明治天皇と刀剣にまつわる歴史
明治の廃刀令
明治天皇と刀剣にまつわる歴史
明治の廃刀令

文字サイズ

明治維新によって、日本は近代国家への道を歩み始めましたが、急激な改革は、維新後に士族となった旧武士にとって、受け入れることは難しい物でした。その象徴が1876年(明治9年)に公布された「廃刀令」。「武士の魂」とも言える日本刀を取り上げられた士族は、新政府に対して幾度となく反乱を起こします。その最大級の物が1877年(明治10年)に起こった「西南戦争」(せいなんせんそう)です。陸軍の後方支援部隊だった「抜刀隊」の活躍により新政府軍が勝利。また抜刀隊の活躍が、士族の反乱を終結させると共に、剣術の有用性を再認識させ、今に続く警察官訓練のひとつとなる道を開いたのでした。

廃刀令と反乱

廃刀に向けた議論

廃刀令への議論を始めたのは、日本の欧米化を強力に推進していた新政府の外交官「森有礼」(もりありのり)でした。1869年(明治2年)に「公議所」(こうぎしょ:明治初期の立法府)において「廃刀案」を提議。

しかし、この議案は公議員全員一致で否決されます。この時点においては「帯刀を禁止することなど論外」と考えられていたのです。

その後、新政府に対する士族の反撥が過激化していったことで、旧武士である士族から力(武力)を奪う必要性が認識され、徐々に新政府の方針として固まっていきました。

「散髪脱刀令」の布告

1871年(明治4年)8月9日、新政府は「散髪脱刀令」(さんぱつだっとうれい)を布告しました。これは士族に対する廃刀の方針を固めていた政府が、まだ帯刀を禁止することは難しいと判断した結果、ひとまず下した法令。内容は、「髪型は髷(まげ)を結わずに自由にして構わない、華族や士族は帯刀しなくてもいい」という、強制力のないゆるい規定でした。

これを受け、1873年(明治9年)には「明治天皇」が自ら率先して散髪。

その後、新政府の人間を中心として続々と散髪の風潮が広まっていったのです。

「廃刀令」の布告

1876年(明治9年)3月28日、新政府は廃刀令を布告。これに伴い皇族、政府の役人、軍人、警察官以外の者の帯刀は禁止されました。この前年の12月7日に当時の陸軍卿「山形有朋」(やまがたありとも)が廃刀令を上申したことがきっかけでした。

軍人として辣腕を振るっていた山形は、1873年(明治6年)に陸軍が「徴兵令」(ちょうへいれい)を布告したことを受け、もう日本に武士は必要ないと強く主張していました。こうして士族は、新政府によって日本刀を取り上げられ、それまで大切にしてきた武士の魂までも奪われてしまったのです。

士族の不満が爆発!反乱から戦争へ

明治維新に伴う改革により、身分や俸禄など、様々な特権を手放してきた武士たちにとって、刀は精神的な支えでもありました。士族にとって廃刀令の布告は、最後の砦とも言える「武士の誇り」をも傷付けられる衝撃的なできごとでした。

これを受けて士族の怒りはみるみるうちに増幅。すでに全国各地で起こっていた反政府活動が過激化し、士族の反乱につながっていったのです。

士族最大の反乱「西南戦争」

西郷隆盛

西郷隆盛

「征韓論」(せいかんろん)がきっかけで陸軍大将を務めていた「西郷隆盛」は、政府に辞表を提出し、鹿児島へ帰りました。

その後、故郷の「私学校」(しがっこう)で教育者として奮励していた西郷ですが、私学校の生徒の暴動をきっかけに1877年(明治10年)2月、西郷軍(薩軍)を率いて士族反乱で最大規模の西南戦争を引き起こします。

西南戦争の勃発は、明治天皇にも変化をもたらしました。この頃、天皇は政務や勉学などを拒否するようになり、表に出ずに引きこもるように。天皇は、自らのことを親身になって叱り付けてくれるなど、少年期を支えてくれた西郷が新政府と敵対し、討伐しなければならないことに心を痛めていたのです。

西郷軍は、近代的な軍隊教育を受けた新政府軍による銃撃に苦戦。それでも、日本刀などを用いて接近戦で応戦するなど、約7ヵ月間に亘る死闘を繰り広げました。明治天皇は、西郷軍に勝利したあとも決して西郷を裏切り者として扱わず、西郷との思い出を語り、涙を流すなど最後までその死を惜しんだのです。この戦いを機に「武士と刀の時代」は終焉。新政府は、近代国家への道を突き進んだのでした。

「西郷隆盛」を介錯した日本刀は現存していた!

西南戦争終焉の地「城山」(しろやま)で負傷した西郷隆盛は「ここらでよか」と薩摩藩士の「別府晋介」(べっぷしんすけ)に声を掛け、自決しました。

その切腹の際に介錯として使われた日本刀が、別府所用の「村正」(偽銘)だと言われています。この日本刀は現存しており、幕末から明治維新に特化した歴史博物館で展示されていましたが、現在は展示されていません。

「抜刀隊」の活躍から「軍人勅諭発布」まで

抜刀隊とは

抜刀隊の活躍

抜刀隊の活躍

西南戦争において勝負の分かれ目となった「田原坂の戦い」(たばるざかのたたかい)。新政府軍は「田原坂」を奪取したことで、最終的に勝利を引き寄せました。当初、西郷軍の前に劣勢を強いられていた新政府軍の救世主となったのが抜刀隊(ばっとうたい)。100人余りで編成されたこの部隊は、刀や槍などを用いて近距離で戦う白兵戦(はくへいせん)部隊です。

それまで陸軍の後方支援を行なっていた「警視隊」の中から、剣術に秀でた者を選抜して編成した部隊が投入されたことで形成逆転。抜刀隊が、新政府軍を勝利へと導いたのでした。

当初、数に勝る政府軍(官軍)ではなく、西郷軍が優位に立っていた背景には、兵士の編成がありました。すなわち、新政府軍が徴兵令によって徴兵された平民を主体に編成していたのに対し、西郷軍は士族中心。近代的な軍隊教育は受けていたものの、実戦経験は乏しかった新政府軍に対し、西郷軍は剣術の訓練をしており、日本刀を手にしての斬り込み攻撃など、白兵戦に優れていたのです。

警察剣道のスタート

抜刀隊の活躍によって、明治維新後に廃れていた剣術や日本刀の価値が見直されました。これを受け、警察において剣術が奨励されるようになり、警察剣道がスタートしたのです。

1885年(明治18年)に警視庁が殉職者を慰霊するために造営した「弥生神社」(現在の弥生慰霊堂:やよいいれいどう)で「第1回奉納武術大会」(現在の[弥生慰霊祭記念柔道剣道試合])を開催。現在、剣道特別訓練員に指定された警察官たちが、多数国内外の剣道選手権で活躍しています。

「教育勅語」と「軍人勅諭」

軍人勅諭

軍人勅諭

明治天皇は、明治維新後の国民の精神面を指導する目的で2つの規範を示しました。

ひとつは1890年(明治23年)に発布された国民道徳の基本を示し、教育の根本理念を説いた教育勅語(きょういくちょくご)。

そしてもうひとつが、1882年(明治15年)に陸海軍の軍人に下賜された軍人勅諭(ぐんじんちょくゆ)です。

軍の統帥者としての明治天皇

青年期の明治天皇は、陸軍の近衛部隊を自ら率いての訓練や野外演習を度々行なっています。これには、新政府に不満を抱く士族たちに対する武力制圧のデモンストレーションの面もありました。

しかし、西南戦争に続き、1878年(明治11年)には陸軍近衛砲兵大隊による武装反乱事件である「竹橋事件」(たけばしじけん)が勃発。これを受け、軍の統制を図るため、天皇自らが陸海軍人に呼びかける形で忠節、礼儀、武勇、信義、質素の5つの基本徳目を示し、同時に軍の政治関与を厳に戒めた軍人勅諭を下賜したのです。

軍人勅諭の大きなポイントは、前文に「朕は汝等軍人の大元帥なるぞ」と明記されたことです。その後、1889年(明治22年)に制定された「大日本帝国憲法」(だいにっぽんていこくけんぽう)でも、その第11条に「天皇は陸海軍を統帥す」と規定され、明治天皇の統帥権が明文化されました。

とは言え、明治天皇は、「日清戦争」や「日露戦争」において具体的な指揮にはかかわっていません。軍の統帥者として閲兵や演習の天覧を積極的にこなしたり、陸軍大学校と海軍大学校の卒業式に必ず出席したりすることで、軍の士気を高めることに務めたのでした。

明治の廃刀令

明治の廃刀令をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「明治天皇と刀剣にまつわる歴史」の記事を読む


明治天皇の一面

明治天皇の一面
日本を近代国家へと導いた「明治天皇」。その偉大な功績に比べ、その人物像は一般には浸透しているとは言えません。心の支えとなっていた皇后、身の回りの世話をしていた女官、皇位継承者の誕生を期待されていた側室など、天皇は日々多くの人たちとかかわりを持ち、その人たちに支えられて生活していました。また、7歳から「四書五経」(ししょごきょう:儒教の基本書とされる9種の書物)を中心に勉学を始めていた明治天皇にとっての息抜きは、チャンバラ遊び。幼い頃から日本刀に興味を持つなど、好奇心旺盛な明治天皇は、多くの趣味を楽しんでいたのです。激動の時代に、最前線で国家を牽引した明治天皇の素顔と日常を覗いてみましょう。

明治天皇の一面

明治の軍刀

明治の軍刀
明治維新後、新政府は、近代的な軍隊を確立させるために、軍人や警官が使用する刀に西洋の刀剣・サーベルを採用しましたが、西洋剣術に馴染みのない日本人は、西洋の刀剣の扱いに苦戦していました。そんな折、1877年(明治10年)の「西南戦争」において、「抜刀隊」(ばっとうたい)が活躍したことを機に、日本刀や日本剣術が再評価されるようになります。そこで一般化していったのが、日本刀の刀身を用いた日本式の軍刀でした。日本独自の武器であると言えるこの刀は、1945年(昭和20年)に日本軍が解体されるまで、軍隊と共にその歴史を歩むこととなったのです。

明治の軍刀

明治天皇と武士道

明治天皇と武士道
「明治天皇」は、1882年(明治15年)に下賜した「軍人勅諭」(ぐんじんちょくゆ)や、数多くの「御製」(ぎょせい:天皇や皇族が書いたり作ったりした文章、詩歌、絵画)を通じて、武士道の大切さを臣民(しんみん:明治憲法下における国民)に伝えようと努めました。陸軍大将「乃木希典」(のぎまれすけ)は、明治天皇が重んじた武士道精神を承継。1905年(明治38年)の「日露戦争」では、敗軍の将となったロシア軍の司令官「ステッセル将軍」の名誉を重んじ、健闘を称えたと言われています。どのような状況にあっても、相手への敬意を忘れない乃木将軍の姿勢を通して、日本の武士道は世界で賞賛されました。このような武士道精神を養い、後世に引き継ぐべく武道場「済寧館」(さいねいかん)や「至誠館」(しせいかん)が建設されたのです。

明治天皇と武士道

注目ワード

ページトップへ戻る