武将・歴史人
豊臣秀吉と刀
武将・歴史人
豊臣秀吉と刀

文字サイズ

農民の子から大出世を果たし、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。現代でその名を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。「水攻め」や「兵糧攻め」など、日本刀(刀剣)は極力使わない戦術を採る秀吉でしたが、無類の名刀コレクターでもありました。ここでは、天下人 豊臣秀吉の生涯と、秀吉がこよなく愛した日本刀(刀剣)についてご紹介します。

豊臣秀吉の生い立ち

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉はもともと農民の出身だったことから、幼少時代に関する正確な記録があまり残っていないのが実情です。このため、秀吉の出生については諸説ありますが、1537年(天文6年)尾張国愛智郡中村郷(名古屋市)の百姓であり、織田信長の父・信秀の鉄砲足軽をしていた木下弥右衛門と、その妻・なかとの間の子として誕生したとされています。

幼少期は「日吉丸」(ひよしまる)と言う名前で、顔はやせて、目がギョロっとしていたため、周りからは「小ざる」や「さる」と呼ばれていました。子供の頃はいくさごっこが好きで、身体は小さくても、すばしっこい知恵者だったと伝えられています。

秀吉が8歳のとき、父・木下弥右衛門が亡くなってしまい、その後母・なかと再婚した養父につらく当たられるようになり、秀吉は尾張の光明寺に入れられます。

しかし、秀吉が10歳のとき、この寺から追い出されてしまったため、その後は、尾張の土豪の奴婢として雇われ、商人などをして生計を立てながら士官先を探し、永禄元年(1558)、秀吉が23歳(一説に18歳)のとき、草履取りなどの雑用をこなす小者として織田信長に仕えることとなったのです。

草履取り時代のエピソード

織田信長

織田信長

秀吉が、木下藤吉郎という名で織田信長の草履取りとして仕えていた頃、信長は、雪の夜に草履を履くと暖かくなっていたため、信長は藤吉郎に向かって「おまえは腰掛けていたな!この不届者め!」と咎めました。

しかし、藤吉郎は「腰掛けてはおりません」と頑として譲りませんでした。信長が「温かくなっているのが何より証拠だ!」と言うと、藤吉郎は「寒い夜なので、御足が冷えてらっしゃると思い、懐に入れて温めておりました」と言いました。信長は「その証拠は何だ」と訪ねると、藤吉郎は衣服を脱ぎ、懐に下駄の鼻緒の跡がくっきりと付いているところを見せました。

信長はこれに感心し、藤吉郎を草履取りの頭にしたと伝えられています。

豊臣秀吉の戦術「戦わずして勝つ」

戦国武将の仕事は、敵と戦い、敵方の首をどれだけ取ったかですが、極力、人を殺さない戦略を採ったのが豊臣秀吉です。城を陥落させなければ敵の領土は奪えない。かと言って、城を落とすには味方にも多大な被害をもたらすことになる。この状況から考えた秀吉の代表的な戦術が「兵糧攻め」や「水攻め」です。

合戦がひとたび起きれば、農民が兵として借り出され、合戦で兵(農民)が減れば、米を作る人がいなくなり、米の物価は上昇。そのしわ寄せは必ず農民にいきます。農民の出身だった秀吉は、そのことをよく知っていたからか、お金や物資、労働力は多少かかっても、敵も味方も多数死者が出る直接的な戦闘は避け、味方を温存しながら敵を下していく戦術を生み出していきました。

兵糧攻めや水攻めは、敵の食糧補給の道を断って、戦闘力を弱らせる攻め方のため、敵方は餓死者が増え、相手を苦しめながら追い詰めていく非常に残酷な戦術とも言えますが、敵が早期に降伏すれば敵を殺さずにすみ、最終的には味方として増やすことも可能な戦術です。秀吉は、このような奇策で数々の功績を挙げ、出世していったのです。

鳥取城の兵糧攻め

天正九年(1581年)10月25日、信長の命で鳥取城を攻める際、秀吉は敵に米を蓄えさせないため、事前に商人を潜り込ませ、春先から米を高値で買占めたあと、鳥取城の周り12キロに、4万の兵と堀や縄で完全な包囲網を張り、食料や情報などを完全に遮断。城に残った城主 吉川経家と約4千人の兵の食料はたった1ヵ月で底をつき、経家の切腹と引き換えに、約3ヵ月という短期間で降伏させました。

秀吉は、敵方を悲惨な状況に追い込みながらも、味方は殆ど死者を出すことなく戦いに勝ったのです。

高松城の水攻め

天正10年(1582年)、中国を支配する毛利軍との雌雄を決するため、豊臣秀吉は3万もの兵を引きつれ高松城に攻め入りますが、高松城は沼や堀で囲まれ、兵や馬などで攻め立てるのは難しい状況でした。

しかしこれを逆手に取った秀吉は、高松城の近くを流れる足守川に数キロメートルにわたる堤防を作って川の水をせき止め、湿地帯にあった高松城を水没させました。その結果、高松城の城主 清水宗治は、籠城した兵力を出動させることができず、蓄えてあった食料や井戸も水浸し。援軍に駆け付けた毛利氏側の武将 小早川隆景らも、孤立する高松城を前に為す術もなく、ついに秀吉に対して講和を申し入れました。この戦いでも秀吉は、直接的な戦いをすることなく勝利したのです。

豊臣秀吉の愛刀 「一期一振藤四郎」(いちごひとふりとうしろう)

豊臣秀吉は、日本刀(刀剣)を使った直接的な戦いは好みませんでしたが、無類の名刀コレクターだったと言われています。古今東西、様々な地域の名刀を集めており、中でも「正宗」、「義弘」、「吉光」の刀工達が打った日本刀(刀剣)をこよなく愛し、これらを「天下三作」とも呼んでいました。

秀吉の側近であり、日本刀(刀剣)の管理を任されていた「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)が残した資料には、正宗と吉光だけで十数振以上保持していたとされています。その中でも特に秀吉が気に入っており、名刀中の名刀しか入れない「一之箱」(いちのはこ)に納められていた太刀が、粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)の「一期一振」です。

一期一振を制作した粟田口吉光は、鎌倉時代中期に京で活躍した名工で、通称「藤四郎」(とうしろう)と言われ、短刀や脇差など、刃長の短い刀剣を得意としていました。そんな吉光が、生涯で唯一制作としたと言われる太刀(刃長が約60cm以上の刀)が、この一期一振です。「生涯で一度きりの太刀」という意味で一期一振と命名されたと伝えられています。

一期一振

一期一振藤四郎

額銘(指定名称) 種別 時代 所蔵・伝来
吉光
(名物 一期一振
藤四郎)
太刀 鎌倉時代(中期) 山里御文庫
御剣庫蔵
(宮内庁管理)
刀工 刃長(寸法) 反り 指定
粟田口吉光 2尺8寸3分
(約89cm)
→ 2尺2寸7分(68.8cm)
2.6 cm 御物

一期一振藤四郎の伝来

戦国時代、朝倉氏が所有していましたが、朝倉氏の滅亡後、毛利氏のもとへ渡り、毛利輝元より豊臣秀吉に献上されました。

秀吉の没後、秀吉の三男・豊臣秀頼に相続されますが、大阪の陣において大阪城が落城し、「一期一振」も焼身の状態で発見されます。これを惜しんだ徳川家康が刀工・越前康継に命じ、再刃されたと伝えられています。

越前康継によって焼き直された一期一振は、尾張徳川家に伝えられ、文久2年(1863)に尾張藩主・徳川茂徳から孝明天皇に献上され、皇室御物となりました。現在、宮内庁の管轄下にあり、「山里御文庫・御剣庫蔵」に所蔵されています。

豊臣秀吉の生涯

豊臣秀吉は、日本の歴史の中でも類を見ないほどの大出世を遂げました。ここまで大出世をした理由のひとつは、人の心をつかむ「人心掌握術」だったのではないでしょうか。

1570年の織田信長と朝倉義景が戦った「金ヶ崎の戦い」では、信長が浅井家から裏切られ、絶体絶命の状況に追い込まれました。このとき秀吉は、最後尾で敵の追撃を一手に引き受け足止めする「殿」(しんがり)という危険な役を自ら買って出たのです。これによって、秀吉は信長の心と信頼をつかみ、この戦い以降、信長から重用されるようになります。

また、1584年に徳川家康と戦った「小牧・長久手の戦い」の際、秀吉の水軍を指揮した九鬼嘉隆は、徳川方に撃退されて九死に一生を得ます。このときの失敗について嘉隆が秀吉に詫びると、秀吉は「あの状況で帰還できたことこそ、何よりの手柄である」と言って、失敗をあえて責めるのではなく、むしろ嘉隆を称えました。それに感動した嘉隆は、秀吉に終生忠誠を尽くしました。

秀吉は「希代の人たらし」とよく言われますが、決してお世辞がうまく、うわべだけの人間関係を作るのが上手だった訳ではありません。ここぞというときに「人の心と信頼をつかみ」、秀吉の「温かさ」と「器の大きさ」によって、人々の人望を集めていったのです。

「敵味方を問わず、恐怖で人を支配する」ことによって敵を増やし、最後は味方の裏切りで自らを滅ぼした信長に対し、「人の心をつかみ、人を動かす」ことによって味方を増やし、数々の功績を残してきた秀吉だからこそ、「天下統一」という信長以上の偉業を成し遂げられたのかもしれません。

  • 豊臣秀吉と城
    豊臣秀吉の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。
  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

豊臣秀吉と刀

豊臣秀吉と刀をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂と刀

坂上田村麻呂と刀
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂と刀

足利尊氏と刀

足利尊氏と刀
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏と刀

楠木正成と刀

楠木正成と刀
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成と刀

新田義貞と刀

新田義貞と刀
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞と刀

足利義満と刀

足利義満と刀
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満と刀

明智光秀と刀

明智光秀と刀
明智光秀と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物として有名です。 織田信長を裏切った主君殺し、逆賊と嫌われている印象が強く、明智光秀について良いイメージを持たない人もいるでしょう。 しかしその反面、明智光秀は頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面もあり、織田信長も、明智光秀を高く評価していたと言われています。 明智光秀の人物像と、明智光秀の愛刀が持つ逸話とともに、明智光秀の生涯についてご紹介します。

明智光秀と刀

朝倉教景と刀

朝倉教景と刀
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景と刀

池田輝政と刀

池田輝政と刀
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政と刀

石田三成と刀

石田三成と刀
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。 石田三成が15歳だった頃、偶然その寺に立ち寄った豊臣秀吉に見いだされ仕えることになったのが、戦国武将・石田三成の始まりと言えます。 石田三成は、27歳で「九州征伐」、32歳で「小田原攻め」に従軍するなど、参謀として数々の戦に参戦しました。しかし、石田三成は戦場で目立った武勲を挙げていませんが、豊臣秀吉は政務や経済面での才能を高く評価し、側近として寵遇しました。 ここでは、石田三成の生涯と石田三成が常に腰にしていた愛刀についてご紹介します。

石田三成と刀

注目ワード

ページトップへ戻る