明治天皇と刀剣にまつわる歴史

明治天皇と武士道

文字サイズ

「明治天皇」は、1882年(明治15年)に下賜した「軍人勅諭」(ぐんじんちょくゆ)や、数多くの「御製」(ぎょせい:天皇や皇族が書いたり作ったりした文章、詩歌、絵画)を通じて、武士道の大切さを臣民(しんみん:明治憲法下における国民)に伝えようと努めました。陸軍大将「乃木希典」(のぎまれすけ)は、明治天皇が重んじた武士道精神を承継。1905年(明治38年)の「日露戦争」では、敗軍の将となったロシア軍の司令官「ステッセル将軍」の名誉を重んじ、健闘を称えたと言われています。どのような状況にあっても、相手への敬意を忘れない乃木将軍の姿勢を通して、日本の武士道は世界で賞賛されました。このような武士道精神を養い、後世に引き継ぐべく武道場「済寧館」(さいねいかん)や「至誠館」(しせいかん)が建設されたのです。

済寧館

「明治天皇」によって作られた武道場

山岡鉄舟

山岡鉄舟

1883年(明治16年)武道を奨励していた明治天皇の命を受け、宮内卿「徳大寺実則」(とくだいじさねつね)らは、東京の紀尾井町に、宮内省の文武講習道場として済寧館を建設しました。済寧館という名称は、四字熟語の「多士済々」(たしせいせい)のルーツとも言える中国最古の詩編「詩経」(しきょう)の一節「済々たる多士、文王以て寧し」に由来。多数の優れた人たちが集まる盛り場という意味が込められています。

1885年(明治18年)には済寧館で天覧試合が開催され、明治天皇も試合を楽しみました。その後も、宮内省皇宮警察部(くないしょうこうぐうけいさつぶ)主催の武道大会が度々開催され、1940年(昭和15年)には皇紀2,600年を記念して全国から選ばれた弓、剣、柔道の選手を集めた盛大な武道大会が行なわれたのでした。

済寧館の剣術指導者として招かれたのは、明治天皇に侍従として仕えていた「山岡鉄舟」(やまおかてっしゅう)をはじめとする、剣術に秀でた官僚や警察官。中でも「勝海舟」(かつかいしゅう)、「高橋泥舟」(たかはしでいしゅう)と共に「幕末の三舟」(ばくまつのさんしゅう)と称された鉄舟については「一刀正伝無刀流」(いっとうしょうでんむとうりゅう)の開祖となった剣術の腕はもちろん、その剛毅(ごうき)かつ高潔(こうけつ)な人柄で、明治天皇も信頼を寄せていたと言われています。鉄舟は、天皇が志向する武士道を体現する人物であったとも言えるのです。

建造物としての「済寧館」

済寧館

済寧館

済寧館は、1888年(明治21年)に皇居内へ移築されましたが、1923年(大正12年)の「関東大震災」で建物が損壊。

その後、1933年(昭和8年)に当時の皇太子の生誕を記念して皇居内に現在の済寧館が完成しました。皇宮警察の柔道、剣道場である建物は、神社や城郭建築によく見られる「高床式切妻千鳥破風造り」(たかゆかしききりつまちどりはふづくり)と言う建築様式で、建坪300坪と同様式の道場としては日本最大規模。

最大の特徴は、天覧のために設けられたお車寄せと玉座で、お車寄せに続いている正面入口は、天覧試合が開催されるときにだけ使われているのです。

また、玉座右上に掲げられた「富士山」の絵は、明治から昭和まで活躍した日本画の巨匠「横山大観」(よこやまたいかん)の「富嶽」(通称・裏富士)。大観は自ら済寧館を訪問して、絵画を飾る場所を思い描いた上で、この絵を制作したと言われています。

至誠館

「明治天皇」の大御心(おおみこころ)に導かれて

至誠館は、1973年(昭和48年)明治神宮ご鎮座50年を記念し、武道を通して青少年の心身を鍛錬すると共に、日本の将来を担う人材を育てることを目的として、総合武道場として開設されました。神道家であり、思想家としても知られている「葦津珍彦」(あしづうずひこ)と、当時の「明治神宮」宮司「伊達巽」(だてたつみ)の武道教育に対する熱意が創立へと繋がったと言えます。

労働争議や過激化した学生運動などが起こっていた動乱の時代であったことから、入門者が集まるか不安視されていましたが、初代館長「田中茂穂」(たなかしげほ)をはじめとする指導者たちが尽力した結果、年々入門希望者の数は増え、国内だけに留まらず、海外からの入門希望者も門をたたき、現在では、武道を学ぶため、年間で2万人を超える人々が至誠館を訪れているのです。

明治天皇の心境を詠んだ御製に、次のような物があります。「いかならむ時にあふとも人はみな まことの道をふめとをしへよ」。その意味は、「どのような境遇、事態にあったとしても、人はみなまことの道を踏むようにすべきだと教えなさい」という物。

「まことの道」とは、誠実に物事に対処することであると考えられ、ここから、どのような境遇にあっても誠実に物事に対処することが大切であるという明治天皇の人生訓を読み取ることができるのです。至誠館の正面には、こういった武士道精神の導きとなる明治天皇の御製が月替わりで掲げられており、門人たちの心の指針となってきました。

剣術・剣道に学ぶ武士道

剣術・剣道に学ぶ武士道

剣術・剣道に学ぶ武士道

江戸時代には300もの剣術の流派があったと言われており、これが剣道のルーツ。明治から昭和にかけて、剣道は2つの大事件に直面したのでした。

ひとつは、それまでの「刀文化」を担ってきた人たちが一気に職を失うこととなった1876年(明治9年)布告の「廃刀令」で、2つめは1945年(昭和20年)の太平洋戦争敗北。敗戦により、日本が連合国軍に占領されたことで、剣道は禁止されてしまいます。

その後、1952年(昭和27年)「サンフランシスコ講和条約」の締結により、日本が主権回復を果たすと、剣道の復興のために「全日本剣道連盟」が結成され、剣道はスポーツとして認識されるようになりました。

至誠館は、武道としての剣道教育を心がけています。ただ試合に勝つためだけに稽古を行なうのではなく「心」、「技」、「体」を磨き、剣道を通して人格向上へと繋げていくことを大切にしている道場。

明治天皇が武道における精神の育成に熱心だったように、至誠館もこの使命を引き継ぎ、武士道精神を現代の日本に伝承しているのです。

明治天皇と武士道

明治天皇と武士道をSNSでシェアする

「明治天皇と刀剣にまつわる歴史」の記事を読む


明治の軍刀

明治の軍刀
明治維新後、新政府は、近代的な軍隊を確立させるために、軍人や警官が使用する刀に西洋の刀剣・サーベルを採用しましたが、西洋剣術に馴染みのない日本人は、西洋の刀剣の扱いに苦戦していました。そんな折、1877年(明治10年)の「西南戦争」において、「抜刀隊」(ばっとうたい)が活躍したことを機に、日本刀や日本剣術が再評価されるようになります。そこで一般化していったのが、日本刀の刀身を用いた日本式の軍刀でした。日本独自の武器であると言えるこの刀は、1945年(昭和20年)に日本軍が解体されるまで、軍隊と共にその歴史を歩むこととなったのです。

明治の軍刀

明治の廃刀令

明治の廃刀令
明治維新によって、日本は近代国家への道を歩み始めましたが、急激な改革は、維新後に士族となった旧武士にとって、受け入れることは難しい物でした。その象徴が1876年(明治9年)に公布された「廃刀令」。「武士の魂」とも言える日本刀を取り上げられた士族は、新政府に対して幾度となく反乱を起こします。その最大級の物が1877年(明治10年)に起こった「西南戦争」(せいなんせんそう)です。陸軍の後方支援部隊だった「抜刀隊」の活躍により新政府軍が勝利。また抜刀隊の活躍が、士族の反乱を終結させると共に、剣術の有用性を再認識させ、今に続く警察官訓練のひとつとなる道を開いたのでした。

明治の廃刀令

明治天皇の一面

明治天皇の一面
日本を近代国家へと導いた「明治天皇」。その偉大な功績に比べ、その人物像は一般には浸透しているとは言えません。心の支えとなっていた皇后、身の回りの世話をしていた女官、皇位継承者の誕生を期待されていた側室など、天皇は日々多くの人たちとかかわりを持ち、その人たちに支えられて生活していました。また、7歳から「四書五経」(ししょごきょう:儒教の基本書とされる9種の書物)を中心に勉学を始めていた明治天皇にとっての息抜きは、チャンバラ遊び。幼い頃から日本刀に興味を持つなど、好奇心旺盛な明治天皇は、多くの趣味を楽しんでいたのです。激動の時代に、最前線で国家を牽引した明治天皇の素顔と日常を覗いてみましょう。

明治天皇の一面