明治30~40年代生まれの刀剣小説家

林不忘

文字サイズ

『丹下左膳』でその名を残す林不忘(はやしふぼう)。『丹下左膳』は時代小説(大衆文学)全体が人気ジャンルとなっていく中で依頼を受けて執筆されました。林が生みだした大小一対の妖刀のアイデアは現在まで多くの後発作品に受け継がれています。

粟田口派か? 青江物か?

一人三人全集

一人三人全集

エッセイ・現代物、探偵小説・翻訳、髷物と筆名を使い分けた長谷川海太郎は、林不忘の筆名で髷物(まげもの)を書きました。

不忘は、髷物の短編「寛永相合傘」(1927年『文藝春秋』初出)で、尾州家江戸詰めの藩士・安斎十郎兵衛と寺中甚吾左衛門の様々な競争心を描きます。江戸時代前期、江戸幕府第3代将軍・徳川家光の時代、幼馴染の2人は「刀剣眼利の会」でも競い合います。ある一刀を巡って、鎌倉時代に山城国で興った粟田口派か、平安時代に備中国で興った青江物かで論争します。

「安斎、粟田口だな。」

「ふうむ。粟田口かな。」

と腕を組んだ安斎十郎兵衛、感心したのかと思うと、そうではない。

「なるほど。言わるるとおり乱れは乱れじゃが、ちと逆心が見える。拙者の観るところ、どうも青江物じゃな、これは。」

「しかし――。」

甚吾左衛門が口をとんがらせる。

「しかし――。」

と十郎兵衛も負けてはいない。が、一歩譲る気になって、

「しかし――何じゃ?」

「しかし」甚吾がつづける。「しかし、刃文と言い、さまで古からぬ切れ込みのあんばいと言い、何とあってもここは粟田口、しかも国光あたりと踏むが、まず格好と存ずる。」

「寛永相合傘」より

大小一対の妖刀・乾雲丸と坤竜丸

不忘名義では、『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』(1927~1928年『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』連載)でその名が広く知られていきます。『サンデー毎日』の編集長・千葉亀雄から依頼されての執筆でした。邑井貞吉の講談『大岡政談 鈴川源十郎』を下敷きに、「新講談」と謳い、妖刀争奪を創作しました。

江戸時代中期、江戸幕府第8代将軍・徳川吉宗の時代、日本刀を溺愛し収集する相馬中村藩の藩主・相馬大膳亮は、家臣の丹下左膳にある指令を出します。

室町時代に美濃国の関を拠点とした刀工・兼元(屋号:孫六)最後の作とされる大小一対の妖刀・乾雲丸と坤竜丸を手に入れよという物でした。

乾雲、坤竜の二刀、まことに天下の逸品には相違ない。だが、この刀がそれほど高名なのは、べつに因縁があるのだと人はいいあった。

ほかでもないというのは。

二つの刀が同じ場所に納まっているあいだは無事だが、一朝乾雲と坤竜が所を異にすると、凶の札をめくったも同然で、たちまちそこに何人かの血を見、波瀾万丈、恐ろしい渦を巻き起こさずにはおかないというのだ。

『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』より

隻眼隻手の剣客・丹下左膳

丹下左膳

丹下左膳

乾雲丸と坤竜丸は、江戸で神変夢想流の町道場を開く小野塚鉄斎の家宝となっていました。左膳は、隻眼隻手のハンディキャップをもろともしない腕前で、剣客・鉄斎を打ち倒し、大刀・乾雲丸のみ奪うことになります。

無頼の旗本・鈴川源十郎邸に身を寄せる左膳は当初脇役だったものの嵐寛寿郎(嵐長三郎)や大河内伝次郎らの主演で主人公として映画化されるなど人気を博し、単行本時には『丹下左膳』として発売されることになりました。

左膳のライバルは武蔵太郎安国を愛刀とする剣客

小刀・坤竜丸は、小野塚鉄斎の高弟で美男子の剣客・諏訪栄三郎が守っています。栄三郎は、師匠のもとから乾雲丸を奪った左膳を追います。医師で刀工でもあった大村加卜(『刀剣秘宝』などの著を残す)の弟子で武州出身の刀工・武蔵太郎安国の刀で立ち向かいます。武蔵太郎安国は、中里介山の『大菩薩峠』の主人公・机竜之助が愛刀としたことでよく知られるようになった刀です。

孫六の末裔も登場

左膳と栄三郎の争いには、刀工・兼元(屋号:孫六)の末裔という得印兼光も加わります。先祖が作った乾雲丸と坤竜丸が持つ不思議な力の秘密を知りたいと言う思いからでした。

「刀剣眼利の会」や妖刀の争奪を描いた不忘。不忘にとって刀剣は、競争心を駆り立てる物でした。

著者名:三宅顕人

林不忘

林不忘をSNSでシェアする

「明治30~40年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


山岡荘八

山岡荘八
『徳川家康』で知られる山岡荘八(やまおかそうはち)。戦後に家康ブームを起こした山岡は家康の他、多数の戦国武将を描きました。そこには戦中戦後を生きた山岡の日本刀を通した自身の想いが秘められています。

山岡荘八

山本周五郎

山本周五郎
『樅ノ木は残った』でその名を残す山本周五郎(やまもとしゅうごろう)。歴史の敗者を描くことに終生こだわった周五郎は、日本刀を通して正しさを追求し続けました。

山本周五郎

舟橋聖一

舟橋聖一
『花の生涯』を執筆した舟橋聖一(ふなはしせいいち)。歌舞伎に慣れ親しみ、最初の人気作は歌舞伎の女形を描いたものでした。そんな舟橋は多くの自作で日本刀を女性にまつわる視点で描きます。

舟橋聖一

大佛次郎

大佛次郎
『赤穂浪士』を執筆した大佛次郎(おさらぎじろう)。髷物『鞍馬天狗』で一躍人気となった大佛はもともと海外文学の翻訳を手がけていました。大佛の日本刀の物語は、西洋文学が背景となっています。

大佛次郎

山手樹一郎

山手樹一郎
『桃太郎侍』『遠山の金さん』を執筆した山手樹一郎(やまてきいちろう)。共にテレビ時代劇としてもよく知られる小説です。小説版『桃太郎侍』では日本刀の存在が物語で重要な役割を果たします。

山手樹一郎

海音寺潮五郎

海音寺潮五郎
上杉謙信を描いた『天と地と』を執筆した海音寺潮五郎(かいおんじちょうごろう)。ノンフィクションを目指す史伝に重きを置きました。リアリズムを重んじる海音寺はやがて愛刀家にもなっていきます。

海音寺潮五郎

村上元三

村上元三
『源義経』を執筆した村上元三(むらかみげんぞう)。時代小説を禁止したGHQの占領政策後期、『佐々木小次郎』を描いた村上は、戦後の歴史小説・時代小説の扉を開きました。

村上元三

角田喜久雄

角田喜久雄
『鍔鳴浪人』で当時の文壇でトップの原稿料を誇ったとも言われる角田喜久雄(つのだきくお)。探偵小説の素養を背景に持つ角田は、日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そこでは謎めいた日本刀の世界が描かれます。

角田喜久雄

注目ワード
注目ワード