戦国武将一覧

斎藤道三

文字サイズ

「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国(現在の岐阜県南部)を乗っ取った、成り上がり武将として有名です。権謀術数(けんぼうじゅっすう:他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食い破って生まれるとの迷信がある「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「斎藤義龍」(さいとうよしたつ)と対立し、討死します。「下剋上大名」と呼ばれた斎藤道三は、どのような生涯を送ったのでしょうか。

明智光秀に縁のある斎藤道三の地、「道三塚」や「崇福寺」などをご紹介します。

僧侶から油商人、そして武士へ

斎藤道三

斎藤道三

「斎藤道三」(さいとうどうさん)の出自については、実はよく分かっていません。

父は「長井新左衛門尉」(ながいしんざえもんのじょう)、別名「松波庄五郎」(まつなみしょうごろう)とされています。

この父である長井新左衛門尉に関しても不明な点が多く、もとは武士でありながら、事情があって浪人となったということです。

斎藤道三は、11歳で京都の「妙覚寺」(京都府京都市上京区)へ入り、「法蓮房」(ほうれんぼう)の名を受け、僧侶となります。

その後20歳で還俗(げんぞく:出家した者が俗人に戻ること)し、油問屋「奈良屋又兵衛」の娘を妻に娶り、油商人に転職。

「漏斗(じょうご)を使わず、油を一文銭の穴に通します。油がこぼれたらお代は頂きません」との口上で道行く人の気を惹き、商売を大成功に導いたのでした。

しかし、行商に行った先で、武士から「その力を武芸に注げば良い武士になれるものを」と言われたのをきっかけに一念発起。

斎藤道三は油商人をやめ、槍と鉄砲を学んで達人となり、念願の武士になります。

何度も名前を変えた斎藤道三

今では斎藤道三という名前で広く知られるようになりましたが、「道三」と名乗るようになったのは、隠居のため寺に入って以降のことです。

道三は法号であって、最終的に「斎藤利政」(さいとうとしまさ)という名に落ち着きました。斎藤利政ではなく、その後に「斎藤秀龍」(さいとうひでたつ)を称したという説もあります。

実は、斎藤道三は生涯のうちに何度も名前を変えており、幼少期に法蓮房の名をもらい受ける前は、「峰丸」(みねまる)、油商人になってからは「山崎屋」(やまさきや)という屋号を称したとのこと。のちに武士として主君に仕えるようになってからも、斎藤道三は何度か名前を変えました。

しかし、父の姓は「松波」である説が有力です。そんな斎藤道三が斎藤姓を名乗るようになったのには、どのような経緯があったのでしょうか。

斎藤氏の名前を得た斎藤道三

武士としての斎藤道三は、はじめに美濃国の小守護代「長井長弘」(ながいながひろ)に仕えます。長井長弘は、美濃国守護の土岐氏の家臣にあたる武将です。

なお、長井氏に仕えるに至ったのは、以前入っていたお寺のつてだったと言われています。斎藤道三はこの頃、「西村勘九郎」(にしむらかんくろう)を名乗っていました。

その後、斎藤道三は長井長弘のもと、その武芸と才覚で頭角を現し、美濃国主・土岐氏の次男「土岐頼芸」(ときよりなり)に一目置かれる存在となります。

当時、美濃国は「応仁の乱」以降内紛続きの土地でした。1525年(大永5年)には、長井長弘の反乱により、土岐氏はもはや安泰とは言えない淵に立たされていたのです。

守護の座は土岐氏のままでしたが、政治的実権は長井長弘が握っていました。これでは、土岐頼芸を立てても斎藤道三は権力を得ることができません。斎藤道三にとって、長井長弘はすでに邪魔な存在になっていました。

土岐頼武

土岐頼武

そして、1527年(大永7年)、土岐氏内で家督争いが勃発。土岐頼芸とその兄「土岐頼武」(ときよりたけ)、別名「土岐政頼」(ときまさより)との間で家督争いが起こると、斎藤道三は土岐頼芸側に付き、土岐頼武を追放しました。

この一件で、斎藤道三はますます土岐頼芸の信頼を得ることになります。斎藤道三は、土岐頼芸の妾「深芳野」(みよしの)を側室として譲り受け、長男の斎藤義龍を授かりました。

さらに斎藤道三は、自分の主君である長井長弘を、行ないが悪いとして殺害。1530年(享禄3年)のことです。斎藤道三は、「長井新九郎規秀」(ながいしんくろうのりひで)と名乗りました。

さらに都合の良いことに、1538年(天文7年)、長井氏より位の高い守護代「斎藤利良」(さいとうとしなが)が病死。これにて、斎藤姓を持って「斎藤新九郎利政」(さいとうしんくろうとしまさ)と名乗り、自らの地位を高めていきました。

美濃国を乗っ取る

ようやく美濃国の守護代・斎藤氏の地位をつかんだ斎藤道三の野望が、ここで潰えることはありません。

その頃美濃は、兄の土岐頼武を追い出したことで土岐頼芸が実質的な守護の座に就いていましたが、まだまだ状況は不安定。周囲の朝倉氏や六角氏らを巻き込みながら、土岐氏の家督相続争いは続いていました。

しかし、こうした状況も徐々に収まりを見せ、1536年(天文5年)、土岐頼芸が正統な守護の座へ就任。土岐一族内での和睦が進む中、1541年(天文10年)、突如として斎藤道三が土岐頼芸の弟「土岐頼満」(ときよりみつ)を毒殺します。

これをきっかけに、斎藤道三は土岐頼芸に反旗を翻すのです。1542年(天文11年)には、土岐頼芸の居城「大桑城」(おおがじょう:現在の岐阜県山県市)を攻撃し、土岐頼芸とその子「土岐頼次」(ときよりつぐ)を尾張(現在の愛知県東部)へ追放します。

しかし、斎藤道三に手のひらを返された土岐頼芸は黙ってはいませんでした。織田信長の父「織田信秀」(おだのぶひで)と「朝倉孝景」(あさくらたかかげ)の後援を得て、土岐頼芸は「揖斐北方城」(いびきたかたじょう:現在の岐阜県揖斐郡)と「革手城」(現在の岐阜県岐阜市)を取り戻し、由緒正しい土岐一族の美濃国主復帰を目指します。

稲葉山城(岐阜城)

稲葉山城(岐阜城)

そして1547年(天文16年)には、織田信秀が美濃へ攻め入ってきました。「加納口の戦い」の開戦です。斎藤道三は、当時居城とした「稲葉山城」(現在の岐阜城:岐阜県岐阜市)に立てこもり、敵を迎え撃ちます。

大軍を引き連れた織田信秀でしたが、稲葉山城は難攻不落と名高いだけに簡単には落ちません。一旦陣を組み直そうとしたのか、諦めたのか定かではないものの、夕刻が近付き織田信秀が兵を引き上げていたところに、斎藤道三率いる兵が一気になだれ込みました。

織田信秀は、弟の「織田信康」(おだのぶやす)をこの戦いで亡くし、さらに多くの兵も失う大痛手を受けたのです。そして、命からがら逃げ帰ります。

土岐頼芸を立てて、虎視眈々と美濃国を狙っていた織田信秀も、加納口の戦いでの失敗を機に斎藤道三と和睦せざるを得ませんでした。翌年の1548年(天文17年)、織田信秀と和睦した斎藤道三は、娘の帰蝶を織田信秀の長男・織田信長に嫁がせます。

この和睦により、1552年(天文21年)には土岐頼芸を再び追放。斎藤道三は美濃国を完全に乗っ取り、国主として君臨するのでした。

刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

次々と有力者の正室になった斎藤道三の娘達

帰蝶(濃姫)

帰蝶(濃姫)

斎藤道三は、ただ優れた先読み力で美濃国主まで上り詰めた訳ではありません。

土岐氏の家臣ではなかった斎藤道三が上に認められるには、強固な繋がりが必要です。そこで、斎藤道三は娘達を次々と政略結婚させ、自身の権力の安定を図りました。

まず、美濃を掌握するために、土岐氏に仕える「稲葉貞通」(いなばさだみち)や、土岐頼芸の息子に娘を嫁がせています。こうして信頼を獲得し、美濃を内側からじわじわと懐柔していったのです。

また、斎藤道三は娘を政治的に重要な相手に嫁がせるというやり方を、隣国との同盟にも使いました。

よく知られているのは、織田信長に嫁いだ帰蝶です。同盟の証しとして娘を嫁がせることは珍しい話ではなく、戦国時代の常套手段でした。

これには逸話があり、「うつけと言われる織田信長が、真にうつけであれば命を奪え」と、斎藤道三は帰蝶に小刀を渡したのです。これに対し、気概のある娘・帰蝶は「父上の命を奪うことになるやも知れませぬよ」と返しました。

斎藤道三は帰蝶を送ることに安堵し、あわよくば織田信長も消せるかもしれないとほくそ笑んだと言います。

国盗り後の家督問題

鷺山城跡

鷺山城跡

斎藤道三の美濃乗っ取りは長期戦で、美濃に入り、土岐氏を追い出して事実上の権力者となるまでに約20年、美濃を完全に掌握するまでに約30年かかりました。

1554年(天文23年)、斎藤道三は家督を長男の「斎藤義龍」(さいとうよしたつ)に譲ります。美濃を完全に抑えたのは1552年(天文21年)とされていますから、わずか2年後のことです。

そして、道三と号して「鷺山城」(現在の岐阜県岐阜市)へ隠居しました。

しかし、斎藤道三がそのまま隠居生活を送ることはなかったのです。斎藤道三は、側室との間に儲けた斎藤義龍よりも、正室との間に生まれた「孫四郎」や「喜平次」を偏愛し、斎藤義龍の排除を考え始めます。

実は、斎藤義龍の誕生には疑惑がありました。あくまで俗説とされていますが、土岐頼芸の妾・深芳野を側室にもらった月から斎藤義龍が生まれるまでの期間が短いのです。「斎藤義龍は土岐頼芸の子どもではないか」という噂が流れた、あるいは何者かが斎藤義龍に土岐頼芸の子だと吹き込んだとも言われています。

斎藤道三の斎藤義龍に対する冷たい態度も相まって、やがて斎藤義龍は「本当の父は土岐頼芸であり、斎藤道三こそが敵ではないか」と考えるようになりました。

ただし、この話には裏があり、斎藤道三が美濃を乗っ取り、権力をほしいままにして政治的に独断を下していたために、美濃の有力者達は不満を抱いていたと言います。斎藤道三を排除して斎藤義龍を立てれば、斎藤道三の独裁が終わり、自分達も何らかの権力を得られるかもしれないと考えたのです。

このように、家督を譲ってもなお斎藤道三の影響力は強く、本当は斎藤義龍に家督は譲られていなかったのではないかという説もあります。いずれにしても美濃の有力者達の思惑通り、1555年(弘治元年)に斎藤義龍は行動を起こし、まず斎藤道三が可愛がっていた弟達を殺害しました。

実の息子・斎藤義龍に討たれる

親子の確執の末、1556年(弘治2年)に父・斎藤道三と息子・斎藤義龍による「長良川の戦い」が勃発。斎藤道三の兵2,500に対し、斎藤義龍の兵は17,500で、圧倒的な戦力差がありました。土岐氏家臣団で斎藤道三に味方する者は、ほとんどいなかったのです。

斎藤道三は、娘婿の織田信長に援軍を要請したものの間に合わず、討死。斎藤道三は、これまで斎藤義龍を無能だと思っていましたが、その秀逸な采配を見て評価を間違えていたことを認め、後悔したと言われています。享年63歳。

斎藤道三亡きあと、斎藤義龍は織田信長との仲が険悪になりました。そうした最中、1561年(永禄4年)に斎藤義龍は34歳の若さで病死。その息子「斎藤龍興」(さいとうたつおき)が家督を継ぎますが、1567年(永禄10年)、織田信長に稲葉山城を攻められ、斎藤家は滅びます。

刀剣ワールドをの話題をお届けする刀ブロの「斎藤道三の墓碑『道三塚』に行こう!」をご覧頂けます。

観光名所「道三塚」についてご紹介します。

斎藤道三はひとりではなかった?

美濃国の乗っ取り劇は、これまで斎藤道三1代のことと言われ、戦国時代の下剋上の象徴的な出来事とされてきました。

しかし、この説は見直されつつあります。還俗した油商人が主君らを欺き、最終的には国を乗っ取ったという話は、斎藤道三ひとりの手柄ではなかったと言うのです。

斎藤道三がひとりではなかったという根拠は、「六角承禎条書」(ろっかくじょうていじょうしょ)にあります。これは土岐頼芸が身を寄せたとされる近江国(現在の滋賀県)の守護大名・六角氏の書状です。

この六角承禎条書は、斎藤義龍の娘と「六角承偵」の子の結婚を取りやめるという内容。結婚させない理由として、斎藤義龍の祖父つまり斎藤道三の父が僧侶から還俗して美濃の混乱を利用して出世したこと、斎藤義龍の父つまり斎藤道三は、主家を殺してその座を奪い取ったことが記されています。

書状を根拠に美濃の国盗りを見ると、斎藤道三は還俗してのちに長井家に仕えたあと、土岐氏三奉行まで上り詰め、その結果、長井新左衛門尉を名乗ったと言うのです。斎藤道三が家督を継いだのは、父・長井新左衛門尉が死去したのちの1533年(天文2年)とされています。

つまり、この説からいくと、父と子2人の斎藤道三がいたことになり、親子2代に亘った国盗り劇だったことになるのです。

斎藤道三と明智光秀

明智光秀

明智光秀

斎藤道三と明智光秀は、親戚関係にあったと言われています。明智光秀の父にあたる明智光綱の妹(明智光秀から見ると叔母)「小見の方」が、斎藤道三の正室なのです。

その「小見の方」と斎藤道三との間に生まれたのが「帰蝶」。のちの織田信長の正室「濃姫」です。

帰蝶は明智光秀のいとこにあたるため、斎藤道三、明智光秀、織田信長の3人は親戚同士でした。

また明智一族は、斎藤道三の臣下だったとされており、明智光秀も斎藤道三に仕えていたと言われています。

この頃、斎藤道三は息子・斎藤義龍と対立を深めており、明智光秀は斎藤道三につきます。しかし、1556年(弘治2年)に勃発した「長良川の戦い」により、斎藤道三は斎藤義龍に敗れ、討たれてしまいました。

当時の明智家当主・明智光安(明智光秀の叔父にあたる)も、主君であった斎藤道三に味方をしていたため、明智一族の居城・明智城は斎藤義龍によって攻められてしまいます。

斎藤義龍方に2日間攻撃されて、明智城は落城。明智光秀は明智家復興を託されて逃げ延びますが、明智光安をはじめとする他の者は自刃することとなります。

主君・斎藤道三を失った明智光秀は、流浪の日々を送ることになりました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 明智光秀ゆかりの地と共に、明智光秀の誕生から最後までを歴史年表にしてまとめました。

  • 戦国大名の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

斎藤道三の家紋

二頭立波

二頭立波

斎藤道三が乗っ取った美濃の守護代・斎藤氏は、代々「撫子」(なでしこ)を家紋にしてきました。

しかし、斎藤道三はこの撫子紋を使わずに、自身の考案した「立波」(たつなみ)、あるいは「二頭波」(にとうなみ)や「二頭立波」と呼ばれる家紋を使うようになります。

この「立波紋」は、潮の満ち引きを表現。斎藤道三は、潮の満ち引きと戦を重ね合わせてこの紋を創作しました。

人の力ではどうにもできないことがあるので、波を見極めるように、しっかり物事の流れを見極めて適切に動くことが大切だという意味があると言います。

また、斎藤道三の立波紋で特徴的なのが、波の左右に描かれた水飛沫です。よく見ると右側に3つ、左側に2つあり、左右対称には描かれていません。

世の中には、割り切れないこともあるのだと表現しているとのことで、家紋ひとつにも、「マムシ」と呼ばれた男の人生観が良く表れていると言えるのです。

斎藤道三の名言

斎藤道三の美濃乗っ取りは、親子2代だったという説が浮上してきましたが、いずれも斎藤道三が主君を欺き、美濃国主の座に就いたことでは一致しています。

また、自身が考案したという家紋にも生き方が表れているように、斎藤道三は好機を窺い、いざという機会を逃さない、時代や物事を見極める力に長けた人物でした。そんな斎藤道三のことを良く表している名言2つを見ていきましょう。

山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべきこと、案の内にて候

織田信長

織田信長

これは、斎藤道三が娘婿の織田信長と初めて会見したときの言葉です。

斎藤道三が娘の帰蝶を織田信長の妻へと送り出したあとの話で、斎藤道三自ら織田信長に会見を持ちかけました。

当時、うつけ、つまり馬鹿者と評されていた織田信長がどんな人間なのか見極めてみたくなったのだと言われています。

会見場所は、斎藤道三の治める美濃と、織田信長の治める尾張の国境にあった「聖徳寺」。1553年(天文22年)のことでした。斎藤道三は当初、うつけと言われる織田信長を大した男ではないだろうと高を括っていました。

斎藤道三は、会見前に織田信長の行列を覗き見ていたと言いますが、織田信長の引き連れてきた兵を見て驚きます。織田信長は、供に付けた者達に500挺の鉄砲と、500本の槍を持たせていたのです。

なかでも斎藤道三の度肝を抜いたのは、500本の長い槍でした。当時使われていた槍は3.6~4.5mほどとされていましたが、織田信長が兵に持たせた槍の長さは6.3mほどもあったのです。斎藤道三は、織田信長の武力に驚いたと言います。

さらに斎藤道三を驚かせたのは、織田信長と会見場所で正式に会ったときのことでした。斎藤道三が覗き見た会見前の織田信長は、無造作な髪に、着物を着崩し、腰にはひょうたんや派手な太刀を差し、虎や豹の皮でできた半袴姿の、まさにうつけと言われてもおかしくない格好だったのですが、会見場にはきちんとした正装で現れたのです。

斎藤道三の織田信長に対する評価は変わり、うつけは真の姿ではなく、織田信長がわざとうつけを演じている有能な人物だと見抜きました。そこで出てきたのが、この斎藤道三の言葉で、「私の子は将来、織田信長の門外に馬を繋ぎ、織田信長に従うことになるだろう」と家臣に言ったのです。

斎藤道三の織田信長への信頼は厚く、息子・斎藤義龍との戦になる前日、美濃を織田信長に託すことを遺言したと伝えられています。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

捨ててだに この世のほかは なきものを いづくか終(つい)の 住み家なりけん

斎藤道三の辞世の句です。意味は「命が失せれば、この世には何もなくなってしまうだろう。いったい、私にとって最期の安住の地はどこにあるのだろうか」となります。

美濃国を手に入れた斎藤道三は、最期には息子に討たれるという波乱に満ちた人生を送ってきました。

斎藤道三が一体どのような思いで最期を迎えたのか、この一文からすべてを推し量ることはできません。しかし、安住の地を見出せないといった内容をから、美濃を奪って一国を支配する権力者になっても、果たして斎藤道三は幸せだったのか、そんな疑問を抱かせる句と言えます。

斎藤道三

斎藤道三をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

注目ワード
注目ワード