戦国武将一覧
長宗我部元親
戦国武将一覧
長宗我部元親

文字サイズ

「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、戦国時代から安土桃山時代の土佐国(高知県)の戦国大名です。土佐の豪族だった長宗我部氏を戦国大名化し、四国を統一したことから、「土佐の出来人」と呼ばれました。

22歳での初陣で「姫」から「鬼」へ

長宗我部元親

長宗我部元親

元親は、1539年(天文8年)、長宗我部氏第20代当主「長宗我部国親」(ちょうそかべくにちか)の嫡男として誕生。

幼少時は色白でおとなしい子だったので、「姫若子」(ひめわこ)と呼ばれていました。

ところが、当時としてはとても遅い22歳での初陣の際に、周囲の予想に反して、自ら槍を持って突撃し大活躍するのです。

急に武名の高まった元親は、今度は「鬼若子」(おにわこ)と呼ばれるようになりました。

土佐七雄と長宗我部氏

戦国時代の土佐で勢力を伸ばした「土佐七雄」(とさしちゆう)と呼ばれる有力豪族のひとつが長宗我部氏です。1508年(永正5年)、元親の祖父「兼序」(かねつぐ)の代に襲撃を受けて岡豊城(おこうじょう)を追われますが、10年後、土佐の国司「一条房家」(いちじょうふさいえ)の助力で父・国親は城主に復帰し、1547年(天文16年)、長岡郡南部を制圧しました。

同時に、仇敵の本山氏などに娘を嫁がせ、香宗我部氏に三男・親泰(ちかやす)を養子に出して勢力下に置くなどして、どんどん勢力を拡大していきます。そして、1560年(永禄3年)、元親のデビュー戦となる「長浜の戦い」が起こるのです。

この戦いでは、長宗我部氏の宿敵で、当時土佐で最大の勢力を誇っていた本山氏に勝利します。その直後に父・国親が急死。元親は家督を継ぎ、3年後には美濃の斎藤氏から正室を迎えました。

土佐平定

1568年(永禄11年)ようやく本山氏を降伏させ、土佐中部を制圧し、翌年には土佐東部を平定。1575年(天正3年)には、一条氏に勝利し兼定を追放、土佐一国の平定に成功します。

同じ頃、元親は父・国親のように、弟や三男など親族を他家に入れることで勢力を拡大して行きました。特に弟の「吉良親貞」(きら ちかさだ)は、一条氏討伐で大きな功を残します。

これには逸話があります。元親は、四国統一の野望はあるものの、父の代より大恩ある土佐一条氏を討てば天罰が下ると躊躇していました。それを見かねた親貞が、「天罰なら自分が引き受けます」と一条氏討伐を請け負ったのです。

そして翌年、親貞は32歳の若さで病死してしまいます。実際に2人の間にこういった会話があったのか、今となっては分かりませんが、当時の人達は「一条氏の天罰だ」と噂し合ったに違いありません。

本能寺の変と四国統一

織田信長

織田信長

土佐統一後は織田信長が、元親が四国で勢力を伸ばすことを認めたため、阿波、讃岐や伊予にも進出します。信長と元親は正室が共に斎藤家の出身であることから同盟を結びました。しかし、1581年(天正9年)、なんと信長は元親との同盟を反故にし、三好康長と同盟を結んで四国征伐を決定してしまうのです。

窮地に陥った元親でしたが、翌年に起きた「本能寺の変」での信長の死で、ピンチを切り抜けます。明智光秀の謀反の理由等、今なお多くの謎に包まれたこの事件。織田・長宗我部両家の同盟は光秀が間に立っており、信長の裏切りで光秀は面目を潰された形になりました。そのような経緯から、この四国征伐も本能寺の変の一因なのではないか、とする説もあるのです。

こうして元親は、1585年(天正13年)春には、悲願の四国統一を果たしますが、統一されていないとする意見もあり、研究者によって見解が分かれています。

降伏と愛息の死

長宗我部氏の隆盛はここまででした。次に天下を取った秀吉によって、10万を越える兵が四国に攻撃を開始したのです。圧倒的な兵力差に、元親は家臣に説得されて降伏、土佐一国のみ安堵となりました。翌年には、大友氏の救援で島津氏と戦うも敗北。この戦で、将来を期待されていた長男・信親(のぶちか)を亡くしてしまうのです。

ようやく成し遂げた四国統一も虚しく、あっけなく領土を奪われ、さらに大切な跡継ぎを失った元親は、その後人が変わったようになりました。元親の人柄については諸説ありますが、律儀で情け深く、家臣の意見もよく聞き入れる度量の大きな君主であったと言われています。

ところが、信親の戦死後は、次男や三男が存命にもかかわらず、溺愛していた四男・盛親(もりちか)の家督相続を強行し、反対する者は一族であっても粛清するなど、非道な行ないが目立つようになりました。そうした元親の言動が、のちの長宗我部氏の滅亡に繋がったとも言われています。次男・親和(ちかかず)は悲嘆の中で病死し、三男・親忠(ちかただ)は盛親に殺害され、長宗我部氏の改易は、「兄殺し」を徳川家康に咎められたことだというのが有力な説なのです。

一領具足

坂本龍馬

坂本龍馬

前述の通り、父・国親は10年ぶりに岡豊城主に復帰しましたが、家臣達のほとんどは離散していたので、国親は兵力の確保のために、領内の農民の中から半農半兵の兵士を編成することを思い立ちます。彼らは、平時は農作業に従事しながら、ひとたび領主から指令が来ると、一領(いちりょう=ひとそろい)の具足(武器・鎧)を携えて馳せ参じたことから、「一領具足」(いちりょうぐそく)と呼ばれました。

国親の考案したこのシステムを、元親は効率的に活用しました。足腰強健で精強な一領具足を率いて、元親は四国の統一を果たすのです。元親は彼らをとても大切にしたので、長宗我部氏が改易になったあとも、彼らは山内氏の支配を拒み盛親の復活を願い出ました。

彼らの勢力は無視できない物でした。そのため、山内氏は一領具足を「郷士」として取り立てることで懐柔していきます。この郷士(=一領具足)の子孫達から、幕末には坂本龍馬などが生まれ、日本を大きく変えていくことになるのです。

長宗我部元親

長宗我部元親をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。

浅井長政

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。

斎藤道三

真田幸村

真田幸村
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。

真田幸村

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。

柴田勝家

武田信玄

武田信玄
「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。

武田信玄

竹中半兵衛

竹中半兵衛
「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)と言えば、戦国時代を代表する「名軍師」。「軍師」とは、君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う人のこと。黒田官兵衛とともに、豊臣秀吉が天下人になるまでサポートし、活躍します。竹中半兵衛の生涯、そして軍師とは何かを見ていきましょう。

竹中半兵衛

注目ワード

ページトップへ戻る