明治30~40年代生まれの刀剣小説家

角田喜久雄

文字サイズ

『鍔鳴浪人』で当時の文壇でトップの原稿料を誇ったとも言われる角田喜久雄(つのだきくお)。探偵小説の素養を背景に持つ角田は、日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そこでは謎めいた日本刀の世界が描かれます。

徳川綱吉に直訴する徳川忠長の孫

髑髏銭

髑髏銭

角田喜久雄は、第1回『サンデー毎日』大衆文芸賞の当選を受賞後、角田初の新聞連載となった『髑髏銭』(1937~1938年『読売新聞』連載)を発表します。連載終了時、嵐寛寿郎の主演で映画化されました。

主人公は、一刀流を学んだ浪人の神奈三四郎です。江戸時代中期、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の時代を生きる三四郎は、じつは3代将軍・徳川家光との対立から自刃した家光の弟・忠長の孫でした。綱吉に近付き、祖父の無念を超え、天下のために政権を朝廷に返上する想いを伝えたいと考えていました。

(自分は立場が違う。自分は徳川の血を引く者だ。その自分が、己れの血族の犯している罪悪を知りながら、どうして黙して時を過せるか。もとより、この素浪人の一言を入れて天下の大政が動く筈はないかも知れぬ。しかし、たとえ無駄であろうとも、その警鐘の第一鐘を自分が打つことは、やがて亡き祖父への手向けともなるだろう……)

三四郎は惟一人、その信念をもって、心を磨き、剣を研ぎ、時を待って遂に今宵の一時を得たのである。

『髑髏銭』より

一刀流VS鎖鎌

三四郎は、綱吉に近付こうと幕府の側用人・柳沢吉保(保明)の仕官を目指す中で、謎の財宝の鍵を握る髑髏銭の騒動にも巻き込まれます。尾瀬・浮田城の浮田左近次が子孫に残した財宝にかかわる髑髏銭は、左近次の末裔で赤い覆面をした隻眼の鎖鎌の達人・銭酸漿と柳沢らが探し合っています。三四郎は、ある浪士の娘の身を守ったことで、銭酸漿と相対していきます。

若侍は、一刀流の正統と見える平正眼の構えのかげから、相手の異様な武器と構えとに、注意深い凝視を送っていた。

「若僧。少しは、やるな……」

朱い覆面のかげから、突然嗄声が陰気に漏れてくる。

「何故、邪魔アしゃアがる?」

「邪魔?」

若侍の片頬に、冷笑のようなものがかすかに動いた。

「人殺しの邪魔をして、何故、悪い?」

こうした切迫した空気の中にあって、その若さに似げない不敵な沈着さである。

「何ッ!」

明かに、ぐッと来たらしい。右手に振り上げている鎌の刃が、ぎらぎら光った。

『髑髏銭』より

天下泰平のために奔走する居合抜きの剣客

鍔鳴浪人

鍔鳴浪人

作家として多忙となった角田は、それまで勤めていた海軍水路部を退社し、読売新聞社の客員となります。そして、『髑髏銭』に続いて『鍔鳴浪人』(1939年『読売新聞』連載)を執筆します。連載終了時、阪東妻三郎主演で映画化されました。

主人公は、居合抜き討ちの達人で、国を憂う加州の浪人・楓月太郎です。一音の鍔の鳴りで斬るその腕前から、鍔鳴楓のあだ名を持ちます。月太郎は、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜によって大政奉還がなされた頃、西郷吉之助(西郷隆盛)の密書を手に江戸の薩摩藩邸にいる益満休之助のもとを目指したことで、江戸警備役の庄内藩(新徴組)に命を狙われていきます。密書は、幕府の出入り人と異国人との密会を撮らえた玻璃板写真で、尊王攘夷派・佐幕派を超えて国を揺るがす証拠でした。

命の恩人の証となる日本刀・武蔵大掾忠広

『鍔鳴浪人』では名のある日本刀も登場します。月太郎は、襲ってきた佐幕派を斬ったことでその身内の妹弟から命を狙われます。けれどもその後、敵対するその姉の命を救ったことで慕われていきます。名を告げなかった月太郎の証は、武蔵大掾忠広の脇差でした。

明らかに、

肥前国住武蔵大掾藤原忠広

と切った銘が、読みとられた。

もう疑う余地もなく、尋ねていたのはこの脇差であり、月太郎であったのだ。

『鍔鳴浪人』より

神奈三四郎に楓月太郎。角田は日本刀を通して、立場を超えて何よりも天下泰平を望む主人公を描きました。

著者名:三宅顕人

角田喜久雄

角田喜久雄をSNSでシェアする

「明治30~40年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


林不忘

林不忘
『丹下左膳』でその名を残す林不忘(はやしふぼう)。『丹下左膳』は時代小説(大衆文学)全体が人気ジャンルとなっていく中で依頼を受けて執筆されました。林が生みだした大小一対の妖刀のアイデアは現在まで多くの後発作品に受け継がれています。

林不忘

山本周五郎

山本周五郎
『樅ノ木は残った』でその名を残す山本周五郎(やまもとしゅうごろう)。歴史の敗者を描くことに終生こだわった周五郎は、日本刀を通して正しさを追求し続けました。

山本周五郎

山岡荘八

山岡荘八
『徳川家康』で知られる山岡荘八(やまおかそうはち)。戦後に家康ブームを起こした山岡は家康の他、多数の戦国武将を描きました。そこには戦中戦後を生きた山岡の日本刀を通した自身の想いが秘められています。

山岡荘八

舟橋聖一

舟橋聖一
『花の生涯』を執筆した舟橋聖一(ふなはしせいいち)。歌舞伎に慣れ親しみ、最初の人気作は歌舞伎の女形を描いたものでした。そんな舟橋は多くの自作で日本刀を女性にまつわる視点で描きます。

舟橋聖一

大佛次郎

大佛次郎
『赤穂浪士』を執筆した大佛次郎(おさらぎじろう)。髷物『鞍馬天狗』で一躍人気となった大佛はもともと海外文学の翻訳を手がけていました。大佛の日本刀の物語は、西洋文学が背景となっています。

大佛次郎

山手樹一郎

山手樹一郎
『桃太郎侍』『遠山の金さん』を執筆した山手樹一郎(やまてきいちろう)。共にテレビ時代劇としてもよく知られる小説です。小説版『桃太郎侍』では日本刀の存在が物語で重要な役割を果たします。

山手樹一郎

海音寺潮五郎

海音寺潮五郎
上杉謙信を描いた『天と地と』を執筆した海音寺潮五郎(かいおんじちょうごろう)。ノンフィクションを目指す史伝に重きを置きました。リアリズムを重んじる海音寺はやがて愛刀家にもなっていきます。

海音寺潮五郎

村上元三

村上元三
『源義経』を執筆した村上元三(むらかみげんぞう)。時代小説を禁止したGHQの占領政策後期、『佐々木小次郎』を描いた村上は、戦後の歴史小説・時代小説の扉を開きました。

村上元三

注目ワード
注目ワード