武将・歴史人
本多忠勝
武将・歴史人
本多忠勝

文字サイズ

「本多忠勝」(ほんだただかつ)と言えば、徳川家康の側近として、江戸幕府樹立に貢献した「徳川四天王」のひとり。四天王の中でも、屈指の剛勇の者として知られています。そんな忠勝が戦場で手にしていたのが槍。長さ2丈(約606cm)、刃長1尺4寸4分5厘(約43.7cm)の「蜻蛉切」(とんぼきり)は、家康の「守護槍」とも言うべき存在。また、晩年に入手したと言われているのが「中務正宗」(なかつかさまさむね)でした。この2振は、忠勝の生き様も映し出している名刀です。

家康を守った刀剣「蜻蛉切」

本多忠勝

本多忠勝

蜻蛉切は、「御手杵」(おてぎね)、「日本号」と並ぶ「天下三名槍」(てんがさんめいそう)に挙げられる槍です。

この槍については、戦場において、飛んできた蜻蛉が刃先に当たるや否や真っ二つに切れてしまったというエピソードがあまりに有名。

しかし、蜻蛉切が持つエピソードはこれだけではありません。忠勝の主君徳川家康の危機を救った場面で、この槍が登場しています。

「蜻蛉が出ると、蜘蛛の子散らすなり。手に蜻蛉、頭の角のすさまじき。鬼か人か、しかとわからぬ兜なり」

この川柳は、蜻蛉切を手にした忠勝の勇猛な姿を詠んだ物だと言われています。1572年(元亀3年)に勃発した「一言坂の戦い」(ひとことざかのたたかい)では、忠勝らが偵察で先行した際に、「武田信玄」率いる武田軍本隊と遭遇。家康に報告するために撤退したところを武田軍が追撃。そのとき、忠勝は「大久保忠佐」(おおくぼただすけ)と共に殿(しんがり:軍の最後尾で敵の追っ手を食い止めること)を務め、家康本隊を逃がす大役を果たしたのでした。

また、織田・徳川連合軍が武田軍に敗れた、同年の「三方ヶ原の戦い」では、夜襲で敵を混乱に陥れるなどの武功を挙げました。さらには、1575年(天正3年)「長篠の戦い」などにも参戦。これらの戦いを通じて見せた忠勝の奮闘ぶりは、敵味方を問わず賞賛されたのです。

蜻蛉切は、日本史上最大級のクーデターの直後にも登場しました。1582年(天正10年)の「本能寺の変」。織田信長明智光秀によって自害に追い込まれた大事件です。その際、家康は、少数の随行者らと堺に滞在。忠勝は、取り乱して自害を口にした家康を諫め、堺から伊賀の山道を抜ける「伊賀越え」によって、本拠地・三河まで無事に帰還を果たしたと言われています。その際、忠勝は蜻蛉切を持って一行を先導したとされており、この槍は、家康の天下人への道を切り開いたと言えます。1584年(天正12年)、家康と豊臣秀吉との直接対決「小牧・長久手の戦い」でも、わずか500騎ほどの部隊で数万以上とされる秀吉軍と対峙。その立ち振る舞いに、秀吉も「日本第一、古今独歩の勇士」と舌を巻かざるを得ませんでした。

そんな剛の者・忠勝にも衰えはやってきます。「関ヶ原の戦い」の翌年(1601年)、初代藩主として着任した桑名でのこと。河原で槍の稽古をした忠勝は、桑名城に帰ると槍の柄を3尺(約90.9cm)切り詰めさせたのです。家臣にその理由を問われた忠勝は、こう言いました。「道具は自分の力に合った物でなければならない」。このとき、忠勝54歳。戦国時代から数々の武功を挙げてきたさしもの猛将も、自らの衰えを実感したのかもしれません。

蜻蛉切

蜻蛉切

ランク 刃長 所蔵・伝来
藤原正真作 1尺4寸4分5厘(43.8cm) 個人所蔵
佐野美術館
寄託)

初代桑名藩主・忠勝の愛刀「中務正宗」

関ヶ原の戦いののち、忠勝は初代桑名藩主として、桑名(三重県桑名市)に着任します。着任後は「桑名城」の城郭の修造を開始、同時に城下町の整備も行ないました。

さらに、「東海道」における宿場として町の整備を行なうなど、政治面での手腕を発揮。剛勇の者とは違った一面を見せ、桑名藩の基礎を築いたのでした。中務正宗は、忠勝が桑名藩主となったあと、刀剣鑑定師の「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)による仲介で入手した物です。

「死にともな、嗚呼死にともな、死にともな、深きご恩の君を思えば 」

これは忠勝の辞世の句。意味は「死にたくない、ああ死にたくない、死にたくない、深い恩義のある主君(家康)を思えば」です。この句が表しているように、忠勝の主君・家康に対する忠誠心は、非常に強い物があります。

戦国時代には、幾度となく戦場に出ても傷ひとつ負わなかったと言われるほど、無類の強さを誇った忠勝でしたが、関ヶ原の戦いが終わり、乱世は収束に向かっていました。平和な世の中で求められるのは、文治に優れた人材。家康や二代将軍「徳川秀忠」の側近にも、そういう人物が登用されるようになっていたのです。自身の健康問題などもあり、忠勝は、幕府の中枢から遠ざかっていったのでした。

このように、晩年の忠勝は不遇な扱いでした。しかし、そんな状況であっても、辞世の句で家康への忠誠心を詠み込むなど、主君への思いが変わることはなかったのです。のちに家康に献上された中務正宗の刃表には、忠勝の所持を示す「本多中務所持」の名が切られています。忠勝は、自らの名前が切られたこの日本刀(刀剣)を贈ることで、家康に最後の忠誠を示したのかもしれません。

中務正宗

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘※ 国宝 2尺2寸1分(67.0cm) 国(文化庁)

※ただし、刃裏に金象嵌にて「正宗 本阿(花押)」とある。

歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]
本多忠勝と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

本多忠勝

本多忠勝をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、明智光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る