明治30~40年代生まれの刀剣小説家

海音寺潮五郎

文字サイズ

上杉謙信を描いた『天と地と』を執筆した海音寺潮五郎(かいおんじちょうごろう)。ノンフィクションを目指す史伝に重きを置きました。リアリズムを重んじる海音寺はやがて愛刀家にもなっていきます。

剣法・剣術以前の平将門

平将門

平将門

海音寺潮五郎は、中学校の教師として国語・漢文を教えながら小説の執筆を続け、第5回『サンデー毎日』大衆文芸賞の当選を機に作家を専業とします。直木三十五賞の第1回候補に名を連ね、第3回直木三十五賞の受賞者となりました。

その後、戦中・戦後の検閲に苦しんだ経験から武家時代以前の「王朝物」を主題にし、『平将門』(1954~1957年『産業経済新聞』『産経時事』断続連載)の執筆へ至ります。海音寺初の3年に亘る新聞連載となりました。

同作では、軍記物語『将門記』を基本書とし、関東の豪族・平小次郎将門が親皇を名乗り朝廷に討ちとられる(承平天慶の乱)までの生涯を、組織立った剣法・剣術以前の世界観の中で描きました。

しかし、首領は逃げる形を取らなかった。抜きはなった刀を真向にふりかざし、真一文字に小次郎をめがけて走りかかって来た。

「あっぱれ!」

小次郎は感嘆した。こんな勇敢な敵には、たとえ賊であっても、弓矢で迎えるべきではないと思った。ちゅうちょなく弓をすて、やなぐいをかなぐりすて、刀をぬいて走り向かった。

『平将門』より

史伝から上杉謙信の時代小説へ

天と地と

天と地と

海音寺は数多くの史伝を執筆します。『武将列伝』、『日本名城伝』、『悪人列伝』、『列藩騒動録』、『幕末動乱の男たち』などを残しました。

『武将列伝』では、悪源太義平、平清盛、源頼朝、木曽義仲、源義経楠木正成足利尊氏、楠木正儀、北条早雲斎藤道三毛利元就武田信玄織田信長豊臣秀吉徳川家康、大友義鎮/宗麟、山中鹿介幸盛、明智光秀、武田勝頼、竹中半兵衛(重治)、前田利家黒田官兵衛(孝高/如水)、蒲生氏郷、真田昌幸、長宗我部元親伊達政宗石田三成加藤清正、立花一族(立花道雪・高橋紹運・立花宗茂)、真田幸村(信繁)、徳川家光、西郷隆盛勝海舟を取り上げました。

『日本名城伝』では、熊本城高知城姫路城大阪城(大坂城)、岐阜城名古屋城富山城小田原城江戸城会津若松城(鶴ヶ城)、仙台城(青葉城)、五稜郭を順に取り上げました。

編集者が武将を選択した『武将列伝』で越後国の武将・上杉謙信がもれたことが心残りだった海音寺は、謙信を主人公とし『天と地と』(1960~1962年『週刊朝日』連載)を執筆します。謙信の出生から上杉政虎と名乗り、武田信玄と長きに亘る川中島の戦い(第4次)までを描きました。

謙信と備前長船兼光

海音寺は、軍学書『甲陽軍鑑』をもとにし、川中島の合戦をこう描きました。

「信玄坊主め! 今日こそ勝負を決するぞ。おれの首をわたすか、うぬの首をとるか、二つに一つだ!……」

短刀をぬいて、冑のしのびの緒を切り、ぬいで、ざんぶと犀川の淵に投げこみ、具足の引合せの間から引出した白練の絹で、行人づつみに頭と顔をつつみ、二尺七寸五分、備前長船の住兼光の佩刀をぬき、刀にかつぎ、片手ぐりに手綱をとり、まっしぐらに信玄の旗本に向って駆けた。

『天と地と』より

『天と地と』では、謙信が長尾景虎と名乗っていた頃に上洛した際、正親町天皇から粟田口吉光(通称・籐四郎)作の五虎退を拝領したできごとや、室町幕府第13代将軍・足利義輝の幕臣・大館兵部少輔藤安から備前長船兼光の返礼など、日本刀に触れています。

愛刀家・海音寺潮五郎

日本の名匠

日本の名匠

海音寺は日本刀を愛好し、豊後国高田の刀工一派・長盛や肥前国の刀工・近江大掾藤原忠吉(4代)などを手に入れており、刀剣について随筆や史伝も記しました。

『実説武侠伝』(1962年 新潮社)収録の「正宗」では、明治時代に湧き出た正宗不在説を否定。同じく収録の「村正」では、江戸時代に講談や歌舞伎で広まった村正の妖刀伝説を否定しました。

『日本の名匠』(1975年 中央公論社)収録の「名匠伝」では、刀鍛冶師を紹介します。長曽禰興里(虎徹)、山浦清麿(源清麿)、埋忠明寿とその弟子の肥前忠吉、堀川国広と弟子の和泉守国貞と河内守国助、国貞の弟子・井上真改、国助の弟子・ソボロ助広、越前康継ら「新刀」に分類される江戸時代以降。昭和に活躍した宮入行平(昭平)を取り上げました。

その後、海音寺は、石坂浩二主演で『天と地と』がNHK大河ドラマの第7作目となったことを機に引退宣言(1969年)。以前から執筆を続けていた海音寺の故郷の名士・西郷隆盛の史伝・時代小説に生涯取り組み、薩摩藩がご流儀とした剣術・示現流も取り上げました。

日本刀を愛した海音寺は、生涯に亘って刀剣の世界を描いたのです。

著者名:三宅顕人

海音寺潮五郎

海音寺潮五郎をSNSでシェアする

「明治30~40年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


山岡荘八

山岡荘八
『徳川家康』で知られる山岡荘八(やまおかそうはち)。戦後に家康ブームを起こした山岡は家康の他、多数の戦国武将を描きました。そこには戦中戦後を生きた山岡の日本刀を通した自身の想いが秘められています。

山岡荘八

山本周五郎

山本周五郎
『樅ノ木は残った』でその名を残す山本周五郎(やまもとしゅうごろう)。歴史の敗者を描くことに終生こだわった周五郎は、日本刀を通して正しさを追求し続けました。

山本周五郎

舟橋聖一

舟橋聖一
『花の生涯』を執筆した舟橋聖一(ふなはしせいいち)。歌舞伎に慣れ親しみ、最初の人気作は歌舞伎の女形を描いたものでした。そんな舟橋は多くの自作で刀剣・日本刀を女性にまつわる視点で描きます。

舟橋聖一

林不忘

林不忘
『丹下左膳』でその名を残す林不忘(はやしふぼう)。『丹下左膳』は時代小説(大衆文学)全体が人気ジャンルとなっていく中で依頼を受けて執筆されました。林が生みだした大小一対の妖刀のアイデアは現在まで多くの後発作品に受け継がれています。

林不忘

大佛次郎

大佛次郎
『赤穂浪士』を執筆した大佛次郎(おさらぎじろう)。髷物『鞍馬天狗』で一躍人気となった大佛はもともと海外文学の翻訳を手がけていました。大佛の日本刀の物語は、西洋文学が背景となっています。

大佛次郎

山手樹一郎

山手樹一郎
『桃太郎侍』『遠山の金さん』を執筆した山手樹一郎(やまてきいちろう)。共にテレビ時代劇としてもよく知られる小説です。小説版『桃太郎侍』では刀剣・日本刀の存在が物語で重要な役割を果たします。

山手樹一郎

村上元三

村上元三
『源義経』を執筆した村上元三(むらかみげんぞう)。時代小説を禁止したGHQの占領政策後期、『佐々木小次郎』を描いた村上は、戦後の歴史小説・時代小説の扉を開きました。

村上元三

角田喜久雄

角田喜久雄
『鍔鳴浪人』で当時の文壇でトップの原稿料を誇ったとも言われる角田喜久雄(つのだきくお)。探偵小説の素養を背景に持つ角田は、日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そこでは謎めいた刀剣・日本刀の世界が描かれます。

角田喜久雄

注目ワード

注目ワード