明治20年代生まれの刀剣小説家

佐々木味津三

文字サイズ

『旗本退屈男』でその名を残す佐々木味津三(ささきみつぞう)。純文学から大衆文学へ移行してきた佐々木は、当時人気を博していた『半七捕物帳』と『丹下左膳』の時代小説を巧みに換骨奪胎しました。それは当時の時代小説の人気ぶりを教えてくれます。

『半七捕物帳』から『右門捕物帖』へ

半七捕物帳

半七捕物帳

佐々木味津三は、純文学からスタートし、親族の借金返済のために売り上げの見込めた大衆小説を選びます。「直参八人組」、「討てぬ仇討」、「家康秘録」(1926年『講談倶楽部』)、「三河武人物語」(1926年『現代』)、「剣侠二人兄弟」、「義剣春雨潭」(1927年『講談倶楽部』)、「死にに行く武士」(1927年『現代』)、「切支丹狩り」(1928年『キング』)などの短編を発表し、大日本雄辯會講談社(現・講談社)の雑誌を拠点としていきます。

そして、岡本綺堂が創始した「捕物帳」も手がけ、『右門捕物帖』を執筆します(1928~1932年『冨士』他連載)。作品は連載中、嵐寛寿郎主演で映画化され、人気作となっていきます。

盗まれた妖刀・村正

右門捕物帖

右門捕物帖

『右門捕物帖』の主人公は、八丁堀の同心・近藤右門です。右門は無口から「むっつり右門」と呼ばれ、配下の岡っ引き・伝六が物語を進めていきます。

全38作のうち「村正騒動」では、徳川家に対する妖刀伝説で知られる村正を登場させます。右門は、越前松平家の小姓で家宝の村正を預かっていた石川杉弥から、村正を盗んだ犯人探しの依頼を受けました。

それを盗みとったら恐らく杉弥は詰腹か追放に会うだろうと思って、杉弥亡き後の百合江の恋を私することが出来るだろうと考えついたものでしたから、殿の怒りを激発させるために、かく秘蔵中の秘蔵の村正を盗みとったのです。

「村正騒動」『右門捕物帖』より

『丹下左膳』から『旗本退屈男』へ

丹下左膳

丹下左膳

佐々木は『右門捕物帖』発表の翌年、『旗本退屈男』(1929~1930年『文芸倶楽部』連載)を執筆します。連載中、市川歌右衛門主演で映画化され、こちらも人気作となっていきます。

主人公は、旗本の早乙女主水介です。眉間に三日月形の傷跡を持っています。その傷は江戸の町道場を泣かせていた長藩七人組と称された剣客集団を浅草雷門で倒したときにできた物です。

連載はちょうど林不忘の新聞連載小説『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』(1927~1928年『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』連載)の登場人物で隻眼片腕の丹下左膳が、嵐長三郎(嵐寛寿郎)や大河内伝次郎などの主演で映画化され、人気となっていた時期でした。

諸羽流正眼崩し

旗本退屈男

旗本退屈男

江戸時代中期、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の時代、天下泰平の元禄年間を生きる主水介は、「退屈」が口癖です。

旗本の身分と目立つ眉間の傷を逆手にとって、退屈ゆえにどんな問題にも首を突っ込んでいきます。ときに篠崎竹雲斉を祖とする諸羽流の剣の腕をふるい、「諸羽流正眼崩し」の剣技も披露します。

「よくみい! この疵痕がだんだん怖うなって参るぞ。抜かば斬らずにおけぬが篠崎流の奥義じゃ。いってもよいか。」

(中略)

物静かに呟き乍ら、大きく腰がひねられたかと見えた途端!――きらり、玉散る銀蛇が、星月宵にしゅッと閃いたと見えるや、実にぞっと胸のすく程な早技でした。声もなく左の二人が、言った通りそこへぱたり、ぱたりとのけぞりました。同時に退屈男の涼しげな威嚇――。

「後の旗本退屈男」『旗本退屈男』より

純文学からスタートし、先行する人気作を踏まえ、自身の作品を生みだした佐々木は、刀剣世界に拡がりをもたらしました。

著者名:三宅顕人

佐々木味津三

佐々木味津三をSNSでシェアする

「明治20年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


土師清二

土師清二
『砂絵呪縛』でその名を残す土師清二(はじせいじ)。歌舞伎の時代小説化で小説家としてのキャリアを始めた土師は、傾奇者や隠密・浪人など武士道をはみ出す刀剣・日本刀の世界を描きました。

土師清二

国枝史郎

国枝史郎
『八ヶ嶽の魔神』を含む三大伝奇長編を遺した国枝史郎(くにえだしろう)。日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そんな国枝は、江戸時代の2大流派に注目し、その剣技を出版された伝奇小説の中に巧みに取り入れました。

国枝史郎

吉川英治

吉川英治
長編『宮本武蔵』でその名が知られる吉川英治(よしかわえいじ)。当初伝奇小説で人気を博していた吉川の想像力は『宮本武蔵』にも流れ込んでいます。伝奇小説が歴史小説とみなされていくその広がりには当時の時代背景が大きく影響しています。

吉川英治

直木三十五

直木三十五
『日本剣豪列伝』が遺稿となった直木三十五(なおきさんじゅうご)。その名は現在直木賞として知られます。初恋は劇場で観た女剣舞師と記した直木は生涯に亘って剣を描きました。

直木三十五

子母澤寛

子母澤寛
『新選組遺聞』を含む新選組三部作を遺した子母澤寛(しもざわかん)。その後、多くの新選組小説を生みだしていく端緒となった子母澤は、幕末に生きた実在の剣客に関心を寄せ続けました。

子母澤寛

三上於菟吉

三上於菟吉
『雪之丞変化』でその名を残す三上於菟吉(みかみおときち)。翻訳・現代物から髷物へ移行し人気を博した三上は、時代小説の幅を大きく広げました。そこには刀剣・日本刀を用いない試みがなされています。

三上於菟吉

白井喬二

白井喬二
長編『富士に立つ影』で一躍有名になった白井喬二(しらいきょうじ)。芥川龍之介にも賞賛されたその想像力で日本の伝奇小説を大きく発展させました。その刀剣観も独特のものでした。

白井喬二

注目ワード

注目ワード