武将・歴史人
前田利家
武将・歴史人
前田利家

文字サイズ

「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。織田信長、豊臣秀吉に仕え、両武将の発展を支えてきました。ここでは利家の経歴と、利家にゆかりのある日本刀(刀剣)をご紹介します。

織田信長からの寵愛

前田利家

前田利家

利家は、1539年(天文7年)、尾張国(現:名古屋市)の土豪の四男として生まれました。当時ではめずらしい、約180cmの大男。

加えて、喧嘩好き・派手好きで知られ、約6m30cmもある槍を持ち歩いていました。そのため、「槍の又左」(やりのまたざ)と呼ばれて恐れられていたそうです。

この頃「尾張の国の大うつけ」と呼ばれていたのが、尾張国の戦国大名「織田信長」。利家は若くから信長に仕え、数々の戦いで功績を挙げてきました。

利家は、当時同じく信長に仕えていた「豊臣秀吉」とともに、信長からの寵愛を受けます。

また、容姿端麗だった利家は、織田信長の愛人も務めていたと言われています。

戦場での功績で、人生最大のピンチを乗り切る

1559年(永禄2年)、利家に人生最大のピンチが訪れます。信長が寵愛していた茶坊主「拾阿弥」(じゅうあみ)に、妻「まつ」からもらった笄(こうがい:髪飾り)を盗まれたとして、拾阿弥を斬ってしまったのです。怒った信長は利家を出仕停止とし、利家は浪人となってしまいました。

利家は、信長からの信頼を取り戻すため、信長に無断で戦場に赴き功績を挙げます。1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)では3つの首を、翌1561年(永禄4年)の「森部の戦い」でも2つの首を取り、やっと信長の許しをもらうことに成功。このとき討ち取った首の中には、素手で首を取るほどの怪力武将「足立六兵衛」(あだちろくべえ)も含まれており、利家の強さをうかがい知ることができます。

信長の死と「賤ヶ岳の戦い」での決断

1582年(天正9年)に「本能寺の変」(ほんのうじのへん)が起こり、信長は自害。信長の後継者をめぐって、秀吉と「柴田勝家」(しばたかついえ)が対立します。

利家にとって、秀吉は家族ぐるみで仲良くしている親友。しかし、利家は勝家の家臣であったため、両者の戦いである賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)で秀吉の敵方になってしまいます。ここで利家は、結局戦うことなく撤退。利家の撤退により勝家の敗北は決定的となり、秀吉の天下人への道が開かれたのです。

なお、賤ヶ岳の戦いのあと秀吉から利家に加賀国2郡が与えられ、加賀百万石の礎となりました。

利家の妻・まつの存在

利家を支えた正室まつは聡明な女性で、前田家のピンチを何度も救ってきました。賤ヶ岳の戦いで、一度は秀吉の敵方についてしまった利家。まつは夫を助けるため、秀吉と会って和議を結んでことなきを得ました。

また、1599年(慶長4年)に利家が病死すると、翌年1600年(慶長5年)、「徳川家康」から謀反の疑いをかけられてしまいます。そこで、まつは自ら江戸に出向いて人質となり、14年間も江戸に留まりました。

なお、利家とまつは仲の良さも有名で、まつは合計11人(2男9女)も出産しました。加賀百万石の礎は、決して利家がひとりで築いたのではなく、まつの存在あっての繁栄だったのです。

刀剣/大典太光世

「大典太光世」(おおてんたみつよ)は、平安時代に筑後三池派の刀工・典太光世の作で、前田家の家宝とされてきた日本刀(刀剣)。元々は足利家の家宝であった物が秀吉に渡り、利家に贈られたと言われています。

1792年(寛政4年)に江戸千住の小塚原で大典太光世の試し切りをしたところ、積み重ねた死体の2体を切断し、3体目の背骨で止まったと記録されています。

また、この日本刀(刀剣)にはこんなエピソードも残っています。秀吉が「加藤清正」(かとうきよまさ)、「黒田長政」(くろだながまさ)から聞いた怪談話。「千畳敷の廊下を深夜に渡ると何者かが日本刀(刀剣)の小尻を掴んで通れない」という噂を、利家は「そんな話ありえない」と取り合いませんでした。皆に「それならば行って確かめてきてくれ」と言われた利家に、秀吉が守り刀として渡したのが大典太光世。そのおかげか、利家は何事もなく廊下を渡りきることができたそうです。

大典太光世

大典太光世

ランク 刃長 所蔵・伝来
光世作 国宝 66.1 前田育徳会

刀剣/大坂長義

「大坂長義」(おおさかちょうぎ)は、備前長船派の刀工・長義作の短刀。同じく長船派の兼光(かねみつ)と比較され、刀文の特徴から長義は桜花、兼光は梅花と喩えられています。

加賀藩の家宝とされてきた大坂長義ですが、「大坂」と付けられている由来は、はっきり分かっていません。秀吉が大坂城で利家に譲ったからとも、2代目の加賀藩主「前田利常」(まえだとしつね)が大坂で入手したからとも伝えられています。なお、1812年(文化9年)に「本阿弥長根」(ほんあみながね)が加賀藩の日本刀(刀剣)103振を手入れした際の記録にも、「大坂長義 小」と記されています。

ちなみに利家の四男にあたる利常は、父ゆずりの奇人で「鼻毛の殿様」として有名。当時120万石の大大名であった加賀藩は、幕府から厳しい監視の目を向けられていました。そこで、利常は「バカな殿様」を演じるために鼻毛を伸ばし、監視の目をそらしたそうです。

この短刀は16代目の加賀藩主にあたる「前田利為」(まえだとしなり)の名義で、1931年(昭和6年)には旧国宝指定を受けています。

短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

前田利家と城前田利家と城
前田利家の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

前田利家

前田利家をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、明智光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る