戦国武将一覧
武田信玄
戦国武将一覧
武田信玄

文字サイズ

「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。

21歳で起こしたクーデター

武田信玄

武田信玄

信玄は1521年(大永元年)11月3日、甲斐源氏の嫡流にあたる名家・甲斐武田氏の嫡男として生まれました。甲斐の守護大名だった武田氏は、信玄の父「武田信虎」(たけだのぶとら)の時代に戦国大名化し、のちに隆盛する武田氏の基礎が築かれます。

しかし、信虎は賢い信玄を嫌い、弟の「武田信繁」(たけだのぶしげ)に家督を譲ろうとしていたと言われ、21歳のとき信玄は重臣たちを味方に付けて父を駿河の今川家に追放し、家督を相続してしまいました。

いわゆるクーデターですが、戦国の世にはよく見られ、親や兄弟を殺害して家督を奪うことも珍しくなかった時代。そんな中、信玄は父も弟も殺すことなく無血でのクーデターに成功したのです。

信玄は父に毎年多額の生活費を送金し、信虎は息子である信玄より長生きしました。弟・信繁は最強の武田軍団の副将として信玄を補佐し、兄弟の仲は良かったと言われています。

武田軍の強さの秘密

家督を相続してからの信玄の生涯は、戦いの連続でした。山に囲まれ農地に乏しい甲斐の国を発展させるためには、戦に勝って領土拡大するしかなかったからです。信玄は、領土を奪い、家臣には恩賞を与え、国を豊かにすることで領民の支持を得ることが何より重要だと考えました。

信玄は常々、戦に勝つより、負けないことが大切だと諭し、「勝ち過ぎる」ことを堅く戒めていました。圧勝してしまうと、驕(おご)りが出てしまい、相手も警戒してしまいます。のちのことを考えると、一番良いのは「引き分け」か、「少しだけ勝つ」ことだと言うのが、信玄の持論です。

そんな現実的な信玄が何より重視していたのが、情報を集めることでした。相手のことを調べ尽くして、絶対に負けないと確信したとき以外は出陣しなかったのです。

「三ツ者」・「素破」(すっぱ)と呼ばれる忍びの者たちに諜報活動をさせていたこともよく知られています。甲斐に居ながらにして、日本中の津々浦々まで知り尽くしていたと言いますから、あの織田信長が信玄を恐れたと言うのもうなずける話です。

後世に作られた信玄イメージ

信玄は、屈強な巨体で闘う猛々しいイメージで、多くの戦国武将の中でもトップクラスの知名度と人気を誇ります。この信玄のイメージを決定付けたのは、高野山成慶院所蔵の肖像画であると言っても過言ではないでしょう。

しかし、信玄は実際には、労咳(ろうがい:結核)の持病を持ち、病弱で細身だったとも言われています。他にも髪型や家紋等、疑問点が多々あり、この肖像画は近年の研究では、別人(畠山氏)の肖像画なのではないか、という説が有力です。高野山持明院に伝わる肖像画は細身となっていて、こちらがより実際の信玄に近いのではないか、とも言われています。

信玄の名言として、数々の言葉が伝えられますが、実際には、信玄自筆の物として残された文書の中に私的な物は遺されておらず、信玄の人物像を伝える物は非常に少ないのです。

唯一生前の信玄について伝えているのは、信玄の死後、武田の家臣たちによって書かれた軍学書「甲陽軍鑑」(こうようぐんかん)。武田氏の滅亡後、甲州を支配した徳川家康が武田の遺臣を重用したこともあり、徳川政権では信玄は家康が強く影響を受けた人として評価が高まりました。

甲陽軍鑑は、江戸時代に大流行した甲州流軍学の聖典とされ、庶民にまで広く読まれたベストセラーとなったのです。甲陽軍鑑の信憑性については、すでに江戸時代から合戦の誤りなどが指摘され、史料的な価値については否定的に見られてきましたが、近年の研究では価値が見直されてきています。

上杉謙信との関係

上杉謙信

上杉謙信

多くの戦国武将の中でも最強と呼ばれた信玄の好敵手で、ライバルとして並び称されるのが、越後(現在の新潟県)の大名で、その戦の上手さから「軍神」・「越後の虎」と称された「上杉謙信」です。信玄と謙信は、間に広がる信濃を巡って「川中島の戦い」で5度も戦いました。

両者の間には友情があったという説も、謙信は信玄を嫌っていたという説もありますが、少なくとも信玄は、謙信の義に厚い人間性を認めていたとされています。有名な逸話として、信玄が亡くなる際に、跡継ぎの勝頼に「困ったときには、越後の謙信を頼るように」と言い残したと甲陽軍鑑に記されているからです。

その勝頼の代で甲斐武田氏は滅亡してしまいますが、もしも勝頼が父の遺言どおりもっと謙信を頼っていたら、滅亡は回避できたのかもしれません。

信玄の死

1571年(元亀2年)には、上洛した信長と将軍足利義昭との対立が深まり、信玄も打倒信長を掲げて上洛を目指し、信長の盟友・徳川家康領の遠江(現在の静岡県西部)・三河(現在の愛知県東部)に侵攻を開始します。

1572(元亀3年)年には、遠江での「三方ヶ原の戦い」(みかたがはらのたたかい)でついに徳川軍を破り、翌1573年(元亀4年)、東三河の要所・野田城を落とします。いよいよ信長の本拠地・尾張(現在の愛知県西部)も目前となり、この頃には武田氏の所領は、甲斐・信濃・駿河・近江・飛騨・三河・上野の一部など、120万石に達しました。しかし、武田氏の頂点はここまでだったのです。

野田城陥落後、信玄は持病が悪化し、たびたび喀血(かっけつ)するようになり、武田軍はついに甲斐に撤退を決めます。1572(元亀3年)年4月、信玄は病気が回復することなく、甲斐へ戻る途上で、53歳の生涯を閉じたのです。

信玄は自分の死を3年間は隠すようにと遺言しますが、間諜の暗躍した時代、情報は筒抜けでした。信玄という脅威がなくなったことで、誰よりも安堵したのは信長でしょう。同じ年の7月、信長は将軍義昭を追放し、室町幕府は滅亡します。新しい時代が始まったのです。

戦国最強と謳われ、天下の織田信長を恐れさせながらも、志半ばで散った武田信玄。彼がもう少し長生きしていたら、あるいは越後の上杉謙信や相模の北条氏康・氏政と組んで信長に対抗していたら、歴史は変わったでしょうか。天下を取ることはかないませんでしたが、家臣や領民を愛し、慕われた信玄は、今も甲斐の人々に愛され、郷土の星として、燦然(さんぜん)と輝く存在なのです。

武田信玄と城武田信玄と城
武田信玄の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

武田信玄

武田信玄をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国武将一覧」の記事を読む


源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げました。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。

源義経

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。

源頼朝

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。

浅井長政

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。

井伊直虎

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。

斎藤道三

真田幸村

真田幸村
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。

真田幸村

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。

柴田勝家

竹中半兵衛

竹中半兵衛
「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)と言えば、戦国時代を代表する「名軍師」。「軍師」とは、君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う人のこと。黒田官兵衛とともに、豊臣秀吉が天下人になるまでサポートし、活躍します。竹中半兵衛の生涯、そして軍師とは何かを見ていきましょう。

竹中半兵衛

長宗我部元親

長宗我部元親
「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、戦国時代から安土桃山時代の土佐国(高知県)の戦国大名です。土佐の豪族だった長宗我部氏を戦国大名化し、四国を統一したことから、「土佐の出来人」と呼ばれました。

長宗我部元親

注目ワード

ページトップへ戻る