武将・歴史人
沖田総司
武将・歴史人
沖田総司

文字サイズ

「沖田総司」(おきたそうじ)は、江戸時代末期の武士で、幕末の京都の警察組織である「新選組」(しんせんぐみ)最強の剣豪です。労咳(ろうがい:結核)により夭折(ようせつ)した天才剣士という彼の悲劇的な生涯は、小説や映画、ゲームなどの世界で「薄幸の美青年」と脚色されて描かれてきました。

若くして剣の道へ

沖田総司

沖田総司

総司は、1842年(天保13年、または1844年[天保15年])、陸奥国(むつのくに:現在の東北地方の太平洋側)白河藩士・沖田勝次郎(諸説あり)の子として江戸の白河藩邸(東京都港区西麻布)で誕生。

総司が4~5歳のときに両親が続けて亡くなってしまいます。幼い総司に代わり、姉が家督を相続しますが、沖田家は白河藩を脱藩したため、生活に困窮するようになりました。

1850年(嘉永3年)、9歳の総司は大人に剣術で勝って才能を認められ、天然理心流道場「試衛館」(しえいかん)に入門し、近藤周助(新選組局長・近藤勇[こんどういさみ]の養父)の内弟子となります。総司の卓越した剣の実力は、若くして免許皆伝し、塾頭を務めるほどでした。

浪士組から新選組へ

土方歳三

土方歳三

1863年(文久3年)、江戸幕府将軍・徳川家茂(とくがわいえもち)上洛の際の警護のために「浪士組」(ろうしぐみ)隊士が募集されると、試衛館で同門だった近藤勇・土方歳三(ひじかたとしぞう)などとともに総司も参加します。

しかし、浪士組を提案した清河八郎(きよかわはちろう)の突然の宣言によって衝撃的な事実が発覚。「将軍警護」は浪士組の表向きの理由で、清河の真の目的は、「尊皇攘夷運動」(そんのうじょういうんどう)だったのです。「尊皇攘夷」とは、君主を尊び、諸外国などの侵略者を排除しようとする思想ですが、幕府が行なった開国政策に反発したことなどから、反幕府勢力へと発展していました。

近藤達は、清河率いる尊皇攘夷派(討幕派)と分裂し、京都に残ることを決めます。彼らは京都守護職会津藩預かりの「壬生浪士組」(みぶろうしぐみ)を結成、その中にはもちろん総司の姿もありました。

この年は、尊皇攘夷運動が最高潮に達した年でした。京都は過激な尊攘派であふれ、「天誅」(てんちゅう:天に代わって罰を与えること)と称して反対派を暗殺する事件が連発し、朝廷でも長州藩士など尊攘派の影響が大きくなっていきます。

そんな中「八月十八日の政変」が起こり、会津藩や薩摩藩などの「公武合体派」(朝廷と幕府で連携して幕藩体制を再編しようとした勢力)が中心となって、尊攘派を京都から追放しました。この政変を契機に、壬生浪士組は新選組と名前を変え、京都の反幕府勢力を取り締まる警察組織として、本格的に始動することとなったのです。

発病と死

総司は「新選組一番隊組長」として、潜伏していた討幕派を襲撃した「池田屋事件」など数々の難任務で活躍するも、肺結核で喀血(かっけつ:肺など呼吸器系の器官から血を吐くこと)し、病の床に着いてしまいます。

発病時期については諸説あり、長年、池田屋襲撃中に喀血して倒れたとされてきました。しかし、喀血は労咳の末期症状で喀血後の余命は半年から1年ほどとされ、総司の死亡時期が池田屋事件から数年を経ていることから、現在では1867年(慶応3年)頃までは喀血などの症状はなく、第一線で活躍していたと見るのが定説となっています。

1868年(慶応4年)、病状の悪化から、総司は「新政府軍」と「旧幕府軍」の戦い「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)のきっかけである「鳥羽・伏見の戦い」に参加することなく江戸に戻りますが、療養の甲斐なく約半年後にその短い生涯を閉じました。敬愛していた近藤の斬首から約2ヵ月後のことで、その死を知らぬまま、死の直前まで近藤のことを気にかけていたと言われます。享年27歳(24歳、25歳説あり)。

刀剣/加州清光

新選組の名を一躍有名にした池田屋事件の際に、総司が差していたと言われる日本刀(刀剣)が、この「加州清光」(かしゅうきよみつ)です。激戦の末、帽子(刃先)が折れてしまい、鍛冶屋に修理に出したものの、修理不可で戻ってきたという記録が残っています。刃先の折れた「清光」は、残念ながら後世には伝わっていません。おそらく鍛冶屋から戻った時点で捨てられたのでは、と言われています。

加州清光

加州清光

実際は美青年ではなかった?

日本刀(刀剣)を持っていないときの総司は、子供好きで無邪気だったと言われ、冗談を言ってはよく笑う、親しみやすい青年でした。しかし、いざ日本刀(刀剣)を持つと、暗殺や静粛等の任務も淡々とこなすことから、総司を「政治的ポリシーを持たない殺人マシーン」と評する声もあります。確かに総司には特に思想はなく、ただ、尊敬する近藤を助けることしか考えていなかったのかもしれません。

総司は「病弱で色白の美剣士」として、フィクションの世界ではすっかりキャラクターが定着してきました。それだけに、総司の物だとされる肖像画を見た瞬間、ショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

この肖像画は、総司の姉ミツが、自分の孫が総司に似ていると言ったことから、その孫をモデルに1929年(昭和4年)に描かれた物で、実は総司本人ではありません。しかし、残念ながら新選組の関係者による証言でも、「美青年であった」という記述はどこにも見当たらないのです。

刀剣/大和守安定

総司は、切れ味が鋭く幕末の志士に人気だった「大和守安定」(やまとのかみやすさだ)を所持していたという記録があります。紀伊国(きいのくに:現在の和歌山県)の刀工である「安定」は、江戸時代に記された刀工ランクで「良業物」(よきわざもの)に分類。「長曽禰虎徹」(ながそねこてつ)に影響を与えたと言われ、作風が似ているのが特徴です。

総司が兄のように慕う近藤勇が「虎徹」(偽物説あり)を愛用していたことから、よく似た安定を身に着けていたのかもしれません。

総司の愛刀と言えば、「菊一文字則宗」(きくいちもんじのりむね)の名前が最初に挙がりますが、大名クラスでも入手の難しい国宝級の貴重な日本刀(刀剣)なので、経済的にも、実戦として使われたことからも、総司が所有していた可能性は否定されているのが定説です。

沖田総司

沖田総司をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る