戦国武将一覧
福島正則
戦国武将一覧
福島正則

文字サイズ

「福島正則」(ふくしままさのり)と言えば、豊臣秀吉の家臣で勇猛果敢な「武断派」武将。賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)・小田原の役・朝鮮出兵・関ヶ原の戦いで武功を挙げ、51万石の大名に。「武勇に長けるが、大酒吞みで智謀に乏しい猪武者」とも呼ばれる、福島正則の生涯に迫ります。

幼少から秀吉の小姓に

福島正則

福島正則

福島正則は、1561年(永禄4年)、尾張国海東郡(現在の愛知県あま市)に生まれます。幼名は「市松」。父・正信は桶屋を営んでいました。母が豊臣秀吉の叔母・松雲院。のちに、父も秀吉の家臣となります。

正則と秀吉は従兄弟の関係ですが、年齢差が24歳もありました。なかなか子宝に恵まれなかった子ども好きの秀吉とねねによって、同じく秀吉の親戚の「加藤清正」(かとうきよまさ)とともに、可愛がられて育ちます。

秀吉にとっては、血縁で結ばれている正則と清正は、安心・信頼できるかけがえのない存在。やがて、2人は秀吉の身の回りの雑用を行なう「小姓」となり、無二の親友となるのです。

秀吉自慢の精鋭武将

正則の初陣は、1578年(天正6年)「三木城の合戦」。これは、秀吉が「別所長治」(べっしょながはる)に対して行なった、2年に亘る兵糧攻めの戦い。このとき正則は、勇猛果敢にも兜首2つを上げる武功を収め、禄高200石を得ます。1582年(天正10年)6月2日、「本能寺の変」で信長が死去すると、6月13日、秀吉とともに明智光秀を滅ぼす「山崎の戦い」に参戦し、300石増加の500石に。

1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦いでは、「賤ヶ岳七本槍」(福島正則・加藤清正・脇坂安治・平野長泰・加藤嘉明・片桐且元[かたぎりかつもと]・糟屋武則[かすやたけのり])のひとりに抜擢され、一番槍として、敵将「拝郷家嘉」(はいごういえよし)を討ち取り、5,000石を得ます。

さらに、1584年(天正12年)「小牧・長久手の戦い」、1585年(天正13年)「四国征伐」で連勝し、伊予今治(いよいまばり)10万石の大名に。また1587年(天正15年)「九州征伐」、1590年(天正18年)「小田原征伐」、1592年(文禄元年)「朝鮮出兵/文禄の役」でも大連勝。1595年(文禄4年)尾張清洲城に移り、24万石を領します。1597年(慶長2年)の「慶長の役」には参加せず、1599年(慶長4年)に大将として再び朝鮮へ出兵する予定でしたが、1598年(慶長3年)秀吉が病死したことで中止となり、日本軍は朝鮮半島から全軍撤退するのです。

関ヶ原の戦いのキーマンに

徳川家康

徳川家康

1599年(慶長4年)、朝鮮出兵の件で「文治派」(日本で事務作業に徹していた)の石田三成対「武断派」(実際に朝鮮に行って戦っていた)の正則・清正・「黒田長政」(くろだながまさ)は険悪な関係になります。武断派メンバーは三成を暗殺しようとしますが、徳川家康に諭されて中止するという出来事が起こります。このときから、正則は家康に心を開くのです。

1600年(慶長5年)、家康が三成に対して「関ヶ原の戦い」を起こします。このキーマンこそが正則でした。豊臣家側の武将達を引き連れて、家康に味方します。結果、家康側の大勝。正則は、広島城と安芸国・備後国の2ヵ国49万8,000石を賜り、大大名となるのです。

1603年(慶長8年)、徳川家康は朝廷から征夷大将軍を賜り、江戸幕府を開きます。これに驚いたのは、正則です。天下は秀吉の息子・秀頼に取らせたかったのに、家康の天下取りの企みを見抜くことができず、この戦いにより豊臣家の武将の筆頭は家康になってしまったことが、ようやく分かりました。

1605年(慶長10年)、家康は早々に将軍職を3男・秀忠に渡し、代々世襲することを宣言。秀頼に将軍・秀忠と対面するように要求しますが、秀頼は拒否。しかし、1611年(慶長16年)また家康が秀頼に会見を要求すると、正則は清正、長政とともに淀殿を説得。会見が実現します。

この会見後、清正・長政・池田輝元(いけだてるまさ)などの豊臣家恩顧の大名が次々と死亡。病気とも毒殺とも言われています。そして1612年(慶長17年)、正則は、病気を理由に隠居します。

1615年(元和元年)、家康が豊臣家を滅ぼす「大坂冬の陣・夏の陣」では、正則は秀頼に加勢を求められますが、これを拒絶。家康は正則を江戸に留め置きます。そして、豊臣家は滅亡。

1619年(元和5年)家康死後、台風で壊れた広島城を修築したところ、居城の改修を無断に行なった「武家諸法度」違反と咎められ、改易。家督を忠勝に譲り隠居しますが、1620年(元和6年)忠勝が早世し、2万5,000石を返上。1624年(寛永元年)、正則は病死。享年64歳でした。

裏表がなく真っ直ぐな武将

黒田官兵衛

黒田官兵衛

正則は酒癖が悪く、いくつかの失態エピソードを持っています。1番有名なのが、「黒田節」に歌われている事件。

黒田官兵衛・長政の家臣「母里太兵衛」(もりたへえ)に、「この酒を飲み干せたならば、好きな褒美を取らす」と酔った勢いで酒を勧めて、家宝の槍「日本号」を取られてしまうのです。また、酔った勢いで家臣に切腹を命じて覚えがなく、翌日家臣の死を知って号泣したという話も。しかし悪酔い以外は、人情深くて裏表がなく、真っ直ぐな性格だったため、多くの家臣に慕われていました。

正則は、1619年(元和5年)家康が死ぬ前にお見舞いに行っています。そのとき家康に「徳川家に不満があれば、遠慮なく兵を挙げよ」と冷たく言われ、「徳川家のために勤めてきたのに、あのような言われ方は情けない」と人目をはばからず、泣きました。これを見て家康は、正則の本心が聞きたくて言ったのだと慰めています。

豊臣の人間でありながら、徳川に仕え、騙(だま)された男。「武勇に長けるが智謀に弱い」・「猪突猛進武将」などと悪く言われることもありますが、実は単に、秀吉に憧れ家康に惚れてしまった「真っ直ぐ」で「純粋」な武将だったのではないでしょうか。

福島正則

福島正則をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。

浅井長政

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。

斎藤道三

真田幸村

真田幸村
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。

真田幸村

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。

柴田勝家

武田信玄

武田信玄
「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。

武田信玄

竹中半兵衛

竹中半兵衛
「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)と言えば、戦国時代を代表する「名軍師」。「軍師」とは、君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う人のこと。黒田官兵衛とともに、豊臣秀吉が天下人になるまでサポートし、活躍します。竹中半兵衛の生涯、そして軍師とは何かを見ていきましょう。

竹中半兵衛

注目ワード

ページトップへ戻る