戦国武将一覧
山本勘助
戦国武将一覧
山本勘助

文字サイズ

「山本勘助」(やまもとかんすけ)は、戦国時代の武将で、武田信玄の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

武者修行から武田家臣へ

山本勘助

山本勘助

山本勘助は、1493年(明応2年)、もしくは1500年(明応9年)に三河国(現在の愛知県東部)、または駿河国(現在の静岡県東部)で生まれたと言われています。

諸国を巡って兵法や築城術などを極めましたが、色黒で隻眼(せきがん:片目)、背が低く、手指や足が不自由と、ひどく風采の上がらない見た目だったため、40歳を過ぎても牢人(ろうにん:浪人)のままでした。

1536年(天文5年)、駿河の今川義元に仕官を希望しますが、体面を気にする今川家では、勘助の外見と供ひとり連れていないことから、追い返されてしまいます。

さらに牢人暮らしは続き、1543年(天文12年)勘助の噂を聞きつけた武田信玄に、破格の知行200貫で召し抱えられてようやく、50歳前後にして仕官することが叶ったのです。

しかし、いくら信玄でも、素性の分からない者を破格の待遇で登用するだろうか?という疑問は残ります。実は勘助の家系は、清和源氏(せいわげんじ)の流れを汲む駿河源氏・吉野氏の子孫だとする説があり、吉野氏の親戚で武田家一門・穴山氏とのつながりから推挙されたとも言われています。

勘助の活躍と最期

松代城の城跡

松代城の城跡

信玄に仕官してからは、持ち前の情報収集能力と天才的な戦略、優れた築城術で頭角を現し、活躍しました。

1546年(天文15年)、北信濃(現在の長野県北部)の豪族・村上氏の戸石城攻めに従軍します。村上軍の激しい応戦で武田軍は総崩れとなりますが、勘助の策で形勢逆転、武田軍を勝利に導きました。この戦功により、勘助は知行800貫の足軽大将へと加増されます。

村上氏が越後の上杉謙信を頼ったことから、1553年(天文22年)、信玄と謙信の間で北信濃を巡って合戦が始まりました。これが「川中島の戦い」です。この戦いは10年間に行なわれた5度の合戦の総称ですが、第4次以外は、ほんの小競り合いで終わっています。唯一の本格的な戦となった第4次合戦が、勘助の最後の戦となったのです。

勘助は、川中島に「海津城」(松代城)を築城し、武田軍の拠点とします。1561年(永禄4年)、上杉軍が海津城の向かいにある「妻女山」(さいじょさん)に布陣したことから、勘助は兵を2手に分けて別働隊により妻女山を襲撃し、山を降りた上杉軍を八幡原(はちまんばら)に布陣した本隊と別働隊で挟み撃ちにするという作戦を立てます。この作戦は、キツツキが木をつついて、驚いて木の中から飛び出した虫を食べることに似ていることから「啄木鳥戦法」(きつつきせんぽう)と名づけられました。

ところが、勘助の作戦は謙信に見破られ、別働隊が到着したときには、妻女山はもぬけの殻。慌てて本隊の待つ八幡原に向かいますが、別働隊より少ない武田軍本隊は、上杉軍の総攻撃を受け、信玄の弟の信繁をはじめとする武将たちが何人も討ち死にし、大きな損害を出しました。

武田軍を窮地に追い込んだ責任を感じた勘助は、死を決意して敵陣に突入し、自ら大太刀を抜いて戦いますが、四方を上杉軍に囲まれ、体中を槍で突かれるという壮絶な最期を迎えます。

大河ドラマの功績

勘助の存在は、近年まで甲斐武田家の軍学書「甲陽軍艦」(こうようぐんかん)によってのみ確認され、それ以外の戦国から江戸時代の史料には記されていませんでした。一時は「甲陽軍艦」その物の信憑性も疑われていたので、勘助も架空の人物というのが定説に。ところが、その説に一石を投じる事件が起きたのです。

1969年(昭和44年)NHKの大河ドラマ「天と地と」で、武田信玄の花押(かおう:署名の代わりに書いた一種の記号)の入った書状を見た視聴者が、「うちにも同じ物がある」と先祖伝来の古文書を図書館に持ち込み、鑑定の結果、真物であると判定されました。その信玄の書状(市河文書)に山本勘助の名前が載っていたのです。この出来事によって、架空の人物とされていた勘助の実在が、図らずも証明されることとなりました。

ヤマカンの由来?

こうして実在については確認された勘助ですが、天才的軍師としてのイメージや彼の残した功績は、「甲陽軍艦」や江戸時代の講談等での脚色とも言われ、その実像はよく分かっていません。

「あてずっぽうなこと」を「山勘」(ヤマカン)と言いますが、由来は「山師の勘」だと言われています。山師(やまし)は鉱脈を掘り当てる人のことで、その博打(ばくち)的な職業形態から、「ペテン師」をさす言葉としても使われるようになり、転じて、山勘には「人をごまかす行ない」・「詐欺」という意味も含められるようになりました。

実は山勘には、山本勘助の名前から来たという説もあります。勘助の生没年以前からこの言葉が使われているので、現在はこの説は疑問視されていますが、そんな説が唱えられる程、勘助は「計略に長けた天才肌の軍師」というイメージが作られていたのです。

山本勘助

山本勘助をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」は、三英傑のひとり「織田信長」から絶大な信頼を得て、低い身分から一国一城の主へと出世した戦国武将。織田信長に忠誠を誓っていたはずの明智光秀は、「本能寺の変」で織田信長を自害に追い込み、わずか10日余りの天下を取りました。忠義に厚い有力武将である一方で、謀反により天下人を葬った明智光秀の生涯は、謎に包まれています。

明智光秀

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、「織田信長」の妹「お市の方」(おいちのかた)の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。浅井長政は、一度は義兄・織田信長と同盟を結びましたが、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との関係を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることになりました。浅井長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。浅井長政の生涯に迫ります。

浅井長政

足利義輝

足利義輝
「剣豪将軍」と呼ばれた、室町幕府の第13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)は、壮絶な人生を送ります。 足利義輝が誕生した当時の室町幕府は権力も、将軍の権威も停滞していました。そのような情勢の中、足利義輝は生き抜き、さらに幕府の政治を復活させたのです。ここでは、歴史的資料である「フロイス日本史」や「信長公記」、「日本歴史」をもとに、足利義輝の誕生から壮絶な最期までを詳しく解説しました。 また、いかにして足利義輝は弱まっていた幕府の力を復活させたのか、具体的にエピソードを交え、お伝えします。

足利義輝

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

井伊直政

井伊直政
「井伊直政」は、「徳川家康」に仕え「徳川四天王」のひとりとして名を馳せた戦国時代の武将です。井伊直政が生まれた頃の井伊家は、駿河国今川家の支配下にあり、お家断絶の危機に晒されていました。井伊家の再興のため、そして徳川家康の恩義に報いるために信念を貫いた井伊直政の生涯をご紹介します。

井伊直政

石田三成

石田三成
「石田三成」(いしだみつなり)は、色白の美少年で「豊臣秀吉」に仕えた知的な武将です。アニメやゲームでも、その側面が描かれる傾向があります。 石田三成は豊臣秀吉に気に入られて家来となり、事務方として外交を担当しました。その後、石田三成は「五奉行」となり豊臣政権の中核を担い、太閤検地、朝鮮出兵などで活躍をみせます。その石田三成の生涯を名言や功績をふまえて、追体験しましょう。

石田三成

今川義元

今川義元
「今川義元」(いまがわよしもと)については、25,000以上の大軍を擁しながら、わずか2,000の「織田信長」に敗れたことで、公家かぶれの無能な戦国大名だというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんな今川義元は、実は優れた領国統治によって、米の生産量が多いとは言えなかった駿河・遠江・三河を豊かな国にすると共に、軍事力・外交力を用いて領土拡大に成功した手腕の持ち主。ここでは、一般的なイメージとはギャップのある今川義元の実像についてご紹介します。

今川義元

注目ワード

ページトップへ戻る