戦国武将一覧
藤堂高虎
戦国武将一覧
藤堂高虎

文字サイズ

「藤堂高虎」(とうどうたかとら)は、戦国時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名。高虎と言えば、「加藤清正」(かとうきよまさ)や「黒田官兵衛」(くろだかんべえ)と並ぶ築城の名人であることと、主君を次々変えたことで有名です。

家臣転々時代

藤堂高虎

藤堂高虎

藤堂高虎は、1556年(弘治2年)、近江国(現在の滋賀県)犬上郡藤堂村で生まれました。藤堂家は地元の小領主でしたが、高虎の父の代には、ほとんど農民と変わらない程落ちぶれていたと言われます。

高虎は、身長190cmの大男だったというのが定説です。身体中に隙間なく傷があり、手足の指も何本かちぎれ、爪のない指も数本あったので、高虎の遺体を清めた者が驚いたという逸話があります。

最初に足軽として仕えた浅井長政(あざいながまさ)のもとでは、「姉川の戦い」などで武功を上げますが、1573年(天正元年)浅井家が滅亡。

その後は浅井家臣の間を渡り歩き、織田信長の甥・信澄(のぶずみ)にも仕えますが、反りが合わなかったのか、長続きしませんでした。

運命の出会い① 豊臣秀長

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

高虎が最初に腰を落ち着けて仕えた相手は、豊臣秀吉の弟・秀長(ひでなが)です。高虎は秀長のもとで戦功を上げ、ついには1万石の大名となります。秀長とはよほど相性が良かったのか、秀長の死後、後継者の秀保(ひでやす)の後見時代も含め、20年以上もの間秀長の家に仕え続けました。

そしてここがポイントですが、秀保がわずか17歳で亡くなると、なんと高虎は出家して高野山に籠もってしまいます。主君を8回も変えたことから、「不忠義者」・「変節漢」など散々に言われがちな高虎ですが、秀長には本当によく尽くした忠臣でした。秀長は温厚で誠実な人柄で、秀吉をよく助けたことでも知られていますが、高虎はこのとき、もうこの先秀長以上の主君には出会えないだろうと思ったのではないでしょうか。

しかし、そんな高虎を周囲は放ってはおきません。その才を惜しんだ秀吉から望まれて復帰、伊予国板島(現在の愛媛県宇和島市)7万石の大名になります。

秀吉の下でも武功を挙げて出世しますが、秀吉の死後(生前と言う説もあり)、徳川家康に接近していきます。「関ヶ原の戦い」では、徳川方に付いて西軍の東軍への寝返り工作を行なうなど大活躍。この戦いは表向きは豊臣家臣同士の戦いですが、勝者の徳川氏はさらに力を持ち、家康は武家のトップである征夷大将軍に就任。天下は豊臣から徳川へ移っていくのです。

大坂冬の陣・夏の陣」でも徳川方に付いたことから、豊臣家への不忠義を問われることが多いのですが、高虎に言わせれば「自分の主君は秀長や秀保であり、豊臣氏ではない」というところではないでしょうか。高虎にとって大切なのは「人」であり、「家」ではなかったのです。

運命の出会い② 徳川家康

徳川家康

徳川家康

そんな高虎にとって、ようやく終の棲家(ついのすみか)を見付けたとも言えるのが、徳川家康との出会いでした。家康とは、秀長の家臣時代のこんな逸話が伝わります。関白・秀吉に謁見するため、家康が上洛することになり、高虎は秀吉の聚楽第(じゅらくだい)に家康の屋敷を造る責任者に任命されました。設計図に警備上の重大な不備を見付けた高虎は、独断で変更し、費用は自分持ちで工事を行なうのです。そんな高虎の心遣いを家康はとても喜び、感心しました。高虎はこうして家康に自分を強く印象付け、家康に仕えたあとも、細やかな気遣いを随所で見せて、家康の信頼を勝ち得ることに成功するのです。

家康に重用された高虎は、外様でありながら、譜代大名のような待遇を受けます。関ヶ原の合戦後は、今治(いまばり)12万石が加増されて20万石の大名となり、1608年(慶長13年)には、江戸城改築等の功績を認められ、幕府の要所・伊勢に加増移封されて22万石(のちに32万石)となったのです。江戸の泰平な世にあっては、高虎の知力や築城等の能力は、高く評価されました。

1616年(元和2年)家康の死去の際にも、外様の中でただひとり、立ち会うことを許されます。その際に家康が「死後もそなたに会いたいが、宗派が違うから難しいな」と言うと、その場で隣の部屋にいた天海僧正のもとに行き、改宗したと言われます。そんな高虎に家康は「死後は天海と高虎とともに眠りたい」と言い遺し、家康を奉る日光東照宮には、3人の像が奉られています。

高虎の遺した名城

加藤清正

加藤清正

加藤清正黒田官兵衛とともに築城名人として知られる高虎ですが、特に清正とは城の造りが対照的なことから、よく比較されます。大坂の陣前に没した清正の城は「戦のための城」であるのに対して、江戸時代以降も活躍した高虎の城は城下町まで想定した「治めるための城」だと言われます。

清正の城の特徴は、一言で言うなら「複雑」。縄張りも複雑で、天守の造りも手間がかかる従来通りの「望楼型」(ぼうろうがた)と呼ばれる物です。清正の城は、反った石垣が美しく、「難攻不落の名城」と言われる物が多いのですが、築城に非常に時間がかかりました。

それに対して、高虎の城はとにかく「シンプル」。単純な縄張りと高虎の編み出した「層塔型」(そうとうがた)と呼ばれる天守で、広い居住空間を確保し、規格化して工期を短縮することに成功したのです。高虎の築城した今治城は「層塔型天守」を持つ最初の城で、のちの天守のスタンダードとなり、江戸城も層塔型で造られました。

高虎という生き方

高虎の生き方は、「ひとりの主君に仕えることが美徳」とされた江戸時代においては異端でしたが、儒教の教えが広まる前の戦国時代には、仕える主君を家臣自ら選ぶのは当たり前でしたし、主君の暴挙に耐えかねて、家臣が出奔することも珍しくはありませんでした。

高虎は独学で建築を学び、名人と呼ばれるまでになった努力家です。武功だけでない才能を発揮し、家康に重用されるまでに登り詰めたことは、お見事と言う他ありません。自分の強みを活かして転職することでスキルアップを成し遂げた先駆者と言えるのです。

自分自身が主君を8回も変えたせいか、家臣たちの出奔にも寛大だったと言われています。家臣が自分の下を離れても、戻ればもとの待遇で召し抱えたのです。彼は家臣の殉死を固く禁じていましたが、生前から殉死を望む家臣が多く、家康に頼んで禁じさせたという逸話も遺されています。

藤堂高虎と城藤堂高虎と城
藤堂高虎の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

藤堂高虎

藤堂高虎をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。

浅井長政

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

織田信長

織田信長
戦国時代、天下布武を目指し、その後の歴史を大きく変えた織田信長。400年経った今でも織田信長のリーダー像に惹かれる人は多く、人気は衰えません。歴史的史料である「信長公記」や「名将言行録」をもとに、天下人となった織田信長の生涯をご紹介します。

織田信長

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。

斎藤道三

真田幸村(真田信繁)

真田幸村(真田信繁)
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。

真田幸村(真田信繁)

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。

柴田勝家

武田信玄

武田信玄
「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。

武田信玄

注目ワード

ページトップへ戻る