戦国武将一覧
浅井長政
戦国武将一覧
浅井長政

文字サイズ

「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。

15歳で家督を相続

浅井長政

浅井長政

浅井長政は、1545年(天文14年)生まれ。浅井家の3代目当主で、祖父は「浅井亮政」(あざいすけまさ)。亮政は、北近江の守護「京極氏」に仕えていましたが、後継者争いの際に乗じてこの土地を支配します。

父は「浅井久政」(あざいひさまさ)。武勇に冴えず、南近江の守護「六角義賢」(ろっかくよしかた)に敗戦し、長政が生まれる頃には、亮政が手に入れた北近江を手放し、従属するようになっていました。

長政は15歳で元服。六角氏から1字もらって、「賢政」(かたまさ)と名乗らされ、六角氏の家臣・平井定武(ひらいさだたけ)の娘と婚姻を強いられていました。

そんな長政はついに反旗を翻します。1560年(永禄3年)「野良田の戦い」を起こし、六角軍に勝利します。その戦いぶりが見事過ぎると、家臣達を心酔させます。長政は、父・久政を竹生島(ちくぶしま)に追放し、隠居を強要。家督を相続し、平井定武の娘を実家に返して、「新九郎」と改名します。

織田信長と同盟を結ぶ

織田信長

織田信長

1567年(永禄10年)、織田信長は美濃国・斎藤龍興(さいとうたつおき)の稲葉山城を手に入れるため、長政に同盟を提案してきます。長政にとって、信長は朋友・朝倉義景の天敵。しかし、受け入れの見返りとして信長は、絶世の美女と言われた妹・お市の方との結婚も約束します。

長政は「朝倉への不戦の誓い」を条件として、同盟を受け入れます。同年9月に長政(22歳)とお市の方(20歳)が結婚。信長はたいへん喜び、この結婚の費用をすべて負担します。

これにより、信長は美濃国を平定。長政の天敵・六角氏も攻撃し、六角氏は南近江の甲賀郡に撤退します。長政はこの結婚を機に、信長の1字をもらって「長政」に改名したとも言われています。

信長を裏切る!

1570年(元亀元年)4月、信長は長政との約束を破り、朝倉義景を討伐しようと「金ヶ崎の戦い」を起こします。これを知った長政は憤慨、義景への友情を取ることを決意します。相手は信長・徳川家康の連合軍。長政は背後から急襲します。このとき、「殿」(しんがり)という連合軍の最後尾を担当したのが、豊臣秀吉と明智光秀。この2人の働きにより、信長は何とか近江国を脱出します。

なお、お市の方が信長に袋の両端を縛った小豆の袋を送り、義景と長政によって信長は「袋のねずみ」(逃げ出すことはできませんよ)と知らせたという逸話がありますが、真偽は定かではありません。

自害の末、さらし首、金箔の盃に

その後も長政は信長を許しませんでした。信長包囲網を敷き、朝倉義景とともに、何度も何度も交戦します。

1570年(元亀元年)6月「姉川の戦い」では、長政・朝倉軍が敗戦。1571年(元亀2年)には、浅井氏と縁が深かった「延暦寺」(えんりゃくじ)は焼き討ちに遭い、1572年(元亀3年)には信長が北近江に来襲。長政は義景、武田信玄に援軍を要請します。武田軍は好戦しますが、朝倉軍は積雪と疲労を理由に勝手に退却し、信玄を怒らせます。そんな中、信玄が病気で急死。信長包囲網が崩れます。

1573年(天正元年)北近江の城が陥落。長政の家臣は相次いで信長に寝返り、それを見た義景は、また勝手に撤退するのです。しかし、信長はそれを追いかけ、「一乗谷の戦い」で朝倉家を滅ぼします。浅井の本拠地「小谷城」は囲まれ、信長は秀吉を通じて降服を勧めますが、長政はお市の方と娘を逃がし、自害を選ぶのです。

その後、長政は首をさらされ、頭蓋骨に金箔を施されて宴会の見世物になったと伝えられます。享年29歳。

「遠くの親戚よりも近くの他人」などとも言われますが、長政に関しては義兄・信長を裏切ったことが、すべてのしくじりの始まり。信長の「長」を1字もらうのではなく、信長を「信」じるべきだったのかもしれません。

浅井長政

浅井長政をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。

斎藤道三

真田幸村

真田幸村
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。

真田幸村

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。

柴田勝家

武田信玄

武田信玄
「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。

武田信玄

竹中半兵衛

竹中半兵衛
「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)と言えば、戦国時代を代表する「名軍師」。「軍師」とは、君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う人のこと。黒田官兵衛とともに、豊臣秀吉が天下人になるまでサポートし、活躍します。竹中半兵衛の生涯、そして軍師とは何かを見ていきましょう。

竹中半兵衛

長宗我部元親

長宗我部元親
「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、戦国時代から安土桃山時代の土佐国(高知県)の戦国大名です。土佐の豪族だった長宗我部氏を戦国大名化し、四国を統一したことから、「土佐の出来人」と呼ばれました。

長宗我部元親

注目ワード

ページトップへ戻る