明治30~40年代生まれの刀剣小説家

山岡荘八

文字サイズ

『徳川家康』で知られる山岡荘八(やまおかそうはち)。戦後に家康ブームを起こした山岡は家康の他、多数の戦国武将を描きました。そこには戦中戦後を生きた山岡の刀剣・日本刀を通した自身の想いが秘められています。

17年に及んだ長編歴史小説『徳川家康』

徳川家康

徳川家康

山岡荘八は、『サンデー毎日』大衆文芸賞の入選を機に文筆で身を立てる決意をし、長谷川伸門下になります。戦時中は志願して従軍作家活動に従事し、戦後、公職追放を受けました。

追放解除の年、『徳川家康』(1950~1967年『北海道新聞』『中日新聞』『西日本新聞』『東京新聞』などの合同紙連載)を執筆します。徳川家康の70年余りの生涯を描いたこの歴史小説は、連載が17年に及び、山岡の戦争体験も反映されたライフワークとなりました。連載中、北大路欣也主演でテレビドラマ化・映画化もされ、連載終了時、第2回長谷川伸賞、第2回吉川英治文学賞を受賞しました。

戦国の世を泰平の世におき替えるためには、新しい秩序の必要なことは云うまでもなく、そのよりどころを示す「法度(ほっと)――」はきびしく守らせてゆかなければならなかったが、しかし、法度があるから人間がある……というものではなかった。

法度も又、どうしてよりよく人間を活かすかの工夫にすぎず、その上にもう一つより大切な天地自然の「法(のり)――」がある。

『徳川家康』より

褒賞のために正宗を作れと言う豊臣秀吉

徳川家康の生母・於大の方(おだいのかた)の縁談から始まる『徳川家康』では、織田信長豊臣秀吉ら多くの戦国武将が登場します。山岡は、秀吉が武将への褒賞となる土地の替わりに、刀剣・日本刀を作り上げるよう本阿弥光悦に申し付ける場面を描きます。本阿弥家は足利尊氏に仕えたと言い、秀吉より刀剣・日本刀の鑑定所を免許された家系で、本阿弥光徳は秀吉が集めた刀剣・日本刀を記した『光徳刀絵図』『紙本墨書刀絵図』も残しています。

「――それそれ、その自信は思いあがっておるぞ。そちの日本一は、刀剣では本阿弥光悦が日本一! と、この秀吉が決めてやったゆえそれで世間を通るのじゃ」

「――すると、その日本一の光悦に、無銘の刀をあつめて正宗に造り変えよと……」

「――無銘の刀ではない! 無銘の名刀じゃ! かくれた豪傑、かくれた名将を世に出してやれと申しておるのがわからぬか。よし、今日は忙しい。よく考えて返事に参れッ」

『徳川家康』より

日本刀から鉄砲の時代を告げる織田信長

織田信長

織田信長

山岡は『徳川家康』の連載と並行して、多くの戦国武将の歴史小説を執筆します。『織田信長』(1954~1960年『小説倶楽部』連載)、現在『豊臣秀吉』と改題されている『異本太閤記』(1960~1969年『小説倶楽部』連載)、『毛利元就』(1962~1964年『潮』連載)などです。

連載中に中村(のち萬屋)錦之助主演で映画化された『織田信長』では、室町幕府第13代将軍・足利義輝と信長上洛時のやりとりを描きます。塚原卜伝や上泉信綱から剣を学んだと言われ、剣聖将軍とも謳われた義輝に対し、信長は新しい時代の到来を告げます。

「そこで鉄砲を四百挺手に入れたら、もはや将軍の剣技など、小児の玩具になり下る。この御所をおっとり巻いて、土居の上からダダーンと四百挺の鉄砲に火を吐かせたら、これで、もはや剣技も、将軍も、生命も地位も千切れ飛びましょう。この信長ならばそういたしまする」

『織田信長』より

NHK大河ドラマ原作の常連に

伊達正宗

伊達正宗

その後、山岡の歴史小説は、NHK大河ドラマの原作の常連となっていきます。中村錦之助主演の第9作目『春の坂道』(1971年)、滝田栄主演による第21作目『徳川家康』(1983年)、渡辺謙主演による第25作目『独眼竜政宗』(1987年)です。

『春の坂道』は同名の書き下ろし小説(1972年 講談社)を経て現在『柳生宗矩』と改題され、『独眼竜政宗』は『伊達政宗』(1969~1973年『サンデー毎日』連載)が原作です。

晩年に『徳川慶喜』、『徳川家光』も執筆した山岡は、信長・秀吉・家康だけでなく、戦国時代から江戸幕府の滅亡までを描くと同時に、刀剣・日本刀の役割の変化も描き続けました。

著者名:三宅顕人

山岡荘八

山岡荘八をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「明治30~40年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


山本周五郎

山本周五郎
『樅ノ木は残った』でその名を残す山本周五郎(やまもとしゅうごろう)。歴史の敗者を描くことに終生こだわった周五郎は、刀剣・日本刀を通して正しさを追求し続けました。

山本周五郎

舟橋聖一

舟橋聖一
『花の生涯』を執筆した舟橋聖一(ふなはしせいいち)。歌舞伎に慣れ親しみ、最初の人気作は歌舞伎の女形を描いたものでした。そんな舟橋は多くの自作で刀剣・日本刀を女性にまつわる視点で描きます。

舟橋聖一

林不忘

林不忘
『丹下左膳』でその名を残す林不忘(はやしふぼう)。『丹下左膳』は時代小説(大衆文学)全体が人気ジャンルとなっていく中で依頼を受けて執筆されました。林が生みだした大小一対の妖刀のアイデアは現在まで多くの後発作品に受け継がれています。

林不忘

大佛次郎

大佛次郎
『赤穂浪士』を執筆した大佛次郎(おさらぎじろう)。髷物『鞍馬天狗』で一躍人気となった大佛はもともと海外文学の翻訳を手がけていました。大佛の刀剣・日本刀の物語は、西洋文学が背景となっています。

大佛次郎

山手樹一郎

山手樹一郎
『桃太郎侍』『遠山の金さん』を執筆した山手樹一郎(やまてきいちろう)。共にテレビ時代劇としてもよく知られる小説です。小説版『桃太郎侍』では刀剣・日本刀の存在が物語で重要な役割を果たします。

山手樹一郎

海音寺潮五郎

海音寺潮五郎
上杉謙信を描いた『天と地と』を執筆した海音寺潮五郎(かいおんじちょうごろう)。ノンフィクションを目指す史伝に重きを置きました。リアリズムを重んじる海音寺はやがて愛刀家にもなっていきます。

海音寺潮五郎

村上元三

村上元三
『源義経』を執筆した村上元三(むらかみげんぞう)。時代小説を禁止したGHQの占領政策後期、『佐々木小次郎』を描いた村上は、戦後の歴史小説・時代小説の扉を開きました。

村上元三

角田喜久雄

角田喜久雄
『鍔鳴浪人』で当時の文壇でトップの原稿料を誇ったとも言われる角田喜久雄(つのだきくお)。探偵小説の素養を背景に持つ角田は、日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そこでは謎めいた刀剣・日本刀の世界が描かれます。

角田喜久雄

注目ワード

注目ワード