武将・歴史人
小早川秀秋
武将・歴史人
小早川秀秋

文字サイズ

天下分け目の「関ヶ原の戦い」において、東軍の勝利を決定付けたのが、「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の寝返りだと言われています。ここでは、秀秋の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

豊臣秀吉の養子ゆえの栄華と弾圧

小早川秀秋

小早川秀秋

「小早川秀秋」(こばやかわひであき)は、父が「木下家定」(秀吉の妻である、ねねの兄)であり、血縁上は「豊臣秀吉」の甥にあたります。

秀秋は3歳のとき、実子のいない秀吉の養子として引き取られ、7歳のときには丹波亀山城に10万石の領地を与えられ、10歳で中納言という高い官職に出世しました。その後、「豊臣」姓を与えられるなど秀吉の威光をもとに、輝かしい経歴を積み上げていきます。

しかし、この状況も秀吉に実の息子となる秀頼が生まれたことによって大きく変化しました。秀吉は当然、実の息子である秀頼に跡を継がせたいと考えるようになり、養子である秀秋は邪魔な存在となってしまったのです。ここで、毛利家の「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)には実子がいなかったことから、秀吉は隆景に対し、秀秋を養子にもらうように提案しました。これにより秀吉は自分の養子を有力な大名の養子にし、かつ、自分の跡継ぎからは遠ざけたのです。こうして、秀秋は小早川姓を名乗ることとなりました。

その後、秀吉は秀頼に跡を継がせる体制を磐石とするため、秀秋と同じく養子であった秀次に対し謀反の嫌疑をかけ、自害させました。そのあおりを受け、秀秋も丹波亀山に持っていた領地を没収されたのです。

しかしながら、養父である隆景の配慮もあり、筑前名島城にある30万石の領地を隆景から譲り受けました。また、この領地も秀秋を良く思わない秀吉の理不尽な指示により、秀秋は半分の15万石の領地に転任させられるという仕打ちを受けたのです。この処置はあまりに理不尽であるという認識は様々な大名も持っており、「徳川家康」らの計らいによって、もとの筑前に30万石の領地を取り戻すことができました。

このとき秀秋の心中は、幼い頃に秀吉から受けた恩義よりも、成長して秀頼の目の敵とされたことに対する憎しみの方が大きく、一方で領地を取り戻す計らいをしてくれた家康には恩義を持っていたと推察できます。

天下分け目の関ヶ原

そんな折、徳川家康が打倒豊臣政権を図り、兵を挙げました。この際、秀秋は「石田三成」から西軍に付くように求められました。秀秋に対し、三成が出した条件は「西軍に付けば、秀頼が成人するまでの期間、秀秋を関白の地位に据える。」という物です。しかし、これまでの経緯もあり、秀秋の心中は秀頼の味方として戦うことは気分が良い物ではないことだったと考えられます。

ここで、家康は秀秋に、東軍に寝返るように要請する使者を遣わせ、さらに寝返ることで大きな領地を得ることも約束しました。秀吉に振り回される一方で、家康に恩義を感じていた秀秋は、この使者が契機となって東軍に寝返り「関ヶ原の戦い」における大勝利の立役者となったと考えられるのです。

このことから、秀秋の寝返りは、忠義にもとる行為ではあるものの、秀吉から受けた仕打ちに対する相応の報いでもあると考えられます。秀吉としては、息子秀頼に跡を継がせたいがために蔑ろにしてきた養子に足をすくわれる結果となってしまったのです。

愛刀/岡山藤四郎

家康は約束どおり寝返った秀秋に対して、岡山51万石を与えました。このときの御礼として、秀秋は「岡山藤四郎」(おかやまとうしろう)を家康に献上したと言われています。この岡山藤四郎は、のちに「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)という江戸時代における日本刀(刀剣)の鑑定書で「不知代」(だいしらず)として、代わりがない名品と称される程の物でした。

岡山籐四郎

岡山籐四郎

ランク 刃長 所蔵・伝来
吉光 8寸5分(25.8cm) 東京国立博物館

若すぎる逝去

多くの領地を与えられながらも、関ヶ原の戦いから2年後に小早川秀秋は亡くなってしまいます。享年は20歳と非常に若い年齢でした。死因は少年期から摂取してきたアルコールに起因する内臓疾患が原因だとされています。これも秀吉から受けてきた仕打ちによるストレスが原因なのでしょう。

秀秋は幼少期から輝かしい経歴を経てきたものの、その経歴を与えた秀吉によって人生を狂わされ、18歳時に下した寝返りの決断で「関ヶ原の戦いでの裏切り者」として、現代までその名が知られる激動の人生を送った人なのです。

愛刀/波游兼光

関ヶ原の戦いで寝返ったことから、弱々しいイメージがどうしても生じてしまう小早川秀秋ですが、この「波游兼光」(なみおよぎかねみつ)に関しては、勇壮なエピソードがあります。

秀秋がある日、高野川の岸で従者と共に歩いていると、草むらから現れた曲者に斬りかかられたのですが、秀秋はその斬撃をかわし、持っていた日本刀(刀剣)でこの曲者を斬り付けました。 斬り付けられた曲者は川に飛び込み、泳いで逃げていったものの、対岸に到着すると倒れてしまったのです。従者が曲者を確かめに対岸に渡ってみると、右肩から袈裟がけに一刀両断されていたとのことでした。

これは波游兼光という名称が付けられた一説ではありますが、切れ味と秀秋の武勇を示すエピソードであると言えます。

波游兼光

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘※ 重要美術品 2尺1寸4分余
(約65cm)
個人蔵

※ただし、金象嵌にて「羽柴岡山中納言秀詮所持之 波およぎ末代の剣 兼光也」とある。

小早川秀秋

小早川秀秋をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、明智光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る