備前伝
長船鍛冶
備前伝
長船鍛冶

文字サイズ

備前国(びぜんのくに:現在の岡山県南東部)は、古来より鉄資源に恵まれた刀剣王国です。質・量ともに全国1位を誇り、刀匠の数も突出して多く、現存する名刀の70パーセントが備前の物と言うことからも、その繁栄ぶりが窺えます。中でも「長船派」(おさふねは:備前長船)は、「長船物」(おさふねもの)と呼ばれ高く評価され、名刀の代名詞とされてきました。備前長船が刀剣王国として栄えたのは、長船一門の、各代の長の時代を見る眼が正しかったと言うことが挙げられます。祖である「光忠」(みつただ)は武士の時代に即した、実戦を重んじながらも芸術的で華やかな日本刀を作り出し、2代目「長光」(ながみつ)の経営者としての力量が大工房へと発展させました。3代目「景光」(かげみつ)は堅実に父の跡を引き継ぎながらも、「肩落互の目」(かたおちぐのめ)など、時代に合ったデザインを工夫し、長船派は発展していくのです。 ここでは、長船派の代表的な名工についてご紹介します。

日本刀史上に大きな影響を与えた刀工・長光

古刀期の名刀工の中でも最も多くの名作を後世に遺した長光(1274~1304年 [文永11年~嘉元2年]頃に活躍)は、長船派の祖・光忠の子。父から受け継いだ華麗な丁子乱刃(ちょうじみだれば)から直刃(すぐは)まで作品の幅が広く、備前長船の名を高めた第一人者です。

1274年(文永11年)の「文永の役」と1281年(弘安4年)の「弘安の役」という2回の元寇(げんこう)で需要が増した太刀製造のために、鍛冶場を拡大して工房化。大量生産に応える中で、華美過ぎない、程良くスマートな美を確立しました。品格のある万人向きの優美な姿は、「長光姿」と呼ばれ、後世の長船鍛冶の本流となりました。

長光は作風に幅があることから、「長光」銘を初代、「左近将監長光」(さこんのしょうげんながみつ)を2代とする説など、長年2名以上いるとも言われてきました。しかし、近年では1代限りと見るのがほぼ定説で、長光の名は、一門の登録商標のように使われていたとする説もあります。また、「順慶」は、「長光」の老後の法号とされてきましたが、作風の大きな違いなどから、近年では別人説が有力です。

長光の主な作品

長光は非常に多くの名作を後世に遺し、国宝に6点、重要文化財に28点、重要美術品に36点も指定されています。

国宝・太刀 銘 長光(名物:大般若長光)

太刀 銘 長光

太刀 銘 長光

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期 国宝 1951年
(昭和26年)
6月9日
東京国立博物館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
73.6cm 2.9 cm
主な所有者・伝来
足利義輝 → 織田信長 → 徳川家康 → 奥平信昌 → 忍藩松平家

長光の代表作。室町時代にはすでに「大般若」(だいはんにゃ)の異名で広く知られた名刀でした。600貫(かん)という眼を見張るような高値が付けられており、「大般若経」(だいはんにゃきょう)600巻と語呂が同じなので、そう呼ばれるようになりました。堅い刀剣の世界には珍しく、洒落(しゃれ)の効いたお話です。

大般若は、もともとは足利将軍家の重宝でしたが、戦国の乱世の中で次々と持ち主を変えていきます。13代将軍・義輝が「永禄の政変」で殺害された際に奪われたのちに織田信長の手に渡り、「姉川の戦い」の功で徳川家康に贈られます。

さらに「長篠の戦い」で長篠城を守り通した城主・奥平信昌(おくだいらのぶまさ)に戦功第一の褒美として与えられました。父・信昌から受け継いだ4男・忠明は、のちに家康の養子となり、天下の名刀は、武蔵国忍藩(むさしのくにおしはん:現在の埼玉県行田市)松平家に代々伝えられることに。ようやく落ち着いたかに思われましたが、明治維新後に売りに出され、現在は東京国立博物館が所蔵しています。

国宝・太刀 銘 長光(名物:遠江長光)

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期 国宝 1954年
(昭和29年)
3月20日
徳川美術館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
72.0cm 2.3cm
主な所有者・伝来
織田信長 → 明智光秀 → 津田遠江 → 前田利長
→ 徳川綱吉 → 徳川吉道

長光の作中、一番華やかな作品。派手好みの信長愛用のこの太刀を、「本能寺の変」の際に安土城から明智光秀(あけちみつひで)が奪い、家老の津田遠江重久(つだとおとうみしげひさ)に与えたところから「遠江」と呼ばれるようになりました。

津田重久が光秀の死後仕えた加賀藩(現在の石川県金沢市)前田家に献上し、尾張徳川家の松姫(5代将軍・綱吉の養女)の前田家への輿入れの際に尾張徳川家へもたらされます。のちに徳川将軍家を経て尾張徳川家へ戻り、現在は尾張徳川家の所蔵品を展示する徳川美術館(愛知県名古屋市)が所蔵しています。

国宝・薙刀 銘 備前国長船住人長光造

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期 国宝 1957年
(昭和32年)
2月19日
佐野美術館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
43.3cm 1.8cm 3.2cm 63.6cm
主な所有者・伝来
不明

「薙刀 銘 備前国長船住人長光造」(なぎなた めい びぜんのくにおさふねじゅうにんながみつつくる)は、姿・作柄ともに美しく、地刃の出来が優れた薙刀(なぎなた)です。薙刀は鎌倉時代から室町時代にかけて、実戦で使われた消耗品であるため、このように保存状態が良い物は非常に珍しく、鎌倉時代の薙刀については、現存すること自体が貴重だと言われています。長く個人が所有していましたが、現在は佐野美術館(静岡県三島市)が所蔵。

国宝・太刀 銘 熊野三所権現長光

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期 国宝 1952年
(昭和27年)
11月22日
法人
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
75.0cm 2.9cm
主な所有者・伝来
朝廷 → 熊野大社 → 九鬼家 → 織田信長 → 豊臣秀吉
→ 上杉景勝 → 徳川将軍家 → 朽木稙元

「太刀 銘 熊野三所権現長光」(たち めい くまのさんしょごんげんながみつ)は、元寇の際に熊野大社での撃退祈祷の護摩焚き(ごまたき)に使用するため作られたとされています。長光の作の中でも非常に完成度の高い作品です。熊野の豪族・九鬼家に伝わる重宝で、名だたる武将の手を経て、徳川将軍家に献上されます。8代将軍・吉宗が朽木稙元(くつきたねもと:丹波福知山[たんばふくちやま]藩主)に与えた後は同家に伝わり、明治になって細川子爵家に移ったのち、国宝指定を受けました。

鍛えの良さでは父・長光をしのぐ名匠・景光

地鉄

地鉄

景光(1304~1334年[嘉元2年~建武元年]頃に活躍)は、元寇の時期に大活躍した長光の子で、長船派を代表する刀工のひとり。太刀の他短刀の遺作が多いのが特徴です。

太刀は、父・長光ほどの豪壮さはありませんが、重ねが厚く、程良い頃合いの品格ある太刀姿。長船派で地鉄(じがね)が一番美しいとされています。焼き刃にも工夫し、長船派らしい匂本位(においほんい)の肩落互の目を創始しました。彫刻の名手で、梵字(ぼんじ)や宗教的な彫り物を施した作品が見られます。

諸説あり、景光は2人以上いたという説もありますが、近年では1代限りだったとするのが主流となっています。

景光の主な作品

景光はたくさんの名作を遺しており、国宝に3点、多くの作品が重要文化財、重要美術品に指定されています。

国宝・太刀 銘 備前国長船住景光 元享二年五月日(号:小竜景光)

太刀 銘 備前国長船住景光 元享二年五月日

太刀 銘 備前国長船住景光 元享二年五月日

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期
(1322年)
[元亨2年]
国宝 1952年
(昭和27年)
11月22日
東京国立博物館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
80.6cm 2.7cm
主な所有者・伝来
楠木正成 → 農家 → 山田浅右衛門 → 明治天皇

徳川幕府8代将軍・吉宗の命で編纂(へんさん)された名刀リストである「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)には記載されていませんが、景光の最高傑作のひとつとされています。地金の美しい景光らしく、細かく目の詰まれた「小板目肌」(こいためはだ)に、変化に富んだ刃文(はもん)を焼いた見事な物です。

小さな倶利伽羅龍(くりからりゅう)を浮き彫りにしていることから「小龍景光」(こりゅうかげみつ)と呼ばれています。楠木正成(くすのきまさしげ)が佩刀(はいとう)していたと伝えられることから、「楠公景光」(なんこうかげみつ)とも。

数奇な運命に翻弄されたこの太刀は、楠木正成の死後、行方知れずになり、その後の経緯は不明で、幕末に河内国(かわちのくに:現在の大阪府)の農家から発見されたと言われています。

御様御用(おためしごよう:刀剣の試し斬り役兼死刑執行人)で愛刀家の「首切り」山田浅右衛門(やまだあさえもん)が入手し、明治維新後に明治天皇に献上されました。明治天皇は非常にお気に召して、常に手元に置いて鑑賞されたとも、サーベル拵(こしらえ)を付け、佩用されたとも言われますが、第二次大戦後に東京国立博物館に移管され、今に至ります。

国宝・短刀 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日(号:謙信景光)

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代後期
(1323年)
[元亨3年]
国宝 1956年
(昭和31年)
6月28日
埼玉県立歴史と
民俗の博物館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
28.3cm
主な所有者・伝来
上杉謙信

景光創案の華やかな肩落互の目の刃文を持つ短刀。刀身には「秩父大菩薩」(ちちぶだいぼさつ)の彫りがあり、これは秩父神社(埼玉県秩父市)の妙見菩薩(みょうけんぼさつ)を指すことから、もともとこの短刀は秩父神社に奉納されていた物とされています。

越後国(えちごのくに:現在の新潟県)の戦国大名・上杉謙信(うえすぎけんしん)が常にそばに置いた愛刀であったことから「謙信景光」(けんしんかげみつ)の名が付きました。

「越後の虎」・「軍神」と呼ばれた名将・謙信は、たくさんの名刀を集めましたが、特に備前長船の刀鍛冶を高く評価していたと言われ、この短刀の他、景光の子・兼光(かねみつ)の日本刀も残されています。

重要文化財・薙刀 銘 備州長船住景光 元亨二年八月日

制作年代 ランク 指定日 所蔵
鎌倉時代末期
(1322年)
[元亨2年]
重要文化財 1937年
(昭和12年)
5月25日
東京国立博物館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
51.5cm 2.7cm
主な所有者・伝来
不明

薙刀は実戦に用いたため、特に鎌倉時代の現存作自体が希少で、現存する景光作の薙刀は本作のみです。この時代の薙刀は、身幅が広く、反りが少ないのが特徴で、現存する父・長光の薙刀と比べると、やや先の反りが深くなり、時代的変化が読み取れます。刃文は丁子(ちょうじ)に互の目乱れ文(ぐのめみだれもん)が華やかに混じり、地金の美しい影光の特色の良く出た優作です。

最上大業物に列せられる刀工・兼光

兼光(1328~1360年[嘉暦3年~延文5年]頃に活躍)は、景光の子。兼光の初期である鎌倉時代末期は父・景光に似た匂本位の肩落互の目や「丁子刃」(ちょうじば)ですが、南北朝時代に入ると作風が変わり、一世を風靡(ふうび)した正宗流の刃文を取り入れた沸出来(にえでき)の「のたれ乱」で、相州伝(そうしゅうでん:相模国[さがみのくに:現在の神奈川県]で活躍した刀工一派)色の濃い作品が特徴になりました。

兼光は活躍時期などに諸説あり、2名以上いるという説も存在します。通常兼光と言うと、「大兼光」と称される初代と2代の「延文兼光」(えんぶんかねみつ)を指します。徳川時代には1代説が主流で、現在でも1代限りと見る学者も多く、定説は定まっていません。

兼光の主な作品

切れ味に優れた日本刀は数々の伝説を持ち、「波泳ぎ兼光」・「鉄砲切り兼光」などの異名があります。

重要文化財・大太刀 銘 備前国長船兼光 延文二二(四)年二月日

大太刀 銘 備前国長船兼光 延文二二(四)年二月日

大太刀 銘 備前国長船兼光 延文二二(四)年二月日

制作年代 ランク 指定日 所蔵
南北朝時代
(1359年)
[延文4年]
重要文化財 1960年
(昭和35年)
6月11日
東京国立博物館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
93.0cm 3.2cm
主な所有者・伝来
上杉家
(越後[現在の新潟県]の戦国大名、のちに米沢藩[現在の山形県]藩主)

「大太刀 銘 備前国長船兼光 延文二二(四)年二月日」(おおたち めい びぜんのくにおさふねかねみつ えんぶんよねんにがつひ)は、身幅の広い、鋒(きっさき)の長く伸びた、3尺(90cm)を超える豪壮な大太刀。南北朝時代にはこのような大太刀が大流行しました。同じく当時流行の相州鍛冶の影響を受けた、ゆったりとした「のたれ主調」となっています。

重要文化財・刀 金象嵌銘 備前国兼光 本阿弥(花押)[名物:大兼光]

制作年代 ランク 指定日 所蔵
南北朝時代 重要文化財 1959年
(昭和34年)
6月27日
佐野美術館
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
83.4cm 2.2cm
主な所有者・伝来
豊臣秀吉 → 藤堂高虎 → 徳川将軍家

「刀 金象嵌銘 備前国兼光 本阿弥(花押)」(かたな きんぞうがんめい びぜんのくにかねみつ ほんあみ[かおう])は、もとは1mを超える大太刀でしたが、江戸時代に本阿弥光温(ほんあみこうおん)によって磨き上げられ、金象嵌を入れられた物です。破綻なく焼かれた大波が美しく、見事な作品。豊臣秀吉の形見分けで藤堂高虎(とうどうたかとら)に贈られた物が、のちに徳川将軍家に献上されました。昭和の時代まで徳川本家に伝わり、戦後は佐野美術館に収蔵されています。

重要美術品・刀 金象嵌銘 羽柴中納言秀詮所持之 波遊ぎ末代の剣 兼光也(名物:波遊)

名前の由来は、小早川秀秋(こばやかわひであき:羽柴秀詮[はしばひであき]とも)に斬られた者が、この刀の切れ味が良すぎて斬られたことに気付かず、川に飛び込んで逃げ、泳ぎ切って岸に着き水から上がると、体が真っ二つになったという逸話から。また、のちに所有した立花家の重宝となり、江戸幕府8代将軍徳川吉宗の再三にわたる鑑賞の希望を、立花家は断り続けたという話も伝わっています。

制作年代 ランク 指定日 所蔵
南北朝時代 重要美術品 1933年
(昭和8年)
7月25日
個人蔵
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
64.8cm 0.8cm
主な所有者・伝来
上杉家 → 小早川秀秋(羽柴秀詮) → 立花家(柳川藩主)

刀 銘 備州長船住兼光 康永二年十一月日(号:水神切兼光)

制作年代 ランク 指定日 所蔵
南北朝時代
(1343年)
[康永2年]
重要美術品 1937年
(昭和12年)
12月24日
個人蔵
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
60.6cm
主な所有者・伝来
上杉家 → 直江兼続 → 上杉家

名前の由来は、直江兼続がこの日本刀で、水神のカッパを斬って、洪水を治めたと言われていることから来ています。兼続は越後の戦国大名・上杉家の家臣で、上杉謙信から上杉景勝(うえすぎかげかつ)に仕えた名家老。「愛」の文字の兜をかぶった武将として、大河ドラマで有名になりました。家老として愛を込めて上杉家に仕えた兼続らしい逸話です。

太刀(名物:竹俣兼光)

制作年代 ランク 指定日 所蔵
南北朝時代 不明
刀身の長さ 反り 元幅 茎の長さ
87.9cm
主な所有者・伝来
竹俣慶綱(三河守) → 上杉謙信 → 上杉景勝 → 豊臣秀吉

驚くほど多くの逸話を持つ名刀です。雷神を2度斬ったとされることから「雷切」の異名も持ちます。また、越後の上杉謙信の家臣・竹俣三河守慶綱(たけのまたみかわのかみよしつな)が朝市で、小豆を真っ二つに切るボロボロの太刀の切れ味に驚き、買い取って調べると、長船兼光の作だと分かり、「小豆兼光」(あずきかねみつ)と名付けました。

その後、刀好きの上杉謙信に献上したことから「竹俣兼光」(たけのまたかねみつ)の名で呼ばれるように。「川中島の戦い」でもこの太刀は使用され、武田方の鉄砲足軽を斬りつけると、鉄砲もろとも両断されたと言う逸話から、さらに「鉄砲切り兼光」の名も伝わります。ここまでの話に関しては、他の日本刀に関する物だとする説もありますが、この太刀に関する話はここで終わりません。

謙信の死後、跡を継いだ上杉景勝が、この太刀を京都へ砥ぎに出したところ、大変な事件が起こります。戻ってきた太刀を見た竹俣三河守が、これは偽物だと言うのです。竹俣三河守が言うには、本物にははばき(刀身を固定する刀装具)から1寸5分のところに、馬の毛が通るほどの穴が開いていたが、これにはその穴がないとのこと。驚いた景勝が調べさせると、本物が見つかり、偽物作成にかかわった者すべてが処罰されました。

そんな数々の逸話に彩られた名刀・竹俣兼光ですが、残念ながら、現在は所在不明となっています。噂を聞いた太閤・秀吉に所望され、景勝はやむなく亡き養父の愛刀を献上しますが、大坂夏の陣で落城の際に行方知れずになってしまったのです。奪って落ち延びた者がいるとの風聞があり、江戸幕府2代将軍・秀忠は「見付けた者には金300枚を与える」と御触れを出しましたが、ついに竹俣兼光は見つかりませんでした。

備前国の地図

備前国の地図

長船鍛冶

長船鍛冶をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「備前伝」の記事を読む


長船鍛冶の歴史

長船鍛冶の歴史
「備前長船」(びぜんおさふね)とは、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工流派。今で言う、日本刀(刀剣)の一流ブランドです。中でも、「長光」(ながみつ)・「真長」(さねなが)・「景光」(かげみつ)の3人は、鋒/切先(きっさき)の中に刃文(焼刃)を入れる、大変難しい「帽子」(ぼうし)技術に優れていました。この3人に共通する帽子のことを、「三作帽子」と言い、この3人は「長船三作」と呼ばれます。また、この流派は「長船四天王」と呼ばれる4人の卓越した刀工も輩出しました。 これらの優れた備前長船の特徴や歴史、名工について詳しくご紹介します。

長船鍛冶の歴史

備前伝の流派

備前伝の流派
「備前伝」(びぜんでん)とは、平安時代から室町時代に、日本一の日本刀の産地として栄えた「備前国」(びぜんのくに:現在の岡山県東部)と、その近辺で輩出された刀工やその一派による日本刀の制作法です。特に、備前国を南北に流れる吉井川の下流あたりが最も栄え、数多くの名工と名門一派を生み出してきました。 ここでは「長船鍛冶」(おさふねかじ)で触れた「長船派」(おさふねは)を除いた代表的な流派である「古備前派」(こびぜんは)、「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)、「吉岡一文字派」(よしおかいちもんじは)、「正中一文字派」(しょうちゅういちもんじは)、「片山一文字派」(かたやまいちもんじは)についてご紹介します。

備前伝の流派

注目ワード

ページトップへ戻る