戦国武将一覧
真田幸村(真田信繁)
戦国武将一覧
真田幸村(真田信繁)

文字サイズ

「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。
真田幸村は、大河ドラマや歴史小説などで取り上げられることも多いことから、誰もが良く知っている武将と思われていますが、真田幸村の前半生は不明な点が多くはっきりしていません。
また、自身が真田幸村を名乗った史実もなく、実際には真田信繁と署名された自筆の史料が残されているのです。

実はよく分かっていない真田幸村(真田信繁)の前半生

真田幸村

真田幸村

真田幸村は、信濃の豪族で武田家家臣の「真田昌幸」(さなだまさゆき)の次男として誕生。

真田家は武勇に優れ、武田家でも重用されていました。「武田二十四将」に一族の中から複数名が入っており、これ程多く選ばれている例は他にないのです。

真田幸村の前半生は不明な点が多く、生まれた年もはっきりしていません。

亡くなった1615年(慶長20年)には、49歳もしくは46歳だったという記録があるので、そこから1567年(永禄10年)説や1570年(元亀元年)説があります。

「真田幸村」と名乗ったことはなかった!

真田幸村の名前で有名で他にも複数の名前がありました。幼名の「弁丸」(べんまる)、仮名の「源次郎」(げんじろう)、官名の「左衛門佐信繁」(さえもんのすけのぶしげ)、そして実名の「真田信繁」(さなだのぶしげ)です。真田信繁が自筆した史料には、「信繁」と署名されていました。反対に、生前本人が「真田幸村」と名乗っている確かな史料は存在していません。この名前が最初に登場するのは、真田幸村の死後に書かれた軍記物なのです。

真田幸村という名の根拠も、実ははっきりとは分かっていません。定説とされているのは、「幸」は真田家の通字(とおりじ:先祖代々名前に入れられた特定の漢字)だからというものです。「村」は、諸説あり、姉の「村松殿」からとする説、徳川家に仇なすと恐れられた妖刀「村正」が由来とする説などがあります。

徳川家康に投げ付けた真田幸村の日本刀(刀剣)は、村正だったとも言われますが、真田幸村の武器は「十字槍」だというのが定説なので、現在では村正説はのちに作られた俗説であるとされているのです。

実名の真田信繁という名は、父・真田昌幸の主君「武田信玄」の弟で、人望が厚く、兄をよく支えた「武田信繁」と同じです。真田昌幸は武田信繁を非常に尊敬しており、自分の次男である真田幸村にも、武田信繁のように兄・真田信之を補佐していってほしいと望んでいたのかもしれません。しかし皮肉にも、真田幸村と真田信之はのちに袂(たもと)を分かつようになってしまうのです。

武田家滅亡と人質生活

1582年(天正10年)、武田家が滅亡すると、昌幸は武田家を滅ぼした信長の配下に入りますが、信長もまもなく死亡。信州上田の真田家は、徳川・北条・上杉と強国に囲まれていたため、のらりくらりとその時々で追従する相手を替えて、何とか生き延びます。最終的に上杉氏に従属することを決め、19歳の真田幸村は越後に人質として送られました。

1585年(天正13年)、家康から命ぜられた沼田領引渡しを昌幸が拒否したことから、「第一次上田合戦」が勃発。圧倒的兵力差がありながら、真田軍は見事勝利します。このとき真田幸村は、まだ初陣前だとされており、昌幸と信之が活躍しました。家康は2人の能力を高く評価し、徳川家臣・本多忠勝の娘を信之の正室に与え、懐柔を試みます。

一方、昌幸は台頭した秀吉に接近し、信濃の大名として扱われるようになります。真田幸村は人質として越後から大坂へ移され、豊臣家臣・大谷吉継の娘を正室に迎えました。このことが、兄弟の運命を分けることとなったのです。

関ヶ原の戦いと真田幸村(真田信繁)のその後

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

1600年(慶長5年)、秀吉の死後、五大老筆頭として台頭した家康(東軍)と、対立する他の五大老(西軍)との間で戦いが起こります。これが「関ヶ原の戦い」です。

このとき昌幸は、表向きは家康にしたがっていましたが、西軍を率いる石田三成の妻と自分の妻が姉妹であることから、妻が西軍の大谷吉継の娘である真田幸村と共に離反して西軍に付くことを決め、上田に帰還します。兄の信之は、妻が家康家臣・本多忠勝の娘であることから、東軍に組することになりました。これには、どちらが勝っても真田の名が残るように分かれて戦ったという説もあり、大坂の陣を勝ち抜いた信之は93歳まで生き、その系統は明治維新後まで続いて伯爵家となったのです。

昌幸と真田幸村は、上田城で徳川秀忠軍を迎え撃ちます。この戦いが「第二次上田合戦」です。目的は、徳川主力の秀忠軍を上田に足止めして関ヶ原の戦いに参加させないことでした。真田軍は3,000程度の少ない軍勢で、38,000もの大軍である徳川軍を巧みに翻弄して勝利。甚大な被害を出した徳川軍は関ヶ原の決戦にも間に合わず、昌幸と真田幸村の目的は達せられたのです。

しかしながら、本戦の関ヶ原の戦いで西軍が敗北。昌幸と真田幸村は、一時は死罪を命ぜられますが、信之と岳父・本多忠勝の助命嘆願のおかげで高野山(九度山)に流罪となりました。失意のうちに1611年(慶長16年)昌幸は逝去します。

大坂冬の陣と真田丸

1614年(慶長19年)、徳川氏との関係悪化から、戦いの準備を始めた豊臣家は浪人を募り、真田幸村は九度山を脱出、真田旧臣や嫡男・幸昌を連れて大坂城へ駆け付けました。その年の「大坂冬の陣」では、真田幸村は五人衆に選ばれ軍事会議では大坂城籠城に反対しますが、当時まだ無名で、徳川方に寝返るのではと警戒されていた真田幸村の提案する策は、ことごとく却下されます。

唯一許されたのが、大坂城の弱点である南側に土作りの出城を造ること。これが名高い「真田丸」で、真田幸村は徳川方の前田氏などを引き付けては反撃し、大きなダメージを与えました。この戦いは真田幸村の武名を天下に知らしめますが、徳川主導で和議が成立。徳川方により、大坂城は本丸以外を破却、堀がすべて埋め立てられ、真田丸も破壊されてしまいます。

大坂夏の陣と真田幸村(真田信繁)の最期

大坂冬の陣での真田幸村の活躍を見た家康より、信之(叔父という説あり)を通じて、「信濃一国」を餌に寝返るよう誘いを受けますが、真田幸村は拒絶。この頃真田幸村は、すでに豊臣方の負けを覚悟し、それでも豊臣方に付くことを詫びる手紙を親族等に書き送っています。

ついに最後の決戦となった「大坂夏の陣」では、真田幸村率いる真田隊は、家康の本陣まで攻め込み、あと一歩のところまで家康を追い込みます。家康が2度も自害を覚悟したと言われる程、真田隊の勢いは凄まじかったのです。しかし、家康の首を取ることは叶わず、すでに多くの兵を失った真田幸村は、徳川の援軍の前に力尽きます。大坂夏の陣は東軍の勝利に終わり、豊臣家は滅亡、徳川の時代が始まりました。

こうして真田幸村の生涯を追うと、彼の半生は20代までは父や兄の陰に隠れ、30代は蟄居(ちっきょ:家の中にとじこもっていること)生活を余儀なくされ、彼が本当に活躍したと言えるのは40代での大坂の陣だけなのです。では、歴戦を勝ち抜いて活躍した数多(あまた)の武将がいる中で、彼が戦国武将No.1と言われる程の人気を誇るのは、なぜなのでしょうか。

真田幸村が多くの日本人に愛されるのは、彼の人生が日本人の心の琴線に触れるからなのでしょう。勝者・徳川方に寝返ることもできたのに、義を貫いて敗者・豊臣方に付き、人生の最期を華々しく飾って散った、その散り際の桜のような美しさ、潔さが、「武士魂の象徴」として今なお多くの人々の心を捕らえて離さないのです。

真田幸村(真田信繁)

真田幸村(真田信繁)をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」は、三英傑のひとり「織田信長」から絶大な信頼を得て、低い身分から一国一城の主へと出世した戦国武将。織田信長に忠誠を誓っていたはずの明智光秀は、「本能寺の変」で織田信長を自害に追い込み、わずか10日余りの天下を取りました。忠義に厚い有力武将である一方で、謀反により天下人を葬った明智光秀の生涯は、謎に包まれています。

明智光秀

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、「織田信長」の妹「お市の方」(おいちのかた)の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。浅井長政は、一度は義兄・織田信長と同盟を結びましたが、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との関係を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることになりました。浅井長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。浅井長政の生涯に迫ります。

浅井長政

足利義輝

足利義輝
「剣豪将軍」と呼ばれた、室町幕府の第13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)は、壮絶な人生を送ります。 足利義輝が誕生した当時の室町幕府は権力も、将軍の権威も停滞していました。そのような情勢の中、足利義輝は生き抜き、さらに幕府の政治を復活させたのです。ここでは、歴史的資料である「フロイス日本史」や「信長公記」、「日本歴史」をもとに、足利義輝の誕生から壮絶な最期までを詳しく解説しました。 また、いかにして足利義輝は弱まっていた幕府の力を復活させたのか、具体的にエピソードを交え、お伝えします。

足利義輝

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

井伊直政

井伊直政
「井伊直政」は、「徳川家康」に仕え「徳川四天王」のひとりとして名を馳せた戦国時代の武将です。井伊直政が生まれた頃の井伊家は、駿河国今川家の支配下にあり、お家断絶の危機に晒されていました。井伊家の再興のため、そして徳川家康の恩義に報いるために信念を貫いた井伊直政の生涯をご紹介します。

井伊直政

石田三成

石田三成
「石田三成」(いしだみつなり)は、色白の美少年で「豊臣秀吉」に仕えた知的な武将です。アニメやゲームでも、その側面が描かれる傾向があります。 石田三成は豊臣秀吉に気に入られて家来となり、事務方として外交を担当しました。その後、石田三成は「五奉行」となり豊臣政権の中核を担い、太閤検地、朝鮮出兵などで活躍をみせます。その石田三成の生涯を名言や功績をふまえて、追体験しましょう。

石田三成

今川義元

今川義元
「今川義元」(いまがわよしもと)については、25,000以上の大軍を擁しながら、わずか2,000の「織田信長」に敗れたことで、公家かぶれの無能な戦国大名だというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんな今川義元は、実は優れた領国統治によって、米の生産量が多いとは言えなかった駿河・遠江・三河を豊かな国にすると共に、軍事力・外交力を用いて領土拡大に成功した手腕の持ち主。ここでは、一般的なイメージとはギャップのある今川義元の実像についてご紹介します。

今川義元

注目ワード

ページトップへ戻る