武将・歴史人

小早川秀秋と刀

文字サイズ

天下分け目の「関ヶ原の戦い」において、東軍の勝利を決定付けたのが、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の寝返りだと言われています。ここでは、秀秋の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

豊臣秀吉の養子ゆえの栄華と弾圧

小早川秀秋

小早川秀秋

「小早川秀秋」(こばやかわひであき)は、父が「木下家定」(秀吉の妻である、ねねの兄)であり、血縁上は「豊臣秀吉」の甥にあたります。

秀秋は3歳のとき、実子のいない秀吉の養子として引き取られ、7歳のときには丹波亀山城に10万石の領地を与えられ、10歳で中納言という高い官職に出世しました。その後、「豊臣」姓を与えられるなど秀吉の威光をもとに、輝かしい経歴を積み上げていきます。

しかし、この状況も秀吉に実の息子となる秀頼が生まれたことによって大きく変化しました。秀吉は当然、実の息子である秀頼に跡を継がせたいと考えるようになり、養子である秀秋は邪魔な存在となってしまったのです。ここで、毛利家の「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)には実子がいなかったことから、秀吉は隆景に対し、秀秋を養子にもらうように提案しました。これにより秀吉は自分の養子を有力な大名の養子にし、かつ、自分の跡継ぎからは遠ざけたのです。こうして、秀秋は小早川姓を名乗ることとなりました。

その後、秀吉は秀頼に跡を継がせる体制を磐石とするため、秀秋と同じく養子であった秀次に対し謀反の嫌疑をかけ、自害させました。そのあおりを受け、秀秋も丹波亀山に持っていた領地を没収されたのです。

しかしながら、養父である隆景の配慮もあり、筑前名島城にある30万石の領地を隆景から譲り受けました。また、この領地も秀秋を良く思わない秀吉の理不尽な指示により、秀秋は半分の15万石の領地に転任させられるという仕打ちを受けたのです。この処置はあまりに理不尽であるという認識は様々な大名も持っており、「徳川家康」らの計らいによって、もとの筑前に30万石の領地を取り戻すことができました。

このとき秀秋の心中は、幼い頃に秀吉から受けた恩義よりも、成長して秀頼の目の敵とされたことに対する憎しみの方が大きく、一方で領地を取り戻す計らいをしてくれた家康には恩義を持っていたと推察できます。

歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

天下分け目の関ヶ原

そんな折、徳川家康が打倒豊臣政権を図り、兵を挙げました。この際、秀秋は「石田三成」から西軍に付くように求められました。秀秋に対し、三成が出した条件は「西軍に付けば、秀頼が成人するまでの期間、秀秋を関白の地位に据える。」という物です。しかし、これまでの経緯もあり、秀秋の心中は秀頼の味方として戦うことは気分が良い物ではないことだったと考えられます。

ここで、家康は秀秋に、東軍に寝返るように要請する使者を遣わせ、さらに寝返ることで大きな領地を得ることも約束しました。秀吉に振り回される一方で、家康に恩義を感じていた秀秋は、この使者が契機となって東軍に寝返り「関ヶ原の戦い」における大勝利の立役者となったと考えられるのです。

このことから、秀秋の寝返りは、忠義にもとる行為ではあるものの、秀吉から受けた仕打ちに対する相応の報いでもあると考えられます。秀吉としては、息子秀頼に跡を継がせたいがために蔑ろにしてきた養子に足をすくわれる結果となってしまったのです。

愛刀/岡山藤四郎

家康は約束どおり寝返った秀秋に対して、岡山51万石を与えました。このときの御礼として、秀秋は「岡山藤四郎」(おかやまとうしろう)を家康に献上したと言われています。この岡山藤四郎は、のちに「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)という江戸時代における刀剣の鑑定書で「不知代」(だいしらず)として、代わりがない名品と称される程の物でした。

岡山籐四郎

岡山籐四郎

ランク 刃長 所蔵・伝来
吉光 8寸5分(25.8cm) 東京国立博物館

若すぎる逝去

多くの領地を与えられながらも、関ヶ原の戦いから2年後に小早川秀秋は亡くなってしまいます。享年は20歳と非常に若い年齢でした。死因は少年期から摂取してきたアルコールに起因する内臓疾患が原因だとされています。これも秀吉から受けてきた仕打ちによるストレスが原因なのでしょう。

秀秋は幼少期から輝かしい経歴を経てきたものの、その経歴を与えた秀吉によって人生を狂わされ、18歳時に下した寝返りの決断で「関ヶ原の戦いでの裏切り者」として、現代までその名が知られる激動の人生を送った人なのです。

愛刀/波游兼光

関ヶ原の戦いで寝返ったことから、弱々しいイメージがどうしても生じてしまう小早川秀秋ですが、この「波游兼光」(なみおよぎかねみつ)に関しては、勇壮なエピソードがあります。

秀秋がある日、高野川の岸で従者と共に歩いていると、草むらから現れた曲者に斬りかかられたのですが、秀秋はその斬撃をかわし、持っていた日本刀でこの曲者を斬り付けました。 斬り付けられた曲者は川に飛び込み、泳いで逃げていったものの、対岸に到着すると倒れてしまったのです。従者が曲者を確かめに対岸に渡ってみると、右肩から袈裟がけに一刀両断されていたとのことでした。

これは波游兼光という名称が付けられた一説ではありますが、切れ味と秀秋の武勇を示すエピソードであると言えます。

波游兼光

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘※ 重要美術品 2尺1寸4分余
(約65cm)
個人蔵

※ただし、金象嵌にて「羽柴岡山中納言秀詮所持之 波およぎ末代の剣 兼光也」とある。

合戦の街 関ヶ原合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

小早川秀秋と刀

小早川秀秋と刀をSNSでシェアする

「武将・歴史人」の記事を読む


東郷平八郎と刀

東郷平八郎と刀
「東郷平八郎」と言えば、日露戦争の日本海海戦で大勝し、日本の勝利を確実なものにした人物として世界的に有名です。 東郷平八郎は、日清戦争後に佐世保鎮守府司令長官、舞鶴鎮守府初代司令長官等を歴任。日露開戦前の緊迫期には、第一艦隊兼連合艦隊司令長官となった、自他共に認める「海戦のプロ」でした。 その東郷平八郎が日露戦争で佩用(はいよう:腰から下げること)した日本刀「吉房」は、嘉仁親王(のちの大正天皇)が下賜した物。そして、この「吉房」は時代を超えて「日本海」と縁がありました。 ここでは、日露戦争前の日本をめぐる状況と、東郷平八郎が日露戦争で身に付けていた刀をご紹介します。

東郷平八郎と刀

西郷隆盛と刀

西郷隆盛と刀
2018年(平成30年)にNHK大河ドラマ「西郷どん」が放送され、再び脚光を浴びることになった西郷隆盛。日本人であれば、一度は西郷隆盛の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 東京都の上野公園や鹿児島市の鹿児島市立美術館、鹿児島県霧島市の西郷公園など、いろいろな場所に西郷隆盛の銅像が建てられており、西郷隆盛は、誰もが認める偉人である一方、「西郷さん」などと親しみを持って呼ばれています。 そんな西郷隆盛の詳しい生涯や人物像、それにまつわるエピソードについて、まとめました。 また、少年時代に喧嘩の仲裁に入った際に、右腕に負った傷の影響で刀剣をうまく握れなくなってしまったにもかかわらず、趣味としていた刀剣収集についてもご紹介します。

西郷隆盛と刀

上杉謙信と刀

上杉謙信と刀
上杉謙信は、誰もが知る戦国最強の武将です。「甲斐の虎」と称えられる武田信玄と5度も戦を繰り広げましたが、一進一退の攻防を繰り広げ、決着が付きませんでした。また、上杉謙信は刀剣の愛好家としても知られ、上杉謙信が所有していた日本刀は、どれもすばらしい物だと言われています。上杉謙信が戦国時代最強の武将と言われるまでの生い立ちや、上杉謙信の愛刀が持つ逸話とともに、上杉謙信の生涯についてご紹介します。

上杉謙信と刀

坂本龍馬と刀

坂本龍馬と刀
幕末の志士として人気の高い「坂本龍馬」。 小説をはじめ、ドラマ・映画で何度も取り上げられ、好きな偉人や尊敬する歴史上の人物といったアンケートでも、坂本龍馬は必ず上位にランクインしています。 江戸で勝海舟と出会い、外国に負けない海軍を創設して対等に渡り合っていきたいと考えた坂本龍馬。坂本龍馬が書いた手紙に記載された「日本を今一度洗濯したい」という名言は有名です。 享年31歳で暗殺されるまでの坂本龍馬の生涯と、坂本龍馬という人物について、坂本龍馬の愛刀とともにご紹介します。

坂本龍馬と刀

土方歳三と刀

土方歳三と刀
土方歳三(ひじかたとしぞう)は、幕末に京都の治安維持のために結成された「新撰組」の副長。新撰組を盤石な組織にするために、規律を破る者は容赦なく切腹させたため、土方歳三は「鬼の副長」と呼ばれていました。様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物としても取り上げられた土方歳三は、没後100年経っても愛されています。土方歳三が出会った数々の人物とのエピソードや、土方歳三の愛刀が持つ逸話とともに、土方歳三の生涯についてご紹介します。

土方歳三と刀

直江兼続と刀

直江兼続と刀
「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、戦国時代の越後(現在の新潟県)及び会津(現在の福島県)の大名であり、のちに米沢(現在の山形県)の藩主となった上杉家の家老です。戦国屈指の武将で、内政にも長けていた上杉謙信亡き後の上杉家を支え、発展させた名家老として知られています。

直江兼続と刀

前田利家と刀

前田利家と刀
「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。若くから小姓として織田信長を仕えた前田利家は、槍の又左の異名で呼ばれるほど勇猛果敢な武将でした。賤ヶ岳の戦い後、前田利家は豊臣秀吉に仕え、加賀百万石の大名として、五大老のひとりとして豊臣家を支えていきます。また、正室であるまつもそんな前田利家を懸命に支えます。前田利家とまつの仲も戦国のおしどり夫婦として大河ドラマにもなりました。ここでは前田利家の経歴やまつのエピソード、前田利家にゆかりのある刀剣をご紹介します。

前田利家と刀

松永久秀と刀

松永久秀と刀
「松永久秀」(まつながひさひで)は乱世の「梟雄」(きょうゆう)と呼ばれ、悪役のイメージが強い武将です。そんな松永久秀はどのようなことを成し、悪役のイメージが定着したのか、また彼に関する日本刀についてもご紹介します。

松永久秀と刀

沖田総司と刀

沖田総司と刀
「沖田総司」(おきたそうじ)は、江戸時代末期の武士で、幕末の京都の警察組織である「新選組」(しんせんぐみ)最強の剣豪です。 若くして天然理心流道場「試衛館」(しえいかん)に入門し、近藤周助(新選組局長・近藤勇の養父)の内弟子となりました。 沖田総司は、近藤勇・土方歳三とともに「新選組一番隊組長」として活躍していましたが、労咳(ろうがい:結核)により病床に伏します。 療養の甲斐なく夭折(ようせつ)した天才剣士という沖田総司の悲劇的な生涯は、小説や映画などの世界で「薄幸の美青年」と脚色されて描かれてきました。 ここでは、沖田総司の生涯と、沖田総司の愛刀についてご紹介します。

沖田総司と刀

注目ワード
注目ワード