明治天皇と刀剣にまつわる歴史

明治の軍刀

文字サイズ

明治維新後、新政府は、近代的な軍隊を確立させるために、軍人や警官が使用する刀に西洋の刀剣・サーベルを採用しましたが、西洋剣術に馴染みのない日本人は、西洋の刀剣の扱いに苦戦していました。そんな折、1877年(明治10年)の「西南戦争」において、「抜刀隊」(ばっとうたい)が活躍したことを機に、日本刀や日本剣術が再評価されるようになります。そこで一般化していったのが、日本刀の刀身を用いた日本式の軍刀でした。日本独自の武器であると言えるこの刀は、1945年(昭和20年)に日本軍が解体されるまで、軍隊と共にその歴史を歩むこととなったのです。

近代的軍隊と日本刀

「軍刀」(ぐんとう)とは

「軍刀」(ぐんとう)とは、世界各国の軍隊で装備されている刀剣類の総称。戦闘・儀礼・部隊の指揮のために主に将校が佩用(はいよう)し、また、階級を表す装飾としても用いられました。軍刀の中には、儀礼刀・指揮刀などの刃が付いていない模擬刀や、短剣も含まれています。

世界における軍刀の歴史は、18世紀にヨーロッパ各国で平時から編成されている軍隊を創設したことから始まり、日本では、幕末に西洋式軍備を導入した際、軍刀という概念も持ち込まれたのでした。奇襲などでこれを主武器として使用する軽騎兵以外は、主に将校の護身用として使われていたようです。

第一次世界大戦以降は、白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)においても火器が主武器となったことで、世界における戦闘現場においては、軍刀が姿を消し、儀礼的な場における装飾品となります。

しかし、日本刀に精神性を見出す独特な文化を有する日本では、異なりました。一部において、軍刀を廃止すべきであるという議論はあったものの、1945年(昭和20年)に太平洋戦争で敗れるまで実戦で使用され続けたのです。

フランス式軍隊を模した日本軍

「軍刀」とは

「軍刀」とは

明治の建軍時、フランス軍を参考に編制された日本陸軍は、軍が使用する刀として、サーベル様式を採用。操法もフランス人教官の下、完全にフランス式となり、伝統的な剣術・槍術は廃れていったのです。従来、日本人は、刀剣を両手で操作する日本式剣術になじんでおり、片手で操作するフランス式剣術(サーベル術)は扱いにくい物でした。

西南戦争で、最新式の兵器を装備していた新政府軍が、白兵戦を挑んできた西郷軍(薩軍)の前に撤退を余儀なくされることもあり、伝統的な剣術・槍術を取り入れた「日本式軍刀術」制定の機運が高まります。1889年(明治22年)に陸軍が軍制をドイツ式に変更。これを機に、日本式軍刀術が制定されましたが、当初は軍刀を片手で扱う方式でした。

その後、日本軍が「日清戦争」、「日露戦争」において、火器のみで決着できない場合、白兵戦における日本剣術・槍術が有効だという教訓を得たことで、日本式軍刀術は、さらに重視されるようになります。明治の間は、軍刀を片手で扱う方式のまま変更されることはありませんでしたが、大正時代になると、軍刀を両手で扱う方式に改定。片手で扱う方式については、騎兵部隊において限定的に残されたのでした。

「村田刀」の発明

陸軍少将「村田経芳」(むらたつねよし)は、近代兵器である「村田銃」の開発を進めながら、皇軍の象徴となるような日本刀を作りたいと思い立ちます。

試行錯誤を重ねた結果、サーベル用の地金を用いて、錆に強く、切れ味の良い理想的な実用刀「村田刀」(むらたとう)を鍛えることに成功。

試し斬りを行なった際には、大根を切っているかのように豚の頭を切断し、その場で目撃していた人々を沸かせました。この試し斬りが話題となり、村田刀の将校用軍刀への採用が正式に決定。村田刀は日清戦争、日露戦争でも使用されたのです。

陸海軍の軍刀

陸軍の軍刀

1886年(明治19年)「明治天皇」の勅令により、陸軍サーベル型指揮刀、陸軍サーベル型軍刀が正式に制定されます。西洋の刀剣らしい片手握りの指揮刀と、サーベル風の木製の柄に日本刀を仕込んだ両手握りの軍刀で、これらは一般的に「旧軍刀」と呼ばれ、昭和に新型の軍刀が制定されるまで陸軍で使用されていました。

また、両手握りのサーベル型軍刀は、背金部分の桜・桜葉の彫物によって階級が区別されており、将官・左官の物は、全体に彫物が彫られて、尉官の物は柄頭のみに彫物が彫られていたのです。

「三十二年式軍刀」の支給

1899年(明治32年)になると、年号の数字が名称となった「三十二年式軍刀」が官給品として支給され、陸軍の軍刀に制定されます。

騎兵や軍需品の輸送を行なう輜重兵(しちょうへい)、軍内の警察的役割の憲兵など、士官よりも下の階級で、帯刀が必要な下士官、兵が佩用しました。この軍刀には甲・乙の2種類があり、甲は騎兵用のため刀身が長く、護拳(ごけん・柄を握る手を防護する部分)の内側に革製の指ぬきが付いています。乙は刀身が短い点以外について甲と同じ仕様。甲乙ともに刀身には刃を油焼きしたサーベルが使用されています。

この軍刀は、工業製品として陸軍の軍需工場などで作られたのでした。これらの旧軍刀については、護拳があることによって両手で握りづらいなどの欠点が浮き彫りに。そこで昭和に入ると、乙を改良した「九五式軍刀」という両手握りで扱いやすい新型の軍刀が考案されたのです。

海軍の軍刀

海軍の軍刀

海軍の軍刀

1886年(明治19年)海軍においても、陸軍と同様に海軍サーベル型軍刀が制定されました。海軍においては、短剣が主な軍刀と認識されていたことから、制定されたサーベル型の旧軍刀は「長剣」と呼ばれます。

拵(こしらえ)については、木製の鞘(さや)に革や鮫皮を巻き、黒漆を塗って研ぎ出すという緻密な作りになっており、海軍では昭和以降も長く使用されていた軍刀。柄が両手握りの物が多く、海上や海岸で使用の際に海水による錆びや塩害を防止するために、ステンレス鋼を用いて作られた物もありました。

その後、昭和に入ると、海軍においても、軍刀はサーベル型から太刀型へと改変。また、海軍士官のシンボルとして有名な「短剣」は、1883年(明治16年)に制定された物で、鉤(かぎ)型の護拳や丸い兜金(かぶとがね:拵の先端の柄頭を保護する金物)が特徴的で、海軍ではこの短剣を日常的に佩用していたため、海軍士官にとって最も身近な軍刀でした。

明治の軍刀

明治の軍刀をSNSでシェアする

「明治天皇と刀剣にまつわる歴史」の記事を読む


明治の廃刀令

明治の廃刀令
明治維新によって、日本は近代国家への道を歩み始めましたが、急激な改革は、維新後に士族となった旧武士にとって、受け入れることは難しい物でした。その象徴が1876年(明治9年)に公布された「廃刀令」。「武士の魂」とも言える日本刀を取り上げられた士族は、新政府に対して幾度となく反乱を起こします。その最大級の物が1877年(明治10年)に起こった「西南戦争」(せいなんせんそう)です。陸軍の後方支援部隊だった「抜刀隊」の活躍により新政府軍が勝利。また抜刀隊の活躍が、士族の反乱を終結させると共に、剣術の有用性を再認識させ、今に続く警察官訓練のひとつとなる道を開いたのでした。

明治の廃刀令

明治天皇と武士道

明治天皇と武士道
「明治天皇」は、1882年(明治15年)に下賜した「軍人勅諭」(ぐんじんちょくゆ)や、数多くの「御製」(ぎょせい:天皇や皇族が書いたり作ったりした文章、詩歌、絵画)を通じて、武士道の大切さを臣民(しんみん:明治憲法下における国民)に伝えようと努めました。陸軍大将「乃木希典」(のぎまれすけ)は、明治天皇が重んじた武士道精神を承継。1905年(明治38年)の「日露戦争」では、敗軍の将となったロシア軍の司令官「ステッセル将軍」の名誉を重んじ、健闘を称えたと言われています。どのような状況にあっても、相手への敬意を忘れない乃木将軍の姿勢を通して、日本の武士道は世界で賞賛されました。このような武士道精神を養い、後世に引き継ぐべく武道場「済寧館」(さいねいかん)や「至誠館」(しせいかん)が建設されたのです。

明治天皇と武士道

明治天皇の一面

明治天皇の一面
日本を近代国家へと導いた「明治天皇」。その偉大な功績に比べ、その人物像は一般には浸透しているとは言えません。心の支えとなっていた皇后、身の回りの世話をしていた女官、皇位継承者の誕生を期待されていた側室など、天皇は日々多くの人たちとかかわりを持ち、その人たちに支えられて生活していました。また、7歳から「四書五経」(ししょごきょう:儒教の基本書とされる9種の書物)を中心に勉学を始めていた明治天皇にとっての息抜きは、チャンバラ遊び。幼い頃から日本刀に興味を持つなど、好奇心旺盛な明治天皇は、多くの趣味を楽しんでいたのです。激動の時代に、最前線で国家を牽引した明治天皇の素顔と日常を覗いてみましょう。

明治天皇の一面

注目ワード
注目ワード