西洋 剣・刀剣・甲冑(鎧兜)編
古代ローマ軍に対峙した剣
西洋 剣・刀剣・甲冑(鎧兜)編
古代ローマ軍に対峙した剣

文字サイズ

強大な軍事力を誇った、「古代ローマ軍」。その強さの秘密には、対峙した数多くの優れたライバルの存在がありました。古代ローマ軍は、敵の武器を徹底的に研究・攻略し、独自の剣を開発していたのです。「トラキア人」の大刀「ロンパイア」、「ダキア軍」の大刀「ファルクス」、「ケルト軍」の剣「ファルカ-タ」など。その威力と品質に迫ります!

古代ローマに支配された民族の武器

紀元前10世紀頃、東ヨーロッパ一帯にトラキア人と言う民族が暮らしていました。当時、彼らは血気盛んな民族として名を馳せており、その勇ましさに隣国のギリシャやローマも恐れをなすほどだったそうです。しかし、トラキア人の歴史的な記録は非常に限られた物で、その実態はいまだ多くの謎に包まれているのです。

謎多き戦士トラキア人の武器とは?

紀元前8世紀頃の古代ギリシャで、西洋文学の先駆者と言われるホメーロスによって書かれた「イーリアス」という神話物語にトラキア人が描かれており、これが彼らの最古の記録だと考えられています。

これ以降にもギリシャやローマにおいては、トラキア人の強さについて言及している書物が発見され、その中に彼らの性質や武器について研究していたことが窺える資料が遺されていました。それによると、トラキア人は剛猛な気質をあらわすかのような、大きな刀を武器に戦場へ繰り出していたようです。

古代帝国の兵士を怯ませた大刀「ロンパイア」

ロンパイア

ロンパイア

トラキア人の主要武器は、全長2mもあるロンパイアと呼ばれる大刀で、ヒルト(柄)と刀身がほぼ同じ長さの長柄武器だったそうです。湾曲した刀身は鎌のような形状で、内側に刃が付いている片刃の刀身でした。

紀元前1世紀に古代ローマの歴史家によって書かれた書物には、ロンパイアを扱うトラキア人の荒々しい強さが描かれており、軍馬の脚を切断する戦法や、討ちとった敵の首を突き刺して掲げるためにこの大刀が使われていたと記されていたようです。

古代ローマ軍も苦戦したダキア人との戦い

先述のトラキア人が住んでいたトラキア地域(現在のブルガリア・ギリシャ・トルコ周辺)の近隣、ダキア地方(現在のルーマニア周辺)にもトラキア系民族が居住しており、彼らは「ダキア人」と呼ばれていました。

1世紀頃、ダキア人はひとりの王を中心に結束し、古代ローマにとって脅威となる存在でした。もちろん、彼らもトラキアの血が流れる勇猛な民族です。ローマ軍は勢力を付けたダキアを早々に討伐するために戦いを仕掛けますが、トラキア人と同じく大刀を振りかざすダキア軍に圧倒され、陥落に追い込まれてしまいます。

ローマ軍を追い込んだ大刀「ファルクス」

ファルクス

ファルクス

ローマ帝国の兵士を撃ち破ったダキア人は、巨大な刀ファルクスという武器を使っていました。全長はおよそ120cm。トラキア人の大刀ロンパイアのように湾曲した片刃の刀身で、グリップ(握り)は両手で握るために大きめに作られています。鋭い切先は敵兵の手足をいとも簡単に斬り飛ばしてしまうほどの驚異的な切れ味だったと言われており、この大刀に苦しめられたローマ軍は、ファルクスに対する攻略法を研究し、兵士達の手足を保護する強力なプロテクターを開発しました。万全の体制で再びダキア軍に挑んだローマ軍は、101年から2度にわたって繰り広げられたダキア戦争に勝利し、見事ダキアの征服に成功しました。

こうしてダキア人を含むトラキア系民族は、2世紀以降、古代ローマ帝国に支配されていきます。そして、トラキア独自の文化や言語は、ローマ文化に吸収されていくうちにいつしか消滅してしまったのです。

古代ローマ軍も恐れたケルト人の剣

中央アジアから戦闘用馬車に乗って大陸を横断していたケルト人は、青銅器時代に西洋に渡来したと考えられています。紀元前500年までの間に中央ヨーロッパを中心にヨーロッパ各地へ広がり、紀元前400年頃になるとさらに勢力が拡大し、ローマへの侵攻をはじめます。ローマ軍は迫りくるケルト人と対峙しながらも、彼らの腰強な戦いぶりや武器を見て少しずつ影響を受けるようになっていったのです。

ローマ軍を奮い立たせた「ファルカータ」

戦士としてのポリシーを大切にしていたケルト人にとって、剣は権力や名誉を誇示するための特別な武器でした。彼らが持つ剣は、当時の西洋剣と比べても非常にクオリティーの高い物で、西洋に渡来したばかりの初期の時代は主に上流階級の戦士だけが所有できたようです。

そんなケルト人が所有していた剣の中から、ローマ軍の武器や防具の進化のきっかけにもなったファルカータという刀について、紹介していきましょう。

ケルト戦士たちのように強く頑丈な刀

ファルカータ

ファルカータ

ケルトの代表的な刀「ファルカータ」は、頑丈で鋭い切れ味を持つ片刃の曲刀です。斧のような形状で、鉄製のヒルト(柄)が特徴的なフック状になっていて、馬や鳥の頭部を象ったポンメル(柄頭)が付けられている物もありました。

この刀の起源は、ケルト人が多くの刺激を受けた古代ギリシャにあると言われ、古代ギリシャで作られていた「コピス」という打撃力のある鎌剣から派生した物と考えられています。

また、多くのローマの歴史家がファルカータの攻撃力を評価しており、紀元前3世紀頃の共和制ローマの軍隊がケルト人と戦闘した際には、ファルカータによってローマ軍の盾や鎧は斬り裂かれてしまうほど、圧倒的な威力があったと伝えられています。

「ファルカータ」の製法とは?

第2次ポエニ戦争(紀元前219~201年)の際にヒスパニア系ケルト人が使用していたファルカータ。この剣は特に優れた物だったようで、ローマ軍の兵士も敵陣の剣の品質に驚いたと言われているほど。この品質の高さは独特な製法で作られていることに起因しており、鍛造した鋼板を地中に埋め、2~3年間かけて腐食した弱い鋼を取り除いて、強い鋼板を完成させていました。さらに、この強度の高い鋼板を模様溶接で鍛え直すことで、激しい戦いにおいても折れない強靭な剣身を作り上げていたのです。この頑丈なファルカータと対峙したことによって、ローマ軍は装備の改良・強化に取り組まなければ勝てないことを悟ったのでしょう。

その後、ローマ軍はファルカータの攻撃に耐えられるような甲冑(鎧兜)や、ファルカータに対抗して「グラディウス」というローマ軍の象徴となる剣を開発していきました。

古代ローマ軍に対峙した剣

古代ローマ軍に対峙した剣をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「西洋 剣・刀剣・甲冑(鎧兜)編」の記事を読む


古代ギリシャ・ローマの剣

古代ギリシャ・ローマの剣
西洋文明発祥の地と言われる、古代ギリシャやローマ。都市国家や軍隊が築かれ、壮大な戦いが繰り広げられる中、西洋独自の剣が誕生します。「古代ギリシャ軍」における剣の種類や役割、「古代ローマ軍」における代表的な剣や発展について、詳しくご紹介します。

古代ギリシャ・ローマの剣

中世ヨーロッパにおける剣

中世ヨーロッパにおける剣
4世紀末から6世紀に及ぶ「ゲルマン民族」の大移動によって、中世ヨーロッパ世界が形成されます。イングランドを侵略した「アングロ・サクソン人」が特に有名。また、9世紀になると、「ノルマン人」(通称:ヴァイキング)が西ヨーロッパ沿海部を侵略します。彼らがどんな剣を持って、どのように建国に成功できたのか、詳しくご紹介します。

中世ヨーロッパにおける剣

中世ヨーロッパの代表的な剣

中世ヨーロッパの代表的な剣
「ルネサンス期」(14世紀から16世紀)には、中世ヨーロッパの騎士が持つ、代表的な剣のラインナップが揃います。それは、長剣の「ロングソード」、「ツーハンドソード」、「ポールアーム」、「レイビア」と短剣の「ファルシオン」、「ダガー」。それぞれの特徴や作られた背景、使用方法について、詳しくご紹介します。

中世ヨーロッパの代表的な剣

近世ヨーロッパの代表的な剣

近世ヨーロッパの代表的な剣
近世に入ると、ヨーロッパで使用されていた剣は、地域によって様々な変容を遂げ、それには火器の発展が大きくかかわっています。それでは、戦場で主力武器だった剣が、近世になってから地域によってどのように変化していったか、ご紹介します。

近世ヨーロッパの代表的な剣

ヨーロッパ軍における剣

ヨーロッパ軍における剣
近世ヨーロッパは、イギリスで産業革命が起こり、フランスで長く続いていた絶対王政が崩壊に向かうという大きな転換期。ヨーロッパ各国で激しい貿易競争・植民地をめぐる戦争が繰り広げられました。この時代、使用された剣にはどのような物があったのでしょうか。

ヨーロッパ軍における剣

古代ヨーロッパの甲冑(鎧兜)

古代ヨーロッパの甲冑(鎧兜)
古代ヨーロッパのアテネは、周辺諸国から商人や技術者を受け入れ、そして、ローマは打ち負かした敵国の貴族や市民を受け入れることによって、国力を増した都市国家です。どちらも多種多様な価値観を持つ市民の集まりであるため、統治は一筋縄ではいかず、政治体制は王政・貴族政・民主政と次々に変遷。しかし、それゆえに国家のあり方に鋭く切り込む偉大な哲学者も誕生し、文化的に大きく発展したとも言えます。隣国からの侵攻に対抗するだけでなく、内紛も抑えなければならないこの時代、ローマの権力者が建設したのが、あのコロッセオでした。市民を娯楽に没頭させることで反乱を抑える狙いがあったのですが、古代ヨーロッパの人々が好戦的だったことが窺えます。使われていた武具も、より強い部隊を作るために改良されていきますが、武具の進化は、平民階級の発言力を大きくさせることにもなっていくのです。では、この時代の武具とは、どのような物だったのでしょうか。

古代ヨーロッパの甲冑(鎧兜)

ヨーロッパの特徴的な甲冑(鎧兜)

ヨーロッパの特徴的な甲冑(鎧兜)
ヨーロッパではその歴史において、戦闘能力が高い民族が現れては、やがて淘汰されていきました。その中には、かなり特徴的な武具を持つ民族がいたのです。古代ヨーロッパの時代に活躍した「ケルト人」や「ガリア人」、中世ヨーロッパ時代に活躍した「ヴァイキング」、「ノルマン人」など。彼らの強さを象徴する甲冑(鎧兜)についてご紹介します。

ヨーロッパの特徴的な甲冑(鎧兜)

西洋甲冑(鎧兜)の歴史

西洋甲冑(鎧兜)の歴史
11世紀から18世紀にかけて、西洋甲冑(鎧兜)は著しく変貌します。その理由は、主要な武器が「剣」から「銃」へと変化したため。剣への防御力は高くても、「銃撃」に耐えられる「甲冑(鎧兜)」をついに作ることはできませんでした。甲冑(鎧兜)が「戦闘用」から「儀礼用」へと変化する、その変遷をたどりましょう。

西洋甲冑(鎧兜)の歴史

注目ワード

ページトップへ戻る