材の「柾目」(まさめ)になっている形状の物が多く見られます。

  7. 平地(ひらじ)

    鎬筋と「刃先」、そして横手(横手筋)に囲まれた部分。日本刀鑑賞の際には、ここに現れる地鉄(じがね:刀身の鍛錬によって生じた肌模様)に注目します。

「茎/中心」編

茎部分の各部名称

茎部分の各部名称

  1. 茎尻(なかごじり)

    茎の下端部。

    剣先のように尖った「剣形」や、栗の尻のように丸みを帯びた「栗尻」など、様々な形状があり、時代や刀匠によって異なる特色がよく窺える箇所です。

  2. 鑢目(やすりめ)

    刀身が柄から脱落しにくくするために施された滑り止め。古くは槌で打ち放して整えたままの物でしたが、時代が下るにつれて美観を考慮した「化粧鑢」(けしょうやすり)が見られ、刀匠が意匠を凝らす箇所にもなりました。

    左利きの刀匠がかける「逆鑢」(ぎゃくやすり)など、作り手の細かい癖が分かるポイントになっています。

  3. (めい)

    刀剣の作者名や制作年を刻んだ文字列のこと。奈良時代に施行された「大宝律令」によって義務付けられていましたが、平安時代末期から一般化しました。「鏨」(たがね)を打ち込んだ痕や銘の底に発生した錆などが鑑賞のポイント。

    ほとんどが銘切り鏨で切った「切銘」(きりめい)ですが、江戸時代初期の繁慶(はんけい)一門が唯一、彫鏨で銘を彫り込む「彫銘」(ほりめい)を用いています。

  4. 目釘穴(めくぎあな)

    柄に「目釘」(主に竹製)で茎を固定するために穿たれた穴。

    時代の移り変わりによる「」(こしらえ:日本刀の外装)の変化や、磨上げ(すりあげ:日本刀の寸法を短くすること)によって開け直された場合があり、穴が複数個になっている物も存在。連続した2つの穴が瓢簞形になっていたり、目釘が柄から脱落するのを防止する目的で鍵穴形になっていたりと、様々な形状が見られます。

日本刀の寸法を計測するのに必要な部位とは?

日本刀を計測する

日本刀を計測する

日本刀の各部の名称を知ることは、刀の長さを知りたいとき、正確に計測するのに役立ちます。

通常、「刀の長さ」と言えば、「鋒/切先」の頂点から棟区までを直線で結んだ寸法である「刃長」(はちょう)のこと。日本刀の長さが「○尺○寸」や「○cm」というように表されている場合は、この刃長にあたる部分の寸法のことを言っています。

また、「太刀」(たち)や「短刀」(たんとう)といった日本刀の種類も、刃長によって区別されているのです。

鋒/切先の頂点から茎尻までの直線距離、すなわち「全長」について言及するときは、「全長○尺○寸」(または○cm)と断りを入れてある場合がほとんどですので、注意するようにしましょう。

なお、1尺はメートル法で30.3cm。1寸は3.03cm、1分は0.303cmです。

そして、「反りが合わない」(気心や相性が合わないこと)という慣用句でも知られている反りという部位は、刃長を表す直線と棟の間の最長距離にあたる寸法のことを言います。反りは、時代によって異なる戦闘方法などに合わせて、その位置や深さが変化しているのです。

日本刀サイズ

日本刀の種類ごとの刃長

作風の違いが表れる五箇伝

日本刀は、作られた地域や時代によって特徴が異なりますが、その中でも刀の歴史上大きな影響を与え、多くの優れた作品を残した5つの地域の流派があります。これを総称して「五箇伝」(ごかでん)と呼びます。この五箇伝は、日本刀研究のための分類。知っておくと、理解を深めることができるでしょう。

大和伝(やまとでん):大和国(やまとのくに)
現在の奈良県。大和伝は、五箇伝の中で最も古い流派です。社寺との関係が深く、作風は直刃調(すぐはちょう)で質朴としています。

山城伝(やましろでん):山城国(やましろのくに)
現在の京都府。京都を中心に栄えた流派であり、細身の優美な太刀姿と地鉄(じがね)の美しさが特徴です。

朝廷に仕える貴族や天皇の需要に応えて制作された物も多く、平安時代後期から鎌倉末期にかけ隆盛しました。

備前伝(びぜんでん):備前国(びぜんのくに)
現在の岡山県。最大の日本刀生産地として繁盛した備前国の流派です。鎌倉時代前期の福岡一文字派吉房(ふくおかいちもんじはよしふさ)、鎌倉中期の長船派長光(おさふねはながみつ)などが有名であり、華やかな丁子乱れ(ちょうじみだれ)という刃文を焼きます。

相州伝(そうしゅうでん):相模国(さがみのくに)
現在の神奈川県。鎌倉時代に、鎌倉の地を中心として数々の名刀を生み出した流派です。

相州伝を確立した「正宗」は、日本刀史上最も高名な刀工ではありますが、具体的な生没年は不明であり、様々な逸話や伝説が残されています。

美濃伝(みのでん):美濃国(みののくに)
現在の岐阜県。五箇伝の中では最も新しい流派であり、斬れ味と堅牢さの実用本位を追求して作られました。地鉄には「白け映り」(しらけうつり)が立ち、刃文には尖り刃が交じるため、鋭利な印象です。

~番外編~ 喜ばれる「疵」って!?

疵

日本刀の各部に注目して鑑賞する際、小さな疵が目に入ることがあります。その多くは、刀を作るときに行なう「折り返し鍛錬」という過程で、取り除けなかった不純物が残った場合や空気が入った場合など、様々な失敗が原因です。

日本刀は現代では美術品ですが、作られた当時は「武具」であったため、そうした疵は致命的な物と考えられていました。

40種類以上もあると言われる日本刀の疵。その中で2つだけ、武士達に喜ばれた物が「切り込み疵」と「矢疵」です。切り込み疵は、刀で斬り合いをして相手の刀を受けたときにでき、矢疵は戦の際に飛んできた矢を払ったときにできます。つまり、この2つの疵は、その刀が激戦を耐え抜いてきたことを物語る証し。実用上、非常に強靱な日本刀であるとして、当時の武士達からも珍重され、疵を残した状態で現代にもそのまま受け継がれているのです。

日本刀クイズ事典日本刀クイズ事典
「日本刀クイズ事典」は、日本刀についての本格刀剣クイズアプリ!あなたの日本刀に関する知識を試してみませんか?

「日本刀の基本解説」
関連YouTube動画

  • 「刀剣・日本刀の基礎知識」YouTube動画
    刀剣・日本刀の基礎知識
  • 刀剣・日本刀の雑学
    刀剣・日本刀の雑学
  • 日本刀|YouTube動画
    日本刀
  • 「刀 KATANA」|YouTube動画
    刀 KATANA

日本刀の基本解説

日本刀の基本解説をSNSでシェアする

「日本刀の基礎・基本学習」の記事を読む


日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、刀の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

注目ワード
注目ワード