飛鳥時代
壬申の乱
飛鳥時代
壬申の乱

文字サイズ

672年(天武天皇元年)、皇室内において「天智天皇」(てんじてんのう)の後継者争いが勃発しました。絶大な権力を誇った天智天皇が崩御すると、皇位継承をめぐって天皇の嫡男・「大友皇子」(おおとものおうじ)と天皇の弟・「大海人皇子」(おおあまのおうじ)が対立。国を二分して戦う、古代における最大の内乱となったのです。この「壬申の乱」(じんしんのらん)に勝利を収めた大海人皇子は、「天武天皇」(てんむてんのう)として即位。天皇(個人)を中心とした中央集権的政治構造(皇親政治:こうしんせいじ)を確立し、その後の朝廷政治の基礎を築いたのでした。

壬申の乱が起きた背景

壬申の乱の本質は、皇位継承をめぐる武力衝突です。当初は、皇太子の地位にあった天智天皇の弟・大海人皇子(おおあまのおうじ)が優位でしたが、天智天皇が嫡男・大友皇子を太政大臣に就任させたあたりから、天智天皇の大友皇子に皇位を継承させたいという心変わりが表面化し始めます。

天智天皇の内心の変化を感じ取っていた大海人皇子は、兄からの皇位継承の打診を辞退し、出家すると称して吉野に入り、隠棲(いんせい:世間を離れて静かに暮らすこと)しました。それまでの、自身の政敵を粛清する天智天皇の手法を見てきたことで、身の危険を感じ取っていたからでした。「乙巳の変」(いっしのへん)以後、「中臣鎌足」(なかとみのかまたり)らとともに、兄弟で「大化の改新」を推し進めてきた2人の間に、一体何が起きていたのでしょうか。

白村江の戦いでの敗戦~兄弟の確執の発端!?~

大海人皇子と中大兄皇子

大海人皇子と中大兄皇子

「唐」(とう)・「新羅」(しらぎ)によって滅ぼされた「百済」(くだら)を救済するため、援軍を送った「倭」(わ:当時の日本)でしたが、「白村江の戦い」(はくすきのえのたたかい)で唐・新羅連合軍の前に惨敗を喫しました。

出征途中で「斉明天皇」(さいめいてんのう)が崩御したこともあり、百済・倭連合軍の総大将を務めたのは、「中大兄皇子」(なかのおおえのおうじ:のちの天智天皇)。

大海人皇子は、当初からこの出兵について反対していたとも言われています。結果が出なかったこともあって、この一件を境に、兄弟関係は微妙な物になっていったと考えられるのです。

急激すぎた改革

白村江の戦いでの惨敗を受け、中大兄皇子は、唐の侵攻に備える必要性に迫られます。国防体制においては、九州や瀬戸内を中心に「水城」(みずき)を築いて「防人」(さきもり)を配置。さらに、大宰府(だざいふ)を守るために、朝鮮式の城である「大野城」(おおのじょう)を築くなど、防御を固めました。侵攻の入口となる九州だけでなく、都についてもそれは同様でした。飛鳥(あすか:現在の奈良県高市郡)から四方を琵琶湖と山に囲まれた近江・大津宮に移し、天智天皇として即位。これらの施策における人的・経済的負担は莫大な物に上っていたのです。

統治制度においても、天皇を中心とした中央集権体制の構築が急がれていました。具体的には、わが国初の全国的な戸籍である「庚午年籍」(こうごねんじゃく)を作成します。唐の侵攻に備えつつ、課税や徴兵を円滑に行なうためには、人民の数や所在を把握することが必要だったため、すべての人民を管理する制度を確立したのでした。

庚午年籍自体は、律令制が機能するためには有益な物でしたが、余りに急激な改革の数々によって、有力豪族や人民は疲弊。有力豪族をはじめとする守旧派を中心に、水面下では朝廷に対する不満がくすぶっていったのです。

高まる近江朝廷への不満

称制(しょうせい:次代天皇となる皇太子が即位しないで政務を執り行なうこと)による政権運営を行なっていた中大兄皇子を頂点とする朝廷への不満は、日増しに膨らんでいました。象徴的だったのが、近江・大津宮遷都の際の大津宮での付け火(放火)。遷都に向けて造営中の大津宮では、昼夜を問わず、連日のように付け火があったと言われています。

これは、自分に相対する立場の人間を、ことごとく粛清(殺害)するなど、独裁的・強権的な手法で改革を進める中大兄皇子に対する、人民による強い反発が表面化した物でした。粛清を恐れ、表面上は服従している豪族にとっても、それは同じ。この時点で、近江朝廷の求心力は大きく低下しており、これに代わる新政権樹立への期待が高まっていたと言えます。

対照的だった両軍の動き

壬申の乱の開戦前夜。大海人皇子軍と大友皇子軍(近江朝廷軍)の動きは対照的でした。表面上、吉野で隠棲していた大海人皇子は、「反近江朝廷派」の豪族らと内通。多数派工作を行なうなど、戦の準備を進めていました。

そして、吉野を出た大海人皇子は、わずかな従者とともに私領のあった美濃を目指します。この動きは程なく近江朝廷の知るところとなりますが、大友皇子は攻撃すべしという家臣の進言を却下。結果的には、この初動の差が勝敗を分けることとなったのです。

東国への出入口を押さえた大海人皇子

当時、東国の豪族は弓矢などの技能が高く、戦闘能力はズバ抜けていたと言われていました。これにいち早く目を付けたのが大海人皇子でした。吉野で隠棲していた大海人皇子は、少数の従者を伴って吉野を発つと、一目散に美濃に向かいます。美濃・不破道(ふわのみち)は、当時東国への出入口となっており、ここを押さえたことで、大海人皇子が優位となったのです。

不破道を押さえたことの価値は計り知れませんでした。のちに大友皇子も東国の豪族の取り込み工作を行ないましたが、大海人皇子軍が阻止。これにより、大海人皇子は事実上、東国の豪族と同盟を結び、勝利への準備が整いました。

吉野と不破道は、直線距離にして約123km。近江朝廷による襲撃の危険を承知した上で、少数の従者とともに、不破道への道を3日間で踏破した大海人皇子の勇気と決断力が勝利を引き寄せたと言えるのです。

有力豪族が反発

東国の豪族が大海人皇子に付いたことを知った大友皇子は、西国の豪族に協力を要請しましたが、反応は鈍い物でした。当時、大友皇子は近江朝廷の最高権力者(天皇に即位していたと言う説もあります)。

原則は、大友皇子軍こそが「官軍」であり、大海人皇子軍は「逆賊」でした。それにもかかわらず、有力豪族による大友皇子軍への組織的な協力はなく、「寄せ集め集団」で戦わざるを得ない状況。壬申の乱が起きた背景でも触れましたが、中大兄皇子(天智天皇)による独裁的・強権的な政権運営に対する豪族らによる反発は、近江朝廷の想像以上に根深く、大きい物だったのです。

もうひとつの天下分け目の関ヶ原

「関ヶ原の戦い」と言えば、1600年(慶長5年)に徳川家康(東軍)と石田三成(西軍)が覇権をかけて争った、あの戦いを思い浮かべる読者がほとんどだと思います。しかし実は、その928年前に勃発した「天下分け目」の戦いにおいても、「関ヶ原」がかかわっていました。

吉野を発った大海人皇子が近江朝廷に先んじて押さえ、陣を構えたとされる不破道(のちの不破関:ふわのせき)があったのは、現在の岐阜県不破郡関ヶ原町。天下分け目の戦いが2度に亘って行なわれたことは偶然ではありません。関ヶ原は、古代においても近世においても西国と東国をつなぐ陸上交通の要衝だったと言えるのです。

大海人皇子軍は、不破道から程近い「野上」(のがみ)に本営を設置。軍勢を2つに分け、近江と大和の2方面に送り出しました。大海人皇子軍の残留部隊が中心だった大和方面の戦いでは、当初、大友皇子軍が優勢でしたが、美濃からの援軍を受けて息を吹き返した大海人皇子軍は、大友皇子軍を撃破。また、近江方面に向かっていた部隊は美濃を目指した大友皇子軍に連戦連勝、近江に向けて進撃を続けたのです。大和方面で大友皇子軍を撃破した部隊も近江へ。いよいよ最終決戦を迎えます。

瀬田橋の戦い~近江朝廷の最期~

瀬田橋の戦い

瀬田橋の戦い

瀬田橋には、異様な緊張感が漂っていました。橋の東側に大海人皇子軍、西側には大友皇子軍が着陣。雌雄を決する戦いの最終局面らしく、軍の最後尾が見えない程の数の兵が結集していたと言われています。

戦いは両軍が弓を放ち合うなど、壮絶な物となりましたが、大海人皇子軍は、「村国男依」(むらくにのおより)らを中心に大友皇子軍を撃破。瀬田橋を渡り、大津宮を目指したのでした。

最終決戦で敗れた大友皇子軍は、「山前」(やまさき)へ敗走。総大将の大友皇子が自害したことで、大海人皇子軍の勝利となりました。近江朝廷は終焉を迎え、大津宮は廃都に。遷都からわずか5年余り。短命の都でした。

「万葉集」には、「柿本人麻呂」(かきのもとのひとまろ)が後年、大津宮跡を訪れて詠んだ歌が収録されています。「ささなみの志賀のおおわだ淀むとも昔の人にまたも逢はめやも」。その意味は、志賀のおおわだ(琵琶湖の湾曲したあたり)は昔のように水が満ちているが、昔の人たちに逢えることはあるのだろうかという物。それ程はかない都だったのです。

進む中央集権化

壬申の乱を制した大海人皇子は、天武天皇として即位しました。天武天皇が目指したのは、天皇(個人)を中心とした中央集権の政治体制。皮肉にも、それは、確執から袂(たもと)を分かつ形となった兄・天智天皇と同じ方向性を有する物でした。

天武天皇は、まず、都を再び飛鳥に移します。そして、「八色の姓」(やくさのかばね)によって身分制度を確立し、「飛鳥浄御原令」(あすかきよみはらりょう)を制定。天武天皇が創り出したこの政治形態は、その後の朝廷政治の基礎となったのです。

飛鳥遷都~藤原京建設~

壬申の乱で大友皇子軍(近江朝廷軍)を下した大海人皇子は、しばらく不破道に留まります。残務処理を終えて目指した先は、都の置かれていた大津宮ではなく飛鳥。ここで、新たな都の造営を始めました。それが「藤原京」(ふじわらきょう:新益都[しんやくのみやこ]とも言う)です。

唐に習い、政治・儀式の場である「大極殿」(だいごくでん)や貴族・役人が集まっていた「朝堂院」(ちょうどういん)などからなる宮殿「藤原宮」(ふじわらのみや)を建設し、碁盤の目のように大路を配置する条坊制(じょうぼうせい)を採用した、わが国初の計画都市。

しかし、生活公害等の都市特有の問題が発生したこともあり、710年(和銅3年)には「平城京」に遷都されます。694年(持統8年)の完成からわずか16年後のことでした。

八色の姓

684年(天武13年)、天武天皇は新たな身分制度作りに着手します。それが「八色の姓」(やくさのかばね)。「真人」(まひと)・「朝臣」(あそみ)・「宿禰」(すくね)・「忌寸」(いみき)・「道師」(みちのし)・「臣」(おみ)・「連」(むらじ)・「稲置」(いなぎ)の順に8つの姓を定めることで、新しい身分秩序を形成したのです。

具体的には、「臣」・「連」の中から皇族との関係が深い者について「真人」・「朝臣」・「宿禰」の姓を与えて皇族の地位を向上させると同時に、役人の家柄を明確化し、同時に中央の貴族と地方の豪族の間を明確に線引き。これにより、天皇を中心とした強固な中央集権体制に向けた、人事制度上の大枠が固まりました。なお、「道師」以下の姓については、賜与されることはありませんでした。

飛鳥浄御原令

天皇(個人)を中心とした強固な中央集権体制については、法制度上の裏付けも必要でした。それを具体化した物が689年(持統3年)に施行された日本最古の律令とされている「飛鳥浄御原令」(あすかきよみはらりょう)です。その内容は、定期的な戸籍の作成と班田収受、さらには天皇制を制度として定着させるなど、律令国家としての骨格を形成する物。

飛鳥浄御原令は、天武天皇の命により、突貫工事で作成されたこともあって、必ずしも体系的な法典とは言えません。しかし、これが701年(大宝元年)に制定された日本最初の本格的律令である「大宝律令」(たいほうりつりょう)へとつながっていきました。激動の時代において、「律令国家」という新しい国家体制を創り上げた点に、飛鳥浄御原令の存在意義があると言えます。

壬申の乱

壬申の乱をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「飛鳥時代」の記事を読む


大宝律令

大宝律令
日本刀の価値を判断するには、その姿が持つ美しさや制作当時の時代背景など、様々な物がありますが、その基準となるルールも多く存在します。そのひとつが、飛鳥時代末から奈良時代中期頃にかけて用いられた法律である「大宝律令」(たいほうりつりょう)。大宝律令は、日本で初めて行政法と民法、そして刑法の3つがそろえられた本格的な法律として施行された物ですが、日本刀とはどのようなかかわりがあったのでしょうか。

大宝律令

白村江の戦い

白村江の戦い
645年(皇極4年)に「中大兄皇子」(なかのおおえのおうじ)、「中臣鎌足」(なかとみのかまたり)らによって「蘇我入鹿」(そがのいるか)を暗殺して蘇我氏を滅亡させた「乙巳の変」(いっしのへん)。これを契機として、「皇極天皇」(こうぎょくてんのう)に代わって「孝徳天皇」(こうとくてんのう)が即位して発足した「倭」(わ:現在の日本)の新政府では、中大兄皇子らを中心として「大化の改新」(たいかのかいしん)が推し進められていました。中央集権的政治への構造改革が行なわれている最中だった663年(天智2年)、わが国初の対外戦争が勃発します。それが「白村江の戦い」(はくすきのえのたたかい)です。「唐」(とう)・「新羅」(しらぎ)連合軍によって滅ぼされた「百済」(くだら)の遺臣「鬼室福信」(きしつふくしん)から救援要請を受けた倭の「斉明天皇」(さいめいてんのう)は、出征を決断。朝鮮半島の南「白村江」で唐・新羅連合軍と戦いましたが、一敗地にまみれました。

白村江の戦い

注目ワード

ページトップへ戻る